Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 釣りのブログが書けない | トップページ | 金河豚 花回廊 »

2011年10月18日 (火)

温泉巡り

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。     めっきり寒い季節がやってきた  

       釣りは相も変わらず何も釣れない 

         。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

         山陰道「東伯・中山道路」

 大栄東伯IC~赤碕中山IC(12km)が平成23年2月27日

       開通したのを知ってドライブしてみた 

     松江西ICから東出雲迄無料 安来道は有料

  米子から名和淀江まで無料 9号線に出て中山から又

 山陰道大栄まで無料 また9号線に戻り 北条道路に入る

       山陰自動車道は、鳥取県鳥取市を起点とし、

 山口県美祢市を終点とする、延長約380キロメートルの高速道路

          全線開通は何時なんだろう

   ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ  ┐(´д`)┌ヤレヤレ

   山陰道

      目的も無く出発したのでドライブ中に

      『温泉巡り』   をしようと思い立った 

   大栄東伯ICから9号線 313号線から『関金温泉』

    道路標識に従って走れば迷うことなく到着した

30年ほども前に来た事が有る温泉街 すっかり変わっていた

      ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ  。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

Img_1087

  約1250年前に発見されたといわれており、かつては

 作州街道の宿場町として賑わい お湯がきれいなことから

   古くから「白金の湯」の名で親しまれていたらしい

Img_1084_2 

Img_1085

Higaeri06_3

    10軒ほどあった旅館は1軒を残すのみ

    ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

 酒樽の露天風呂が有った旅館も玄関が雑草で見え無かった

         ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ 。*((艸д・。`*)゜*。

  国民宿舎グリーンスコーレと  Title は

      日帰り入浴  800円で利用できる

    ラジュウム鉱泉が キツク 5分入り又5分 

    3度繰り返して  30分程で車に戻ったが

        ここはラジュウム鉱泉世界2位

Toji01

Toji123

    大田から三瓶に行く道沿いにはラジュウム鉱泉

   世界一と書いた温泉宿が有り1泊した事を思い出した

・池田ラジウム温泉<島根県> (6,640マッヘ/㎏)

    放射能測定器はどんな音が鳴るのか 心配・・・





源泉名 池田ラジウム鉱泉8号泉
湧出地 島根県大田市三瓶町池田堂原上2661-2
湧出量
知覚 無色 透明 炭酸味 辛味 苦味
泉質 含放射能-Na-塩化物泉
泉温分類 16.0℃(冷鉱泉)
pH値 6.0
液性分類 中性
溶存物質総量 6,043.215㎎/㎏
浸透圧分類 低張性
ラドン含有量 6,640マッヘ/㎏

                                                                                         『温泉百話 西の旅』(ちくま文庫)の中に
  「老女が語る
池田ラジウム鉱泉史」渡辺喜恵子著と
いう文章があって 日本一のラドン含有量の温泉として
      紹介されています。

場所は山陰の島根県大田市から三瓶山に向かう途中にある
山中の一軒宿です。建物は建て替えられていて、比較的新しく
、民宿のような造りになっています。しかし、温泉宿として
始めたのは大正4年(1915)にさかのぼるとのこと。
ほんとうに、自然豊かな、ひなびた環境の中ににあります。
旅館内は掃除も行き届いていて、清潔で、応対も家族的な
感じで好感が持てました。浴室は4,5人も入ればいっぱい
といった感じですが、沸かしているものの、その泉質は独特で
、肌触りがよく、入りやすいのです。
この温泉には8つの源泉があり、3号泉は飲用に適し、
胃腸病に効くとのことで、玄関前に飲泉場がありました。
しかし、ここで特筆すべきはラドンの含有量のすごさで
最も多い8号泉は、6,640マッヘ/㎏という驚異的な値を示し、
効能も高いと聞きました。戦前から、色々な大学の教授が
調査に来て、世界一の含有量 折り紙付きとのこと。

増富温泉(山梨県)、三朝温泉(鳥取県)、湯の島温泉(岐阜県)など、
他にもラドン含有量の多い温泉がいくつか知られています

 下の写真は30年ほど前に小生が泊まった時の写真です
 1982年に大川栄作の『さざんかの宿』が大ヒットした年
    部屋の窓から 川が見え堤防の『さざんか』の花が
       満開だったことを懐かしく思い出しました

その頃は渓流釣りが趣味で島根の山奥まで歩いていました

 1_2
2_3
話しを戻します                                                                                                                                                           
関金温泉国民宿舎の下に有る
名刹 地蔵院にも寄ってみた

                 大滝山地蔵院756年(天平勝宝8)、
                行基が建立したと伝えられる寺院で、
           重要文化財に指定された木造地蔵菩薩半跏像を祭る。

Jtba4301620a_2

檜の寄木造で、高さは3.4mと巨大。
像内の支柱には、この像が
鎌倉時代の造立であり、
1640年(寛永17)、地元の人々によって
再興されたことが記されている。

 

Img_1096

Img_1101

 温泉街??? を出て313号線に戻ると大きな時計台

    何かと思い近寄ると『宝製菓』の工場だった

     カニコロッケが有名だと何かで知っていた

中は工場見学が出来 菓子の製造工程が見れた が

   見学者は小生だけで案内掛かりは付かなかった

  最近色々な会社が工場見学を出来ると案内している

小生も『島根ワイン』『松江放送局』『山陰中央新報印刷局』

      等の工場見学に行った事が有る

Img_1088

Img_1094

  313号線を戻り倉吉市から東郷温泉に向かった
     道中に 懐かしい『トンカツ屋』が有った
     20年も前に来た記憶が蘇り入ってみた

昔と店内は変わっていなかったが主人は変わっていた
 先代は御夫婦ともお亡くなりになって当時の店員が
        跡を継いで経営されていた

  現在の店主に20年ほど前に来た 店の表も中も
  変わっていない 懐かしい と 話すと涙ぐまれた 

     c(>ω<)ゞ  。゜゜(´□`。)°゜。

  同席されていた他の客ももらい泣きされた  

Img_1103

 v素朴なトンカツ・エビ のミックス定食 野菜の大盛りを
    お願いしたら山のように積んで?呉れた
 (家庭で作るトンカツ定食) 暖かくて家庭食のように
  なぜか 心が 『癒される』 幸せを感じた
   またこちらに来たら必ず来ると御主人に誓った

Img_1107

   提灯もそのままだ 油汚れがしていない???

Img_1105

    懐かしい まだ この ポスターが有った

Img_1104

  赤い『彼岸花』『まんじゅしゃげ』 の後ろは日本の
            原風景の田園

Img_1114
         今滝を見て東郷温泉へ

Img_1117

Img_1120

      東郷温泉 湖泉閣 養生館

   ブログに書きたいので入浴したい と交渉したら

   ロビーに有るパソコンで小生のブログを確認して

    全部のお風呂に入りブログで宣伝してください

   許可が出た 2階の大浴場 3カ所の貸切風呂

    男女の露天風呂 5か所の温泉に入浴して

         東郷温泉を満喫した 

   貸切露天風呂「風樹の湯」ひのき造りでした

     東郷湖の景色を独り占めした気分

Img02Img03

Img06 Img07               

  東郷湖を独り占め 貸切露天風呂「名月の湯」      

        燕趙園(養生館から撮影) 

Img_1125
東郷温泉国民宿舎水明荘前に『白い彼岸花』が咲いていた
     小生は初めて白い彼岸花を知りました

Img_1128

Img_1131

Img_1133
 東郷温泉を出て北条道路へ 道の駅ハワイで買い物

   東伯で高速に乗らず9号線で『赤崎道の駅』 へ

  韓国名産館 日韓友好交流公園 『風の丘』

Img_1137

Img_1138

風の丘にある石の風車 本当に回っていたのに驚いた
 ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ Σ(゚□゚(゚□゚*) ∑(=゚ω゚=;)

Img_1145

    赤崎道の駅 駐車場はガラガラに空いていた
  中山・東伯の高速道路で並行する9号線はこの冬
   大雪で12Kに及ぶ大停滞 多くの沿線の人々が 
     食料を提供したりトイレを貸したり大きな
         ニュースになった道路だった

   だが 高速道路が出来れば『山本おたふく堂』初め
    沿線の商店の売り上げは極端に少なくなって
    売り上げは三分の一になったと韓国物産館の
             店の人は嘆いていた

      (´・ω・`)ショボーン (つд⊂)エーン

 
 その話に小生は『松茸酒』を衝動買いしてしまった

 翌日 東伯~中山道の中間に赤崎サービスエリアが

          完成したと報じられていた

Img_1149

        午後4時の 米子方面の9号線 Img_1150

            鳥取方面の9号線

Img_1151

 普段大変な混雑が有った9号線   上下線ともガラガラ

     ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

  名和まで9号線を走り御来屋のお魚センターに寄った

 猛者海老・鰆・あじ・カワハギ やはり境港より安かった

Img_1153_2

  そして恒例の『鯛焼』屋さんを訪ねた ひょっとして・・・

      やはり   本日休業 だって・・・・・

     。*((艸д・。`*)゜*。 `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! 

  『松茸酒』はリキュールだった あげた友人に聞けば
      永谷園のスープの味だった?・・・・・・

        (´・ω・`)ショボーン  (つд⊂)エーン 

« 釣りのブログが書けない | トップページ | 金河豚 花回廊 »

国内旅行記」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 釣りのブログが書けない | トップページ | 金河豚 花回廊 »