Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 通勤路沿いの歴史ー3 美保関ー2 | トップページ | 偉大な 発展途上国 中国 »

2010年7月20日 (火)

通勤路沿いの歴史ー3-美保関-最終回

Map_miho1             
          
                      五本松公園を下り
    東に歩いて   行くと右側に郵便局がある
Photo_7
        20㍍歩くと商工会館がある
Photo_8
      右に入ると赤い反り橋が見える
      弁天様の赤い反り橋 石灯篭
Pc_1236169733
   竜宮伝説の乙姫さまのモデルになったとされる 
   古事記に記載された「ヤマサチヒコ」を助けた
   『豊玉姫命』が祭られています と書いてある
     (弁天さまが乙姫様?小生には理解できないが)

     来た道を戻り50㍍ほど歩くと道端に
       魚 イカ が天日干しされていて
Photo_9 Photo_10
     その横では”焼きイカ”の屋台がある
Photo_11
      焼きイカの独特な香が 喉を鳴らせる
 元気な”おばさま”が大きな声で呼び止める

         左には美保神社の鳥居が見える
Photo_12
       (前回紹介していますので詳細は省略します)

   鳥居手前から右に曲がると青石畳の路地に入る
Photo_4
   美保神社から仏谷寺までの250㍍の青石畳
      江戸時代後期の参道であった

   細い路地の両側を昔ながらの建物が囲み
Photo
       下を見ると郷愁を誘う『青石畳』

    昔の海岸線は 神社鳥居前まであって
    船宿や回船問屋が並んでいたそうだ

         北前船の積み荷降ろしの為
       神社前は越前石を敷き詰めている

          本通りは地元で切り出した緑色行灰岩
                    が敷き詰められている
      
        この石畳は 雨の日には 青色に変化
            する事から青石と呼ばれている

          通りに面した民家や商店の軒下には 
     家紋や屋号の由来を書いた看板が吊るされた
         旧家や老舗の醤油蔵などがあります

     与謝野鉄幹・晶子夫婦・高浜虚子・西条八十
     など文豪も多く訪れた由緒正しい旅館「美保館」 
        本館は国の登録有形文化財
Photo_2
    に指定され大正時代の歴史を感じさせます

   建物が途切れた所を左に曲がり30㍍も歩くと

                         入来舎 (はいらいや)
        地元のおかあさん方が立ち上げた
       『つわぶきの会』が始めた『入来舎
      
   2月に小生・”べんちゃん” 2人が大漁祈願の折
     飛び入り参加したとき 美保関の歴史など
   福間館の”おかみさん” ”つわぶきの会員様”にも
      たくさんの事を教えていただきました

       本当に親切な方の集まりでした 

    仏谷寺の案内もここで頼めば拝観できます
   
       (3月1日のブログで紹介しています)
Img_0575

03 

        仏谷寺 (浄土宗竜海山)

Img_0568
       (仏像の背中まで見ることができます)

   平安初期の一木彫りで出雲様式と言われる
       素朴な”薬師如来坐像”を中心に 
     ”聖観音立像”3体 ”菩薩形立像”1体が
          『大日堂』に並んでいる 
    5体とも 国の重要文化財に指定されている

       1221年7月27日 『後鳥羽上皇』
       1332年3月    『後醍醐天皇』
      隠岐に流刑された時 ご在所となった 
         (3月1日のブログで紹介しています)

  『青石畳通り』は平成18年2月未来に残したい
   漁業漁村の文化財100選に認定されました

          大敷網 (定置網)

     
来た道を戻り途中で道を替え直進すると
         大敷の荷揚げ場に着く
Photo_4
Teichi 
     島根半島の先端は黒潮から分かれた
     対馬暖流が北東に向かって流れている 
       美保湾は対岸に大山より流れる
     ミネラル豊富な湧水が湾内の対流により
          沖合いにも流れ込む
    周辺は定置網の好魚場として境港に匹敵する

 定置網の船長は釣り人の間で評判の”働き者”
   知恵者で ”情報分析”にも優れていて
      人一倍 部下思いでもある
        我々釣り人にも心を配り
        大きな人望を得ている

        小生と とても気心の合う人で
      このブログでも度々登場願っているが
         未だに姓名を知らない
Photo_5
    時化が無ければ日曜日以外 毎朝水揚げされた
           魚が直売 されています

      近年 ”殺菌冷海水”の導入により鮮度を長く
      保てるので クーラーを持って買いに来る
           人も珍しくない光景です

      水揚げ場の前に位置する『あさひ館』

       Photo_6
                                                                
       美奈 おかあちゃん"
       も食材を仕入れて?います
 
 刺身以外に 意外なメニューもあります

  対岸の大山の『ソバ』の実で作る
  『くみさん』手作りの手打ちそば
 
   中でも トロロそば』 (山かけそば)
        は逸品です



   


Photo_9

        『あさひ館』は一度紹介しましたが”KUMIさん”の
        『サンバの墨絵』が新しく一枚増えています
         今までで飾られいた墨絵
Photo_2
         状態がひじょうに良く
     モデルは”くみさん”自身だそうです

    一見 いや 百見 の価値があります
      Img_1311
        是非食事と墨絵を楽しんでください

        本日の収獲  

Img_1563

   23日より31日まで中国江蘇省・上海・北京を訪れます
        帰国次第「中国情報」更新します 

« 通勤路沿いの歴史ー3 美保関ー2 | トップページ | 偉大な 発展途上国 中国 »

歴史探訪」カテゴリの記事

美保関 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 通勤路沿いの歴史ー3 美保関ー2 | トップページ | 偉大な 発展途上国 中国 »