Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

二度目の「みくりや」 花回廊

       2日前から強風が吹いている
  とても釣りの出来る状態ではない と 思う が

    波が荒くて  魚も堤防には寄りつかない
   『まめあじ』  も釣れない  だが小生以外の
   常連釣り人達は 危険を冒して釣っている
    アブネ━━Σ(゚д゚;)━━! !ヾ(*゚A`)ノ

   魚釣りを休んで4月10日(ブログ掲載日以来
   行ってない『なにこれ 珍百景 御来屋』の
      「御来屋お魚センター」に行った
Photo

   相変わらず県外車が多く止まっていた
    山陰のナンバーは少 なかった w(゚o゚)w

   境港市で『猛者(もさ)えび』
         派手なポスター所々で見かけた

  宇井の「まつ屋」でも頂いた 今が旬のえびを
  目当てに行ったが残念・・・ 
なかった (。>0<。)        

    
2階の食堂「恵比須」は11時開店
       一日10食限定の定食も 
 11時25分には 売り切れて  なかった\(*`∧´)/

Photo_2

     やむなく刺身定食にした 1200円
Photo_3

      そして刺身盛り合わせには
  ”ひょっとして”『もさエビ』が付いているかも・・・・
      注文したが30分待って出てきたのは
         刺身定食と同じものだった  
    ”もさえび”は   なかった ( ´,_ゝ`)ハイハイ
       刺身盛り合わせ 700円
Photo_4

    今日こそは と 『たい焼』を買いに行った
  今も「たい焼」の看板は  なかった ┐(´-`)┌

      (右の赤いポストの横ピンクの腰板の家)

Photo_6

    ガーン 本日休業 
 ”たい焼”は今回も買う事が出来 なかった
        
 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

Photo_5

  小生が望むものは 全て なかった

   何もない御来屋(みくりや)を調べてみた

[ 日本大百科全書小学館) ]ヘルプ

鳥取県西部、大山(だいせん)町の中心地区。名和(なわ)町を経て、現在は大山町の町役場所在地。日本海沿いに位置し、地名は伊勢(いせ)神宮の御厨(みくりや)に由来し、名和長年(ながとし)が守護した後醍醐(ごだいご)天皇の着船地御腰掛岩(おこしかけい)などの伝承から御来屋になったという(里諺船上山(りげんせんじょうざん)遺事)。伯耆(ほうき)古駅奈和(なわ)に比定、近世では伯耆街道の宿場町で、港には藩倉が置かれた。また牛市があった。住吉(すみよし)神社の船引(ふなひき)神事が知られる。

[ 執筆者:岩永 實 ]

    御来屋は なぜ おいら を嫌うのか 
    理由は何処を調べても書いて なかった
     ヽ( )`ε´( )ノ   (!!`З゜※!Pq)


  ここは 小生には やはり 『なに・これ珍百景』だ

    でも もう一度 もう一度だけ 
              日を改めて来てみよう


   「おみくじ」  で大吉が出るまで
      引き続ける小生としては我慢できない

    テレビで鳥取花回廊は菊の花が
                満開だと伝えていた

Photo_8
御来屋から高速道路を走り
米子東ITで降り大山参道に入り
本宮の泉 どんぐり村を超えて
大山平原ゴルフ場を通過して
地ビール館の先に 
   ふれあいまつり 
の幟が立っていた
 
周辺の駐車場は全て満車
歩いて5分程度の細い山道に
入り止めた

大音量の音楽が聞こえてきた
          

   大山にコダマしていた

   女性10名のグループがアカペラで歌っていた
      ゲゲゲの女房の主題歌だった
Photo_11

 雨の中 大勢の観衆も傘をさし体を動かしていた

   片方に買い物  片方に 傘 を持ち
   拍手は出来なかった 子供は動き過ぎて
      母親の傘から はみ出していた

Photo_14

    雨の中 沢山の屋台も並んでいた 
    小生も 「砂丘いも ねばりっこ」 
    御来屋で買えなかった 「たいやき」 
   「井上豆腐のおからドーナツ」 「ポン菓子」
  を買い求めそれを両手に持ち”アカペラ”を聞いた
         ( ^ω^)おっおっおっ

     曲は「イルカのなごり雪 」に変わった
     小生の好きな曲だ  自然と体が動いた 

      傘 は手荷物を雨から凌いでいた
   小生は曲が終わるまで頭が濡れていることに
    気付かなかった  寒い やっと気が付いた
        モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

   それにしても多くの人が雨の中 来ていた

  車に戻り頭を拭いてバックで本道に出ようと
  走り出したら背中にスタッフと書いた上着を
     羽織った女性が誘導してくれた 
     嬉しくて「おからドーナツ」をあげた 

   久しぶりに人の心に触れたように感じた

    鳥取花回廊の方に車を走らせ米子道の
        溝口ITに向かった
     インターを過ぎ下りに入った所の 
     右の木に白いものが見えた 
  雨の中車を止めて良く見ると桜  の花だった 
             何本もの木に櫻 が咲いていた
Photo

 昔 何の先生か思い出せないが『』と言う字を
覚えるのに 「二貝の女が木にかかる」と覚えたらいい
          (・∀・)ニヤニヤ
  と言う字は子供を「木の上に立って見ている
        (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

2

  車の誘導 桜の花 なぜか 幸せな気分になった
       (´∀`)σ)Д`*)  o(*^▽^*)o

 鳥取花回廊に着いた 駐車場はバス が溢れていた

  小生は又しても 「メンバーズカード」を忘れた 
      窓口で伝えると5分もしないうちに
       仮のカードを発行してくれた  

 会員は年間 5000円で何回でも無料で入場出来る
      場内での買い物は1割引き 
      同伴者の入場料は2割引き

      小生は昨年18回来場している
      今年もすでに14回来ている
   花回廊のスタッフは本当に素晴らしい 

     花好きの小生には、いつ来ても
      感動させてくれる何かが有る

    今回は鳥を模した菊が素晴らしかったPhoto_2

     花回廊の「マスコット」の菊人形
Photo_3

         案山子と菊とドーム

Photo_4

      幸せな気分「ハートの花輪」

Photo_5

   三瓶山で見れなかった「コスモス」が満開

Photo_6

      場内は船と飛行機でやってきた
    300人を超す韓国からの観光客で満員
      トロッコは満席で出発していた

Photo_7

   サルビアの花も今が満開 雨の花畑もいいもんだ

Photo_8

ドーム内の梨のソフトクリーム売場の前に有る寄せ植え

Img_0167

  雨の中充実した一日だった 御来屋を除けば・・・
          また明日来ようかな

         

2010年10月26日 (火)

美保湾 定置網 同乗記 -下

      船上の戦争が始まった
 船員達は緊張の面持ちで網の中をのぞいた
1

             戦争開始 
  全員 声を出さない  網の中に入ってる魚は
  何匹 入ってるのか 考えているようだ (*゚ー゚*)

           静寂が訪れた
  船長の作業指図の声だけが時たま聞こえる
   本当は エンジン音 波の音 風の音
    クレーンの音 ロープのきしむ音
     さまざまな音が しているはず
        だが何も聞こえない 

     船上の全員の吐息が聞こえるだけ
   それぞれ決められた作業に集中している
           ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ!(・oノ)ノ 

2img_0048_2

3img_0069

         渾身の力で網を引く
『庄原さん』も『皆生さん』も『小生』も網を引き上げた
    手袋を忘れた両手にロープが食い込む
    ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

     魚が激しく 跳ねる      跳ねる  
8

     帽子を忘れた頭には大量の海水を浴びた
     メガネも海水を被り前が見えない
  網の中で魚が跳ねて海水をかきまぜる音が
         唯一 騒々しく聞こえる
4img_0078

 大きな『たも』を入れ金庫網から魚をすくいあげる
    ”はまち” ”かわはぎ” ”さごし” ”あじ”
 何種類かも 何匹かも見当が付かない┐(´д`)┌

  船長は網の中を覗き込み見当を付けていた 
    水揚げを待つ漁業組合に連絡を入れた
       (・_・)エッ....? (´ρ`)ぽか~ん
5

7

7_2

   網は絞り切られた   大漁だ   
10

14img_0082

      ようやく一回戦は大漁で人間の勝ち
      (v^ー゜)ヤッタネ!!  (*^ω^*)ノ彡

        今度は手前の定置網
    (美保関漁協は2ヶ所の定置網が有る)
  周囲の景色が見え始めた頃2回戦が始まった
     そしてこちらも大漁で完勝だった

16img_0071

  『指令船』は最高速で港に帰り運搬船を待った

   港では船長の報告を受け 発泡スチロールの
   箱の種類を揃えたり 箱に氷を入れたりして
       受け入れ準備が忙しかった
Photo_5

        運搬船が帰ってきた
  大きな ”たも” を船倉に入れ水揚げを始めた

付近の旅館に宿泊している観光客も見学に来ていた

 一見して料理人と思われる人も仕入れに来ていた

 ”殺菌冷海水”の導入で長時間鮮度を保てるので
    多くの人がクーラーを担いで買いに来る 


Photo_19

    仕分け台に水揚げされた大量の魚
         魚種別に仕分けた
0

      青背の魚は船長が血抜きした
   その顔は誇らしげだった (´∀`)σ)Д`*)        
Photo_7

Img_0097

 左端 『あさひ館』の「くみさん」も仕入れに来ていた
       (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:
1 .


Img_0095

            カジキマグロ
Photo_9

             サワラ・サゴシ
Photo_10

               シイラ
Photo_11

              ハマチ
Photo_12

              白いか
Photo_13

            カワハギ
Photo_14

             まあじ
Photo_15

             出荷作業
Photo_16

             やっと終了

     船員たちは「あなた方は大漁男だ 
     明日も乗ってくれ」とお世辞を言った

        小生ら3人は船酔いもなく 
    少しだけ網を引いた疲れに満足しながら
  
「明日は遠慮します」
と丁重に辞退したm(_ _)m
       (;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ( ̄Д ̄;;


     水揚げの現場は綺麗に掃除され
      ”殺菌冷海水”で処理された


 男達の職場は整理整頓・清潔・清掃「4S」は
           守られていた 

       5Sの最後の『』は・・・ 
            確認できなかったo(*^▽^*)o

Photo_17

      島根県の最東端 島根半島
   恵比寿さんが『鯛』釣りした 釣りの聖地

   今日の乗船経験から 帰り際に美保神社に 
  向かい 安全操業・大漁を 心から 祈願した

    定置網の 船長はじめ船員の皆様
                  有難うございました

 頭から波を被り携帯電話も忘れたので急いで帰った

 帰り際には本日の 「お手当」だと お土産を頂いた
       本日の収獲  
Photo_20

2010年10月24日 (日)

美保湾 定置網 同乗記 -上

          明日は『船長』の”御招待日”  
                    大敷き網に乗船する日だ
         子供の遠足のように待ち遠しかった
       (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ  (v^ー゜)ヤッタネ!!

          だが岡山から機械メーカーの社長が
        ”アポ”も取らずに来社した  
      20時過ぎまで お酒のお付き合い 
   どうも ”岡山県人”とはいつも”しっくり”いかない
   何故だろう 釣り場でも ゴルフでも 仕事でも
     。*((艸д・。`*)゜*。  。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
 
        帰宅して就寝 したのは23時 
       勿論目覚まし   はセットした

      そして19日 朝2時起床 頭が痛い
      二日酔いか(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

        冬物のダウンの上下を着て 
   デジカメ 財布 運転免許証 救命胴衣を揃えて出発 
       さすがに 朝は 14℃ 冷え込んでいた 

  4時出航と聞いていたので途中”宇井”のポプラに寄り
    新聞  と パン  缶コーヒ  を買った

  店内にはアルバイトをしている『もみあげ』さんが居た
   美保関の釣り場では常連さんで よく話をするが
   お店で出会うのは初めてだった 物静かな紳士だ
  「朝早く どこで だれと 何を 釣るのですか」
       フッ と昔 習った文法を思い出した

       人と話をしたり 文章を書く時は
    いつ・どこで・だれが・なにを・どうしたか
   を原則として話したり・文章にすれば 良いと教わった
         やはり 几帳面な人だ 

   「4時から『庄原さん』「皆生さん』の
                3人で大敷き網に行く」
 

   小生の文章はいつも原則から かけ離れている
      (((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ (/ω\)ハズカシーィ
        反省・半生・藩政・伴星・反正  この通り・・・・・


   店内の時計  は3時だった 充分時間は有った
     3時15分 美保関の駐車場へ  トイレに行き
          漁船が出る波止場まで行った 
       朝食を取りながら新聞 を読み始めたら
          周囲が急に騒がしくなった 

       大きなトラックが氷を下していた
    大敷き網の船員さん達が次々集まりだした

       『庄原さん』も『皆生さん』も居ない
   どうしたんだろう 朝起きられなかったのかな

   小生は朝食を止めて 防寒着・カッパを着て
        救命胴衣を身に着け準備した
    出航の時は誰か声を掛けて呉れるだろうと
       運転席に戻り 新聞を読みだした 
    暑い・着過ぎて動きが悪い 防寒着を脱いだ

 『庄原さん』と『皆生さん』が小走りで   車に来た
  大きな声で 「何しちょう 早くしないと出航するよ

    小生たちが乗船する船は 朝トイレに行った
      駐車場に停泊していた司令船だった
      カメラを持って 小走り に船まで急いだ

  出航前にもう一度用を足そうとトイレに入ったが
   カッパには前にファスナーが付いていなくて
     脱がなくてはいけないパンツだった
  救命胴衣の股下の紐が邪魔で カッパが脱げず 
         用を足すのをあきらめた 
         ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

         4時 いよいよ出航だ
Photo_2
      僚船 2隻はすでに出航していた
   船尾に座り夜景を眺めた  右の西堤防に
  ライトを付けて『イカ』釣りをしている人が居た
  左に美保関灯台 の明かりが見えた

             1_2

『皆生さん』は重装備していた
  ジィッと見ていると あ・・・

   帽子 忘れた
 
   手袋 忘れた

   携帯電話   忘れた

 ~(;´д`)トホホ…。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 船長の操縦する司令船は速度が速くたちまち僚船に
        追いついた 波は静かだった 

   右に『地の御前島』が 灯台から直射された
      照明で波間に浮かび上がっていた

  その昔『えびす様』が魚釣り  をしたところ
   釣りの 聖地 幻想的雰囲気だった 
           (* ̄ー ̄*)

     雰囲気に浸っていると 船は減速した 

    海を見ると定置網の上に乗り上げていた
  船首では『庄原さん』がライトで海を照らしていた
Photo
        真っ暗な海の定置網の上に
   正確に船を止め 船長は網を探し確保した
       (・_・)エッ....?(´ρ`)ぽか~ん

  船長の目は『フクロウ』 か 手品師か   
Photo_3

       向かい側に僚船がやってきた

Photo_4

          魚が入る一番奥の
    ”金庫”と呼ばれる 網を2隻で確保した
Photo_5

420

     両方から網をたぐり引き寄せる
Photo_6
        力一杯網を引き寄せる
Photo_9

Photo_8

船長は手品の

ごとくクレーンを

操る


真剣な眼差し

良く見ると 

いい男だ 

目が輝いている

15分もすれば

船上は戦場になる

           船上の戦争開始
Img_0078

Photo_10

        大漁報告  次回                                                                        
 

2010年10月19日 (火)

秋晴れの のどかな 一日

       やっと秋らしくなった
   新聞の折り込み広告で『コスモス』祭りが
      三瓶山に行く途中『志津美ダム』湖底で
       開かれている事を知った

  満開のコスモス畑を想像して車を走らせたが
     御覧の通り花は 小さく 花数も 少ない
         ここも酷暑だったらしい

Photo_2

  来年には確実に湖底に沈む「志都美の名水」 
これが最後と両手で2杯頂いて三瓶山へ車を走らせた
Photo_3   
 三瓶山の定めの松周辺は「すすき原」の秋だった
Photo_4

無人の野菜売り場で「栗」「大根」を求めて秋を楽しんだPhoto_5

   毎年秋になると俄にゴルフコンペが多くなる
  この1週間ゴルフが多くてブログはお休み状態

    先日 2年ぶりに県外からの友人を誘い
     出雲空港カントリークラブでプレー中
  3度も地元の”5下”シングルプレィヤー
     (ゴルファーではない プレィヤーだ)
       打ち込まれた ヽ( )`ε´( )ノ

     見通しの良い 4番ホール 2打地点
    後ろを振り返り注意したが 応答なし
                  モムーリ!o(゚Д゚)っ


 No04
    7番 パッティング中グリーン左横へ
No07
     8番ティグランドへ来て詫びを言った
      「4番も打ち込んだ」と注意したら
      笑って引き返した ( #` ¬´#) 



だが 9番 のサード地点で友人の
目の前を横切る危険球を打ち込まれ
  あわや大事故になるところだった                                 

    ムーリ!o(゚Д゚)っ(# ゚Д゚) ムッカー( ゚皿゚)キーッ!!
No09
    マスター室の係員に事情を話したが
  当コースのメンバーでもゴルフ場は関知しない
    プレィヤー同士で解決してください

  県外から飛行機に乗って楽しみにやってきた
   お客さんに こんな対応で良いのだろうか

   もう二度と このコースに   
    来客を案内したくない
 
 
   ルールは守ってもマナーを守らない
      成績ばかり 飛距離ばかり 
  プロの真似ばかりのプレィヤーが多くなった

ゴルフ競技は紳士のスポーツではなかったか?

  小生もあるゴルフ場の『ハンディ委員』をしており
        一人のゴルファーとして
      紳士のスポーツと呼ばれる為に(*´σー`)
もう一度 ゴルフ場でのマナー向上に努めたいと思う
      大きな事故が起きないうちに・・・・
      モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

15日 久しぶりに ”職場” に復帰

   西堤防東端には『庄原さん』と 最近よく来る
 常連の背の低い女性が「カワハギ」釣りをしていた
Photo_3

      静かな のどかな 西堤防だった

     アベックを邪魔するような心境で
    『庄原さん』の横に行き『さごし』を狙った
    何十投かして『さごし』が 1本釣れた

Photo_2

 女性が「坊主」で帰り 昼には『庄原さん』も帰った
       一人続けたが”当たり”なし

     船長が網の修理を止めてこちらに来た
       「誰も居ないのに頑張っちょうな」
  「誰も居ないし 魚もいない 
          沖の定置網に全部取られてるよ」
         機嫌悪く応対した 

       「最近網にも余り入らんぞ」
      「来週火曜日一緒に出ないか」
        定置網漁に誘ってくれた

   遠慮なく 無愛想に≪ご招待≫を受けた
   (内心は非常に嬉しかったo(*^▽^*)o

昼から境港漁港へ宿替えして『まめあじ』釣りを始めた
      30分も経たないうちに『ジープさん』
  10分後に夜勤明けの『白帽さん』がやってきた

   二人は又しても『カワハギ』釣りを始めた
      ショウブ・勝負・しょうぶ  (菖蒲)?
Img_0017
   引き分けだった どちらも『坊主』だった

     そして二人も『あじ』釣りを始めた
   小生に『チヌ』が 来た サビキ仕掛けに 
         ゙;`(゚∀゚)`;:゙
Photo_4

      『白帽さん』に ”あいご”が 来た
   背びれ・腹びれに触れると猛烈な痛みと
   痺れが来る。手では触れない怖い?魚
Photo_5

     『ジープさん』には「かわはぎ」が 来た
       だが 勝負は終わっていた

   四万トン岸壁には『ふじ丸』が入港して 来た
Photo_7
        のどかな一日だった 

2010年10月 9日 (土)

サゴシも帰って来た

      9月末 海水温はまだ高かった
    朝久しぶりに 定置網を見に行った
      
『かわはぎ』『チヌ』 2匹の『しいら』
Photo_2
Img_2155
それ以外 水揚げされたのは積んで行った 『』と

Img_2151
         『まめあじ』と『ママカリ』ばかり
   だが クラゲは居なかった  o(*^▽^*)o

船長は帽子を後ろ前にかぶり機嫌が悪そう\(*`∧´)/
    とても話しかける雰囲気ではなかった 
      (#゚Д゚)y-~~イライラ    (!!`З゜※!Pq)

  真剣に”仕分け”をしているように見えたが
どれが『まめあじ』『ママカリ』か┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
Photo
          頭を斜めにして悩んだ 
  たまには  ”エラクラシイ  (゚⊿゚)イラネ えい!   
        『氷』と一緒に 全部下に流した 
      岸壁に待機している『カモメ』は喜んだ
 ( ^ω^)おっおっおっ  `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

     カモメ (思い) の船長だ  (*^.^*)

              仕分けの家元

   
蓮舫仕分け担当大臣 手伝って???
      モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

   小魚の仕分けの名人?
       (億円までの仕分け人?)

 (国会議員になるまでの蓮舫タレントさん)
31501285
        風呂場の撮影はいいが                                                 
    いや  とてもいいが
 大臣になって国会議事堂内での撮影は やめて

(現在の大臣) 同一人物かな? ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
250pxrenho

  話は変わるが 月が変わり海水温も安定してきた
 1日 朝から『さごし』のダンスが夕方まで続いた
      モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

          大群がやってきた
  昨日まで『ジグ』仕掛けで海底を狙い釣っていたが
  今日は『小イワシ』を追いかけて水面を飛び跳ねる
    去年 中村君と”ながえや”に買いに行った
       『マウスを使い水面を狙った 

Photo_3

     大成功 入れ食い状態  o(*^▽^*)o

      周辺の常連も 仕掛けを変えた
        (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.
  ”庄原さん”も1時間も経たないうちに (o^-^o)
Img_2168

       全員 爆釣 
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ o(*^▽^*)o

      本日の収獲  
   さごし 28匹 最大48㌢ 太刀魚 指3本 1匹 
Img_2171

      4日 城崎マリーンワールドに行った
 イルカショーやペンギンの散歩・トドの飛び込み

  イルカの教育係はマニアルがあるのかな・・・

Photo_7

446

       どうして教え込むのか感心した
  ここの飼育人はなぜ学校の教師にならないのか
 間違いなく日本の教育は世界一になると思うが・・
Ppengin

  600㌔のトドの飛び込み 圧巻 言葉が出ない    Photo_8

          『あじ』 の釣り堀
   城崎まで来て『あじ』釣り?????
だが  やってみた 料金を払うのが腹立たしかったが
      
 o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

Photo_9

 釣りあげたアジを横の店舗で天婦羅にしてもらう
      もちろん 別料金  (≧ヘ≦)
   だが 揚げたては美味しかった


Photo_10

      『城崎温泉』の志賀直哉所縁の宿に泊まり
     夜は 射的・スマートボールに興じた

      翌日 『宮津カントリー』でゴルフ
      天橋立が見下せる綺麗なコース
           楽しみだ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »