Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月25日 (月)

久しぶり 西堤防は水族館

    久しぶりに島根町多古の夕方の大敷網に行ってみた

         多古は朝・夕 2回網を上げる

 小生が行った時には 水揚げされて 歯 も切られていたが

       220㌔の『カジキまぐろ』が入っていた

     ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ  アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

  100㌔前後は時たま入るが200㌔超えは3年に1度と

   経営者の小川穂積さんは満面の笑顔で話した  

      トラックに積まれた処理された「まぐろ」

1

2

          他に かつおが200匹程

Photo_2

            かんぱち が50匹程

Photo_3

           ぐれ が200匹程

Photo_4

 今年は異常な天候で不漁が続いていたが やっと だ・・・

           漁労長が つぶやいていた

    モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ  (*゚∀゚)=3ハァハァ

   

      台風6号が四国を目の前にして停滞している

      松江の警察学校の真新しい国旗が1時間も

            しないうちに半分になった

       アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!  !!(゚ロ゚屮)屮

Photo_5

   テレビでは台風・女子サッカーが報道されていた

Photo_6

Photo_7    

    翌日早朝 5:30分に境港の中野港に行ってみた

小生の職場は 台風でレジャーボートが転覆して引き揚げていた

      o(`ω´*)oプンスカプンスカ!  (# ゚Д゚) ムッカー!

Photo_8

   対岸の巡視船『木曽』の前に豪華客船が停泊していた

         オーストラリアの豪華客船だった

   境港には沢山の客船が入港する 外国船も多いが

 接岸する岸壁は4万トン岸壁(木材・チップ)の荷揚げ岸壁

 今日の オーストラリアの豪華客船も材木の荷揚げ岸壁だ

    早く客船専用の岸壁が出来たら と 思うが 

        釣り場が無くなる・・・・し

   ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~  (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

Photo_9

小生のアルバイトの 職場が大きなクレーン車に占領されていて 

  仕方なく  久しぶりの本職場 美保関の西堤防に出勤した

   o(*^▽^*)o  (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

       まだ朝 6時にも なっていなかった

       庄原さん 一人が『チヌ』を釣っていた

        小生も『チヌ』仕掛けで始めた が 

       7時ごろ庄原さん は 44㌢を釣りあげた

        小生には『あたり』が一度も無かった

  つД`)・゚・。・゚゚・*:.。  。*((艸д・。`*)゜*。 (つд⊂)エーン

       9時ごろには多くの釣り人で賑わってきた

  そして気温もどんどん上がってきた 昼前には常連が揃った

       日焼け除けの覆面の『長江の奥さま』

……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ  Σ(゚□゚(゚□゚*) Σ( ゜Д゜)ハッ! 

     旦那さんは 真っ黒な顔なので覆面は必要なかった

     頭から足まで 日焼けする皮膚は すでになかったPhoto_11

    昼前に来た皆生さんも パナソニックの長江さんも

 手拭いで 覆面・・ 木田さん は白帽さんの陰に隠れている

    とにも かくにも 暑い 暑い 暑い 暑い

Photo_10

     暑さで誰もが『だれて』 いる時に高校生が42㌢の

           『真こち』を釣りあげた

Photo_12

   しばらくして 庄原さん が『コバンザメ』を釣りあげた

 アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!  ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ o(*^▽^*)o

Photo_13

     4時頃になって 皆生さんが 46㎝・51㎝・44㌢・32㌢

         続けて4匹の『チヌ』を釣りあげた

     隣に座っていた小生はその度に竿を上げた

Photo_14

Img_0705

    その後 高校生は 40㌢を超える『赤みず』を釣あげた

  他に ダツ・海蛇・タコ・エソ・オコゼ・キス・ベラ・いわし・さば

         今日の 西堤防は 水族館だった

   結局小生は 25㎝程の アジ 6匹 まめあじ 200匹程

      25㎝程度の小鯛 4匹 寂しい釣果だった

  

2011年7月11日 (月)

境港 竹内団地

     境港 竹内団地 巡視船「木曽」の停泊地

   梅雨 の合間に 北山山系には霧が立ち込めていた

             中野港を望む

Photo_4

   「巡視船 木曽」の停泊地の横の「あじさい」が咲き誇公園 
   トイレ も公園内に有り 女性・家族ずれが楽しめる釣り場

 ( ̄ー ̄)ニヤリ  ( ̄ー+ ̄)  (* ̄ー ̄*)  o(*^▽^*)o

Photo_11
            巡視船「木曽」の出航前
         乗員20名程が岸壁でラジオ体操Photo_5
   全て命令調で大音量 の船内放送 釣り人には大迷惑

            o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!  (゚⊿゚)イラネ

     出航 船の横から海水を最大限ジェット噴射して離岸
     後部からもスクリューでなく海水をジェット噴射して前進2
 水面は泡だらけ 茫然と竿をあげ海を眺める釣り人

            Σ(゚д゚lll)アブナッ !  アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
            暴力的な出航・・・   

1_2

 お陰で釣り人は洗剤を巻き散らしたような海から暫く撤退

    勿論その後は「まめあじ」はおろか何も釣れない

o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!  (# ゚Д゚) ムッカー (#゚Д゚)y-~~イライラ

Photo_6
  次の日 久しぶりに『木曽』に変わり『大山』が停泊していた

          大山の出航は静かであった
    普通の音量で「出航30分前」の船内放送が有り 
       30分後には 静かに 静かに離岸

  モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

    ジェット噴射も「木曽」の3倍も時間を掛けて海水を
   かき混ぜることなく 淑女のごとく上品出航して行った

  (*´v゚*)ゞ  (*゚ー゚*)  (*´σー`)  c(>ω<)ゞ

1_3

Photo_7

        勿論出航後も釣果は変わらなかった

               ひらめ 42センチ     

Photo_8
      あじ 30m程の遠投で25㎝前後が5匹 

Photo_9

         豆あじ 5㌢~12㌢ ?グラム  

Photo_10         

  船長が違えば 巡視船の扱いも大きく変わるんですね

   あの 「尖閣列島」の事件が有った巡視船の船長はどんな
      船長だったんだろう 今頃少し気になりだした 

            今日この頃  



    日本を 国民を 守る為 命がけで職務に付いている
    海上保安庁の皆様に心から敬意を払い感謝します

    たとえ 魚釣りを邪魔されても

       決して  文句は言いません    

   (# ゚Д゚) ムッカー  (#゚Д゚)y-~~イライラ (`ε´)   

2011年7月 4日 (月)

上海 金山区 朱家角 青浦アウトレット

           5月に続き急遽上海へ出張 

         10時30分「浦東空港』(プウトン)着  

 取引先の出迎えの「ベンツ」  で豪雨  の中上海市内へ

 馴染みの店で買い物・いつもの「焼き肉神田」   で食事

     上海の南端 高速道路で「金山区」(じんしゃん

    大手日系企業では独資の金井特線(上海)有限公司、
     伊藤忠商事株式会社と福助工業株式会社による
    上海福助工業有限公司など
8社が既に進出しており
     その他繊維関係の会社29社操業している

( 1958年江蘇省より上海市に移管、1998年に市轄区に昇格し現在に至る )
                            
    (鄧小平の発案で中国最初の経済特区石油化学基地 当時は金山県) 

  「白い猫でも黒い猫でもネズミを取る猫は良い猫だ」

          の発言で世界を驚かせた

      ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ  Σ((oÅO艸*) 

 (石油化学物質の汚水が長年海に流され 海の水は汚いが 大規模な護岸工事で
      砂浜は良く掃除されている 世界ビーチバレーで有名なところ)

       魚は全く見えない 魚釣りとは無縁の海岸です

                  

   上海も今は梅雨で毎日雨ばかり 道路はあちこちで冠水

  (急速な高速道路の建設で下水道の整備が極端に遅れている)

          晴れ男の小生も歯が立たず・・・・

(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.  ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~ (;´д`)トホホ…

     高速道路は大型トレラーが火災 横転 事故だらけ

     (・_・)エッ....?  ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ  

   上海が経済特区になるまでは南部に「松江県(そんじゃん)

 ( 1958年江蘇省より上海市に移管、1998年に市轄区に昇格し現在に至る )

上海に編入され松江区になるまで島根県松江市と姉妹都市だった

   その下に金山県 古くから日本の企業が多く進出していた

       小生が関係する専門学校『 ソーイングアカデミー』の

  外国人研修生は金山地区からは30数名が当学院を卒業している

       夜には金山区のレストランで 卒業生と食事   

         料理は日本人に合わせた味付け・・・?
      何を食べてもおいしかった 料金も上海の半値

Img_0509

Img_0510

Img_0511

Img_0515

Img_0514

      小生の泊まったホテル 一泊一室200元(2600円)
Photo_13

    翌日ホテルの前の中学校が「高校入試の受験校」で

    学校周辺は通行止め 近くの道路も制限速度 20km

        クラクションを鳴らせば 100元の罰金

            (中国の新学期は9月)

     交通ルールは自分で決める!!!の中国で

 教育に関しては非常に協力的でありエンジン音まで気遣っている

         Σ(゚□゚(゚□゚*) ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

         タクシーに乗るのもホテル前が交通規制

         雨の中表通りまで歩いてタクシー探し

     。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。   。*((艸д・。`*)゜*。

Photo_14

Photo_15

      車は通れないが輪タクはOK?(初乗り2元26円)
Photo_16

     10時にホテルを出て近くの会社で15時まで仕事

  その後「足マッサージ」へ ここも上海の半値1時間60元780円)
     男性には女性 女性には男性のマッサージ師が付く
Photo_17
  小生に付いたマッサージ師 安徽省からの出稼ぎと自己紹介した
2

ホテルに帰り3室ある大きな室内に冷蔵庫が無かった事を思い出し
 雨の中 隣のコンビニに行きミネラルウオータ とビールを買った

     シャワーをした後のビールは冷えてなく吐き出した
        (銘柄も分らない地元のビール?)だと思う

 テレビを付けたが日本のアニメ(ブラックジャック)が放送されていた
       (金山地区のチャンネル数67チャンネル)
        日本語が聞けるテレビは『アニメ』だけ
    チャンネルを回せば(さざえさん)(ちびまるこちゃん)など
    夜8時台に6チャンネルが日本のアニメを放送していた 
      その内4番組がが中国語に吹き替えられていた
Photo_18

  翌日 早朝ソーイングアカデミーの卒業生と「朱家角」 へ観光旅行 

        2時間近くの走行中の豪雨は 『やんだ』

   さすが やはり 小生は『晴れ男』””””””?????

    ε` *)(* ´З`*)))モジ (/ω\)ハズカシーィ

朱家角は三国時代には既に存在していたという広さ4.7km2の古い小さな町で、
『小橋と流水の天然風景、正真正銘の明清時代の町』と言われているそうです。
伝承によると、宋、元代から朱家角には市が形成され、町全体を貫く運河に
よって近隣の産物が集められ、川岸に定期市が形成されこうして商業が栄え、
      明・清代には江南でも比較的規模の大きな町に成長したためか、
         朱家角には明・清代以降の建物が多いようです。
  町中を縦横無尽に河が流れ、36個もあるという石橋が架かっている、
            『これぞ水郷』といった町です。
朱家角の家の多くは川を背にして道に間口を開いていて、両岸の民家は川側に
勝手口を設けており、商店まで行かずに荷を運ぶ舟から直接物を購入するそうです。

国の昔の運河の水郷生活が残る有名な観光地朱家角(しゅかかく)は 
上海市の中心から約40kmに位置する水郷で「上海のヴェニス」と言われる
様々な商業も興隆して活況を呈した。街の中は観光客でごった返している。

             

            店番しながら器用に 「手刺繍」

Photo_2

         髪止め等の工芸品を店頭で作っている   

Img_0587

    屋並みは丸い瓦を並べた独特な屋根瓦で敷かれている

Photo_3

      路地の町並みの中には美術館も沢山ある
    陶器・磁器に造詣は ないがマイセンは中国の磁器を
    真似たと聞いている 小生の子供じみた愚かな質問に
        親切に答えてくれた学芸員に 感謝

Img_0585

         観光船乗り場の卒業生(右端の人は通訳)

3

 左後ろの朱家角のシンボル。放生橋(ほうしょうきょう)

       全長約72m、幅約5m、高さ約7.4mの石橋は
        創建は1571年と上海市で最も古い橋である。
          橋のたもとで魚を捕獲することを禁じ、
   魚を放つことのみ許されたことからこの名が付けられたらしい

    橋の上から願を掛けて魚を放流すると願が叶うと言われる

      魚の入った袋を持って放流の順番を待っている 

   (魚は橋のたもとで2匹の魚が入った袋が2元で売っている)2

 沢山の外国人を含む女性が豪雨で増水した運河に放流していた

       小生も放流したが『願』を掛けるのを忘れた
  通訳に「放流ではなく ただ 捨てた」 とからかわれた

         太鼓橋の一番高い所からの放流 

     高度恐怖症の彼女は腰が退けていて可笑しかった

Photo_4

  上海奥特莱斯(上海アウトレット)のホームページ
         http://outlets.blemall.com/

     大きな構内に約1,000件近いお店がならんでいて
         西洋風な建物が印象的な場所...

3

『朱家角』から車で1時間 上海青浦に5年前に出来たアジア一番の
              アウトレットへ行った
Photo

1 

Img_0626

Img_0612

Img_0620

   上海市内から「アウトレットツアー」のバスも」出ています

       全部の店舗を見学すれば10日掛かるそうです
       世界のブランドの全てが出店しているそうです
         (ここにはコピー商品は無いそうです?)

      全ての値段は日本と同じか少し高め・・・・

3泊4日 28000円で買い物を楽しめれば安いかも・・・

  (*^ω^*)ノ彡 ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ ((w´ω`w))

  再見  (/ ^^)/アリガトネ (TωT)ノ~~~ バイバイ                  

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »