Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« イルカ | トップページ | 大型クレーン 火事だ・・・ »

2012年7月15日 (日)

ツタンカーメン展

 美保関西堤防 内側で鳥取県根雨(ねう)町からの
   釣り人が5㎝~10㌢の”まめあじ”を釣っていた
   その横で”暇を持て余す”八雲さん・ジープさん
     ┐(´д`)┌ヤレヤレ  ( ´,_ゝ`)ハイハイ

Img_2331

      外側では”真鯛””れんこ鯛”が釣れた
    だが 狙い の”大あじ”は釣れなかった

      。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。  o(*^▽^*)o

Img_2337

 ”庄原”さんは先端で”だんだら” (石鯛の子供) を釣あげた

Img_2334
Img_2335

:      ;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

      ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

 今後エジプトから出ないと言われている”ツタンカーメン展

     ”残り6日” 心急かされて

  大阪へ 平日だったので渋滞も無く”築港”に着いた
            (大阪では天保山を築港と呼んでます)

駐車場の上の天保山マーケットプレースは人で溢れていた
正面入り口のドアを開けると”エジプト土産の売場が有った

   その上には”ジンベイザメ”の写真が有った・・・・・

  ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽImg_2350

    到着が昼食前だったので館内を歩いてみた
    一階は駐車場 二階・三階に 49店舗有った

  ”ぼてぢゅう”でお好み焼きを食べた やはり大阪は
   粉物が美味しい 暫くぶりの大阪の味を堪能した

                 

Photo

右隣は大観覧車一周30分大阪市内・大阪港を眺められる

Img_2341

 左隣は”海遊館” じんべいざめ”は今は居ないらしい

Photo_2

     その向こうに昔の”サントリーミュージアム”

      現在の名様は大阪天保山特設ギャラリー
       どちらも『安藤忠雄』さんの設計らしい

Photo_3

        玄関入口に大きな看板
Img_2339

        ツタンカーメン入場券 2500円
Img_2351

              チケット売場
Img_2347

        入場まで30分の案内板
Img_2342

   だが 屋外から屋内までの時間が30分だった
 実際に館内に入場出来たには有に1時間を越えていた

    o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

  (昼食を済ませておいてよかった  お好み焼きで

ビールを飲んだのが・・・・・ (。>0<。) 屋外での行列)
1_2

   屋内の展示物は全て撮影禁止なのだが・・・?

     (∩゚д゚)アーアーきこえなーい

Photo_51
Photo_6

Photo_7

Photo_8

展示館を出れば其処は”土産店”だった

      先ず ”ツタンカーメン 麺”

     ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ 

Photo_9

 日清食品????   日珍食品

   ツタンカーメン いや タンカーメン

    これを食べた20数名変死????

         (゚⊿゚)イラネ

Ramenn 

          ツタンカーメンティッシュ

    (・_・)エッ....?   ┐(´д`)┌ヤレヤレ
Photo_10

        ツタンカーメン塩昆布??

  ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
Photo_11

   ジャンジャン   ツタンカーメン寝袋

          もう 勝手にしなはれ

( ´,_ゝ`)ハイハイ ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ
Photo_12

   そして土産物の代金を支払う為に30分 疲れた

  マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

大阪天保山(築港)HPより

 標高4.53m築山国土地理院発行の地形図に山名と共に掲載されており、山頂には二等三角点がある[1]。大阪市ホームページ内[2]では日本一低い山と記載があり、天保山山岳会では日本一低い山[3][4]としている。

            天保山公園

Photo_14

             天保山山頂

Photo_13

1831年天保2年)から2年間、洪水防止と大坂への大型船の入港をしやすくする目的で「天保の大川浚」とよばれる浚渫工事が行われた[5]。大坂町人の熱の入れようは相当なもので、工事自体がお祭り騒ぎだったと伝えられている。浚えられた土砂を積み上げられてできた築山は十間(約20m)ほどの高さがあり、大坂の町へ遡るため安治川に入ろうとする船にとって目印とする意図があった。そのため当初は「目印山」と名づけられたが、のちに築かれた時の元号から天保山と称されるようになった[5]

海岸べりに高灯籠(灯台)が設けられ、山には松や桜の木が植えられて茶店なども置かれ、大坂でも有数の行楽地となった。当時の舟遊びをする人々の姿は歌川広重などによって浮世絵に描かれている[

2 

山岳会では登山後の希望者に対し登山証明書有料で発行している。山岳会では山岳救助隊[4]も結成されているが、2008年(平成20年)4月現在、救難要請は一度も出ていない[4]

さすが大阪でんな・・ いろいろやりまんなー

天保山の周囲一帯は天保山公園となっている。高い防潮堤が公園を取り囲むように設けられており、公園内には見晴台のある丘など、山頂より高い場所が多数存在する。

  • 日和山 (仙台市) - 元祖日本一低い山とされる。
  • 弁天山 (徳島市) - 日本一低い自然の山。
  • 蘇鉄山 - 一等三角点のある山では日本一低い。
  • 日本一の一覧
  • 大潟富士秋田県南秋田郡大潟村) - 標高0m(海抜0m)で円錐形の築山
  • 富士山 - 日本一高い山。山頂付近に二等三角点がある。
  • 天保山遊園

     
  •         

    « イルカ | トップページ | 大型クレーン 火事だ・・・ »

    美の散策」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    « イルカ | トップページ | 大型クレーン 火事だ・・・ »