Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

偉大な 発展途上国 中国ー5 最終回

      チャイナドレスの学生の日当に近い高額の
    昼食を終えて『明の13陵』の入口に・・・
    駐車場には『桃』の売り子が車より多くいた
           モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!Σ((oÅO艸*)

   
桃は中国が原産で 日本に入ってきてから
    岡山県・福岡県で品種改良されたらしい
    中国の桃は 日本の『桃』と少し違う
Imgcfcf52e4ofn2fk
   『桃源郷』 と言う言葉が有るように『桃』
    不老長寿 仙果 (女果) と言われている 
         祝い事で必ず出るそうです
Images
    中国名は『藩桃』 西遊記で「孫悟空」が
      食べていた桃で 日本の『桃太郎伝説も 
              西遊記の孫悟空をモデルに
      江戸時代に各地で作られたらしい
Images2
     2個買って食べてみましたがドライバーは
       美味しいと言って一気に食べましたが 
小生は 甘い 瑞々しい 桃 しか食べたことがないので
           2度と食べることは無いと思います
 北京空港でも沢山売っています だが 高い高い
          ∑q|゚Д゚|p

           『明の13陵』

  15世紀初頭の明朝3代皇帝『永楽帝』から
  7代皇帝を除く16代皇帝までの13人の陵墓
 現在公開しているのは『永楽帝』『降慶帝』『万歴帝』
 の3陵のみです 14代皇帝の『万歴帝』の「定陵」は
  地下数10mの宮殿として有名で数千点の宝物が
    発掘され現在博物館で公開されています

 2003年7月には世界遺産に登録されています

13陵入口 博物館の入場料含む「65元」 (900円)
2_2
       日本語の案内も有りました

13_2

Lrg_11173933_3

             定帝陵墓
Photo_14


            地下宮殿入口
 空港のように厳重な手荷物X線検査が有りました
Lrg_11170062_3

           万歴帝玉座
Photo_17
         万歴帝 地下陵墓

Photo_18
Photo_21

見学ルートでは地下
  宮殿出口
本来は入口です

地下宮殿を出て
 明楼に向かう

       


    明楼
 
一見木造に見えるが石作りです

Photo_23
       明楼の中に有る石塔 上に『大明』 
     下に『神宗顕皇帝の陵』 と彫られている
  赤い色は「文化大革命」の時、壊そうとしたが壊れず
         赤い塗料で塗りつぶした とか
 後年色を落としたがこれ以上落ちなかったそうです
Photo_24

             天国の門
Photo_25

               博物館入口
Photo_26
Photo_27

             金糸製の王冠
Photo_29

           ヒスイ 玉の飾り物

Photo_30

        昔の女官の纏足 (てんそく)
     女性が宮殿から逃げれないように足の指を折り
            履かせた靴だそうです       Photo_31

      15時ごろ 13陵を後にして市内に戻った
   契約の8時間には まだ充分な時間が有ったので
       オリンピック公園へ行ってもらった
Lrg_19308410
       オリンピック公園は 公園内が車両侵入禁止で 
     タクシーなど全ての車の乗り入れを規制していました
          歩いて見学するには約90分かかるそうです
         中には公園内乗合小型バスが走っていて
      乗降はどこでも自由(15元)(210円)

            オリンピック公園地図
Photo_4

     陸上競技場 (鳥の巣と乗り合いバスImg_1753

      水泳会場 (夜はカラー照明で色が変わる)
Lrg_19308412
  光化学スモッグで100m離れた建物も霞んで見える
   競技場内は修復工事で見学できませんでした
Photo_2
            水泳の飛び込み台を模ったホテル
Lrg_19308408
          オリンピック記念塔

Photo_5
     公園内に沢山有る分らないオブジェ
  小生は この手の 芸術は苦手で紹介ができません
34492254 34492255

   この手のオブジェは???やはり 分りませーん

34492257 34492262
    
   何の感動もなく乗り合いバスで30分
   ドライバーはあまり早く帰ってきたので驚いた様子
          ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
    「今度はどこに行きたいか」と質問してきた
    「胡同」へ行きたいと答えると「OK」と返事して
          15分で目的地に着いた

            『胡同』 (フートン) 

     中華人民共和国の首都北京市の旧城内を
     1267年から始まった道路建設の規定で
   幅24歩(約37.2㍍)を大街 12歩(約18.6㍍)を小街
        6歩(約9.3㍍)を胡同とした(細い道)

  現在北京市の中心に点在する25か所(約111㌔)の
            胡同が保護されています
01_px250
  700年以上の歴史・伝統文化・風土・人情を垣間見る
  事が出来る。 オリンピックの開発で多くが姿を消した
    胡同観光は非常に人気が高く 観光客目当ての
    人力車(自転車)が 胡同周辺に沢山いました
10_p1050858
   小生は当局から隷属的だから と 禁止されている 
     違法の人力車を ドライバーに探して頂いて
           堂々と乗り込みました
       なんと40分250元 驚きの値段です
      またドライバーの高額なバックマージンが
           含まれているようでした

          o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
Photo_5


      公認は自転車に許可書を付けている
Photo_2

             胡同の生活風景
Photo_3

Roson2_3

胡同は共同住宅で
外から見ると周囲を
壁で囲み小さな出入り
口が開いていた

中に入ると中庭が有り
庭を囲んで平屋式長屋
住宅になっていて複数
家族が入居している。

風呂は 家に無く近くの
銭湯に通うそうです

トイレ も共同で
各路地に有りました
     

   胡同の人以外使用禁止 覗くのも禁止 だが
   人力車の人は一緒に入れば文句は言わないと
     一緒に入って中を撮影させてくれた
              \(^o^)/

  入口は男女分かれているが中に入れば一緒だった
      女性用と言ってもドアも何もない 
    縦に溝が掘られて間隔を開けて穴が有る
           例の中国式トイレ
      
  男性が振り向けば丸見え
        ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…


        男性用は壁に沿って溝があり 
          それに向かって放水・・・・
  大便は捨て穴の横で用を足し 紙に包んで穴に捨てる
        ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

 Beijing3

            大便の捨て穴
   夜は大人も”おまる”を使い朝ここに捨てに来る   Beijing4

    30年前は北京空港のトイレも同じだったが 
 胡同では今も不便で不衛生な生活を送っているようだ
Photo_8

偶然チャイナドレスの大学生と遭遇

    ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )
   
ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー
   

       
。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

             
通訳の日本人観光客を
      人力車に乗せ 一人徒歩で見学中だった
Img_9407

        偶然とは言え中国の一番古い
        伝統文化の汚いトイレのそばで
      チャイナドレスの学生に出会うとは・・・・

     今更ながら 300元払っておけば

 キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

        気落ちしての一日は疲れが倍になる
    今日は昨日の倍の料金で高級マッサージに行った
003a49cf4eef260622ce597e25711f4a
        1時間のマッサージ 眠気も起こらず
       倍の料金を払っても気分は晴れなかった
           ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

        
ホテルのレストランで軽く食事をして
        ホテル前のコンビニ(ファミリーマート)で
         ビールを3本(青島チンタオ)買って
          自然に眠るまでテレビ鑑賞

           だが疲れすぎたのか?
      足がマッサージの効果もなく「引きつり
        エアーサロンパスを ぶっかけた
      室内はエアーサロンパスの匂いが充満して
            今度は目から涙・・・
            。*((艸д・。`*)゜*。
           眠れそうもない
          (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

       部屋には 居れずに王府井街に出かけた
        足はほとんど前に出ず腰の動きに
          足がついてきてるようだ 
          ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

        エアーサロンパスのお陰で土産を
           買ってない事を思い出した

       美保関の『くみさん』から墨絵に使う筆を
       頼まれていた 百貨店 書道の専門店
        沢山の店が有った さすが中国・・・
           モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!
        小生には筆の事は何の知識もなく
         墨絵を書く筆を見せてください
       電子手帳を示して店員に選んでもらった
              (/ω\)ハズカシーィ

         土産物専門店は観光客で一杯だった
       釣り仲間に北京土産を買ったが嵩張った
         持って帰ることを考えずに・・・・・・・
       だが大きな仕事をしたように気は晴れた
                 ( ̄▽ ̄)

       もう一度コンビニに寄りビールを2本買った
          シャワーをしてビールを飲んで
        やっと眠りにつけた テレビをつけたまま
Photo_10
      
翌朝6時ホテルの前を歩いた

 早起きは三文の得””

 ( ^ω^)おっおっおっ

暑くならない内の自転車通勤 

  何百人もの老若男女が

自転車で通勤している

後 30分で車ばかりになる

自転車は乱暴な車の運転で

怖くて乗れない らしい

      交差点の交通整理のミニパトカー
   (信号無視など交通違反の罰金は原則即現金支払い)

Photo_11
     朝食のレストランに行けば人影はまばら
  このホテルの宿泊人は、なぜ朝がこんなに早いのか
       「早上好」 ザシャンファオ・おはよう

     挨拶をしてテーブルに就いたが誰も来ない
      仕方なく皿を持ち料理を取りに行った

      今日は ほとんどの料理が揃っていた
        オムレツを焼く人に2人前頼んだ
       料理を皿に取りながら大学生を探した
    今朝はいなかった ちょっとさみしい朝食になった
                              (´・ω・`)ショボーン

     フロントの人が来た 「チェツクアウトをして下さい
      早く出発しないと飛行機に間に合いませんよ
      昨日依頼されたタクシーは表で待ってます」

           ホテルより北京空港は50分
     何故 9時15分の飛行機に間に合わないのだ

    とりあえず朝食を取らず部屋に戻り荷物を持って
    フロントへ チェックアウトしてタクシーに乗リ込んだ

          ドライバーは険しい顔で
     「飛行機に間に合わないかも知れない」
             急発進した

        朝7時 (日本時間8時) の視界100m
Photo_12

  間に合わない理由は濃霧・光化学スモッグ・黄砂
      今朝は三重苦の最悪の朝だった
 6時の時点では 早起きは 「三文の得」だったのに
   (信号は殆どが縦信号 間の数字は変わるまでの秒数)
Lrg_11840516
    ドライバーの背中の金具を手で握り命を預けた
    タクシーの料金も信号待ちの時 車内で先払い
     空港に着くまで谷村新司 『昴』 の心境
          目を閉じて何も見えず・・・・

        
空港に到着したのが9時5分 
    
  搭乗手続きが終わったのが9時15分

       9時15分発の飛行機に間に合った
 
      
係員に手を引っ張られ 全速で走らされ 
   VIP待遇   一人 車で搭乗機まで護送された
            (0゜・∀・)ワクワクテカテカ

    先に搭乗している全員の冷たい目を避けるように
   頭を『米衝きバッタ』のように下げ最後尾の席に就いた

m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

    
15分遅れで出発 上海には15分早く着いた?
   飛行機は速度・ルートで時間が作れるものですね
            オワタ┗(^o^ )┓三


    拙い文章に 最後まで お付き合い下さいました
               皆様に心から       
   謝謝  (シェイ シェイ・有難うございました)
                  
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


  我愛你 (ウォアイニ・私はあなたを愛します)
                                                 

       これで中国旅行の報告を終わります

  次回からは本来の魚釣り・国内の出来事に戻ります


                 8月17日付けの山陰中央新報に
       下記の記事が掲載されていました
Photo_13

Photo_14

2010年8月23日 (月)

偉大な 発展途上国 中国ー4

  暑かった 全身汗の発生器 さすがに疲れた
  ホテルに帰りシャワーをして近くの足マッサージに
China_beijing_ryouko3
  1時間のマッサージの間眠り込んだ150元(2100円)
  起こされて靴を履こうと思えば「むくんで」入らない

       上海から毎日歩きずめ
      足が成長したようだ
     無理して我慢して靴に押し込み
        引きずるように歩いた

  近代的な王府井街の複合ビル 『新東安市場』
Lrg_14322681

Lrg_14322684
        5階に 日本料理の店がある
       朝バスの中で大学生に教えられた

 日式(日本式)回転寿司70名ほどのイスがあり満員
78
         そのほとんどが中国人
   10分ほど待って案内された場所は厨房の隣
         (寿司の出てくるところ)

    ショートカットの若い女の店員が横に来て
      お茶を入れたり醤油を入れたり
     容器にワサビ ショウガを入れたり
     過剰サービス・・・・何か魂胆がある
         ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ

   回転する寿司を取れば 笑顔でベルトに戻し
     店内に響く大きな声それも日本語で
       お客さん 私に注文 ください
  店内の全員??が小生に注目した

   メニューは日本の寿司店とあまり変わらない
    料金も一皿 5元(70円)~22元(308円)
Kaitenzusi
    中国の平均的な給与は三万円程度
   なぜこれだけの人が高い寿司が食べれるのか
            ┐(´-`)┌

見ているとベルトに乗った寿司を眺めている人が大半
         食べている人は少ない
        五皿も食べると帰っていく
        刺身はあまり食べていない
    卵や チキン 刺身以外が多いようだ
          Σ(゚□゚(゚□゚*)

     小生もベルトを二回り観察して注文した
   『まぐろ』『イカ』『ウナギ』『手巻き鉄火』『ビール』
     店員は大きな声で復唱した そしてビールは
  「アサヒ・キリン・サントリ・サッポロ どれにしますか?」
           小生は少し意地悪く
     『青島』(チンタオ)と大きな声で注文した
    (ちんたお)ビールはアサヒビールと提携して味はドライと一緒
    キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!
    店内の全員??が小生に注目した
Photo_13
『マグロ』は
本マグロではない 
カツオ

『イカ』は何イカか
分らない
分厚い…

『手巻き鉄火』は
ノリが臭い
火にあぶり過ぎ

『うなぎ』は・・・
ウナギだった

                    小生が食べている間
       店内の全員??が小生に注目した

厨房から人相の悪そうな『あごひげ』を生やした男性が
   もみ手をして出てきて 「味はどうですか?」
   横にいる店員に通訳させて 聞いてきた

『寿司ネタ』はどこから仕入れているのか聞いてみた
 『ひげ』は山東省と大連に直接仕入れに行っている

     だが大連の魚市場の話をすると
   听不懂(チンプトン・聞いてもわかりません)
       言葉分らないと逃げた

  通訳の店員は全然違うことを話していた

     日本の寿司の専門家が
    本当においしいと誉めている

  店内の全員??が小生に注目した
        
勝手にしてくれ
     やはり小生は広告塔にされていた

現地の人が五皿程度で帰るのはお金だけじゃないみたい

小生も早々に退出した『マグロ』も『イカ』も一貫ずつ残して

       3階は衣料品売り場だった
       ユニクロの売り場があった

20080418_beijing

8f8bb290

5bd9432d
 売り場面積約400坪 日本の大型店とほぼ同じ商品展示
 白を基調として広々とした高級ブランドのイメージ店でした
 だが価格は Tシャツ 99元(1400円)ジーンズ199元
     日本の価格より高め・・・。売れるのかな?

    客入りは店舗の広さからは はるかに少ない
  小生もシャツを一着購入 日本より250円高かった

     帰り道に大きな教会がありその前の広場で
    ジャズの演奏があり しばらく聞いていたが
   眠気がさし最後まで聞かずに帰り熟睡した
           il||li _| ̄|○ il||

  今日は『万里の長城』 『明の13陵』に行く予定

    朝7時ロビーのベルボーイに8時間貸切の
    日本語ガイドが出来る観光タクシー
       料金を交渉するようお願いした

  そして食事会場へ行き ルームキーの番号を見せ
      空きテーブルを探したが満席だった
     ボーイが柱の陰の席に案内してくれた
柱の陰に隠れるように座りベルボーイの来るのを待った

           5分もしない内に
    「早上好」 (ザシャンファオ・お早うございます)
  と声がして 昨日のチャイナドレスの大学生が
 コーヒ・オムレツ・ゆで卵をテーブルの上に並べた

謝謝(シェイシェイ・ありがとう) 対不起(テプチ・ごめんなさい)
 と言って大きく開いた脇スリットを横目で鑑賞した
  (『かんしょう』 PC変換で「21」も出てきた。どの字だ)

 ベルボーイがタクシーの乗務員を連れてやってきた
       8時間1200元から始まった
        5分後には1000元になった
       15分後には700元になった
       8時に出発で契約交渉成立
         (v^ー゜)ヤッタネ!!

   急いで食事を済ませ10分前にロビーに行った
        タクシーは来てなかった
        チャイナドレスの大学生が
     無料の水ペットボトルを持って来てくれた
              笑顔
「今日は時間が有るガイドしようか?給料は300元でいい」

        即座にお願したかったが
  日本語のガイド付きのタクシーを契約したので
     心にもなく断ってしまったΣ⊆(・∀・⊂

         8時にタクシーが来た
   早速乗り込んだが交渉したドライバーと違う
    「交渉したドライバーは?」と聞いてみた
    「听不懂」 (チンプトン・聞いてもわかりません)

     タクシーを降りてベルボーイを呼んだ
  「日本語のできる観光タクシーと契約したが
 全然日本語が出来ない 約束が違うと」抗議した
         (#゚Д゚)y-~~イライラ

   「8時間 700元の契約で日本語の事は
      ドライバーに話していなかった」
  ベルボーイは「対不起」 (テプチ・ごめんなさい)

  すぐに代わりのタクシーを探す と言って消えた
   小生はチャイナドレスの 学生を探した が
   すでに他の日本人のガイドで出発していた
        。*((艸д・。`*)゜*。

    消えたベルボーイが違うドライバーを
    5分も経たないうちに連れて帰ってきた

   高速道路料金・駐車場料金 込みで700元
   ドライバーは「いいですか?」と聞いてきた
     「今日一日よろしくお願いします」
       丁重にお願いしたm(_ _)m

  河北平野にある北京市内から 約75㌔
  高速道路を 安全運転?で1時間足らず
  海抜1015㍍『八達嶺長城』に着いた

  万里の長城は紀元前数世紀頃の中国各地に
   分立していた国々が、北方の騎馬民族や
    他国の侵入に対して作った防御壁を
  中国を統一した「秦の始皇帝」がつなぎ合わせ
    全長6430㌔で 人工衛星から見える
     唯一地球上の工作物と言われる
 
          入場料45元(630円)
Photo_2
Photo_3
    万里の長城の中でも メジャーな「八達嶺長城」
     (はったつれいちょうじょう)(バーダーリン・チャンチァン)
     入口を入り右に行くと勾配がなだらかな女坂
Photo_4
Photo_5
   左に行くと急勾配の男坂 まるでハシゴのように急坂
     一段一段  階段の高さが違い非常に疲れる
   見える山頂までも「むくんだ足」では無理だった 

  途中で引き返し階段を降りる時は、さらに困難だった
  石の角が丸くなり手すりを握らないと降りられなかった
      (昔は手すりなどなかったと思う)

     突然ポケットの携帯電話が振動した
『喂』 (ウェイ・もしもし)  『你好』 (ニィファオ・こんにちわ)
      上海の取引先からの電話だった
     『辛苦了』 (シンクラー・おつかれさま)
    いつ上海に帰って来るかの電話だった

      万里の長城で電話が通じるのだ
      モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!
Photo_6
Photo_7
   11時過ぎに駐車場まで降りてタクシーを探す
        ドライバーは窓もドアも全開で
     シャツを胸までまくりあげ熟睡していた
     山頂まで登り帰ってくるのは12時過ぎと考えて
     眠ってしまった… 頭をかきながら言い訳した

   車で走ること 40分ほどで 明の十三陵 に着いた

             ドライバーの提案で
    近くのレストランで昼食を先に済ますことにした
Pek2088
    ドライバーを誘い店に入った 個室に案内された
 ドライバーは何度も来ているらしく 店員と親しげに挨拶した

        ランチメニューから選び注文した
       見るからに 辛そう まずそう
    一品の値段は北京中心部の値段より高かった
       (地方だから安いと早合点して誘ってしまった)
5

1

2

   伝票を見て驚いた  昼食はビール含んで280元
          ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
  ドライバーは気の毒そうな顔で観光地は高いですね

    トイレに行くと言って立ち上がり姿を消した
        トイレは室内に有るのに・・
      しばらくすると笑顔で帰ってきた

     小生は昔「添乗員」の経験があるので
    バックマージンを取りに行ったと推測した

     タクシー代は安くなったのに 昼食で…
         ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・

    次回は『明の13陵』『オリンピック公園』
         『胡同』を紹介します

2010年8月17日 (火)

偉大な 発展途上国 中国ー3

    前日の屋台の夜遊びが過ぎ朝寝坊
     8時(日本時間9時)に目が覚め
     朝食会場へ バイキング料理は
        半分も残っていなかった

     残っていた菓子パンと果物を取り
  少し大きな声で カッヒーオムレツゆで卵
    と叫んでみた 数名の食事中の客と
   数名の従業員が驚いた顔でこちらを見た
          ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

  
待つこと10分注文の品はテーブルに揃った
  ゆで卵 通じたの・・・不思議 だが目の前に・・・

  謝謝 謝謝 従業員の顔も見ずチャイナドレスの
 腰まで開いた脇スリットを 横目で見て2度礼を言った
  不要謝(プヨシェ)チャイナドレスの女性が去った

      一杯目のコーヒーを飲み干し
  果物に手を伸ばせば 先ほどの女性が笑顔で
   カッヒー?と言ってカップに溢れるほど注いだ
   謝謝 今度は顔を見て 1度だけ礼を言った
  不要謝(プヨシェ)チャイナドレスの女性が去った

  10時頃、歩いても2~30分の天安門へ行くため
  ホテルを出た 暑い 暑い 歩くのをやめた

     歩いて2~3分の所にバス停があった
     停留所の行き先案内を眺めていると
      ジーパンとTシャツで紙袋を持ち
   たどたどしい日本語で「どこへいくか」と女性が
      声を掛けてきた 『天安門です』と
        素直に答え、顔をあげた 
     ホテルのチャイナドレスの女性だった

   私は北京大学の学生で日本語を専攻している
    このホテルは日本人の宿泊が多いので 
      朝 3時間のアルバイトをしている
  天安門方面のバスで帰るので途中まで案内する
          (v^ー゜)ヤッタネ!! 
 
      朝レストランで”少し大きな声”
      この瞬間の為に必要だったのか・・・
      
 モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

       バスが来た。トロリーバスだった    
      排気ガスを減らすため バスの多くが
       トロリーバスに移行しているようだ
Photo_2
 車内も非常に清潔で話をしているのは小生達だけだった
          もちろん 小さな声で・・・
Photo_3

   10分もしないうちに 天安門に着いた 4元(55円)
   謝謝 謝謝 頭をさげ2度礼を言って降りた
     不要謝(プヨシェ)ジーパンの女性は
     笑顔でバスの中から見送ってくれた
          
 (*゚∀゚)=3ハァハァ
  
 (本心は一緒に降りて案内してくれるのかと期待した・・・が)

 天安門広場 13年振りなのに なぜか懐かしくない 

      絶えずテレビ画像で見ているせいか??

  公安(警察官)が毛沢東の前に立つ小生のカメラを
  笑顔で奪うように取り上げシャッターを押してくれた
  そしてカメラを返しながら上手く撮れたか 覗き込んだ

 日本のカメラは品質がいい 嬉しそうに握手を求めてきた
   謝謝 笑顔で握手を返した  が顔はこわばった
        
  ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~
     (昔は毛沢東の前で写真を撮ればカメラを没収された)
Photo_4
     
 人民大会堂(日本の国会議事堂)
Photo_5

 気温37度 チケットを買うのに 無言で並ぶだけの40分
          (紫禁城・故宮のチケット売り場)
Photo_6
        
世界中の言葉が飛び交う城内
  毛沢東語録に 2200年には天安門広場が
        世界の中心になる 

Photo_8
   
     色々な意味で現実味が出てきた

         本土人口公式発表13億人 
     実人口は15億人では?と言われている。
     今年少数民族を含め各家庭の2人目?も
     含め『台湾』『香港』『マカオ』の人口も含めて
        全国一斉国勢人口調査を行うようだ

     世界各地で生活している『華僑』は5億人・・
    地球人口は現在62億人 内中国人は20億人
      現在地球人の3人に1人は中国人だ
          モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!


       世界の生産工場・ IBMの子会社買収
  外貨準備高世界一・ 経済成長率 11年連続二桁成長
       鉄の生産世界一・人工衛星を打ち上げ
  アメリカの国債保有世界一・世界の核兵器の3割保有
          コピー商品生産世界一
   日本の代表的な衣料企業 『レナウン』7月に買収
        日本の食糧輸入の65%を輸出
         ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌マイッタネ

       『偉大な開発・発展途上国』?

     2200年には世界の標準語は中国語・・・
      コンピューターの使用用語も中国語
    チャイナドレスは世界の日常着????(うれしいな)

   小生も大阪から島根に来て40年 立派な日本の中国地方人
   言葉も中国ズウズウ弁・・ だが後190年生きれるかな・・・・


   天安門広場は 上海万博会場より 外国人が多い
      世界中から 天安門詣でが始まっている Photo_9
    
 朝寝坊で出発が遅れ予定が大きく変更
    故宮の宝物の見学にも入場者が多すぎて
        予想の倍の時間がかかった

   4000年の歴史の宝物は『蒋介石』が台湾へ持ち去り
       台北に有る『故宮』の方が断然豊富です

          (故宮の裏から出て景山公園へ)
Middle_1246786057
 
  故宮の真北に位置して高さ約45㍍ (海抜89㍍)
    北京は平野で山がないので人工の山を作った
Photo
  
   景山公園から南を見れば夕日に染まる
   故宮が一望でき 多くの人が踊りやら カラオケ
   太い筆に水を付けて地面に達筆を披露している
     それらを見ているだけでも結構楽しめた

  明のラストエンペラー崇禎帝が自殺した所でも有名です

       タクシーで20分で頣和園に着く
(本当は7㌔しかなくドライバーに遠回りされ倍の時間と料金を取られた
          o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

 
            頣和園(いわえん)
  (夕方着いたので3枚の写真はパンフレットからの借りものです)
Photo_3
 
 1750年 に建立された現存の最大博物館式皇家庭園で
  1860年イギリス・フランスの軍隊により焼き払われたが
  1886年光緒皇帝により忠実に再建された 
      北京中心部より15㌔ほどの距離です
   中国で最初の世界遺産に指定された風光明美な公園です
Photo_4
Photo_6

意外と観光客は少なく(時間の関係かも?)楽に見学出来ました
 
   3回目の訪問ですが非常に掃除が行き届いていて
     清潔感を感じました 以前は”ゴミ”だらけ 
        建物に触れるのも汚い感じでした

        次回は 万里の長城・明の13陵

         本日の収獲 

           暑い暑い暑い
              
6日・10日連続完全坊主 
               盆明けに期待 フグ1匹
Img_1640
  優雅にスダレで涼を取るベンちゃん釣り師
Img_1641

Img_1642

2010年8月 9日 (月)

偉大な 発展途上国 中国ー2

        上海虹橋ホンチョウ空港

         旧上海市内のど真ん中         
         浦東空港が出来るまで
          上海の空の玄関口
      狭い・暗い・トイレに紙もドアもない
    外人女性はドアの代わりにスクラム組んで
      用を足していた…そんな昔がありました。

         浦東空港が出来てから
         国内専用空港に衣替え

 昨年 改装・増築・大拡張して近隣国へも就航しだした
         日本からは羽田空港より
        直行便が運航されています

                   上海虹橋(ホンチョウ)空港
2010_0726_093404img_1707
   空港内部は非常に明るく 驚きの広さです 

2010_0726_092158img_1703
 広すぎて  搭乗口までの距離が・・・・  疲れます
2010_0726_092211img_1704
       中国東方航空MU5103 ジャンボ機
    虹橋空港9時発 首都北京空港11時10分着
2010_0726_132229img_1708
        離陸はしたが機内は23度
        寒くて毛布を肩から掛けた

    乗客が飲料水を多く飲まないように・・・
  中国人は無料だと着陸するまで飲むらしい・・?
      乗務員の負担を減らすための
   温度設定だと隣席の中国人が教えてくれた

    時間帯が食事タイムに当たらないため
         機内サービスはなし

  する事もなく 唯 ひたすら目を閉じているだけ
    (音楽イヤホン本日不調のアナウンスがあった)
           il||li _| ̄|○ il||li

   思えば30数年前 北京から西安に向かう飛行機は
     座席が公園のプラスチックのベンチシート
       シートベルトは直径1㌢の紐ベルト
        壁を叩けば合板に紙の壁紙


        機内サービスは脇の大きく開いた
         チャイナドレスのスチワーデス
     ワインは飲み放題   
搭乗記念に
  バッチ・スリッパ・靴べら・テッシュの詰め合わせ
    (年寄りの決まり文句 昔は良かったな!)
       一人口の中で言ってみた
    
  モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ


      「間もなく到着」とアナウンスがあったが
            着陸の気配なし
      不思議に思い 窓からを下を見たが
         地上は霧で 何も見えない
  まだかと思いきや いきなり”ドン!”と着陸
          ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

   霧がすごい 濃霧の中よく着陸したと感心したが
 それは霧ではなかった 光化学スモッグ黄砂だった

   13年振リの北京 街は変わっても空気は変わらない

         空港から乗ったタクシーの前方も
          500㍍程度の視界しかなかった
             (高速道路の料金所)
Photo_6

2010_0727_155634img_1740

2010_0726_134401img_1709
       上海は視界距離1㌔ 北京は500㍍
    ここでも『ドライバー』はサーキット状態の運転
         視界距離は関係ないみたい

      何年か後には 『F-1 ドライバー』 
          全員中国人になるだろう
     小生の予言は間違いなく当たると思う?

       空港からタクシーで50分 ホテルに到着
1167471_21_b
        北京市東城王府井  北京松鶴大酒店
     部屋数300 四つ星ホテル  3連泊の我が家

         歴史的な東城(ドンチェン)には
 天安門広場・紫禁城・故宮博物館が徒歩で行ける距離です

    ホテルより歩いて5分 王府井(ワンフーチン)街
    日本の銀座・中国上海の南京路と並ぶ繁華街

   有名百貨店が建ち並び 首都北京の代表的な商店街
Photo_2
 北京の200以上の老舗ブランドの店が集中しています
Photo_3
  路上には有名な銅像が無造作に展示されています
Photo
Photo_2
Photo_4
 一歩路地に入れば 『なんでもあり』の 庶民の街
Photo_5
Photo
     夜になれば 大通りも雰囲気が一変する
        300㍍にわたり露店が並ぶ
       日本の祭りに出る縁日の夜店?
        連日 連夜 『お祭り』 ???
Photo_7
       中国の食事メニューがすべてある
  カエルの丸焼き・ヘビの胴切り炒め…は目をそらした
  だが『たこ焼き』 『焼そば』は行列ができる大人気
 
     小生も食べてみたが 油臭いし 粉臭い
日本人…特に家で『たこ焼き』を作る大阪人には 耐えられない
   この味では『たこ焼き』ブームは一時期で終わりそう Photo_8
    明日は 天安門 故宮 景山 頣和園 の予定

        8月3日帰国後初釣り『大あじ』は終わっていた
         本日の収獲
2010_0716_160134img_1600
         真鯛が7匹 最大36㎝


 

2010年8月 4日 (水)

偉大な 発展途上国 中国

     7月23日岡山空港13時10分発 
       上海浦東空港13時50分着
        (時差 1時間 日本時間14時50分)

     30年以上前より中国を訪れている

    浦東空港が出来るまで 大阪伊丹空港
   上海虹橋空港 実飛行時間 2時間45分

    松江から1時間40分で行けるのは?
       倉吉? 仁摩? 奥出雲?

       岡山空港まで2時間30分        
         美保関まで45分
      
    中国は近い 本当に近い 実感・・・

     最近は年に3回以上は訪れる中国
     行くたびに大きく変わっている市街地
       本当に どこまで発展するのか
        巨大な   『発展途上国』
               ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

         上海浦東(プートン)空港
Small011
   仕事関係の会社から 迎えのベンツが待っていた
      早速乗り込み3時間の「ドライブ」が始まる

    2年前までは長江をフェリーボート  で
     渡っていた時は4時間30分かかっていた

    橋が架かり直接車で行けるようになって
    3時間に短縮され少しは楽になった が・・・

      霧で何も見えない 長江(揚子江)
Nanjing_nanjingchangjiangdaqiao
    12.9㌔の大橋を渡り江蘇省ルーカオ市へ

     高速道路 4車線を絶えず「水すまし」
     のように車線を変え140㌔ 150㌔の
           速度での3時間
 「ジェットコースター」を3時間乗った人はいないと思う
          (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

    出発して30分で車内の会話は途切れる
     後は”ドライバー”に命を預けた事を
          後悔する時間

     
  モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

     とにかく目的地に無事到着したが
         心身ともに”ズタズタ”
      ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

   毎度のことながらホテルにチェックインして
       30分後に会議が始まる
      これは完全に先方の陰謀だ

    だが 小生はいつも 陰謀をはねつけ
      先方から「先生は元気ですね」
        と いやみを言われる?
   そして会議は当方の思い通り無事成功

    ルーカオ市と言う街は人口250万人
     100歳以上の高齢者は1200人
        中国一の長寿の街だ
Img_1672_2
2010_0725_110459img_1679
  上海にない『青空』『質素な食事』『働き者』の街

    園芸も観葉植物は中国全土に販売している
   小生が大変な思いで ここまで仕事に来るのは
       盆栽を見学したいとの思いもある

   深さ30㌢の板の箱に4㍍を超える『さるすべり』
2010_0725_113144img_1680
           盆栽も桁外れに大きい
   上海万博の何千本の観葉植物もここから運ばれた

    一泊二日のルーカオ市の旅を終え上海に帰り
          3日目は世界博覧会

    朝9時にゲートに着いたが入場できたのは10時
       パビリオンの入場待ち時間ではない
          入場するだけで1時間
         ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

    気温36.5度 湿度65% 当日入場者数46万人
        熱中症患者178人 死者7名
2010_0725_191055img_1696
      園内を走る車両10元(140円)
2010_0725_184906img_1691
    中国館(入場整理券発行)とても入手困難
 夕方5時30分頃から1階の地方館のみ入場できました
Img_1688_2
    2日間で入れたパビリオンはわずか16会場
   日本館は側にも寄れないほどの4時間待ち行列

     日本産業館の『たこ焼き』待ち時間45分・・・
  中国では評判を呼び各地に『たこ焼き屋」が急増・・・
201004192128m
    大阪万博を経験している 元気な小生も
         暑さと広さで疲労困憊

         ホテルに帰れば足マッサージ
          氷のように冷たいビールと
    夢を見ながら 地下鉄を乗り継ぎ帰路に就くが
      ホテルに着くと1時間はベッドにダウン

         明日は北京に行くぞ
   足マッサージも 氷のように冷たいビールも忘れて
   シャワーして8時には就寝(テレビをつけたまま) 

         次回は北京の旅回顧録   

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »