Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« カワハギ釣り・図巻・料理 | トップページ | ふぐの考察? »

2010年9月12日 (日)

酷暑のゴルフ場  涼を求めて滝巡り

       毎週一度のゴルフ場

熱い 暑い 厚い あつい アツイ 篤い?
.       ..。oо○**○оo。...。oо
     ○**○оo。...。oо○**○оo。


    芝は早くも枯れかけて茶色くなってきた
         ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
Img_1947
5番ホール グリーン上に熊の親子が夕涼み
     山の中の方が涼しいと思うが・・・
 ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ クマッタ くまった

Photo_2
     
ゴルファ-も完全に『バテギミ』
               
  。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

Photo_2
      
暑さで???各ホール 渋滞
      
マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン
Photo_3
      
暑さと関係なしに   トラブルショットの連発
    troubleショットを打つ為に待つ名人)

Photo_4
    グリーンに載れば グリーンは草だらけ
      
 o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
Photo_5
   
グリーンの芝枯れもパッチワークで補修
   
ゴルフ場の管理の皆様本当にご苦労さんです
     
  (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
Photo_6
  
   茶店で『かき氷』(250円)を頂き
Photo_8
               烏龍茶を3本飲み干し
            精神修養  


  
木陰に入れば 少しは涼しい 動きたくない
  
次のホールから木陰を狙って打っていこう

      
わなくても・・・左右に飛んでっくーー  ka・・・
        
(7番ホール右のラフに打ち込んで)
         (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
Photo_9
   
全身 汗 発生器    『あせも』 がいっぱい
      
 9月だよ なぜだ・・・この暑さ
                (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

明日は涼を求めて滝巡りをしよう

     まず岡山県の真庭市にある『神庭滝』

中国研修生を連れて 朝7時に出発 約1時間20分
  山陰道・米子道を経て湯原インターに着いた
インターを降りて国道313号線・県道201号線で30分
Photo_10

 国指定名勝地 日本の滝百選 日本百景
       3つの指定を受けている

    駐車場より歩いて3分 玉垂の滝
 山肌を伝い50m以上の高さから「しだれ落ちる」滝
   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 昔の日本女性の『しとやかさ』と『心の強さ』
を 感じさせる滝 小生の”PC”の壁紙にも使っている
Photo
   『ニホンザル』が山から下りているか確認して
     300円の入場料を支払い歩くこと5分
           (猿がいなくても300円)

       沢山の『ニホンザル』がいた
 (昭和32年大阪大学の学生によって餌付けされた
    野生の日本猿が180頭生息しています)

 中国の研修生は初めて見る猿を怖がりながらも
         そばに行き写真を強請った
Photo_5
  河原に親子ずれの猿が人慣れして遊んでいる
Photo_4
 真正面の山を見れば雄大な 神庭の滝
Photo_9
 滝壺の近くまで行くとさすがに天然クーラー
     涼しい・・・ 26℃  ( ̄ー+ ̄)
   
か え り た く なーい


Photo_8
  高さ110㍍ 幅20㍍ 断崖絶壁を流れ落ちる
 滝の豪快さは言うまでもなく まるで白布をまとった
  ようにも見える水しぶきは神秘的でもありました

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

   滝の中央には黒い岩が突起し 落下する
  水しぶきに逆らって登る鯉に似ていることから
       『鯉岩』と呼ばれているらしい
        ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクヒ

 
猿と記念写真を撮り駐車場まで戻り茶店に入った
   
メニューを見ると 懐かしい『冷やし飴』
   『冷やし飴』で乾杯  美味しかった


 棚には手作りのカゴや置物 どれも懐かしい・・・
店主の「老婆」と”””昔はよかった”””の楽しい会話  
   ゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Photo_11

一息ついて国道313号線で勝山まで行き181号線
       (出雲街道)を経て久世ICへ

 12時に松江に帰り東川津の『熊井の滝』へ到着

  嵩山麓に有る落差 3㍍の滝 湧水の滝として
  又 弘法太師の『杖』の跡より噴出したという
         伝説で有名な滝です
神庭の滝は落差 110㍍ 熊井の滝 3㍍ 可愛い 
Photo_12
 何年か前 ”ベンちやん”に昼食時『ソーメン』を
  御馳走になった滝で、その後度々訪れている
     外気36℃ ここに来れば26℃

     摂氏11℃の冷水を引き込み
 毎年6月から9月第1週の日曜日まで『そうめん流し』
        が営業されています
P7070026a11
     日曜日の昼食時間 満員だったが 
        顔見知りのゴルフ仲間が
     目の前の席を開けてくれた   謝謝

            o(*^▽^*)o
     研修生は深々と頭を下げて感謝した
       (そして あの人は誰だと尋問した)
      モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

    11℃の冷水をブリキのタライに充たし
  「そーめん」を流して食べる『そーめん』流しを
  研修生たちは 美味しい 美味しいの連発
 
      そして突然大きな声で
   『ソーメン』は『ラーメンの仲間か』


 の質問は無視した     暑いから・・・・
                     (/ω\)ハズカシーィ

      ~~(°°;)))オロオロ(((;°°)~
2010_0822_130046img_1936
2010_0822_
   また食堂の前に 湧出の流れを取り入れ
     『マス』の養殖・釣り堀も有りました
      釣った魚はここで料理してもらい
        食べる事も出来るそうです
Photo_13
      これ以上変な質問が出ない内に 
       また待つ客が多くなったので
        急いで 食べて八重の滝へ
   三刀屋まで高速道路そして国道54号線
    1時間足らずで 八重の滝に着いた

        竜頭八重滝県立自然公園

Photo_5

    竜頭ケ滝と八重の滝の二つの滝は
    日本の滝100選に選ばれています
Photo_3

3
   民谷川の入口付近の駐車場から1.5㌔に
    わたり渓流沿いを歩く  気温は28℃
Photo_6
    早足で歩くと この気温でも汗がふき出す
一番奥の八潮滝(やしおだき) 落差 40㍍の2段滝で
大万木山(おおよろぎさん)を水源とする豊富な水量が
壮観 八潮滝まで八つの滝が連続し美しい渓谷
      景観も汗をかきながら 楽しめます

                      八潮滝(やしおだき)
Photo_7

Photo_8
     全員汗  汗 汗 で駐車場へ
        (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

          次は竜頭ケ滝だ さあ行くぞ 
              
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

   54号線を戻り左折して須佐神社方面へ

 掛合町と佐田町の境界に有り鳥屋ケ丸(とやがまる)
 に源を発する滝谷川は流れ下って竜頭が滝になる

       国道より 竜頭が滝方面入口
   道路には地区名を彫り込んだ石柱が沢山ある
                     ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
2010_0822_
 駐車場の前には渓谷を感じさせる景観が美しい

2010_08223
駐車場より川沿いに10分ほど歩けば 登山口に着いた
               
2010_0822_3

 木で作った 登山道(階段)の周辺は樹齢推定
 400年の大杉が30本以上立ち並んでいます
 最大の杉は周囲5.1㍍高さ41㍍有るらしい・・・
         ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
Photo_11


           
       雄滝 落差 40㍍
2010_0822_3_2

             裏見の滝
   竜頭が滝の雄滝は裏側に百畳有ると言われる
    見事な岩窟が有り滝観音が奉られています
      裏から滝を見ることが出来るため
          『裏見の滝』と呼ばれる
Photo_12

竜頭が滝を後に次は須佐神社方面に車を走らせた
    今日の極め付き 最終目的地
          『八雲風穴』

     駐車場は広島ナンバーが多かった
  大阪ナンバー・名古屋ナンバーの車もあった

    『案山子』も有った o(*^▽^*)o    
(研修生は驚いて 「あれは何だ…Σ(・ω・ノ)ノ!」)
                   
アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
2010_0822__2

           八雲風穴
Photo_14

『八雲風穴』冷気の基は『福寿泉』 という地下水です
  この地下水で冷やされた冷風が溶岩の隙間から
  吹き出し 昔から『天然の冷蔵庫』として農作物の
   保管用に利用された『福寿泉』は名水百選にも
        選ばれていて駐車場の前に有ります
     入場できるのは7月から8月末まで(予定)
         入場料は100円
  外気温34℃ 扉一枚開けて入れば24℃
                     ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
Photo_15

   2枚目のドアを開ければ  温度計は15.1℃
Photo_16
       1段 階段を下りれば 11.6℃
Photo_18
           一番下は4℃

Photo_19

   地下の最深部には雪だるまが有りました
    入場して5分もすると鳥肌になります
   10分も居れば完全に風邪を引きます
             ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
    
Photo_20
     今日一日『』を求めて  
      
大汗かいて走りましたが
  何処へ行っても『涼』は10分程度
   そこへ行くまでに 汗 
    この夏一番疲れた一日でした


     高齢者は危険ですので決して

       『マネ』しないでください

           結 論
 
     家でクーラーをかけて 
    テレビ で ゴルフ観戦

   
石川君を応援しながら
      
昼寝が一番 

« カワハギ釣り・図巻・料理 | トップページ | ふぐの考察? »

ゴルフ」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カワハギ釣り・図巻・料理 | トップページ | ふぐの考察? »