Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 中華人民共和国 南通 | トップページ | 豪華客船コスタ・ビクトリア号入港 (船) »

2012年6月 3日 (日)

砂美術館 鳥取市日本庭園・東郷池あやめ公園

   5月厄日 海崎で痩せた"さごし”が釣れた

    (ノ∀`) アチャー ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

Img_2127
     海蛇も釣れた  ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

完全に長江のお父さんの外道釣りが移った???

Img_2126

 ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

鳥取の砂丘前に砂の美術館が出来た

Photo_2
松江から鳥取まで 昔は3時間係ったが高速道路が
完全には完成していないが 今は2時間で行ける
テレビで見て 天気が良いので行ってみた

Photo

       砂の美術館 HPより

2006年から、砂の彫刻「砂像」を展示してきた「鳥取砂丘 砂の美術館」。

2012年4月14日、砂像を展示する美術館としては世界初となる、屋内展示施設を整備してリニューアルオープンしました。

オープン当初から、日本にいながら世界旅行をした気分に、というコンセプトで作品を制作・展示してきた砂の美術館。1年周期でテーマを変え、第5期となる今年は、夏にロンドンオリンピックが開催されるイギリスがテーマとなります。

鳥取砂丘の入り口にある、風紋の意匠を取り入れた建物に、ウェストミンスター宮殿やウィンザー城といった歴史的建造物、エリザベス1世やシェイクスピア、ニュートンなど、イギリス史上に名を残す偉大な人物を題材とした16作品が展示されています。

砂と水だけで作られた砂像は、いつかは崩れてしまうもの。その儚さと、砂とは思えない躍動感を併せ持った、砂像の魅力を「鳥取砂丘 砂の美術館」でご堪能ください。

Photo_2

Photo

砂像を作るには、『型枠に砂を入れ水を入れ.押さえて』 を 何回も繰り返し 砂を固め上から型枠を剥がし彫刻?していくらしい

2
4

        それにしても細工がすごい・・・

     ゚.+:。(・ω・)b゚.+:。 ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ
9

地元で手に入れた資料には 鳥取県庁の近くに日本庭園が有ると書いてあった。県庁前を越えて5分程度で観音院庭園に着いた

 書院に座ってこの庭を眺めた時、先ず目に入るのは手前の大きな池泉と山畔を利用して大きな傾斜する築山である。
広大すぎて対岸の石組が良く見えないのが難点だが、左側の中島は明らかに亀島として作られており、ここでも蓬莱式のワンパターンかと思ったが、鶴が見当たらなかった。
しかし、ここの解説書には、右手前の出島が鶴島として作られたと書かれてある。
滝石組部分は植栽に隠れて見えず、護岸には小さな石が用いられており、格別抜きん出た石組などは全く見られないのだが、逆扇方の斜面と池泉の優雅さが絵画的であるところに心が落ち着く名庭園だと思う。

Photo_3

3
Photo_4

    次に県庁の裏に興禅寺庭園が有った

鳥取は裏日本へ通じる要衝の地として栄え、城下町らしい雰囲気を今日に伝える魅力的な町である。見るべき古庭園の多い事にも驚いた。
観音院・旧宝隆院・芳心寺・本慈院その他、美しい景観を保っている名園揃いである。
中でもこの興禅寺は、石組好きの小生にとって、感動した庭の一つだ。
手前に細長い池泉、山へ向けた築山に石を組む、という典型的な江戸初期の地割である
蓬莱庭園であり、築山の石組は枯滝で 手前出島の石組が亀石組となっている。

築山のさりげない石組も、なかなかの見どころであった

Photo_5

 玄関を入ると衝立の表裏に京都の高僧の書が有った

Photo_6
1

Photo_7
3_2

  東郷湖羽合臨海公園

日本海と東郷湖を取り巻く周囲12kmの「海と池と緑」の都市公園です。

Photo
あやめ池公園

帰り道 東郷湖羽合臨海公園の「あやめ池公園」へ行ってきた。
鳥取自動車道の泊・東郷ICを降りて東郷池に向かうと右手にあやめ池公園があった。

時期がまだ早くて3分咲き程度だったが6月の梅雨時期には色とりどりの”あやめ”が満開で美しいと思う。
「いずれが”アヤメ”か”カキツバタ”」アヤメ、カキツバタ、ハナショウブの違いが判らない
小生は案内書で確かめた。
見比べると、アヤメは弁元の模様が網目状、白い筋はカキツバタ、黄色の筋はハナショブだそうだ。

Photo_8

Photo_9
2
2_2
3
Photo_2

   東郷湖畔にメダカの池も有ったが探すのに大変だ

Photo_3
東郷湖を一周して”ハワイ温泉”に行った
温泉街を越えて湖畔を走るとゲートボール場が沢山あり

日本のハワイはゲートボールの発祥地だと思いだした
公衆浴場も有った。それを越えると大きな建物に出会った
ハワイ夢広場だった

Photo_4
1

      東郷湖越しに見る燕趙園

Photo_5

    6月中旬にハワイ温泉の公衆浴場”ゆーたうん”と

Photo_6
    もう一度”あやめ池”に行こうと思っています
      
 

 
 

« 中華人民共和国 南通 | トップページ | 豪華客船コスタ・ビクトリア号入港 (船) »

本日の釣果」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中華人民共和国 南通 | トップページ | 豪華客船コスタ・ビクトリア号入港 (船) »