Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« niwakani 春が来た | トップページ | 中華人民共和国 紹興市ー2 »

2012年4月29日 (日)

中華人民共和国 紹興酒の里-1

   中国に駐在する小生の友人に 陽春の中国を、
     片道5000円で行けると聞いて Σ(゚□゚(゚□゚*)
 四国香川県高松から”LCC”春秋航空で観光旅行をした

      :゙;`(゚∀゚)`;:゙  (*^ー゚)bグッジョブ!!

 何時もは仕事で岡山空港から出発していたが今回は
       山陰道・米子道・中国道・岡山道・
       山陽道・瀬戸中央道・高松道

   7つの高速道路を通過して松江~高松空港まで
           3時間掛けてに到着だ 

             瀬戸中央道 与島 
Photo
      いつ見ても世界一綺麗な橋だ

1
         3時間掛けて高松空港に到着

Photo_2Img_1901
             込み合う駐車場 Img_1900
          1日停めれば 800円 ・・・・
    今回の旅行は10日間 8000円 ???
Img_1896
     空港内には”日本で一番小さな県 香川”
 
     19市町村の特産物が紹介されていたPhoto_3
  その中に”さぬきうどん”のだし汁が出る蛇口が有った
     1日 10L のだし汁が用意されているらしい
       小生は余りの美味しさに3も頂いた
  その後空港内のレストランで”さぬきうどん”を注文
     さすがに だし汁は 飲めなかった 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 

Photo_4
  空港の右端に有る春秋航空の搭乗手続きカウンター
         乗客の8割は中国人だった
     日本人の倍の大声で怒鳴り合う?中国人 Photo_8
           やっと小生の番が来た 
    機内預けの荷物・手荷物を一緒に秤に乗せた。
   15kまで無料 それ以後 1k 増すごとに1100円
        3kオーバー 3300円
        座席指定1000円

     。*((艸д・。`*)゜*。  アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

Photo_5

  岡山空港は駐車場 無料 荷物は 25kまで無料
  座席指定は 
無料 高速道路は瀬戸大橋 2600円 

Photo_6

   出国手続きを済ませると待合室は中国人の大喧騒
            免税店は中国語だらけ 
    間違いなく ここは中国だ  ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ 
      売っているものは炊飯器・爪切り・化粧品
     腰痛バンド・厚さ 0.7㎜の避妊具 (・_・)エッ....?

1_2

Photo_9
  高松空港の建物に後から無理して作った国際便の施設
        全てが窮屈で出国の流れも いびつだ

 搭乗は先ず2000円の座席指定券を買った人(6名)が最初
   次が1000円払った人 次は500円 そして200円 が
   優先的??に搭乗出来た   無料の人は最後だったPhoto_7
           飛行機はエアバスだった

Photo_10
     機内撮影は禁止だったが秘かに撮影できた・・・
      係の人が飛んできた 厳重に注意された
             (フラッシュを焚いてしまって ばれたらしい)
     それを中国人が撮影していて その人も叱られた
  座席上には”テレビ”は無かった 勿論軽食も無かった
   水300円 毛布借り料 300円 等など 全部有料

        客室乗務員は 一人日本人が居たが 
    機内放送は中国語と英語だけだった (つд⊂)エーン

1_4
  安い航空運賃でも 上海浦東空港には定刻に着いたし 
         景色も汚い空気も変わらなかった
 友人が迎えてくれた。 彼は中国の運転免許を持っている
   外国人が中国で免許を取るのは非常に少ないらしい
         空港より高速道路を南下して杭州へ・・
         途中のサービスエリア 平湖(ピンフ)
Photo_11
 杭州大橋は通行止めだった 大回りして杭州から紹興市へ
       浦東空港から360kの車移動だった

         夜の紹興市 市民のダンス広場Photo_12
     魯訊の生家近くのレストラン入口 Photo_13
              レストランロビー
Photo_14
             20年物の紹興酒
         (1200元 日本円 16000円)
20
    料理は日本人にはとても美味しい味付けだった 

Photo_15
1_5
2
     町は水郷と魯訊と紹興酒で成り立っているようだ

Photo_16

               続きは次回に

« niwakani 春が来た | トップページ | 中華人民共和国 紹興市ー2 »

中華人民共和国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« niwakani 春が来た | トップページ | 中華人民共和国 紹興市ー2 »