Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« イカGETならず… | トップページ | 魚釣り専用車 (釣との出会い その五) »

2010年2月 2日 (火)

釣具の収集 (釣との出会い その四)

『あじ』釣りで すっかり釣り師気分になって
久しぶりに車を走らした。
”庄原の師匠”はいるかな・・・?
”庄原さん”は『さごし』を釣っていた。Photo

「釣れますか」と聞けば「今日は駄目だよ潮が悪いよ 
昨日は良く釣れたよ・・・。今日は 釣らないのか?」

「『さごし』釣りの道具を揃えたいのですが」
何を買えば良いのか聞いてみた。
「この時間釣れないから買い物に付き合ってやろうか」
境港市の”ながえや”に行った。
釣り仲間には有名な専門店だった。

今日は『レジ』で ドキドキしないために 買い物
のお金は持ってきた
『ジグ竿・リール・PEライン・ジグ・8号テグス など等』
『さごし』釣りの道具が揃った

堤防に帰り師匠は仕掛けを作ってくれた。

1投目 うまく投げられた。20m位前に『ジグ』は落ちた.
『あじ』釣りでリールの扱いに少し慣れていた。
リールに巻いた糸は150mだったが・・

リールを巻いた。
重たくなった。底に引っかかったか・・・
竿は大きく しなった。ググググッ魚が引っ張った。
師匠は大きな網を持ち走ってきた。
離れた所からも こちらを見ていてくれたのだ。
1投目で釣れた。私は釣りの素質があるのか・天才か・・・・
力一杯リールを巻いた。堤防の足元まで『さごし』が来た
姿が見えた。やった! 大声を出したかった が・・・
”師匠”が『たも』(網の事)を入れようとした時 針が外れた。
『サゴシ』は横目で私を見ながら去った。

2投目からは 力一杯 思い切り投げた。
だが リールは右や左・・・目の前に落ちた。

左右の釣り人も始めは笑って許してくれたが 
徐々に険しい顔になった。

師匠は此方へ来いと手招きをした。
師匠に教えられたとおり?投げたが 
また隣の人に糸が絡まった。

私は釣り人のいない所へ行って遠投の練習をした。
1時間以上練習した。疲れた。
だが練習の成果は無かった。

翌日朝5時30分に出発 松江の”かめや釣具店”に寄って
『あじ』の餌を買い堤防に向かった。

誰も釣り人が来ないうちに練習して『サゴシ』を釣ろうと
計画? したが到着すれば すでに6人が釣っていた。
皆生の旅館の旦那が朝食のため場所を空けてくれた。
その後に入り リールを投げた。
左右の釣り人は頼みもしないのに1m以上遠ざかった。
堤防の上の私はポツンと孤立しているように思えた。
昨日の1時間以上の練習で筋肉痛になり力が入らない。

だが・・1投目 まっすぐ飛んだ。30m!
左右の人は 「うまくなった。昨日の練習の成果が
出ていると褒めてくれた。」
そして 1m私に近づいた。

褒められて 2投目は頭を残し力一杯投げた。
何処に飛んだか 分からない 右隣の二人の釣り人が
急いでリールを巻いていた。

”庄原さん”を探したが居ない。左の人に聞いてみた。
「昨日夕方庄原に帰った。明日来ると言ってたよ」
2投であきらめた。

”キャデーさん”が来た。
『あじ』釣りの餌を買って来てよかった。3時まで釣った。
大漁だった。『あじ』『いわし』『ままかり』『めばる』『さば』
1度に五種類の魚が釣れた事もあった。
五目釣りと言うらしい 魚の名前も沢山覚えた。
餌の『オキアミ』が沢山残った。解凍バケツに半分は残った。
”キャデーさん”にどうすれば良いか聞いた。
「蓋をして持ち帰り冷凍すれば次に使えるよ」
冷凍・・これから度々釣りをするには冷凍庫は必需品なんだ。

松江に帰り リサイクルの店を訪ね歩いた。
三軒目の店”ドキドキ”で見た。8000円だった。
600円の『オキアミ』の残り200円分を保存するために
本当に必要か??それ以外の使い道を考え付かなかった。Photo_7

翌日『トヨタ レジアス』で引き取り
に来ると告げて支払をした。
当日急用が出来て冷凍庫を
引き取りに行けなかった。

二日目10時開店と同時に
引き取りに行った。
持ち帰り倉庫に設置して乗用車の
トランクから残った『オキアミ』を出した。
言葉では言い表せないほどの
悪臭がした。
『オキアミ』は完全に腐敗していた。
乗用車は1分も乗れないほどの
悪臭だった。

私は”松江のベンツ”に聞いた。消臭剤は
何が良いのか? ”ベンツ”は笑って 「何も無い
ドアを開けて風を通し自然に消えるまで待つしか
方法は無い」と冷たく言った。
私は薬局へ行き消臭剤を買い占めた。
1種類ずつ試した。効果なし  何種類も試しているうち
いよいよ悪臭は倍増した。
娘もホームセンター等で消臭剤を仕入れてきた。
無駄だった。
2月の寒中に 窓を開けて走る車は私だけだろう。
もう 釣りをやめたくなった。

« イカGETならず… | トップページ | 魚釣り専用車 (釣との出会い その五) »

釣との出会い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イカGETならず… | トップページ | 魚釣り専用車 (釣との出会い その五) »