Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2011年1月 上海-3 | トップページ | ついに 釣れた »

2011年2月 9日 (水)

また 大雪で帰れない

 1月17日中国から帰国して岡山空港から岡山道に入り
   中国道の真庭SAで道路情報を見て驚いた
       米子道積雪の為通行止め 

  (ノ∀`) アチャー ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
 やむなく落合ITで高速を降り国道181号線に出た が
      道路際は60㌢を越える雪の壁が出来ていた 
会社に電話してパソコンで山陰に抜ける道を調べてもらった。
  10分もしないうちに  『米子道積雪の為通行止め』
    『181号線 四十曲峠 車6台の事故で通行止め』
       『国道313号線 岡山県真庭市 湯原温泉 
  鳥取県関金 三朝温泉 倉吉線のみ通行可』


 正月のテレビニュースで年末からの大雪で国道9号線が
    1000台以上の車が 2日以上も通行止め 
どの車も 食糧・ガソリン・トイレで困っていると放送されていた

           ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ     Σ(・ω・ノ)ノ!
 真庭市内のスーパーで非常時の食糧・飲料を買い込み
     ガソリンも満タンにした   o(*^▽^*)o

   真庭から『国道313号線』に入った 神庭の滝 去年の夏
      滝巡りで来たところ この雪で滝はどうなってるのか
          県道に入れたら見に行ってみよう だが 
      国道からは1㍍以上の雪の壁で県道に入れない

           !!(゚ロ゚屮)屮 w(゚o゚)w ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ 

                    前を走る車はいなかった 
       道路には20㌢以上の雪が圧雪の上に積もっている 
   ガソリンスタンドでは1時間前に除雪車が入ったと
    言っていたが、まったく除雪が間に合っていない 

      タイヤ跡の無い道は大きな恐怖を感じた
    圧雪を踏みつけ時速10㌔から20㌔で北上した
    川沿いのカーブは強風で雪が無く氷が光っていた   
   途中何度も アイスバーンでスリップを繰り返しながら
       久しぶりの吹雪の中を慎重に走った。
  ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~ (´Д`;≡;´Д`)アワアワ
 
   昔はスノータイヤにチェンを掛けなければ走れなかった
      今はタイヤが良くなりチェンは要らない

Image27

         ついに除雪車に追いついた 
  除雪車の前にはバス・トラックがノロノロ動いていた が
    湯原温泉入口まで100㍍の看板の前で停車
       除雪車を挟んで完全に渋滞
       1時間もの間1㍍も進まない

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ  ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

  車を降りて除雪車のドライバーに様子を聞きに行った
   小生が聞いている間に数名が一緒に聞いていた
     『犬挟峠』で事故発生 10数キロの渋滞
   復旧見込みなし 車中泊の覚悟を決めた

     (´・ω・`)ショボーン  。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
        車に戻った 携帯電話が鳴った
    会社からだった 313号線も通行止めになってる
     諦めて湯原温泉に泊まったら と 御進言

           急に車が動き出した
      何故だ 徐々に走り出した おかしい
    今 通行止め 復旧の見込みなしの情報を・・・・

   湯原温泉に入る道まで来て また動かなくなった

    ┐(´д`)┌ヤレヤレ  (´ρ`)ぽか~ん

  小生も車中泊の覚悟だったが 今夜は湯原で泊まろう
     左の川沿いの道を下り温泉街に入った
     ダム迄は雪で行けなかったので最初の
      交差点を右折して登ったところで
      旅館の人が3人雪かきをしていた

      「今夜泊まれますか と声をかけた」
       「部屋は開いています どうぞ」

   駐車場へ案内され車内でトランクを開け
  着替えなど最低限の荷物を土産袋に入れて
  右手に持った  なぜか 左手に無意識に持った
 大きな荷物は 真庭で買った大量の非常食だった

223

      温泉宿に非常食    

   部屋に入り 非常食を冷蔵庫の後ろに隠し 

   (/ω\)ハズカシーィ  ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
     ほんの30分前の悲壮感は完全に忘れ・・・
   上海帰りの疲れも忘れて・・・・・大浴場へ・・・
     誰も居ない 一人占めの温泉に浸かり 
     露天風呂も 雪を見ながら・・・・
        自然と鼻歌が出た   

     「良い湯だな」   を楽しんだ

Common_fig03  
  
  風呂を上がる時は 何人もの人が脱衣所にいた
        小生と同じ避難組らしい
  急に車が動き出したのは湯原温泉街に避難した
          車だったようだ

221198

    湯原温泉は192㌢の積雪とテレビは報じた
Photo

 客室は 入り小口に2畳の間 一人には広すぎる12畳
 料理は「蟹ずくし」 お腹は「蟹」以外入る隙はなかった
          非常食は要らなかった

        寝るまでに2度温泉に行った
    同じ顔触れで 自然と会話に花が咲いた
 海外のホテルでは、あり得ない和やかな時間だった

     (*^ー゚)bグッジョブ!! ヽ(*≧ε≦*)φ 

  翌日朝風呂に入ってロビーに行き道路情報を聞いた
  米子道・313号線は 通行止め 181号線は解除
  181号線に出る道も教わり朝食を済ませ出発した

   181号線に繋がる県道は多くの雪が有った
 道路際には1㍍を越える雪の壁が あちこちに有った
   最初の大きな交差点に防寒服を着た人が
      小生の車を止めて道案内してくれた

  県道の 雪で 道路案内が隠れていて 助かった
       o(*^▽^*)o (* ̄ー ̄*)

     次の大きな交差点にも人が立っていた
    そこでも小生の車に向かい腕を伸ばして
       方向を示してガイドしてくれた

       何も聞かないのに交差点に人が居て
 行き先をガイドしてくれる人が2人も居る事に感謝 感謝

  3度目の三叉路でも停車した車から人が飛び出してきて
  小生の車に近寄り「この先急カーブで キツイ下り坂が続き
   道も凍っている個所が何ヶ所もあるので注意して下さい 
     下り終えた所が181号線との合流点です」

小生は車を降りて心から「有難うございます」とお礼を言った
    そしてここまでも二人にガイドしてもらった 
    恥ずかしい事に 何もお礼を言っていない 
 「地区の皆さんの温情に感謝していると伝えてほしい」
            と伝言を頼んだ

    「いや実は湯原温泉の旅館の友人に頼まれて
      貴方の車を待って案内したのです」

    全ての車を案内してたのでは なかったらしい

Img_0525

   湯原温泉 湯の蔵 ”つるや”旅館のおかみさん

Okamisann

  道路情報を聞いていた時 隣に居られた社長さん

                           有難うございました

 湯の蔵 つるや旅館の「おもてなし」 心より感謝します

       何年ぶりかの四十曲峠 無事に越え

224181  
   神戸から税理士が来社される昼迄に帰社出来た

   冷蔵庫の後ろに隠した「非常食」忘れた

(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:  m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン.  
 腐るものはなかったが お礼と忘れ物の連絡をメールした
       翌日 非常食は宅配で帰ってきた
   重ね重ねの「おもてなし」…頭が下がるのみでした

     翌日晴天に誘われ美保関の職場に向かった
        ジープさん・白帽さんが居た
    遅い新年の挨拶を済ませ『さごし』を狙ったが
           まったく音沙汰なし 
  やむなく境水道へ『せいご』狙いに場所変えた  が
Img_0523

Img_0522

Img_0524

Img_0519 
    途中から 猛吹雪 初釣りは「坊主」だった

  (つд⊂)エーン 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

« 2011年1月 上海-3 | トップページ | ついに 釣れた »

釣 こぼれ話」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年1月 上海-3 | トップページ | ついに 釣れた »