Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 倉吉 スペースサイエンスワールド IN とっとり | トップページ | 玉造温泉ー2 »

2012年3月11日 (日)

玉造温泉 突然 大雪-1

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 今日は 2011年3月11日14時46分に発生した

        「東日本大震災」から1年

    未だにガレキの処理も出来てない現状

     本当に『政治』は何してるんだろう

      阪神大震災の時  小生は大阪から

     陸路で神戸に入れなかったので毎日

   関西空港経由  船(Kキャット)で支援物資を

 大きなリックに入れて背負い神戸まで応援に行ったが 

   当時の”小里担当大臣”が陣頭指揮を執って

    毎日 目で見て分るほどのスピードで

         復旧・復興・が進んだ

    今回は原子力事故が重り進まないのかな?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆   

   この地震は、関東大震災のM7.9を上回る

   日本国内観測史上最大のM9.0を記録。

    1900年以降世界でも5番目の規模

 震度(JMA)は最大級7の激震(これ以上はない)

110311tsunami1Tky201103220114

日本は島国 国土の全ては周囲を海に囲まれている
 太平洋の海も日本海の海も海水は繋がっている

      しばらく「漁をする気にはなりません」
     今後しばらく 漁 以外の書き込みします

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

     去年の3月25日小生のブログには
  年末年始の大雪で沢山の漁船が沈んだこと
 東日本に巨大地震が発生し大津波が襲ったこと

   素人漁師のブログは災害の事ばかり・・・・
      漁のブログは余り書けなかった

     .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:

     今年の小生の職場 美保関西堤防

       釣り人は岡山ナンバーの人が2人いたが
     常連は『地元の名人』『庄原』さんが竿を出さずに
 攣(つ)れない 釣れないのグチを 話しこんでいた

.今年こそ 大漁が続きますようにと”はやぶさ”に願いを
     かけたが叶わず 連日荒天続きの上
   堤防の前に『テトラ』を入れる工事まで始まった

     ( ゚皿゚)キーッ!! o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
Img_1736
Img_1737Img_1738Img_1739

   小生も釣りを諦め帰りに”プラント5”の魚売り場を覗いたが
     ”さば”以外 なんと魚の数も 種類も少ないことか

      アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!  Σ((oÅO艸*)
Img_1743
Img_1742

   早く春が来ないかな 海水温が上がるのはいつかな・・・
   釣り道具は車に乗せたまま 準備は出来ているのに・・

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

      :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

   ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

  雪がちらつく寒い朝  温泉   に行こう 

     松江田和山から 松江道の側道を西に向かい 
   高速道に入らず 左の側道 ”県道 263号” を
     直進して 玉造厚生年金病院を右に見て
       玉造温泉まで新しく出来た道路を 
     1k程行けば『花仙トンネル』の手前に

   玉造温泉姫神の湯おもじろ釜』の看板が・・・・
   方向転換も出来ない狭い駐車場に立ち寄った

     ”足湯”ならぬ”手湯”
かと思ったが
       70℃の熱泉で 手は入れられない

       ”温泉たまご”を作る源泉らしい  

        ”温泉たまご”が出来るまで20分
  石の椅子は有るが その間 何をすれば良いのかな
          車も長くは止められないし・・・

 でも何故ここに温泉が・・ここから玉造温泉まで600m程
    温泉街までパイプでお湯を搬送しているのかな・・・

    この場所が昔『面白村(おもじろむら)』という

    地名から『おもじろ釜』と名付けられたらしいが

『温泉たまご』を作る為にだけで採掘したとも思えないが・・・

Photo

   `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

  『花仙トンネル』の上はメノウの原石が有る花仙山
    トンネル工事で大量の原石が採石されたらしい 

Img_1708

Img_1710

 前回は皆生温泉 今回は各所がリニューアルされている   
    玉造温泉 日帰り入浴 パソコン  で検索した

Photo
 
  沢山あった ゆーゆ 300円・旅館 500円から1500円
          今日はちょっと頑張って 1000円

 朝 5時から22時まで入浴OK  少し小さな旅館に決めた

         o(*^▽^*)o      (* ̄ー ̄*)

旅館に入る時は木に雪が少し被り綺麗な雪化粧だった

Img_3762

     フロントで1000円払いバスタオル・タオルを受け取った
         ロビーには美術品が陳列されている
       
       だが 前回の皆生温泉とは『格』が違うが?
        質素だが温もりのある美術品だった

        。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
Img_3766
      古典的な民芸品や『雛飾り』も有った Img_3767

Img_3768

        大浴場は少し小さめ だが続く露天風呂は豪快に
               滝のようにお湯が流れ落ちていた

    勿論小生一人の貸切温泉  

      良い湯だな  良い湯だな Photo_2 

             1時間程度の入浴の間に降ったのか 
                     雪は少し増えていた

         庭の池には水温が冷たくて錦鯉が
             底に固まり動かなかった

   海の魚も深い所で群れて冬眠してるのかな
Img_37690Img_3786
  火照った体をビール  で冷やそうと食堂を探せば
    温泉宿から 5分も歩けば『若竹寿し』が有った

        モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ
Img_3773    
  店内はさほど広くなく小じんまりした落ち着いた店だった
     11時30分開店と同時に入店したので この店も
         小生の   貸し切り  Img_3783

Img_3784

Img_3782

     先日道の駅の旅で浜田漁港の島根お魚センターの
        レストランで食べた海鮮料理を思い出し 
      寿司を一品ずつ注文するのが煩わしくて
         代りに海鮮丼を注文した 2100円 
      少し高いかな と思ったが”あなご””うに”等
       具は浜田の3倍以上の魚が乗っていた

    ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ  Σ(゚□゚(゚□゚*)

    どんぶり と言えど これは『刺身』どんぶりだった

      特に”あなご” ”うに” は最高だった
    ビールを注文するのも忘れ鉄瓶のお茶を相手に
               刺身を 頂いた

          後日小生の友人に話したら
        知る人ぞ知る『寿司屋の穴場』そうだ

        鹿島町・島根町の漁師も来るそうだ
       松江からタクシーで行く人もいるそうだ
      夜になると予約なしでは座れないそうだ

      だがメニューに”ソーダー”は無かった
( ´,_ゝ`)ハイハイ  m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーンネ

          温泉旅館街の『寿司屋』さん 
         旅館の料理より美味しいのかな

    (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ  `;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

Img_3779
   食事を終えて外に出てみれば景色が変わっていた
 1時間ほどの食事タイムで20㌢以上の雪が積もっていた

       ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )
      
ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉーImg_3788 
     ビール  を飲まなくて 良かった 良かった
今年一番の積雪で松江まで40分慎重運転 で帰宅した

 勿論 新雪の道路は 小生の貸し切りだった

 玉造史跡公園からキツイ下り坂  怖かった

   (0゜・∀・)ワクワクテカテカ _ノフ○ グッタリ

  また 松江チョンガ の小生の部屋のTVも貸切

   夕方までビールを相手にゴルフ観戦 のはずが

          目が覚めたらTVは切れていた

  今頃のTVは眠ったら自動的に電気が切れるらしい

        次回はリニューアルされた温泉街を

         ゆっくり歩いて みたいと思います

   

« 倉吉 スペースサイエンスワールド IN とっとり | トップページ | 玉造温泉ー2 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 倉吉 スペースサイエンスワールド IN とっとり | トップページ | 玉造温泉ー2 »