Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

いきなり冬が来た?

   9月18日我が家のエアコンが故障した
     酷暑続きで サーモが壊れた
       。*((艸д・。`*)゜*。

  6月に購入した最新鋭のエアコンのはず
    購入した電気店に電話をすれば 
      1時間後には修理に来た

    状態を見て「これはメーカー修理です」
      「商品の品質が問題です」 
     「メーカーに連絡しておきます」
     「だが今日から3日間休みです」
        щ(゚Д゚щ)カモォォォン
     
「21日の火曜日に来ると思います」
    … 一方的に宣言して帰った( ´_ゝ`)

    メーカーの品質が問題の商品・・・
      だが社員は3連休・・・・


       メーカはシャー○電気
      ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ
    
21日修理に来たら聞いてみよう

     購入した小生は3日間猛暑
   毎日我慢しなけれ
ば いけないのか
  
 o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!(≧ヘ≦)

     だが 暑くて部屋には居られない
      車のクーラーで涼を取るため
         職場に向かった

    海は穏やか 『さごし』が飛んでいる
          だが 何も釣れない
      いや 一匹釣れた 怪獣が

      オコゼ火箸で掴み堤防の
      コンクリートの上に置いてみた
   コンクリートと同色になり 大きな口を開き
   オットセイのように前ひれで体を持ち上げ
      小生を睨みつけたヾ(.;.;゚Д゚)ノ

Img_2124

       これも魚か (´ρ`)ぽか~ん
    海は何種類の魚を 養っているのだろう
        早々に海に帰ってもらった

      一般魚 本日も『坊主』なり

       帰ってもエアコンはない 
  シャワーをしてビールを一杯 とはいかない

    思いついて多久の湯温泉に行った

Index_03
S014

             大浴場

S005

            露天風呂

S001

   いつも沢山の人が入浴している評判の温泉だ
     松江市民は300円 一般の人は500円
      自動販売機で入浴券を買うので
       市民と一般人との確認は無い
       誰でも300円で入浴出来る   o(*^▽^*)o

    小生も回数券を買って2カ月に1度程度
    入浴に来るが船長もここまで来るらしい

    温泉に入ったり休憩したり30分程で
       レストランで ビールを頂く 
    大広間で横になりテレビの番をしたり
    マッサージ機でマッサージをしたり
    2時間以上したり・・・極楽 極楽

    月曜日研修生と境港漁港に行った  

 飛鳥2号 豪華客船が 4万㌧岩壁に停泊していた
Photo

   今度は地球のサーモが故障したのか
          (・_・)エッ....?


  昨日は35℃暑かった  今日は25℃長袖

     南の大山も冬雲に覆われて寒そう
Img_2127

   だが『まめあじ』は大量に帰って来ていた
 釣り始めて1時間で3キロの『ジャンボ』が無くなった

        今年初めての”入れ食い”
    一度に6本の針全部に掛かることもあった
        爆釣 研修生は喜んだ

 3度目の釣り経験は最初が3匹 二回目は坊主 
 「こんなに釣れればイスに座ることもできない」
          ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
(*≧m≦*)(*^ω^*)ノ彡ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ(*≧m≦*)
Photo

Photo_2

  釣っている横に係留していたレジャーボート
  『RINX』の船長が船の上から眺めあきれ顔で
  境港の『まめあじ』が絶滅すると 笑った
 `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

  午前中で3キロの『オキアミ』を4個使い果たした
    中型のクーラーは早くも一杯になった

 昼前に”ジープさん”と”白帽さん”が美保関から
    『金フグ』釣りを止め坊主で帰ってきた 

    そして近くで『かわはぎ』釣りを始めた

    寒空で場所を度々変えて悪戦苦闘Photo

Photo_2

  何も釣れずに ”フテクサレ”\(*`∧´)/
  寒空の下 堤防に座り込んだ(´∀`)σ)Д`*)

  やっと”ジープさん”に『カワハギ』が釣れた

Photo_3

 『白帽さん』は嘆き悲しんだ 。*((艸д・。`*)゜*。

    そして小生のアジ釣りの竿を取り上げ
     研修生と並んで釣りだした・・・
        釣れるのは研修生ばかり
    ”白帽さん”は今日は『まめあじ』にも嫌われた

Photo_4

      研修生は”白帽さん”に勝って大喜び
   そしてイスに座り余裕の笑み  o(*^▽^*)o
  ”白帽さん”は「今日は夜勤明けで釣れないよ」 と
 誰も聞かないのに言い訳した(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ゚+:
    もちろん だれも きいていなかった

Photo_6

    3キロの『おきあみ』を7袋使い果たした
  さすがに研修生も腕が痛くなった と悲鳴を上げた  

        空はいよいよ怪しくなった
Photo_8

  3時過ぎ納竿して車に乗るなり雷鳴と同時に
      集中豪雨 助かった c(>ω<)ゞ

 

       ”ジープさん” ”白帽さん”
   辛苦了
(シンクラー・ごくろうさん) 風邪ひくな

         本日の収獲  

           まめあじ 7.8㌔
      あまり多すぎて写真に入らない
        (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

2010年9月23日 (木)

秋 小野小町伝説と花回廊

      残暑の の 花回廊
Ca3qub2y

      小生の大好きな日本桔梗
Cakh1r5g_2
         
         サルビアの咲く丘

3
         
         園内を走る遊覧車

Img_3029

            霧の谷
Photo_2

      花回廊の会員になって7年
       年間14.5回も訪れる

   管理が行き届き いつ行っても感動が有る
          (*´v゚*)ゞ

  今日は花回廊の出口で「小野小町の墓」
          道案内を発見

    今までどれ程この道を走ったのか?
        初めて気付くとは・・・・・
       ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

   道案内を辿って細い道を入って行った
         そこは小野町

       ガード下をくぐり対向車が来れば
      すれ違う事も出来ない程の細い道

 三叉路に出た左側に「小野小町」石碑の案内
Img_3013

Catib0w3

   平安時代仁明帝のころ 宮廷につかえた
          天才女流歌人
  そして世界三大美女クレオパトラ・楊貴妃
 と言われた「小野小町」の五輪塔と言われるらしい
         ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
Img_30121

    会見町金竜山雲光寺に位牌が奉られ
 清和5年(838年)4月29日没と記されているらしい

Photo_3
    江戸時代に書かれたと言う「小野小町」

   『ウィキペディア』で小野小町を調べてみた

人物像 
     絶世の美女と言われるが
     人物像や人物画は残っていない 
     浄瑠璃などで美女として登場する

生誕地 
    秋田県湯沢市小野 と言う説が主流
    福井県越前・福島県小野・京都市山科区小野
    山形県米沢市小野川温泉は小野小町が開湯した
    温泉と言われ美人の湯として知られている
           等全国に点在する

墓所     墓所も全国に点在する

   滋賀県大津市大谷  小野小町100歳像
   栃木県下都群岩船町小野寺 小野小町墓
   福島県喜多方市高郷町 小野小町供養塔
   茨城県土浦市と石岡市に 小町墓
   山口県下関市豊浦町川棚中小野 小町墓
   京都府京丹後市大宮町五十河 小町塚

    結局何も定かでないが古今和歌集』の

 花の色は移りにけりないたずらに

            我が身世にふるながめせし間に


     百人一首に選ばれた詩は有名である

 

       山陰地方 特に大山周辺は  
  
風光明媚で周辺は古い遺跡や名水の日野川
中国地方最高峰の大山 美女産出の条件が整っている

    美女の絶対『3』条件
    


 
立てば 芍薬
         座れば 牡丹
                 歩く姿は ゆりの花

 芍薬は 隠岐の島
          牡丹は 大根島
                   百合は 
花回廊

   
   この地に『小野小町』が居ても
             不思議でないように思うのは
               
   小生だけだろうか
                        (dakedarou)

          (日野川から見る冬の大山)
Photo

       環境に恵まれた美人の産地

   名和美人伯耆美人八束美人隠岐美人

       
 (日本酒の銘柄ではないぞ)

         本日の収獲 
    
  アジ 32㌢ 2匹 ・ カワハギ 沢山Img_2049_2

2010年9月18日 (土)

ふぐの考察?

  台風が近海を通ったのに残暑は変わらず
     海水温も平年より 1.8度 高い
    定置網にも魚は入らず 漁師は網仕事
Img_1970

Photo 
        西堤防には誰も居なかった
     一人東端に行き『チヌ』狙いをしたが
       当りが有るのは10㎝ほどの
        『真鯛』『グレ』『ダンダラ』
         つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

    後は『きんフグ』に針を取れれること6本
       o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

          フグの種類は?
          
    かなふぐ(きんふぐ・ぎろ) 日本海
        可食部 肉・皮・精巣
     猛毒部 肝臓・卵巣・目・腸 

Photo_2

  くろ・しろさばふぐ(かなと・ぎろ)日本海
         可食部 肉・皮・精巣 
      猛毒部 肝臓・卵巣・目・腸
Photo_4
    しまふぐ(あお・おまん・おてら)相模湾以南
          可食部 肉・皮・精巣
        猛毒部 肝臓・卵巣・目・腸
Photo_5
とらふぐ(とら・しろ・ほんふぐ)北海道南部から東シナ海
       可食部 肉・皮・白子・精巣
       猛毒部 肝臓・卵巣・目・腸
Photo_6
    まふぐ(ならめ・なめた・なごや)日本近海
      可食部 肉・皮・白子・精巣
       猛毒部 肝臓・卵巣・目・皮・腸
Photo_7
        ごまふぐ(さめふぐ・さばふぐ)
         可食部 肉・白子・精巣
       猛毒部 肝臓・卵巣・目・皮・腸
Photo_8
    くさふぐ(すなふぐ・はまふぐ)北日本から沖縄
            可食部 なし       
           猛毒部 全身
Photo_9
           ハリセンボン科は   
          可食部 肉・皮・精巣 
        猛毒部 肝臓・卵巣・目・腸

他に (あかめふぐ・からす・こもんふぐ・さんさいふぐ・
   しょうさいふぐ・ひがんふぐ・めふぐ・よりとふぐ)

   フグは食べるにはやはりチョット勇気がいる
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

    昼前に大きな当り 38㎝のチヌが釣れた
  周辺に誰も居ない 竿を左手に持ち右手でタモを
  持ち悪戦苦闘 5分程掛かりようやくタモに入れた
                       (v^ー゜)ヤッタネ!!

             後ろに息を切らした船長が居た
                   「 間に合わなかったか
                   走ってきたのに・・
                   網に入ってしまったか」
   「逃がして明日定置網に招待しようと思ったのに」
         o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

        
網の修理を止めて取り込みの応援に
                走って 来てくれたらしい     謝謝
          (/ ^^)/アリガトネ

       今日の収獲 

  チヌ 38㎝ 黒(グレ)ダンダラ・真鯛Photo

          まめあじ(約100匹)
Photo_2

       カワハギ (約120匹)
Photo_3

    




 

2010年9月12日 (日)

酷暑のゴルフ場  涼を求めて滝巡り

       毎週一度のゴルフ場

熱い 暑い 厚い あつい アツイ 篤い?
.       ..。oо○**○оo。...。oо
     ○**○оo。...。oо○**○оo。


    芝は早くも枯れかけて茶色くなってきた
         ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
Img_1947
5番ホール グリーン上に熊の親子が夕涼み
     山の中の方が涼しいと思うが・・・
 ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ クマッタ くまった

Photo_2
     
ゴルファ-も完全に『バテギミ』
               
  。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

Photo_2
      
暑さで???各ホール 渋滞
      
マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン
Photo_3
      
暑さと関係なしに   トラブルショットの連発
    troubleショットを打つ為に待つ名人)

Photo_4
    グリーンに載れば グリーンは草だらけ
      
 o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
Photo_5
   
グリーンの芝枯れもパッチワークで補修
   
ゴルフ場の管理の皆様本当にご苦労さんです
     
  (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
Photo_6
  
   茶店で『かき氷』(250円)を頂き
Photo_8
               烏龍茶を3本飲み干し
            精神修養  


  
木陰に入れば 少しは涼しい 動きたくない
  
次のホールから木陰を狙って打っていこう

      
わなくても・・・左右に飛んでっくーー  ka・・・
        
(7番ホール右のラフに打ち込んで)
         (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
Photo_9
   
全身 汗 発生器    『あせも』 がいっぱい
      
 9月だよ なぜだ・・・この暑さ
                (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

明日は涼を求めて滝巡りをしよう

     まず岡山県の真庭市にある『神庭滝』

中国研修生を連れて 朝7時に出発 約1時間20分
  山陰道・米子道を経て湯原インターに着いた
インターを降りて国道313号線・県道201号線で30分
Photo_10

 国指定名勝地 日本の滝百選 日本百景
       3つの指定を受けている

    駐車場より歩いて3分 玉垂の滝
 山肌を伝い50m以上の高さから「しだれ落ちる」滝
   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 昔の日本女性の『しとやかさ』と『心の強さ』
を 感じさせる滝 小生の”PC”の壁紙にも使っている
Photo
   『ニホンザル』が山から下りているか確認して
     300円の入場料を支払い歩くこと5分
           (猿がいなくても300円)

       沢山の『ニホンザル』がいた
 (昭和32年大阪大学の学生によって餌付けされた
    野生の日本猿が180頭生息しています)

 中国の研修生は初めて見る猿を怖がりながらも
         そばに行き写真を強請った
Photo_5
  河原に親子ずれの猿が人慣れして遊んでいる
Photo_4
 真正面の山を見れば雄大な 神庭の滝
Photo_9
 滝壺の近くまで行くとさすがに天然クーラー
     涼しい・・・ 26℃  ( ̄ー+ ̄)
   
か え り た く なーい


Photo_8
  高さ110㍍ 幅20㍍ 断崖絶壁を流れ落ちる
 滝の豪快さは言うまでもなく まるで白布をまとった
  ようにも見える水しぶきは神秘的でもありました

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

   滝の中央には黒い岩が突起し 落下する
  水しぶきに逆らって登る鯉に似ていることから
       『鯉岩』と呼ばれているらしい
        ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクヒ

 
猿と記念写真を撮り駐車場まで戻り茶店に入った
   
メニューを見ると 懐かしい『冷やし飴』
   『冷やし飴』で乾杯  美味しかった


 棚には手作りのカゴや置物 どれも懐かしい・・・
店主の「老婆」と”””昔はよかった”””の楽しい会話  
   ゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Photo_11

一息ついて国道313号線で勝山まで行き181号線
       (出雲街道)を経て久世ICへ

 12時に松江に帰り東川津の『熊井の滝』へ到着

  嵩山麓に有る落差 3㍍の滝 湧水の滝として
  又 弘法太師の『杖』の跡より噴出したという
         伝説で有名な滝です
神庭の滝は落差 110㍍ 熊井の滝 3㍍ 可愛い 
Photo_12
 何年か前 ”ベンちやん”に昼食時『ソーメン』を
  御馳走になった滝で、その後度々訪れている
     外気36℃ ここに来れば26℃

     摂氏11℃の冷水を引き込み
 毎年6月から9月第1週の日曜日まで『そうめん流し』
        が営業されています
P7070026a11
     日曜日の昼食時間 満員だったが 
        顔見知りのゴルフ仲間が
     目の前の席を開けてくれた   謝謝

            o(*^▽^*)o
     研修生は深々と頭を下げて感謝した
       (そして あの人は誰だと尋問した)
      モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

    11℃の冷水をブリキのタライに充たし
  「そーめん」を流して食べる『そーめん』流しを
  研修生たちは 美味しい 美味しいの連発
 
      そして突然大きな声で
   『ソーメン』は『ラーメンの仲間か』


 の質問は無視した     暑いから・・・・
                     (/ω\)ハズカシーィ

      ~~(°°;)))オロオロ(((;°°)~
2010_0822_130046img_1936
2010_0822_
   また食堂の前に 湧出の流れを取り入れ
     『マス』の養殖・釣り堀も有りました
      釣った魚はここで料理してもらい
        食べる事も出来るそうです
Photo_13
      これ以上変な質問が出ない内に 
       また待つ客が多くなったので
        急いで 食べて八重の滝へ
   三刀屋まで高速道路そして国道54号線
    1時間足らずで 八重の滝に着いた

        竜頭八重滝県立自然公園

Photo_5

    竜頭ケ滝と八重の滝の二つの滝は
    日本の滝100選に選ばれています
Photo_3

3
   民谷川の入口付近の駐車場から1.5㌔に
    わたり渓流沿いを歩く  気温は28℃
Photo_6
    早足で歩くと この気温でも汗がふき出す
一番奥の八潮滝(やしおだき) 落差 40㍍の2段滝で
大万木山(おおよろぎさん)を水源とする豊富な水量が
壮観 八潮滝まで八つの滝が連続し美しい渓谷
      景観も汗をかきながら 楽しめます

                      八潮滝(やしおだき)
Photo_7

Photo_8
     全員汗  汗 汗 で駐車場へ
        (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

          次は竜頭ケ滝だ さあ行くぞ 
              
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

   54号線を戻り左折して須佐神社方面へ

 掛合町と佐田町の境界に有り鳥屋ケ丸(とやがまる)
 に源を発する滝谷川は流れ下って竜頭が滝になる

       国道より 竜頭が滝方面入口
   道路には地区名を彫り込んだ石柱が沢山ある
                     ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
2010_0822_
 駐車場の前には渓谷を感じさせる景観が美しい

2010_08223
駐車場より川沿いに10分ほど歩けば 登山口に着いた
               
2010_0822_3

 木で作った 登山道(階段)の周辺は樹齢推定
 400年の大杉が30本以上立ち並んでいます
 最大の杉は周囲5.1㍍高さ41㍍有るらしい・・・
         ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
Photo_11


           
       雄滝 落差 40㍍
2010_0822_3_2

             裏見の滝
   竜頭が滝の雄滝は裏側に百畳有ると言われる
    見事な岩窟が有り滝観音が奉られています
      裏から滝を見ることが出来るため
          『裏見の滝』と呼ばれる
Photo_12

竜頭が滝を後に次は須佐神社方面に車を走らせた
    今日の極め付き 最終目的地
          『八雲風穴』

     駐車場は広島ナンバーが多かった
  大阪ナンバー・名古屋ナンバーの車もあった

    『案山子』も有った o(*^▽^*)o    
(研修生は驚いて 「あれは何だ…Σ(・ω・ノ)ノ!」)
                   
アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
2010_0822__2

           八雲風穴
Photo_14

『八雲風穴』冷気の基は『福寿泉』 という地下水です
  この地下水で冷やされた冷風が溶岩の隙間から
  吹き出し 昔から『天然の冷蔵庫』として農作物の
   保管用に利用された『福寿泉』は名水百選にも
        選ばれていて駐車場の前に有ります
     入場できるのは7月から8月末まで(予定)
         入場料は100円
  外気温34℃ 扉一枚開けて入れば24℃
                     ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
Photo_15

   2枚目のドアを開ければ  温度計は15.1℃
Photo_16
       1段 階段を下りれば 11.6℃
Photo_18
           一番下は4℃

Photo_19

   地下の最深部には雪だるまが有りました
    入場して5分もすると鳥肌になります
   10分も居れば完全に風邪を引きます
             ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
    
Photo_20
     今日一日『』を求めて  
      
大汗かいて走りましたが
  何処へ行っても『涼』は10分程度
   そこへ行くまでに 汗 
    この夏一番疲れた一日でした


     高齢者は危険ですので決して

       『マネ』しないでください

           結 論
 
     家でクーラーをかけて 
    テレビ で ゴルフ観戦

   
石川君を応援しながら
      
昼寝が一番 

2010年9月 8日 (水)

カワハギ釣り・図巻・料理

      いよいよ 『蟹』  の解禁日 
  沢山の蟹舟が大漁旗を揚げ大山 を右に
         美保神社を左に見て
  大音量の音楽   を鳴らして出航していく
       ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ
2010831

     明神さんの前を通過するときは船員は
     船上から美保神社の方を向き汽笛を
         鳴らしてお参りしていた
   (小生に挨拶しているように感じて思わず手を振った)
    ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン
Photo
 今日もまた 暑い    暑い    熱い 

           何も釣れない

   『チヌ』は?『ダンダラ』は?『まめあじ』は?
        魚の避暑地は何処なんだ
      
 o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

   『ジープ』さんが小さなタモで岸壁に付いた
   巻貝を取り『皮剥』釣りの準備を始めた
Photo
  堤防には沢山の巻貝が付いているのに驚いた

  『ジープ』さんは春先には同じ小さな「タモ」を使い
  『あわび』 『サザエ』も取っており岸壁の家主だ
          Σ((oÅO艸*)

   『カワハギ』釣りの仕掛けは色々あるらしい

イカリ針の上に「オキアミ」入れのカゴが付いたもの
    アジのサビキ針で釣る人もいるらしい
    口が小さく餌取り名人とも言われる
         (# ゚Д゚) ムッカー

   『ジープさん』の堤防釣りはイカリ針で上に
   巻貝を付ける針が付いたものを使っていた
      属に引っ掛け釣りと呼ばれている
Photo_14
   小さいカワハギが一度に2匹釣れた
         (掛かった)?


Photo_15
 

       カワハギ  (ウィキペディア)より
        皮剥 フグ目 カワハギ科

Photo_5
   最大30㌢ほど 体は菱形で上下に平たい
背びれの第一条と腹びれは太く短いトゲになっている
口は小さいが中にはペンチのような頑丈な歯が有る
  全身丈夫でザラザラした皮膚におおわれている
 料理のときはすぐに剥がせる事から日本では皮剥
  と呼ばれる 別名 ハゲ・バクチとも呼ばれる

      ウマズラハギ   ウマズラハギ属 
Photo_6
      キビレカワハギ   ウマズラハギ属 
Photo_7
        アミメハギ    アミメハギ属 
Photo_8
         ヨソギ    ヨソギ属
Photo_9   

     料理はフグ科の魚なので美味です
   身は白身で脂肪が少なく歯ごたえが有り
    煮付・刺身・フライ・干し物・味噌汁

     釣れたカワハギを堤防で料理
        皮を剥いだカワハギ
253px1

Photo_12

   何も釣れないときは餌取り名人を相手に
          遊んでみよう    と
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

      本日の収獲
       坊主

2010年9月 3日 (金)

久々のホームグランド

  酷暑 猛暑 暑い 久しぶりに美保の関へ
 堤防には”海崎さん”一人『チヌ』を釣っていた
Img_1967

  網干場では船長はじめ船員が発泡スチロールを
      座布団にして網の補修をしていた

      船長の所へ行き 最近定置網は
       何が入るのか 聞いてみた。
 「魚の夏休み 盆前から入るのは『クラゲ』だけ・・」 
         自嘲気味に寂しく笑った

     竿を出さずに帰ろうかと考えながら
 ”海崎さん”の釣っている西堤防先端に行った

  「お早うございます どうですか 釣れますか」
         ( ´_ゝ`)ノボンジュール♪
  声をかけた。”海崎さん”は「やあ 久しぶりだね
  『チヌ』は駄目だが20㌢程度の『ダンダラ』
       (石鯛の子)が2枚釣れたよ」

  『ビク』を見せてもらった 綺麗な縞模様の石鯛が
          元気よく泳いでいた

  「横で釣れば」 の声に 二つ返事で道具を取りに
     車に戻った 必要な道具を両手に持ち
           一番奥まで歩いた
   暑い 暑い 汗が目に入り途中で休憩
         ι(´Д`υ)アセアセ  (違うか)

    冷凍のオキアミを解凍してカゴに入れ
    一尋ほどのハリスの先に4号チヌ針
        冷凍エビを付け第一投

  向かい風が(南西の風)強く、前に投げられない
 10投以上した所で”海崎さん”が「駄目だ」と納竿した

         堤防に一人残された 
  車に戻り『ラジオ』と『烏龍茶』と『サングラス』
        を持ち職場に戻った
   『老眼鏡』を『偏光レンズのサングラス』に変え
   『ラジオ』の電源を入れ『烏龍茶』を一息飲んだ
             (* ̄ー ̄*)

          心の準備が出来た
       5分以上置き竿した竿をあげた
   魚が引っ張っている・・・・釣れている???
        28㌢の『ダンダラ』が釣れた

  そして30分 当たりは 無いが付け餌も無い
      深さが有っていないのかも・・・・
        7尋半に浮止めを下げた

   一投目すぐに当りが来た『だんだら』だった
 30分の間で30㌢級『だんだら』4匹・『グレ』1匹

    船長が静かにやって来て『ビク』を覗き込み
 素っ頓狂な声で「つれとーがね」

   その声でその後30分当りが止まった 困った
         モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

         ”ジープさん”がやってきた
     「なにしちょーね この暑い時に」

    『ビク』を覗いて無言で竿を取りに車に戻った

         だが当たりは戻らなかった

        一時間ほどして”ジープさん”は
  「境港で『あじ』釣りをする」 と言って帰って行った
   また一人になった 五分ほどして当りが戻った

           続けて2匹釣れた
      当りが戻ったのに餌がなくなった

  片付けを始めると 岡山からよく来る顔見知りの
    老夫婦が朝から3ヶ所釣り場を変えたが
 「どこに行っても『アジ』が釣れない」と話しかけてきた

  そして断りもなくビクを覗き込み「ワー釣れている
      素っ頓狂な声をあげた
         ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
   暑い日は みんな テンションが上がるらしい

 「餌が無くなったので今から『まめあじ』釣りに境港
     に行くが一緒にどうですか」と声をかけた
  そしてビクから”だんだら”2匹ナイロン袋に入れて
           土産にあげた 

   境港まで車は前後で走っていたが釣り場付近の
   信号で小生は黄信号を無視して通過したため
          後ろにいなくなった
      マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

   釣り場に着いたが”ジープさん”はいなかった
   釣り準備をしながら”ベンちゃん”がしていた
     納涼・・???釣り仕掛けも準備した
Img_1889

       これで完璧 西日を遮断
        いや 風鈴が足りない
Img_1890

  釣り始めて30分 全く『あじ』は姿を見せない
      ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

    海上自衛隊の護衛艦は姿を見せた
         (護衛艦『すずなみ』)

Img_1942

         全長151㍍ 4650㌧
      最新鋭の威風堂々とした戦艦だ
         一般公開されたらしい
         (翌日の新聞報道で知った)
    『アジ』釣りを忘れてタグボート3隻に押されて
     昭和4万㌧岸壁に接岸する光景を楽しんだ
     (今年は航空ショー・護衛艦 自衛隊と よく遭遇する?)

     結局1匹の『あじ』も釣れずに納竿
    岡山の老夫婦と分かれて正解???

      本日の収獲   
Img_1943

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »