Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

夢みなとタワー

       暑過ぎて釣りに成らない 

目の細かい 大きな網で”豆あじ”を掬っている人が居た 

Photo

    網を沈めその上に”オキアミ”を投げ入れる
 豆あじが網に入ってくる   一度に50匹以上・・・

  簡単な漁だ  と思い 小生もやってみたが
2
3
4

”せいご”が良く釣れる 25㎝~35㎝ アジも20㌢から30㎝
Photo_2

新聞に”せいご”のレシビがのっていた 今が 
Photo_3

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
.       。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

.
   
    境港の竹内団地東堤防(年金波止場)
   夢みなとタワー この前で良く釣りをするがトイレを
     借りる以外余り中には入らなかった ga///

          暑さに負けて夢みなとタワーに涼みに行った

         自動ドアが開けば そこは天国だった

 ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ  Σ(・ω・ノ)ノ!

夢みなとタワー 
1997年夏に開催された、夢みなと博覧会の跡地にリフレッシュオープンした「夢みなと公園」。その、夢みなと公園内にある「夢みなとタワー」は高さ43m。その最上階の展望室は、見渡すかぎり360度大パノラマ。日本海、国立公園大山、島根半島、境水道大橋、境港市街、弓ヶ浜、中海、米子市街、皆生温泉これだけが一望できるんだから上がってみる価値あり!

みなとまち商店街(物産観光センター)

大正・昭和初期の懐かしい港町を再現したレトロな物産観光センター。

港町らしい雰囲気に溢れた、昔なつかしい(大正末期~昭和初期)の商店が連なる・・・。
鳥取県の松葉ガ二をはじめとした海の幸・山の幸の季節の味覚や、昔から伝わる伝統工芸・民芸品、名水に至るまで、あらゆる鳥取県の名産品や特産品が勢揃いしています。
さらに「鬼太郎グッズ」や「懐かしの駄菓子屋さん」などもあり、思わず買ってみたい!食べてみたい!そんな楽しい商店街です。
各販売コーナーは、赤レンガ倉庫、白壁土蔵、洋館風菓子屋、街角の煙草屋等をレトロなアンティーク風にかたどったものとして、それらを一つの商店街のように全体が構成されています。ご来場の皆様が、灯台広場に集い、ふれあいながら買い物を楽しんでいただけるような空間演出がなされています。
二十世紀梨ソフトクリームや名物みなとまちラーメンが食べれる軽食コーナーも好評です。
Photo_4
1
     中では動物地球館が開催されていて
       子供連れの家族が沢山おられた
4_2
2_2 3_2

   300円の入場料を払い初めてタワーに登った
5

  看板の絵から顔を出し写真を撮る家族
 被写体の子供より親は汗をかき真剣だった
       Σ(゚□゚(゚□゚*)  ヾ(*゚A`)ノ

6
最上階の展望台には天使の降りる場所が有った
Img_2420_2  Img_2419
    マリーナーにも釣り人が数人いたが
        釣れている様子は無かったImg_2418

   年金波止場も余りの暑さに右端の小生の
    車を入れても5台しか並んでいなかった

Img_2422

     堤防では小生が居ないのを幸いに
  長江の御夫婦・ジープさんが サボっている
   40メートル上空から携帯電話をしてみた
『釣れてるか』ジープさんは『入れ食いダガ』
  
ジープさんの 『入れ食いダガ』は 
        やはり唯の挨拶用語だった
Img_2421
        エレベータで3階まで下りた
そこは妖怪だらけだった 暫く妖怪で涼を採ってください

Photo_5 1_2 2_3
3_3
4_3
5_2
6_2
7

          目玉おやじの誕生・・・
8

      少しは涼しくなったかな

   最後に 何か ようかい 

           (/ω\)ハズカシーィ 

2012年7月22日 (日)

大型クレーン 火事だ・・・

          暑い   ・・  

  小生の家の玄関は 今 花盛り 

   一年間の手入が実り 1ヶ月程楽しませてくれる

Img_2357
Img_2371

      野菜もキュウリとトマトを植えている

    毎朝キュウリ3本 トマト4個程 収獲できる

        小生は熱い完熟トマトが大好きだ

     ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ  (/ω\)ハズカシーィ

Img_2366

   漁の方は熱くて 熱くて ずぼら釣が多く成った
    ”まめあじ” を釣って背に掛け泳がせておくと

   ”ひらめ” ”せいご” ”真コチ” 等が釣れる
         42㌢ 36㎝ の ヒラメ
      親友の奥さんの誕生日祝い  になった

 ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

Img_2356

    ”中あじ” 20㌢~25㎝ 最近よく釣れる

         (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
Img_2354

     ジープさんの趣味”タバコ貝”の収獲
Img_2370

         長江のお父さん・・・・・・

   外道じゃなく 初めて狙いの”真コチ”を釣った
         いや・・・・・  釣れた

         (v^ー゜)ヤッタネ!!

   小生の”タモ”(網)は いつも 帽子が飛んだ
 道具が落ちた 本来の使用目的以外に使われていたが
          初めて魚を掬ってくれた

         ((・(ェ)・;)) (*^ω^*)ノ彡

Img_2395

         オコゼ?? 水面で泳いでいた
   高級魚だが ヒレに毒を持つので掬うのをやめた
Img_2393_2
    沖合では大きなクレーン船が停泊していた
  角度から大山をバックに巨大貨物船を吊あげようと
         しているように見えた

  ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ  ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
Img_2368

  通常のクレーン船と比べてもその巨大さに驚いた

        モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!
Img_2369

  後日その巨大なクレーン船は竹内団地で作業していた
 一文字堤防の延長に伴い巨大ケーソンを移動させていた

Img_2377

この作業の為”年金波止場”(東堤防)は通行禁止になった
     だが 2・3人が作業を見学しながら釣っていた
Img_2380
Img_2386

この日の作業を終えて岸壁に帰ってきた巨大クレーン船は
  停泊して30分もしないうちに大量の白煙を吐き出した

    船内放送では発電装置からの出火らしい
    翌日作業を中止して タグボートに引かれ
          広島港に帰って行った

             お疲れ様

Img_2390

2012年7月15日 (日)

ツタンカーメン展

 美保関西堤防 内側で鳥取県根雨(ねう)町からの
   釣り人が5㎝~10㌢の”まめあじ”を釣っていた
   その横で”暇を持て余す”八雲さん・ジープさん
     ┐(´д`)┌ヤレヤレ  ( ´,_ゝ`)ハイハイ

Img_2331

      外側では”真鯛””れんこ鯛”が釣れた
    だが 狙い の”大あじ”は釣れなかった

      。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。  o(*^▽^*)o

Img_2337

 ”庄原”さんは先端で”だんだら” (石鯛の子供) を釣あげた

Img_2334
Img_2335

:      ;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

      ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

 今後エジプトから出ないと言われている”ツタンカーメン展

     ”残り6日” 心急かされて

  大阪へ 平日だったので渋滞も無く”築港”に着いた
            (大阪では天保山を築港と呼んでます)

駐車場の上の天保山マーケットプレースは人で溢れていた
正面入り口のドアを開けると”エジプト土産の売場が有った

   その上には”ジンベイザメ”の写真が有った・・・・・

  ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽImg_2350

    到着が昼食前だったので館内を歩いてみた
    一階は駐車場 二階・三階に 49店舗有った

  ”ぼてぢゅう”でお好み焼きを食べた やはり大阪は
   粉物が美味しい 暫くぶりの大阪の味を堪能した

                 

Photo

右隣は大観覧車一周30分大阪市内・大阪港を眺められる

Img_2341

 左隣は”海遊館” じんべいざめ”は今は居ないらしい

Photo_2

     その向こうに昔の”サントリーミュージアム”

      現在の名様は大阪天保山特設ギャラリー
       どちらも『安藤忠雄』さんの設計らしい

Photo_3

        玄関入口に大きな看板
Img_2339

        ツタンカーメン入場券 2500円
Img_2351

              チケット売場
Img_2347

        入場まで30分の案内板
Img_2342

   だが 屋外から屋内までの時間が30分だった
 実際に館内に入場出来たには有に1時間を越えていた

    o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

  (昼食を済ませておいてよかった  お好み焼きで

ビールを飲んだのが・・・・・ (。>0<。) 屋外での行列)
1_2

   屋内の展示物は全て撮影禁止なのだが・・・?

     (∩゚д゚)アーアーきこえなーい

Photo_51
Photo_6

Photo_7

Photo_8

展示館を出れば其処は”土産店”だった

      先ず ”ツタンカーメン 麺”

     ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ 

Photo_9

 日清食品????   日珍食品

   ツタンカーメン いや タンカーメン

    これを食べた20数名変死????

         (゚⊿゚)イラネ

Ramenn 

          ツタンカーメンティッシュ

    (・_・)エッ....?   ┐(´д`)┌ヤレヤレ
Photo_10

        ツタンカーメン塩昆布??

  ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
Photo_11

   ジャンジャン   ツタンカーメン寝袋

          もう 勝手にしなはれ

( ´,_ゝ`)ハイハイ ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ
Photo_12

   そして土産物の代金を支払う為に30分 疲れた

  マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

大阪天保山(築港)HPより

 標高4.53m築山国土地理院発行の地形図に山名と共に掲載されており、山頂には二等三角点がある[1]。大阪市ホームページ内[2]では日本一低い山と記載があり、天保山山岳会では日本一低い山[3][4]としている。

            天保山公園

Photo_14

             天保山山頂

Photo_13

1831年天保2年)から2年間、洪水防止と大坂への大型船の入港をしやすくする目的で「天保の大川浚」とよばれる浚渫工事が行われた[5]。大坂町人の熱の入れようは相当なもので、工事自体がお祭り騒ぎだったと伝えられている。浚えられた土砂を積み上げられてできた築山は十間(約20m)ほどの高さがあり、大坂の町へ遡るため安治川に入ろうとする船にとって目印とする意図があった。そのため当初は「目印山」と名づけられたが、のちに築かれた時の元号から天保山と称されるようになった[5]

海岸べりに高灯籠(灯台)が設けられ、山には松や桜の木が植えられて茶店なども置かれ、大坂でも有数の行楽地となった。当時の舟遊びをする人々の姿は歌川広重などによって浮世絵に描かれている[

2 

山岳会では登山後の希望者に対し登山証明書有料で発行している。山岳会では山岳救助隊[4]も結成されているが、2008年(平成20年)4月現在、救難要請は一度も出ていない[4]

さすが大阪でんな・・ いろいろやりまんなー

天保山の周囲一帯は天保山公園となっている。高い防潮堤が公園を取り囲むように設けられており、公園内には見晴台のある丘など、山頂より高い場所が多数存在する。

  • 日和山 (仙台市) - 元祖日本一低い山とされる。
  • 弁天山 (徳島市) - 日本一低い自然の山。
  • 蘇鉄山 - 一等三角点のある山では日本一低い。
  • 日本一の一覧
  • 大潟富士秋田県南秋田郡大潟村) - 標高0m(海抜0m)で円錐形の築山
  • 富士山 - 日本一高い山。山頂付近に二等三角点がある。
  • 天保山遊園

     
  •         

    2012年7月 8日 (日)

    イルカ

            梅雨の合間の束の間の晴れ 

              境港 潮見 に行ってみた

      ここは東風にも西風にも余り影響しない場所だが
              釣れる魚も限られている

       だが今年5月には入江に大群の『さごし』が入り
              釣人は大漁だったそうだ
        小生は当時中国に遊びに行っていたので
               その恩恵に与れなかった    

         雨上がりの港で”まめあじ”を釣っていたら
          素潜りの漁師さんが声をかけて呉れた

             モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

    Img_2320

      車の後ろには今取ったばかりの獲物が乗っていた

         『岩牡蠣』 『サザエ』 『アワビ』 『赤うに』

         ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ  !!(゚ロ゚屮)屮

    Img_2322 

    Img_2321

     漁師さんは『うに』を上手に道具を使って一つ割ってくれた

    Img_2316
    Img_2317
    Img_2318

    Img_2319_2

        『うに』の””?は 5個入っている?  頂いた

    醤油もワサビも要らない 本当に美味しい 全部頂いた

     美味しい 美味しいを連発すれば

     今度は『アワビ』が出てきた 貝は苦手なので帰って

     頂くと言えば『さざえ』5個 『岩牡蠣』5枚を付けてくれた

      (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ  (v^ー゜)ヤッタネ!!

       大きな『あじ』は釣れなかったが 口先一つで

               沢山の土産が出来た   

    Img_2324

    土産が出来たので”まめあじ”を切り上げ『年金波止場』に

       『大あじ』釣に行った 着いたとたん 土砂降り 

    Img_2325

        雨の中出航する水産調査船”鳥取丸”

    Img_2313

          巡視船『木曽』も出航していった

    Img_2314

     境港"年金波止場" 釣竿の先に黒い背びれが見えた

              2頭の イルカ だった そして3時間ほど

         目の前で 『イルカショー』を見学した 

      無料だった  境港港に居就く『イルカ』らしい

        だが・・・”あじ”は・・・i ru ka 

             (/ω\)ハズカシーィ

                居なくなった

              逃げた・・・

         \(*`∧´)/ o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

    和名:海豚
    分類:哺乳類クジラ目ハクジラ亜目
    (マイルカ科・ネズミイルカ科・カワイルカ科)

    体長:約1.9m~4m   4m以上は『くじら』と呼ぶらしい
    体重:約150~650kg

    餌: あじさんま・ししゃも・などの魚・イカ・タコ

       17回シャッターを切ったが
               写真はこの一枚だけだった

                 ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
    Iruka2   

       

    2012年7月 1日 (日)

    梅雨時の一週間

         梅雨にも関わらず 雨 無し の強風続き

     東風を避けるため 美保関の常連は海崎に出張??

             (ノ∀`)・゚・。    アヒャヒャヒャヒャ 

    Img_2289

          『チヌ』『さごし』『はまち』『大あじ』・・・・・・

               狙いは釣人様々  

               (さごし 58㌢) Img_2296

    Img_2292

        折りたたみ自転車を30分掛けて組み立て

       駐車場より50m を走ってくる太田の大工さん
           (釣れなくて暇を持て余してる?) 

         ┐(´д`)┌ヤレヤレ  ( ´,_ゝ`)ハイハイ

    Img_2291

        長江のお父さんは立ったまま 寝てる   
          お父ちゃんの狙いは・・・???
           
    良い夢見てるんだろうな・・・  

         (・_・)エッ....?  アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!! 

    Img_2293

         釣れた・・・・・・・・ ??

           静かな海崎港に  大音量の叫び声
     
        寝てたはずのお父ちゃんの 寝言 か ??

       何人もの 常連の仲間は驚いて

                『たも』を持って走った

    Img_2297

             大きな『こんぶ』だった

           又しても ”外道” だった  

        いや お父ちゃんの ”狙い” だったのかも

              ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…         

            そして ”はだし” だった  

     それにしても大きいな  ”こんぶ”を見ながら満足げ
    それもそのはず コンブには色々な仕掛けが付いていた

           多分 魚より高価だったようだ  
    Img_2298

         小生も狙いが外れて五目釣りになった
           (21㎝のあじとベラの仲間?)Img_2290
               (28㌢の めばる) Img_2294

    (まめあじを餌に泳がし釣り) 36㎝の ”ひらめ”が来た

    Img_2307_2

         東風も弱くなり境港の竹内団地 

              ”年金波止場” に行ってみた

       65歳以上の元気を持て余してる人の集合場所

         ”年金波止場” 誰が名付けたのか分った 
    Img_2088

      ”ジープ”さんに紹介されて 最近知り合った釣人

    先週の ”かます” を釣っていた76歳の常連さんだった

       2009年12月山陰中央新報の釣の取材で平日の

      釣人が高年齢と聞かれ”とっさに”に出た名前が

      年金波止場 だったと当時の新聞を見せてくれた

    Img_2284

       美保湾を出ていく豪華客船
               何処の国の船か分らなかったが

     「カモメ」と『海上保安庁の巡視船 木曽』が見送ったImg_2301Img_2304Img_2303

           そして 42㌢の”大あじ”が来たImg_2305

      これからは 魚種も多くなり楽しくなりそうだ  

       

    « 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »