Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

道路案内?  米子道・中国道・岡山道 岡山空港

 5月に続き 6月中旬 急遽 仕事で上海に行くことになった

    アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!  ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ 

     上海行きの搭乗券は取れたが帰りの便は
         非常に取りずらくなっている

     ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ   ┐(´-`)┌

    震災で急遽帰国した中国人が大量に再来日を始めた

  
 モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!! Σ( ゜Д゜)ハッ!

            日本の各旅行社が

         上海3泊4日28000円

     原価を無視した企画を始めた 為らしい

      早朝の飛行機に乗る為4時30分松江を出発

        (早く起き過ぎて仕方なく)  

    松江西1Cから松江道・安来道・米子道を走り
       蒜山サービスエリアまで1時間20分

 (いつもは1時間 時間が早やかったのでのんびり走行)

    6時 売店も開いてなく自動販売機でラーメンの朝食
    朝食を終えて表に出てみれば霧で100m先が見えない

      (やむなく50k走行 前後に車なし 途中でカメラ撮影)

Img_0476

Photo_4

   霧は最長のトンネル内にも入り込み前が見えずらかった

  アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!  ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ Σ(゚д゚lll)アブナッ !

Photo_5

     大阪 広島 中国道への分岐点(落合ジャンクション)

1

       米子道から中国道へ
                道路は貸切状態  

Photo_6

         中国道から左折 岡山道への 分岐点

Photo_7

   岡山道を暫く行けば 太平洋まで 200kmの ご案内

     m9(^Д^)プギャー  ( ^ω^)おっおっおっ
200

           高梁サービスエリアで休憩
Photo

       なぜか6月なのに『雛人形』

   ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ  w(゚o゚)w
Photo_2

     そして四国香川県まで63kmの石柱碑

      (・_・)エッ....?  (´ρ`)ぽか~ん

63

    備中高梁は石の産地か? 標識の産地か

SAの出口には「山陽道」の看板 ここは岡山道だろ・・・・

    
 (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ  (* ̄ー ̄*)

Photo_3

            高梁SAを出て賀陽まで18km

Photo_4

 だが又しても太平洋まで190kmの案内板

       (*^ー゚)bグッジョブ!!  `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

190

               やっと賀陽ICに到着

Photo_5
                   賀陽料金所

Photo_6
        料金所を出た所に「備中路」の案内板


Photo_8

賀陽ICを出た衝きあたりに案内板・・・ 全部読むのに何分?・・・・
            信号が変わってしまう・・・・

      アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;
Photo_7
Photo_12

            暫く走ると道の駅の案内板

Photo_9

Photo
              岡山空港に到着


Photo_11

  普段は制限速度で走り途中蒜山で30分休憩して2時間20分
         今回は霧で速度制限 50km規制 

      忠実に守り写真を撮りながらの運転で3時間30分

             御気付きですか 

     日本の「道路案内」のやさしさ?・・・親切さ?,,,,

 複雑さ 読み切れないほどの 道路標識・案内板・・・・

 太平洋までの距離   香川県までの距離

 何人のドライバーが知りたいのか   な・・

     あきらかに サービス過剰・・・・?

        (最低限の案内板で良い 料金安くして)

    ( ̄ー ̄)ニヤリ \(*`∧´)/ 。*((艸д・。`*)゜*。

 これだけ親切な案内板が邪魔になるほど有るのに

     なぜ 「カーナビ」が 売れるのかな?

   松江から岡山空港まで字が読めれば誰でも行けるよ 

( ´,_ゝ`)ハイハイ ( ´_ゝ`)フーン (TωT)ノ~~~ バイバイ
    

2011年6月21日 (火)

紋甲イカ あじ

    今年は本当に 『攣れない』・・・違った

          釣れない  
   お陰で岡山ナンバーの車も少なくなった

1_3

    年末・年初の大雪・東北の地震・台風

  水温が上がらず全ての魚が堤防に寄りつかず

  たまに職場を訪ねても ジープさん・白帽さん・

 皆生さん・庄原さん 常連は 一元さんを取り囲み

  ポケットに手を入れたり後ろ手で竿も出さずに 

          愚痴のこぼしあい  
2_2  

1_4
  だが やっと 『豆あじ』が返ってきた 3㌢から6㌢
 さびき竿で6本の針に5・6匹 外すのが邪魔くさい

     地元の常連が『タモ』で掬っていた
  『たも』を潮の流れの下流に沈め上流50㎝の所に
  『オキアミ』を巻く 流れる『オキアミ』を追いかけて
  『あじ』が「たも」に入る 上手な人は一度に50・100匹
すくい上げる。ジープさんは『まめあじ』掬いでも名人だ

Photo_17

1_5

     紋甲いか取りも かなう 人はいない
 紋甲イカを探してるその姿は哀愁を帯び風格が有る

2_3
  この仕掛けで見つけた烏賊をかける(企業秘密)
  内緒で撮影したので誰も真似しないで・・・・・

 ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

Photo_18

2011_0517_171229img_0341

    竹内団地で15㌢~25㎝のあじも釣れ出した
       
  釣り人は早朝と言う 小生はmayonakaと言うが

       深夜1時から3時の間・・・・・

    ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ m9(^Д^)プギャー

 ジープさんが「たも」で掬った「豆あじ」を頂き持ち帰り
       研修生たちに料理をお願いした

   上海生まれの彼女達に執って初めての経験
      上手に唐揚げを作ってくれた
1_6

Photo_20

           本日の収獲  

       紋甲イカ(胴長 44㌢・
       あじ(最大24㌢)・クロアイ(20㌢)・ベラ
 

Img_0473

 

   

2011年6月16日 (木)

中国湖北省武漢

         中国湖北省武漢へ

Photo_10  

 岡山空港発 上海浦東空港行きの出発時間が

 4月1日より13時30分から朝9時10分に変わり 

        朝5時松江を出発した

 岡山空港 9時10分発 9時50分上海浦東空港着
  (時差1時間 正味飛行時間1時間40分)

 上海浦東空港発13時 武漢天河空港着 14時50分
  (時差なし 正味飛行時間1時間50分)

  人口800万人 空気は北京・上海より酷い  

       気温 37℃ 湿度76%
(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:. ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

         武漢天河空港

新しく建てられたようで非常に明るく機能的な空港です
     余り古くない昔の建物は隣に有りました

Img_0221

1

4

2

Photo

ロビーの係員も10年前と比べて『非常に良く教育』されて
いてセンスの良さを 『躾』 られていることを感じました
3

 街中はご多分にもれず交通マナーは めちゃくちゃ

    6mもの長さの鉄骨を電動自転車のサイドに

    乗せ道路中央を走りバスも車も止めていた   

Img_0123

 路線バスは殆ど2階建バス トロリーバスも走っている

Photo_2
Photo_3

  朝の通勤時間は交通ルールは自分で決める
Photo_4
     小生の泊まったホテルの窓からの風景

Photo_5

ホテルからみる工事現場はクレーンが交差点の上で

旋回している    Σ(゚д゚lll)アブナッ !

Photo_6

     世界一の外貨準備国であり発展途上国 

       全てのルール・マナーも途上国

      日本では歩行しながら携帯メール
   中国では歩行しながらカップラーメン
   女性を含む何人もの人を見かけた

Photo_7

    だが建物は実に立派 郵政銀行のビル

Photo_8

Photo_9

    小生が泊まったホテル『武漢国際大酒店』

Photo_11

      部屋内部は非常に広い
    リビング・バスルーム・ダブルベッド
ベッド横には 肌着を始めベッドで必要なものが
      全て有料で置かれていた 
Photo_13

Photo_12

  冷蔵庫の上には食糧が有料で置かれている
   日本の日清のコピーも堂々と置かれている
Photo_14

    市内中心部の衣料品店街に行ってみた
    全品20元(260円)から90元(1200円)

Photo_15
1_2

 アクセサリーも10元(130円)から20元(260円)
       若者で路地は溢れていた
Photo_16

近代中国で歴史ある街 「武漢」 大きく変貌していた       

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »