Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 通勤路沿いの歴史ー3-美保関-最終回 | トップページ | 偉大な 発展途上国 中国ー2 »

2010年8月 4日 (水)

偉大な 発展途上国 中国

     7月23日岡山空港13時10分発 
       上海浦東空港13時50分着
        (時差 1時間 日本時間14時50分)

     30年以上前より中国を訪れている

    浦東空港が出来るまで 大阪伊丹空港
   上海虹橋空港 実飛行時間 2時間45分

    松江から1時間40分で行けるのは?
       倉吉? 仁摩? 奥出雲?

       岡山空港まで2時間30分        
         美保関まで45分
      
    中国は近い 本当に近い 実感・・・

     最近は年に3回以上は訪れる中国
     行くたびに大きく変わっている市街地
       本当に どこまで発展するのか
        巨大な   『発展途上国』
               ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

         上海浦東(プートン)空港
Small011
   仕事関係の会社から 迎えのベンツが待っていた
      早速乗り込み3時間の「ドライブ」が始まる

    2年前までは長江をフェリーボート  で
     渡っていた時は4時間30分かかっていた

    橋が架かり直接車で行けるようになって
    3時間に短縮され少しは楽になった が・・・

      霧で何も見えない 長江(揚子江)
Nanjing_nanjingchangjiangdaqiao
    12.9㌔の大橋を渡り江蘇省ルーカオ市へ

     高速道路 4車線を絶えず「水すまし」
     のように車線を変え140㌔ 150㌔の
           速度での3時間
 「ジェットコースター」を3時間乗った人はいないと思う
          (´Д`;≡;´Д`)アワアワ

    出発して30分で車内の会話は途切れる
     後は”ドライバー”に命を預けた事を
          後悔する時間

     
  モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

     とにかく目的地に無事到着したが
         心身ともに”ズタズタ”
      ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

   毎度のことながらホテルにチェックインして
       30分後に会議が始まる
      これは完全に先方の陰謀だ

    だが 小生はいつも 陰謀をはねつけ
      先方から「先生は元気ですね」
        と いやみを言われる?
   そして会議は当方の思い通り無事成功

    ルーカオ市と言う街は人口250万人
     100歳以上の高齢者は1200人
        中国一の長寿の街だ
Img_1672_2
2010_0725_110459img_1679
  上海にない『青空』『質素な食事』『働き者』の街

    園芸も観葉植物は中国全土に販売している
   小生が大変な思いで ここまで仕事に来るのは
       盆栽を見学したいとの思いもある

   深さ30㌢の板の箱に4㍍を超える『さるすべり』
2010_0725_113144img_1680
           盆栽も桁外れに大きい
   上海万博の何千本の観葉植物もここから運ばれた

    一泊二日のルーカオ市の旅を終え上海に帰り
          3日目は世界博覧会

    朝9時にゲートに着いたが入場できたのは10時
       パビリオンの入場待ち時間ではない
          入場するだけで1時間
         ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

    気温36.5度 湿度65% 当日入場者数46万人
        熱中症患者178人 死者7名
2010_0725_191055img_1696
      園内を走る車両10元(140円)
2010_0725_184906img_1691
    中国館(入場整理券発行)とても入手困難
 夕方5時30分頃から1階の地方館のみ入場できました
Img_1688_2
    2日間で入れたパビリオンはわずか16会場
   日本館は側にも寄れないほどの4時間待ち行列

     日本産業館の『たこ焼き』待ち時間45分・・・
  中国では評判を呼び各地に『たこ焼き屋」が急増・・・
201004192128m
    大阪万博を経験している 元気な小生も
         暑さと広さで疲労困憊

         ホテルに帰れば足マッサージ
          氷のように冷たいビールと
    夢を見ながら 地下鉄を乗り継ぎ帰路に就くが
      ホテルに着くと1時間はベッドにダウン

         明日は北京に行くぞ
   足マッサージも 氷のように冷たいビールも忘れて
   シャワーして8時には就寝(テレビをつけたまま) 

         次回は北京の旅回顧録   

« 通勤路沿いの歴史ー3-美保関-最終回 | トップページ | 偉大な 発展途上国 中国ー2 »

中華人民共和国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 通勤路沿いの歴史ー3-美保関-最終回 | トップページ | 偉大な 発展途上国 中国ー2 »