Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月12日 (金)

孫との夏休み ドライブ

   夏休みに3人の孫 『悪ガキ』 がやってきた

    ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ  (・∀・)ニヤニヤ o(*^▽^*)o

        海水浴に(野波海水浴場)

Img_0828  

    アジ釣りに (42㌢の『ボラ』が釣れて大騒ぎ)

Img_0840

            サーカスに

 

     連日ツアーを組んで島根を 御案内 した

   (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:. (*゚∀゚)=3ハァハァ

今日は 9号線をひた走り『仁摩の砂時計に』連れて行った

      フロントで入場券を買おうとすると

   提携カードを持っていないか と聞かれた。

 有ると返事をすると割引料金で入場することが出来た。

Img_0861   

    今日は とても気持ちの良い日になりそうだ

      館内の係員も笑顔で嬉しかった  

 中でも砂時計の説明をされた人の笑顔は最高だった

                

Img_0856

何度も訪れているがこんなに心から癒されたのは初めてだった

         夏休みで子供が多いからかな・・・・

          とにかく 『孫』 達は喜んだ   

   小生も・・・  ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。 (/ω\)ハズカシーィ

         一年計砂時計「砂暦」

Photo

ミュージアム館の最大の目玉は一年計砂時計。全長5.2m、

    直径1mのジャンボガラス容器を使い、

  1tの砂を一年かけて落とす世界最大の砂時計で、

大ピラミッド館内の地上8mの空間に銀色の鉄パイプに支えられ、

中空に浮かぶ姿は現代アート作品だと思います1

  孫たちは『鳴き砂』に驚き 砂アートで興奮し

Img_0849

Img_0852 

  予定の時間を大きく越えて2時間近く滞在した

そして サンドミュージアムのブログに取材を受けた

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!  Σ(゚□゚(゚□゚*)  ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

   (サンドミュージアムHP 8月10日ブログ)より

 

   大阪ボーイ♪

こんにちは。

今日もご家族のお客様が多かったです!!

もう小さなお子様が可愛くて②!!!!涙

お孫さんが砂の作品を興味深々に見てる姿を
おじい様が一生懸命デジカメで撮られてて
心が篤くなり愛を感じちゃいました!!

…ここまで心が篤くなったんです
もちろんブログお願いしました☆★

お孫さんはなんと大阪から帰省されてるそうです!

お写真をご自分のブログにUPするとのことで

    なんてお若いおじい様
     なんだろうとびっくりしました!!
こちらが噂のイケメン大阪ボーイのお二人です!!
次に世界遺産『石見銀山』の予定を飛ばして『三瓶』へ
三瓶自然館では企画展『鉱物』展が開催されていた

1階展示室で 美しい原石、貴重な鉱石250点が展示されていた。
サファイア、ルビー、アクアマリン、ダイヤモンドなどの宝石の原石、深海を思わせる青さの藍銅鉱、メキシコの巨大結晶洞窟から産出した結晶など、見応えある鉱物標本を展示。
同時開催の「島根の文化と神話世界を育んだ鉱物展」では、30年ぶりに確認された石見銀山最大の鉱石、世界的珍品のアラレ石など、島根県内産の鉱物を展示ていた。

Photo_2

プラネタリウムを見学して 県道40号線を走り波多から県道325号

線に入り県道185号線 県道39号線を経由して八雲風穴を

尋ねた (詳細な交通標識のお陰で迷うことなく到着した 謝謝)

     (/ ^^)/アリガトネ (._.)アリガト

Img_0870_2

気温32度 扉を開ければ 15.1度 一階下に降りれば

11.6度 二階下に降りれば 6.6度 最下位には雪だるま

Fuuketusikumi

Fuuketuondokei

  入場料大人200円子供100円を払い入ったが

 寒くて5分で退散した 1分40円  高い 汗 が出た

      そして県道185号線を北に走り

『竜頭の滝』から54号線掛谷へ54号線から三刀屋で高速に

       乗り松江に帰ったのは18時だった

     疲れた 暑かった 暑かった くたびれた

               

   小生以上に『孫』達は疲れたらしい

     車の中で爆睡 

  夏のドライブは疲れます

       御身御自愛を

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »