Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 偉大な 発展途上国 中国ー4 | トップページ | 久々のホームグランド »

2010年8月30日 (月)

偉大な 発展途上国 中国ー5 最終回

      チャイナドレスの学生の日当に近い高額の
    昼食を終えて『明の13陵』の入口に・・・
    駐車場には『桃』の売り子が車より多くいた
           モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!Σ((oÅO艸*)

   
桃は中国が原産で 日本に入ってきてから
    岡山県・福岡県で品種改良されたらしい
    中国の桃は 日本の『桃』と少し違う
Imgcfcf52e4ofn2fk
   『桃源郷』 と言う言葉が有るように『桃』
    不老長寿 仙果 (女果) と言われている 
         祝い事で必ず出るそうです
Images
    中国名は『藩桃』 西遊記で「孫悟空」が
      食べていた桃で 日本の『桃太郎伝説も 
              西遊記の孫悟空をモデルに
      江戸時代に各地で作られたらしい
Images2
     2個買って食べてみましたがドライバーは
       美味しいと言って一気に食べましたが 
小生は 甘い 瑞々しい 桃 しか食べたことがないので
           2度と食べることは無いと思います
 北京空港でも沢山売っています だが 高い高い
          ∑q|゚Д゚|p

           『明の13陵』

  15世紀初頭の明朝3代皇帝『永楽帝』から
  7代皇帝を除く16代皇帝までの13人の陵墓
 現在公開しているのは『永楽帝』『降慶帝』『万歴帝』
 の3陵のみです 14代皇帝の『万歴帝』の「定陵」は
  地下数10mの宮殿として有名で数千点の宝物が
    発掘され現在博物館で公開されています

 2003年7月には世界遺産に登録されています

13陵入口 博物館の入場料含む「65元」 (900円)
2_2
       日本語の案内も有りました

13_2

Lrg_11173933_3

             定帝陵墓
Photo_14


            地下宮殿入口
 空港のように厳重な手荷物X線検査が有りました
Lrg_11170062_3

           万歴帝玉座
Photo_17
         万歴帝 地下陵墓

Photo_18
Photo_21

見学ルートでは地下
  宮殿出口
本来は入口です

地下宮殿を出て
 明楼に向かう

       


    明楼
 
一見木造に見えるが石作りです

Photo_23
       明楼の中に有る石塔 上に『大明』 
     下に『神宗顕皇帝の陵』 と彫られている
  赤い色は「文化大革命」の時、壊そうとしたが壊れず
         赤い塗料で塗りつぶした とか
 後年色を落としたがこれ以上落ちなかったそうです
Photo_24

             天国の門
Photo_25

               博物館入口
Photo_26
Photo_27

             金糸製の王冠
Photo_29

           ヒスイ 玉の飾り物

Photo_30

        昔の女官の纏足 (てんそく)
     女性が宮殿から逃げれないように足の指を折り
            履かせた靴だそうです       Photo_31

      15時ごろ 13陵を後にして市内に戻った
   契約の8時間には まだ充分な時間が有ったので
       オリンピック公園へ行ってもらった
Lrg_19308410
       オリンピック公園は 公園内が車両侵入禁止で 
     タクシーなど全ての車の乗り入れを規制していました
          歩いて見学するには約90分かかるそうです
         中には公園内乗合小型バスが走っていて
      乗降はどこでも自由(15元)(210円)

            オリンピック公園地図
Photo_4

     陸上競技場 (鳥の巣と乗り合いバスImg_1753

      水泳会場 (夜はカラー照明で色が変わる)
Lrg_19308412
  光化学スモッグで100m離れた建物も霞んで見える
   競技場内は修復工事で見学できませんでした
Photo_2
            水泳の飛び込み台を模ったホテル
Lrg_19308408
          オリンピック記念塔

Photo_5
     公園内に沢山有る分らないオブジェ
  小生は この手の 芸術は苦手で紹介ができません
34492254 34492255

   この手のオブジェは???やはり 分りませーん

34492257 34492262
    
   何の感動もなく乗り合いバスで30分
   ドライバーはあまり早く帰ってきたので驚いた様子
          ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
    「今度はどこに行きたいか」と質問してきた
    「胡同」へ行きたいと答えると「OK」と返事して
          15分で目的地に着いた

            『胡同』 (フートン) 

     中華人民共和国の首都北京市の旧城内を
     1267年から始まった道路建設の規定で
   幅24歩(約37.2㍍)を大街 12歩(約18.6㍍)を小街
        6歩(約9.3㍍)を胡同とした(細い道)

  現在北京市の中心に点在する25か所(約111㌔)の
            胡同が保護されています
01_px250
  700年以上の歴史・伝統文化・風土・人情を垣間見る
  事が出来る。 オリンピックの開発で多くが姿を消した
    胡同観光は非常に人気が高く 観光客目当ての
    人力車(自転車)が 胡同周辺に沢山いました
10_p1050858
   小生は当局から隷属的だから と 禁止されている 
     違法の人力車を ドライバーに探して頂いて
           堂々と乗り込みました
       なんと40分250元 驚きの値段です
      またドライバーの高額なバックマージンが
           含まれているようでした

          o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
Photo_5


      公認は自転車に許可書を付けている
Photo_2

             胡同の生活風景
Photo_3

Roson2_3

胡同は共同住宅で
外から見ると周囲を
壁で囲み小さな出入り
口が開いていた

中に入ると中庭が有り
庭を囲んで平屋式長屋
住宅になっていて複数
家族が入居している。

風呂は 家に無く近くの
銭湯に通うそうです

トイレ も共同で
各路地に有りました
     

   胡同の人以外使用禁止 覗くのも禁止 だが
   人力車の人は一緒に入れば文句は言わないと
     一緒に入って中を撮影させてくれた
              \(^o^)/

  入口は男女分かれているが中に入れば一緒だった
      女性用と言ってもドアも何もない 
    縦に溝が掘られて間隔を開けて穴が有る
           例の中国式トイレ
      
  男性が振り向けば丸見え
        ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…


        男性用は壁に沿って溝があり 
          それに向かって放水・・・・
  大便は捨て穴の横で用を足し 紙に包んで穴に捨てる
        ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

 Beijing3

            大便の捨て穴
   夜は大人も”おまる”を使い朝ここに捨てに来る   Beijing4

    30年前は北京空港のトイレも同じだったが 
 胡同では今も不便で不衛生な生活を送っているようだ
Photo_8

偶然チャイナドレスの大学生と遭遇

    ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )
   
ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー
   

       
。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

             
通訳の日本人観光客を
      人力車に乗せ 一人徒歩で見学中だった
Img_9407

        偶然とは言え中国の一番古い
        伝統文化の汚いトイレのそばで
      チャイナドレスの学生に出会うとは・・・・

     今更ながら 300元払っておけば

 キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

        気落ちしての一日は疲れが倍になる
    今日は昨日の倍の料金で高級マッサージに行った
003a49cf4eef260622ce597e25711f4a
        1時間のマッサージ 眠気も起こらず
       倍の料金を払っても気分は晴れなかった
           ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

        
ホテルのレストランで軽く食事をして
        ホテル前のコンビニ(ファミリーマート)で
         ビールを3本(青島チンタオ)買って
          自然に眠るまでテレビ鑑賞

           だが疲れすぎたのか?
      足がマッサージの効果もなく「引きつり
        エアーサロンパスを ぶっかけた
      室内はエアーサロンパスの匂いが充満して
            今度は目から涙・・・
            。*((艸д・。`*)゜*。
           眠れそうもない
          (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

       部屋には 居れずに王府井街に出かけた
        足はほとんど前に出ず腰の動きに
          足がついてきてるようだ 
          ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

        エアーサロンパスのお陰で土産を
           買ってない事を思い出した

       美保関の『くみさん』から墨絵に使う筆を
       頼まれていた 百貨店 書道の専門店
        沢山の店が有った さすが中国・・・
           モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!
        小生には筆の事は何の知識もなく
         墨絵を書く筆を見せてください
       電子手帳を示して店員に選んでもらった
              (/ω\)ハズカシーィ

         土産物専門店は観光客で一杯だった
       釣り仲間に北京土産を買ったが嵩張った
         持って帰ることを考えずに・・・・・・・
       だが大きな仕事をしたように気は晴れた
                 ( ̄▽ ̄)

       もう一度コンビニに寄りビールを2本買った
          シャワーをしてビールを飲んで
        やっと眠りにつけた テレビをつけたまま
Photo_10
      
翌朝6時ホテルの前を歩いた

 早起きは三文の得””

 ( ^ω^)おっおっおっ

暑くならない内の自転車通勤 

  何百人もの老若男女が

自転車で通勤している

後 30分で車ばかりになる

自転車は乱暴な車の運転で

怖くて乗れない らしい

      交差点の交通整理のミニパトカー
   (信号無視など交通違反の罰金は原則即現金支払い)

Photo_11
     朝食のレストランに行けば人影はまばら
  このホテルの宿泊人は、なぜ朝がこんなに早いのか
       「早上好」 ザシャンファオ・おはよう

     挨拶をしてテーブルに就いたが誰も来ない
      仕方なく皿を持ち料理を取りに行った

      今日は ほとんどの料理が揃っていた
        オムレツを焼く人に2人前頼んだ
       料理を皿に取りながら大学生を探した
    今朝はいなかった ちょっとさみしい朝食になった
                              (´・ω・`)ショボーン

     フロントの人が来た 「チェツクアウトをして下さい
      早く出発しないと飛行機に間に合いませんよ
      昨日依頼されたタクシーは表で待ってます」

           ホテルより北京空港は50分
     何故 9時15分の飛行機に間に合わないのだ

    とりあえず朝食を取らず部屋に戻り荷物を持って
    フロントへ チェックアウトしてタクシーに乗リ込んだ

          ドライバーは険しい顔で
     「飛行機に間に合わないかも知れない」
             急発進した

        朝7時 (日本時間8時) の視界100m
Photo_12

  間に合わない理由は濃霧・光化学スモッグ・黄砂
      今朝は三重苦の最悪の朝だった
 6時の時点では 早起きは 「三文の得」だったのに
   (信号は殆どが縦信号 間の数字は変わるまでの秒数)
Lrg_11840516
    ドライバーの背中の金具を手で握り命を預けた
    タクシーの料金も信号待ちの時 車内で先払い
     空港に着くまで谷村新司 『昴』 の心境
          目を閉じて何も見えず・・・・

        
空港に到着したのが9時5分 
    
  搭乗手続きが終わったのが9時15分

       9時15分発の飛行機に間に合った
 
      
係員に手を引っ張られ 全速で走らされ 
   VIP待遇   一人 車で搭乗機まで護送された
            (0゜・∀・)ワクワクテカテカ

    先に搭乗している全員の冷たい目を避けるように
   頭を『米衝きバッタ』のように下げ最後尾の席に就いた

m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

    
15分遅れで出発 上海には15分早く着いた?
   飛行機は速度・ルートで時間が作れるものですね
            オワタ┗(^o^ )┓三


    拙い文章に 最後まで お付き合い下さいました
               皆様に心から       
   謝謝  (シェイ シェイ・有難うございました)
                  
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


  我愛你 (ウォアイニ・私はあなたを愛します)
                                                 

       これで中国旅行の報告を終わります

  次回からは本来の魚釣り・国内の出来事に戻ります


                 8月17日付けの山陰中央新報に
       下記の記事が掲載されていました
Photo_13

Photo_14

« 偉大な 発展途上国 中国ー4 | トップページ | 久々のホームグランド »

中華人民共和国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 偉大な 発展途上国 中国ー4 | トップページ | 久々のホームグランド »