Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 豪華客船コスタ・ビクトリア号入港 (船) | トップページ | 台風 強風 雨続き »

2012年6月17日 (日)

本日の釣果?・あじさい・大山滝・タイヤキ

 久しぶりに美保関西堤防の”本社?”に出勤した

      :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

だが荷揚げ場には漁網は干していなかった  釣人は
津山から キャンピングカーで来ていた一人だけだった

      ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ   。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。  

Img_2258
 駐車場には一台の車も無かった  (ノ∀`) アチャー   Img_2259_2
 釣人の居ない寂しい堤防だった 。゜゜(´□`。)°゜。 Img_2261_2
  岡山の釣り人は朝6時から9時までの3時間で
  5㎝~15㌢の”あじ”をバケツ一杯釣っていた
話し相手が居ないのか「今日で3日目キャンピングカーで
寝泊まりして”あじ”を釣っている ・・・長話に付き合った

        ( ´,_ゝ`)ハイハイ   (p´□`q)゜o。。 

Img_2260_2
30分程の会話の後境港竹内支店に行った
  第一投 27㌢の”あじ”が来た

Img_2266_2
   二投目37㌢の”このしろ”が来た

Img_2268_2
    三投目には17㌢の”ままかり”が来た

Img_2263_2

      四投目には7㎝の”えのは”が来た Img_2265_2

   そして次に 『眠気』  が来た

         その後3時間 魚は来なかった

    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

     湯梨浜町のあやめ池に行った
  皐月・あやめ・睡蓮・かきつばた が満開だった
 

Img_2218

Img_2204

Img_2213

      ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

    ハワイ温泉”ゆ~たうんの温泉に入った
スタッフはアロハシャツで浴場もハワイムードだった が
     露天風呂も無く普通の公衆浴場だった
       朝11時小生の貸し切りだった  

Img_2232
Img_2231
  小生一人貸切状態で入浴中を 洗剤交換に来た
           女性のスタッフに撮影してもらった
Img_2224
Img_2227
Img_2229
  11時半に風呂を出て”道の駅大栄”に急いだ  

 キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

Img_2235
 駐車場にはシルバーマークのシールを張った車以外に
  2台のバスが止まっていて満車状態だった
 やむを得ず裏の”コナン”資料館に車を止めた
Img_2234
     中に入れば  ゲートボール帰りの元気な
               後期高齢者達で一杯だった

    羽合町は『ゲートボール』発祥の地 らしい

    平日の12時には到着したが、
             すでに”20分待ち”だった
Img_2233
何時もの通り食べ過ぎてハンドルにお腹をこすりながら
    ”腹ごなし”久しぶりに大山滝に行ってみた

  平成18年7月下旬にあった集中豪雨のため、
   土砂崩落が発生し、中国自然歩道の川床
(大山町大山)~一向平(琴浦町野井倉)区間の内、
   大山滝~一向平の間は通行止めとなっていた。

Img_2238
Img_2237

入山届を出して十数年前の記憶をたどり歩きだしたら
通行止め 崖崩れが発生して新ルートに変わっていた
今までののルートは廃道となり南側の尾根を高巻きして、
つり橋へ降りる迂回ルートが設置されていた。

Photo_2
Photo_3
新ルートを行けば途中で斜面に銀色の
            ”幽霊のような花”が咲いていた
 暗い林の奥の、ほとんど陽も届かないはずの場所に
 その植物は二十㌢くらいの、葉を持たない銀白色の
 鱗をつけた茎の先に、やはり銀細工のような
      小さな蘭に似た花をつけていた。
それが何十本となく、まるで”茸”か”つくし”のように
地面から生えているのを見るのは不思議な光景だった。
帰ってから早速PCで調べたら 
 それは『銀龍草』(ギンリョウソウ)と言う名の花だった
日本中に生えてるそうだが、小生は初めて見る冷厳な
            その花に感動した

Img_2241

Img_2240

        銀龍草を後に歩き出したが 途中で
      両脇にロープが張られた狭い急な階段道に出た
真下を見れば吊橋が見えるが余りの急坂に怯えて引き返した

大山滝から山をいくつも越えて船上山(せんじょうさん)
に着いた。鳥取県東伯郡琴浦町にある山である。
大山山系の一つで標高687メートル なだらかな山容が
 船底の形に似ている事からこの名が付いたらしい。

Img_2247 Img_2248
Img_2254
Img_2250
最後に”猛者海老”を買いに御来屋のお魚センターに寄った
殆ど何も無かった 海が荒れて漁に出れないらしい
Img_2255
漁港にも行ってみたが堤防にも釣人一人も居なかった

Img_2256

懐かしい 何ヶ月振りか  林邸を尋ねた

 休業本日休業臨時休業都合で休みます

  
今まで見た どの看板も無く
              窓には新しいカーテンが引かれ
あの一時期有名だった『鯛焼』の店の名残が何も無かった

      御来屋から名所が一つ消えたのかな・・・・ 

           (つд⊂)エーン  

 (つд⊂)エーン  (´・ω・`)ショボーン 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 

Img_2257                  

« 豪華客船コスタ・ビクトリア号入港 (船) | トップページ | 台風 強風 雨続き »

国内旅行記」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 豪華客船コスタ・ビクトリア号入港 (船) | トップページ | 台風 強風 雨続き »