Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

島根道の駅 その2

              道の駅の定義    

道の駅(みちのえき)は、国土交通省(制度開始時は建設省)により登録された、休憩施設と地域振興施設が一体となった道路施設。道路利用者のための「休憩機能」、道路利用者や地域の人々のための「情報発信機能」、道の駅を核としてその地域の町同士が連携する「地域の連携機能」という3つの機能を併せ持つ。2011年8月25日現在、全国に977箇所ある。

「道の駅」は「鉄道の駅」との対比をなす言葉であるが、もともとは街道沿いにある宿場を指す言葉だった

上記の定義では ロード銀山は 道の駅ではなかった

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

     ロード銀山から約1時間 江津までやってきた

 9号線に沿って大きな間口の非常に入りやすい道の駅 

     ひこひこひこ

               自然を味わう「
サンピコごうつ

                サンピコごうつ
(島根県25番目)

        平成22年4月20日 オープン

  大きな駐車場に 道の駅・ガソリンスタンド・売店・
    レストラン・
産直農産物・陶器売場・石州瓦・

    真新しい道の駅 沢山の車が駐車していた

Photo_37

Photo_40

Photo_38

神楽の里 「舞乃市」は駐車場は100台以上の大きさ

Photo_39
   駐車場: 60台 (内、普通車50台・大型車10台)
  観光案内人(9:00~18:30) 休/木曜日、年末年始

  店舗、売店: (9:00~18:30) 休/ 木曜日、年末年始 
      地域農産物・加工品等の販売
   休憩所: (24時間利用可能) 休/ 年中無休

         道の駅 ごうつ 本棟
      石州瓦の屋根が美しい建物だ
Photo_41

道の駅構内は 清潔で簡素な利用しやすい休憩所だった

Photo_45

  小生の友人は この”道の駅”の近くが出身地だが 
   実家のトイレ  は まだ水洗に成っていなくて
 
  実家に帰った時は 毎朝 夫婦で車に乗り 
  
この”道の駅”のトイレを利用しているそうだ

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

        。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

       トイレの片隅に置かれた”生け花”
  長距離のドライブ疲れも忘れさせてくれる思いやり

  清潔で明るく『ご近所の人』も利用するはずだ 

     o(*^▽^*)o  (* ̄ー ̄*)  ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

Photo_42
     豪華で気品に満ちた石州瓦の屋外展示所

Photo_43
    構内の売店 勿論”赤天”も売ってあった
       一角に揚げ物コーナーも有る

1_2

    日常に使う素朴な陶器 石見焼のコーナー

Photo_44

Akuasu

          アクアスにやってきた 
     それにしてもこの冬最高の日本晴れ  

          去年の今頃は釣り仲間に
      ”雪男”とからかわれていたのに  

Photo_46

Photo_47

Photo_48
       親の白イルカも公開されていた
        ボールで器用に遊んでいた 
        演技はまでしていないようだ

Photo_49

    赤ちゃんイルカの水槽は新築されたそうだ
    新シロイルカプール、2011年4月22日OPEN
1_3
Photo_3

   2008年11月13日ペンギン館もオープンした。
      イルカ・セイウチ館は工事中でした

     ;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
         浜田漁港にやってきた
  周辺の堤防を四方八方眺めてみたが
    釣り人はこの好天でも見当たらなかった
      ここにも”魚”はいないのかな・・

 
         浜田マリン大橋
Photo_50
              浜田市HPより
平成11年8月、浜田漁港に国内の漁港施設としては最も長い斜張橋(しゃちょうきょう)(305m)の浜田マリン大橋が完成しました。
この橋は「活力と潤いのある水産都市の形成」を目標に策定された「浜田地区新マリノベーション拠点交流促進総合整備計画」のひとつとして建設が進められていたものです。
分散広域化する漁港施設の一体化と漁業活動の円滑化、そして豊かで住みよい漁村環境を形成するための「ふれあい臨港道路」の一部として利用されます。
高い主塔(海面上約92メートル)と斜めに張ったケーブルを特徴とする同橋が結ぶのは、浜田漁港のある原井地区と瀬戸ケ島地区です。現在、瀬戸ケ島地区の埋立てに着手しており、完成すれば、沿岸漁業の前進基地として、魚を種苗から育てて放流し、これを漁獲する、つくり育てる漁業が展開されます。
浜田マリン大橋は、海・漁業とのふれあいと水産業の発展をめざした水産都市浜田の新しいシンボルです
       ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
       浜田漁港に来たのは十数年前に 
      帆船の日本丸を見学に来て以来だ

      大橋 を車で渡るのは初めてだった

            橋の途中で自転車に乗った人が居た

 背中超しに前の”カゴ”から ピンクの毛布
        風で はためくように見えた
 
  結構重そうだ 登り坂を息を切らせて漕いでいた

   赤ちゃんを毛布に包んで前の”カゴ”に乗せ
      自転車で遊ばせているのかな と思い
         横を通り過ぎようとしたら
 ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ  アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

              魚の尻尾が2本見えた ???
   気になって橋を渡り終えた所で車を反転させ
          自転車の方に戻った

    自転車は下り坂を相当な速さで降りてきた
  車を止めてライトを点滅させ 自転車に合図した
    自転車は急ブレーキをかけ止まってくれた
       荒い息をした男性に尋ねた
 
 毛布に包んでいるものは子供でなく魚ですか???
      男性は  子供だが ”ぶり”

        寒いから風邪引かんように

    ピンクの毛布で包んでる
     
   
名前は 「はまち」 と真面目に答えられた

 `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!  (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

3

       Photo_5

Photo_51

   1階は左が魚介類の売場 右は土産物売り場
      魚介類は境港のお魚センターより狭いし
         値段は高いし品数も少ない

  なぜ 浜田漁港に島根お魚センターか??
 
        表の駐車場を見ればわかった
    駐車している車の7割は”広島ナンバー”

       2階は海鮮レストラン 『蟹匠』

Photo_52

   午後1時を過ぎていて 観光バスは居ないのに 
           超満員 驚いた

壁に「本日のお勧め」10㌔級の天然ぶりと書かれていた

             ブリは出世魚

      ブリの呼び名は成長に応じて変わり,
         呼び名は地方によって違う.
     実際には,100近い地方名があるらしい

      各地の主な<成長名>は次の通り.

山陰:ショウジゴ → ワカナ → メジロ → ハマチ → ブリ

関東:ワカシ・ワカナゴ → イナダ → ワラサ → ブリ

関西:ワカナ・ツバス → ハマチ → メジロ(イナダ) → ブリ

北陸:ツバエリ → コズクラ → フクラギ → アオブリ →
    ハナジロ → ブリ
九州:ワカナゴ → ヤズ → ハマチ → メジロ → ブリ →
    オオウオ

      ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

    小生は”ブリ”の刺身と海鮮丼を注文した
      料理が出てくるのに20分は掛かった
   だが 値打は有る 値段の割に 待たされても
        満足できる美味しさだった
次回来ることが有れば またここで食事を楽しもうと思う         
         リピーターも多いのだろう
 Photo_53

          海鮮どんぶり 1200円     

Photo_54

     夕陽ロマンと情報のステーション。
       ゆうひパーク浜田 (島根県3番目) 

Photo_55

駐車場: 128台 (内、普通車107台・大型車21台)
     超満員 何台もの車が右往左往    
     車を止めるのに20分は 掛かった

Photo_56

海鮮レストラン「会津屋八右衛門」: (11:00~22:00) 
 地元の魚貝類や産物を使ったメニューが中心です

Photo_57

Photo_58

  特産品、海産品ショップ (9:00~19:00) 休/
    年末無休 浜田と周辺市町村の産品及び
    浜田の海産品を中心に品揃えしていた

名物の「のどぐろ」の開き「鶏卵まんじゅう」を土産に買った

1_4

Photo_59

               石見神楽
    石見人の気性をそのままに、他に類を見ない
   勇壮にして活発な八調子と呼ばれるテンポの
   速いもので、大太鼓、小太鼓、手拍子、笛を用いた
   囃子で演じられ、見る者を魅了して神話の世界へ誘う、
        地元の郷土芸能です。

      館内中央で石見神楽が実演されていた
        沢山の買い物客が鑑賞していた

Photo_62

Photo_61

    階段も2階の通路も観衆で一杯だった
     地域文化に触れ 御当地名産にも
       めぐり合い最高のひと時だった

Photo_60     

       道の駅の休憩室には女性職員が
       「お疲れ様」と声をかけて呉れた
   壁にも「運転お疲れ様でした」と書いてあった
      なぜか 嬉しかった    

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

         今回の道の駅の旅で
    一番安らいだ施設だった

    希望は駐車場の広さを倍にしてもらいたい 
    リピーターが多いのか いつも満車状態らしい
      また日本海に沈む夕日は宍道湖に
         負けないほどの絶景らしい

   夕日だけでなく 安らぎの駅だと思う

全ての道の駅が こんなに安らげる駅ならいいのに

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

Photo_63

    道の駅、花卉展示ハウスがあります
          
湯の川
   (島根県14番目)

Photo_64

Photo_65
  駐車場: 70台 (内、普通車55台・大型車15台)

  駐車場は満員だった 最近出来た裏の駐車場は
    まだ知られていないのか空いていた

ここの駅には良く立ち寄る 湯の川温泉・空港カントリー
      シクラメン 等 花の産地

Photo_66
      
Photo_6

   駐車場の一角に”足湯”が有り順番を待つ人も居た

  足湯に浸かった だけでも”美人”になるのかな・・・

       男も”イケメン”に成れるかな・・・???

 o(*^▽^*)o  (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

Photo_67
        湯の川温泉・美人湯伝説(HPより)

 神代の昔、出雲の国の大国主命と恋に落ちた稲葉の国(鳥取県)の八上姫は、命にスセリヒメというお妃がいることを知らず、命を慕って旅に出ます。宍道湖を船で行くとき、南の山の谷あいから湯煙が立ち上っているのを見つけ近づくと、そこには岩の間からこんこんと湯が湧き出ていました。旅の疲れをその湯でいやされた八上姫は、いっそう美しい美人神になられたと伝えられています。ちなみに、八上姫は恋に破れ、稲羽の国にお帰りになるとき再び湯の川温泉に立ち寄られたといい、そのとき詠まれた歌が残されています。

   
Photo_8

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

          
 レストラン
: (9:00~19:00) 休/ 毎週火曜日 しょうがカレー

   売店の一番奥に温室が有り売店のドアを開けると
     花の匂いでむせかえる程の空間だった
       地元で栽培した花を直売している

Photo_68
     売店: (9:00~19:00) 休/ 毎週火曜日 
     主に斐川町で作られたものを販売している

Photo_69 

機会が有れば今度は 国道54号線を旅したいと思います

   

   

2012年2月19日 (日)

島根 道の駅

          本日は久しぶりの快晴   
      常連数人に電話で情報を集めたが 
    まだ何も釣れない日々が続いていると言う        
       釣り人も居ないと言う返事  

      .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

  天気も良いので島根県の西の情報を集めようと
        思い立って出発した・・・・・ が
  車のドアの内側に 先日 安来道の駅”あらエッサ”で
    入手した『道の駅』旅案内が出てきた   

       o(*^▽^*)o  ( ^ω^)おっおっおっ 

   2011年11月に鳥取県の道の駅を旅しましたが
     今度は島根県の道の駅を旅しました

     現在島根県には27の『道の駅』があり
      最初に出来たのは 「掛合の里」
       27番目は 「安来あら エッサ」 
 Dscf0001     

Photo_9
 島根は東西が長いので、「道の駅」が点在している
     地図を見ながら何処から行こうか考えた
     いつか アクアスの白イルカの子供が 
     公開されたと新聞で読んだ事を思い出し
今回は9号線を選んだ。松江から湖北線431号線を西へ

  ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

      マリンスポーツが体験できる「道の駅」
          秋鹿なぎさ公園 
(島根県16番目)

Photo

Photo_2

 駐車場には10数台の車が有ったが人影は無かった
       ドライバーは何処へ行ったのだ


  8時前に入ったので”トイレ”以外開いていなかった
       全ては9時からは始まるらしい

      ヽ( )`ε´( )ノ  \(*`∧´)/

             駐車場
          利用時間 24時間
    普通車39台・バス3台・身障者用2台
レストラン: (9:00~18:00) 休/ 毎週火曜日
 7/20~8/31は無休 島根和牛のハンバーグ
        宍道湖大和シジミのみそ

Photo_3

Photo_4

   カヌーなど貸出しにより気軽にマリンスポーツが
     楽しめ初心者にもインストラクターによる
        指導(無料)が受けられるらしい
Photo_2
4月~10月の期間
下記の「舟艇」を借りることが
     出来る。

シングルカヌー「1人乗り」
ペアカヌー「2人乗り」

カナディアン「3人乗り」
白鳥タイプ・ペダルボート「3人乗り」

530セーリングカッター
「大人7人、子供10人+大人1人」
420ヨット「2人乗り」

船乗り場は一隻の船も無く
冬の間は寂しい広場だった Photo_6
   右折すれば一畑薬師 直進すれば出雲大社

Photo_7
  左折すれば”ゴビウス”スケートリンクの湖遊館

Photo_8
宍道湖を越えて左折すれば9号線に出るが直進して
    次の 道の駅 大社ご縁広場に向かう

Photo_10

Photo_11
  出雲大社(勢溜)前を左折して神門通りへ 日本一の
      大鳥居をくぐり 吉兆館 に到着する

Photo_16

     文化・歴史展示館のある道の駅
      大社ご縁広場 (島根県7番目)

    小生は何度もこの吉兆館の前を通っているが
          入館するのは初めてだった
          まさか 道の駅 とは ・・・
   3台の車が駐車していたが全員 トイレ だった

    Σ(゚□゚(゚□゚*)  ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

開館時間 AM 9:00~PM 5:00(入館はPM 4:30まで)
入館料  無料

Photo_13
      大社ご縁広場のメイン館で吉兆幡
   (島根県指定文化財)を中心とした文化・歴史、
  伝統芸能などの展示のほか、大社町の自然と暮らし
      、観光情報を発信しています。

  出雲大社まで歩いて10分。ここ「大社ご縁広場」には、
    歴史・文化の展示館吉兆館があります。
  そして、役場の観光商工課、観光協会事務局もこの
  吉兆館にあり、この町の観光情報のすべてをご案内
     いたします。売店も食堂もない”駅”ですが、
   ”おちら”(ゆっくり)とした観光情報ステ-ションへ
       お立ち寄りください。と書いてある

今年7月21日~11月11日まで出雲大社周辺で開かれる
 
 『神話博しまね』 来年の出雲大社 『正遷宮』
       
 を前に本格的な準備が始まっている 
Photo_12
  吉兆館に 入れば小生以外誰も居なかったが
     大きな大国さまが迎えてくれた

Photo_14
  まるで 天に昇っていくような昔の出雲大社の模型

Photo_15
        ヤマタノオロチの頭部

Photo_17
            石見神楽のオブジェ

Photo_19
     振り返れば 日本一の大鳥居が見える

Photo_20
         出雲大社と日ノ岬灯台?

Photo_21

      吉兆館から南進して道路標識通り
         右折してキララ多伎へ。

        ようこそ キララ多伎へ。
       キララ多伎 (島根県13番目)

    ここの駐車場は9時過ぎにすでに満車だった。
     
     建物のせいか”ロケーションのせいか

  なぜ この道の駅は評判がいいのか分らないが

  小生も9号線を西進するたびに立ち寄っている

Photo_22 Kirara
  駐車場: 117台 (内、普通車102台・大型車15台)

           多伎町HPより

  いちじくで有名な多伎町は、その美味しいいちじくを
   加工して、様々な加工商品を生み出しています。
     名物は道の駅キララ多伎でしか食べれない
        「いちじくソフトクリーム」です。
      その他、いちじくワイン、いちじく大福(冷凍)・・・
         と続き、その数40品目近く。
  また、海鮮たこ焼は、えび、たこ、ほたてと具沢山の
    大玉で、今や押しも押されぬ名物となりました。

     隣のレストラン”いさりや多伎店”では新鮮な
     海の幸が海を見ながら楽しむことが出来る、
           2階は、団体、専用
        愛の鐘 (現在故障)  

1
   朝夕に”イルカ”が 見える事が有るそうです 
    この日は目を凝らして30分以上眺めたが
         発見することができなかった

     イルカ   どこに イルカ    

      (@Д@;  (A;´・ω・)アセアセ

小生の釣り場(職場)では年に1・2度見ることが出来る
  だが そのあと 魚は逃げて何も釣れなくなり
       釣り人からは嫌われ者である

Photo_23
  道路を挟んで向かい側に”産直”の売り場が有る
      表には”イカ”が干してあった。
        1枚150円?? 安い 
       スルメと西浜イモを買った
    一夜干しで柔らかいスルメだった

Photo_24

Photo_25

           多伎町HPより
 ふれあいショップ: (9:30~18:00) 休/ 第1・3火曜 
      7月は第1火曜 8月は無休 
 海鮮たこ焼(たこ・ホタテ・海老入り)特産品いちじくを
    使ったソフト・アイス・シャーベット・クレープ

 特産品コーナー: (9:00~18:30) 休/ 第1・3火曜 
 7月は第1火曜 8月は無休 多伎町の特産いちじくを
  加工した商品を数多く扱っています(電話注文可)

  さんさん市: (9:00~12:00) 毎週日・水曜日に
   新鮮採れたての野菜や近海の鮮魚等の販売。

  フリーマーケット: (10:00~17:00) 毎週日曜日、
  キララ多伎玄関前広場にてフリーマーケット開催

    野菜市: (10:00~17:00) 毎週日曜日、
新鮮採れたての野菜を多伎いちじく温泉玄関付近で販売

                  

バレンタインの為の売場 チョコレートの匂いで一杯

Photo_26
       御当地の土産物で一杯

Photo_27
  冬の日本海 今日は晴天で 静かな海だった

Photo_28
   キララ多伎 から 9号線 しばらく 
           海岸沿いの美しい景色が続く

 世界遺産石見銀山遺跡と
           国立公園三瓶山への東の玄関口

        ロード銀山  (島根県24番目)

      太田市に入る随分手前に「ロード銀山」は有った
     世界遺産”石見大森銀山”には離れすぎた道の駅
       
駐車場には1台の車も無かった

Photo_30

Photo_36
  駐車場: 49台 (内、普通車46台・大型車3台)

  レストラン: (11:00~17:00) 休/ 毎水曜日、
  80席程度 ここだけ定食(箱寿司と三瓶そば)、
  そば・穴子定食(穴子丼と三瓶そば)などの
      地元ならではのメニューあり

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

   正面の階段を上がれば色々なパンフレットが
        無造作に置かれていた
  右の土産物売り場には掛かりの人はいなかった
     また 買いたいものは何も無かった
   左にレストランが有ったが団体の食事の準備で
      小生には目も向けてもらえなかった

      。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。    
 
     1階に下りて中に入れば”トイレ”が有った
  左側の扉には関係者以外入室お断りの張り紙が・・

まるで来客は迷惑のような雰囲気だ

 ( ´,_ゝ`)ハイハイ  ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

Photo_31
    買う人も無く 買う物も無い 市場
     ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ  ∑(゚∇゚|||)

Photo_32
        静まり返った 無人の売店   

Photo_33
     30分も走れば仁摩サンドミュウジアムが
     真正面に見えてくる ここを左折すれば 

       ”世界遺産 石見銀山”
           に10分で到着する

Photo_34
国道9号線の浜田〜出雲間には11ヶ所の隧道がある。
  五十猛(いそたけ)からも多くの”トンネル”が有る
  どのトンネルも幅が狭くて 暗くて 天井が高い
   トンネルの名前は『○○隧道』と書いてある

Photo_35

       9号線に沿うようにあちこちで
     高速道路の工事が 行われている。

 事業名 山陰高規格自動車専用道(山陰自動車道)

計画区間・事業区間のインターチェンジ名については仮称。A'路線区間(松江玉造IC-出雲IC間以外)は萩・三隅道路と長門・俵山道路を除いて国道9号自動車専用道路として整備されている(萩・三隅道路は国道191号の、長門・俵山道路は国道491号の自動車専用道路)。

  計画中の路線は場所も確定して

   いなかったり用地買収

  行われていない所が有るらしい

   鳥取県から山口県まで全線が繋がり開通して
       「山陰自動車道」になるのは
       何時に成るかまだ 分らないらしい

 

 

 

 

2012年2月12日 (日)

白鳥 米子水鳥公園

  テレビで米子水鳥公園のニュースが流れていた
      前から一度行ってみたいと思いつつ
       一度も足を運んでいなかった

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

 ラムサール条約登録の湿地帯は日本に37カ所有る

  山陰には 宍道湖・中海の2カ所が登録されています

         ラムサール条約とは  (PCで調べてみた)
    1971年、イランのラムサールという町で、
   水鳥と湿地に関する国際会議が開催され、
 「特に水鳥の生息地として国際的に重要な
 湿地に関する条約」
という名の条約が採択され
     この条約が、開催地の名前にちなみ
 「ラムサール条約」と一般に呼ばれているそうです

       (中海・宍道湖ラムサール条約HPより)
中海(なかうみ) 28番目登録 鳥取県 H17.11.8 8,043

大規模コハクチョウ・ホシハジロ・キンクロハジロ・スズガモ
 渡来地 ・国指定中海鳥獣保護区中海特別保護地区
  米子市・境港市・島根県・松江市・安来市・東出雲町   
  鳥取県と島根県にまたがって位置する汽水湖。
  面積は我が国で5番目に大きく、様々な海藻類、
         魚類及び貝類が生息する。
  我が国でも最大級のガンカモ類の越冬地であり、
   ハクチョウ類、シギ・チドリ類、猛禽類等の渡りの
         中継地及び越冬地である。
   
宍道湖(しんじこ) 29番目登録 島根県 H17.11.8 7,652

  大規模マガン・スズガモ渡来地 ・国指定宍道湖
      鳥獣保護区宍道湖特別保護地区
        松江市    出雲市    斐川町   
      島根県の東部に位置する汽水湖。
  面積は我が国で7番目に大きく、周囲は45kmある。
   我が国でも最大級のガンカモ類の越冬地で
  あるとともに、食用のヤマトシジミが多く生息する
    ことで知られ、その漁獲量は日本一である   

Img_37041          
   安来道米子西で降りて 道路の道案内を頼りに
         米子水鳥公園まで順調に行けた
  水鳥公園第一駐車場の看板を見つけ駐車して歩いた
Photo_10
      10分程の距離だが雪道は遠かった
  第一駐車場の6台の車は小生と一緒で歩いてきたらしい

     (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.  。*((艸д・。`*)゜*。 
  
   だがやっと着いた水鳥公園には入口に
      10台程度止められる駐車場が有り
   車が2台が駐車していた 1台は”沖縄”ナンバーで
       もう一台は なにわ”ナンバーだった
    正面入り口から観察棟までの道にも10台程度の
          障害者用の駐車場が有った
   第一駐車場には新駐車場の案内が無かったが 

    o(`ω´*)oプンスカプンスカ(#゚Д゚)y-~~イライラ

     県外車はこの駐車場を知っていたらしい
      事前に調べてくるべきだった  か ・・・

      つД`)・゚・。・゚゚・*:.。  。゜゜(´□`。)°゜。
Photo_2

Img_3689

     観察棟を入り入館料300円を払い中に入れば
        学芸員が丁寧な案内をしてくれた

        (*^ー゚)bグッジョブ!!  (・∀・)イイ!
   渡り鳥だけでなく野鳥の知識は まるでない小生でも
         楽しく分りやすく説明してくれた

  (._.)アリガトキョロ(・_・ )( ・_・)キョロ((w´ω`w))Photo_3

     観察室には沢山の双眼鏡が並んでいた
    右奥の一段高い部屋は暖房が入っていたPhoto_4

Photo_5

     野鳥の映画を流していた視聴覚室|Photo_6
    水鳥公園で見れる野鳥のはく製展示室

Photo_7

          小学生の野鳥の絵画展
  気に入った絵に投票してください と 入館するとき
         投票用紙を渡されていた
  だが小学生の作とは信じられない”絵”が数点あり
        がっかりして投票しなかった

   o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!  (# ゚Д゚) ムッカー

Photo_8       

            水鳥公園HPより

    米子水鳥公園がある中海周辺は、国内で確認された
      野鳥のうちおよそ42%の種類が記録されており、
               山陰屈指の野鳥の生息地です。
その東端にある米子水鳥公園は、広さ27.8haを誇る水鳥の
         サンクチュアリ(保護区)で、水鳥の生息にとって
                    最も重要な場所のひとつです。
  冬の米子水鳥公園は、コハクチョウのねぐらになっていて
、 コハクチョウは朝方に公園を飛び立ち、島根県安来市の
  水田地帯(安来平野)へ行って落ち穂や草の根を食べます。
そして夕方になると、たくさんのコハクチョウが帰ってきます。
     米子水鳥公園は、コハクチョウにとっては「家」のような、
                      大切な環境なのです。
         他にも米子水鳥公園では、冬はカモ類やサギ類・
   国の天然記念物であるマガン・ヒシクイ・オジロワシなどが
観察できます。夏は、水鳥の子育て(カイツブリ・カルガモ・バン)、
オオヨシキリ、アマサギ、たくさんのイトトンボなどが観察できます。
   このように、一年を通じて、水鳥をはじめ様々な生き物達の
           営みを観察できる貴重な湿地となっています。
  また、米子水鳥公園は、この希少な環境が市民運動によって
守られ、中海の一部としてラムサール条約に登録されたことをうけ
、市民と共に自然を守り育てていく施設として運営しています。
そのため、環境教育のイベントを行うだけでなく、来館者への
対面解説を行ったり、ボランティアの方々に環境管理へ参画
  していただくなど、CEPAに従った湿地管理を進めています。

           群れて休む”鴨”
Img_3695

    鴨の雌1羽に雄2羽 の求愛行動   

          オシドリのつがい

    動物も鳥も”雄”が綺麗 と言ったら
       数人の女性に睨まれた  

 学芸員は下を向いてお腹を揺らして笑っていた

Img_3692

  この時間コハクチョウは安来平野に”出勤”したらしい
         一羽も確認できなかった  

Img_3694

Img_3698

Img_3700

Img_3702
    帰り路駐車場までにクイズの看板が有った
     1時間前に聞いて ふん ふん   

  ( ´,_ゝ`)ハイハイ  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~と

   返事したのに すでに ”2問”分らなかった  
1_2
3_1
3_2
5_1
5_2
      全問分った人 手を上げてください   
      ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )
     ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

   昼間餌取りに出張している安来平野へ行ってみた
     9号線から清水寺へ向かい足立美術館への
     道路標識を頼りに行けば”白鳥ロード”に出た

Photo

      白鳥ロード(安来市HPより)

   清水寺から足立美術館に向かう途中に
      白鳥ロードという道があります。
  安来能義平野には毎年シベリヤから白鳥
  (正確にはコハクチョウ)が飛来してきます。
 夜は中海をはさんだ米子側の水鳥公園近辺で休み、
昼間はえさを食べに能義平野の田んぼに飛来するようです。
えさとなるのは稲の二番穂で、稲刈りの終った後生えてくる
茎にはわずかながら穂がついており、それをこさげて食べて
   いるのだと近くの農家の人が言っておられました。
            根も食べるそうです。

  沢山の白鳥に出会えた やはり優雅に見える

2

Photo_9

1_2
 9号線に戻り東出雲町の意東海岸に行ってみた

        松江市東出雲町HPより
 白鳥はかつては宍道湖の水鳥でしたが、1966
 (昭和41)年末頃に意東海岸に移動してきました。
 翌年には意東小学校の児童達が白鳥の餌付けに
 乗り出し地域ぐるみで協力をし多いときには700羽の
        白鳥が飛来したそうです。
  意東海岸は白鳥海岸と呼ばれるようになりました。
白鳥と共に生きてきた「白鳥おじさん」こと門脇さんの
 活動は「中海の白鳥」という本にもまとめられました。
     しかし20年くらい前から干拓などにより
      白鳥は米子へ移ってしまいました。

                若山牧水の

 白鳥は悲しからずや空の
         海の
あをにも染まず漂う

色々調べていると各地で『白鳥』の誘致合戦をしているようで

人間は色々な色に染まって タダ ”漂っている”ように思えて

     白鳥に恥ずかしく思うのは小生だけだろうか

  (/ω\)ハズカシーィ  (/ω\)ハズカシーィ

    東出雲町 一羽も白鳥が居ない白鳥海岸
   この日は大山が本当の富士山のように美しく見えた

Photo_2

2012年2月 6日 (月)

皆生ホテルのギャラリー 御来屋 安来道の駅

   朝から美保関・境港昭和町・竹内 小生の

     職場を回ったが魚  も人も居ない  

       誰一人釣り人に出会わなかった

        ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

     だが マーブルテレビの釣り番組では
     島根町の野井漁港東堤防の先端で
    撒餌をして”豆あじ”が大量に釣れていた 

     御来屋のお魚センターの売り場にも 
     ”豆あじ””チヌ””が売られていたが 

      2_2 

      他に魚は”ほうぼう”だけだった 1_4

   それ以外は”かに””貝類”だけだった
 ブリもハマチもサワラもサゴシも何処へ行った

2_3

3

5jpg

 勿論”林さんの たい焼”は1匹も売って無かった

  (´・ω・`)ショボーン  。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

   寒さの為 釣りを諦め皆生温泉に行ってみた 

入浴だけ出来るホテルを探していたら大きなホテルが有った

 そのホテルは日本庭園の中に 露天風呂 が有った

 混浴  と聞いて少し緊張して湯衣を借りた(1000円)

    雪の上を歩いて混浴の庭園風呂に入った

   湯は”ぬるめ”だったが小生以外に期待通り

       女性ばかり8人が入っていた 

     よくよく見たが どう見ても・・・・・・・

      つД`)・゚・。・゚゚・*:.。  (´Д⊂グスン

    平均年齢は間違いなく60歳は・・・・・・

     アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!  (´・ω・`)ショボーン

Img_3685
  露天風呂を出て今度は男子の大浴場に入り温泉を
   満喫してロビーに戻る途中のギャラリーに入ったImg_3683
    中国広東の”端渓”の巨大な硯が展示してあった
        中国の”硯”の産地地図

1_3

    小生は「書」には無縁の悪筆ながら彫刻された

   芸術品の”硯”には30年ほど前に中国に行き始めた

  頃から興味をもって町の骨董品店・美術館・博物館等

  にも見学に行ったが これほどの大きい硯は中国でも

       見たことが無い立派なものだった

      ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ  Σ((oÅO艸*)

   小さな(日本では普通の大きさ)端渓の硯は中国の

 観光地から外れた町の骨董店で買って何個か持っている 

       小生の自慢の”コレクション”である

 だが この展示品から見ると
小学生の使う”硯”のようだ

        今後人に自慢出来なくなった

              端渓硯

       良い端渓硯は 触った感じが

  『赤子の肌のように清らかなる
             
乙女の内股のように』

     しっとりとして滑らかで、まるで

     吸いつくようだと言われています。

     本当に良い端渓に触れてみると

      なるほどと納得してしまいます

     ”目”が多数ある非常に高価な硯Img_3667
     無数のヘビを透かし彫りした端渓
         本当に滑らかな手触り

Img_3670

Img_3671

Img_3677

           馬上の ”信長”像

Img_3681
             身代わり布袋
  自分の体の悪いところを布袋様の部位を触れば
      治ると言われているそうです 
   小生も心臓肝臓と・・・・
   全身触れてみたが・・・現在何の変化も無くて・・・

      この布袋さんは人見知りするのかな

   (||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ (/ω\)ハズカシーィ

Img_3684

 帰り路米子道を使わず久しぶりに国道9号線を走った

  安来市の中心街に入る手前に最近出来たらしい
      『道の駅 あらエッサ』に寄り道した
     駐車場は車が3台 寂しい雰囲気だ

Img_3713

Photo_3

Img_3712
            古民家 レストラン

Img_3709
     メロンパンの車が店頭に有った
Img_3715 
     表に”メロンパン”の車が止まっていた
   売店も安来イチゴが市場価格で売られていた
  それ以外何も特筆するものがなく 少しがっかりした

   鳥取県の”道の駅”はそれぞれ工夫されている
      島根県も多岐の道の駅は工夫されていて
           駐車場はいつも満車だ

     早く駐車場が一杯に成ったら良いのにな・・・ 

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »