Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« うんなん湯たんぷラリー4 釣道具 | トップページ | 西堤防 金持神社 ラピスパ 御来屋駅  »

2012年11月26日 (月)

うんなん湯たんぷラリー5 最終回  大山初冠雪・海女(うみガール)

     伯耆富士(ほうき ふじ) 1729m
     中国地方で最高峰 やはり綺麗な山だ
    大山が例年より かなり遅い初冠雪をした
Photo
      最近 めっきり北風が冷たくなった 
   常連もあまりの強風で車の陰で”井戸端会議”
 左から”ジープさん””八雲君””白帽さん””お父さん”
ここでも”おとうさん”は絵に成る ”愛犬”すみれ”を連れて
ホームレス?冬籠りスタイル とても 釣師の格好では無い
Photo_2
     最近 女性一人の釣人が多くなった
     岡山からの常連”まめあじおばさん”Photo_3
 やはり岡山からの海女(うみガール) なかなかの釣師
1
      地元の海女(うみガール)達  (潮見)
Photo_4
     お父さんは 今日も 外道釣りに専念
       ハマチ狙いで”ウミヘビ”ゲット
だがこの着衣は・・?着衣も外道?・・
Photo_5
 つられて 白帽さんも はまち狙いで”サメ”ゲット
1_2
   小生まで悪い病気が移って ”エソ”ゲット
Photo_6
突然お父さんが”素っ頓狂”な声で紅イカが来た と叫んだ
小生は”ギャフ”を持って走った 65㎝程度の紅イカだった

   先日はもう少し大きかった この冬 2杯目
  今年は”あかみず””えのは""紅イカ”が多いようだ
Photo_7
  白帽さんは小刀で上手に捌き常連5人に配給した
Photo_8
   今日の小生の釣果 エソ・紅イカ・さごし・ハマチ
Photo_9

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

    ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜         

うんなん湯たんぷラリー 残すは松江から近場の3湯のみ

(・_・)エッ....? (〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.  

  ゴールは見えてきた 今日は大願成就の日

    先ず 3番札所 おろち湯ったり館

山陰道・松江道で三刀屋IC 少し戻って吊橋を渡り右折
 桜で有名な土手の横を通り 木次健康温泉センター
おろち湯ったり館に到着 前回定休日に来たので2度目
今回はネットで充分下調べをしてきた 大丈夫 だと思う
  正面玄関 本日休業の看板は無い;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

HPより
出雲風土記にも「漆仁の川辺に薬湯あり」と記され、
周辺にはヤマタノオロチにまつわる伝説が数多くある
   名湯出雲湯村温泉。その下流に古代出雲の
      まほろばの地・オロチ伝説にふさわしい、
    木次健康温泉センター「おろち湯ったり館」。3
  玄関を入れば右に沢山の下駄箱が・・・・ w(゚o゚)w
    こんなに沢山の下駄箱は今までなかった
   温泉だけでなくプールも有るので多いようだ
     鍵を掛けその鍵をフロントに持って行き
3_2
   料金(500円 小生は65歳以上400円)を支払い
    更衣室の鍵を頂く 売店の前を通り左奥へ 3_4
   天井には”おろち”がぶら下げてあった 3_3
ロッカーも多かった プール利用も同じロッカーのようだ
   500円で温泉プールも温泉も利用出来るらしい
3_6
   左にプール入口が有り正面に温泉の入口が有った
   右にシャワーが2カ所その前に”かぶり湯”の壺が
     その奥に 水風呂・そしてサウナと続いていた
     左側は ジグゾ風呂 尽き当りは洗い場32
                   そして 檜風呂11
                寝 風呂
    これは気持ち良い 相当”ぬるめ”のお湯で
    深さは50㎝ 足をのばし仰向けに横に成れる 
    枕まで有り5人同時に長時間入浴できる 
    小生が入るとき二人の若者が入っていたが
    1時間後 水風呂を省く五つの湯船に入り
  浴室から出る時も まだおしゃべりして入浴していた

     (・_・)エッ....?  ( ´,_ゝ`)ハイハイ
3_7
      外に出れば 檜 露天風呂3_8
  その横を通り2階に上がれば 展望露天風呂3_9 3_2_2
 水風呂を入れたら6つの湯船 小生は400円払った
   すると えーーと 400 ÷ 6 は 
       1湯船は 67円 安すーーーー

 プールには水着を用意してなくて入れなかったが
          混 浴 だ    
         "ばあちゃん"が いっぱいだ

    値段も 設備も 湯船も 今迄で一番

       極楽   極楽

     結局全部入浴するのに1時間も係った
       完全に湯のぼせ状態で大東へ

    ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

 次に県道24号線で大東 2番札所 海潮 桂荘へ
 島根県海潮温泉農村環境改善センター桂荘
なんとも役人が付けそうな長ったらしい難しい名称

   温泉の案内は何もない 湯たんぷラリーの
 ”のぼり”も立ってない  ここに温泉施設が有るのを
     知っているのは地元の人だけだろう
小生は何度も失敗しているので事前にネットで調べた
     正面に左に入る 登り坂の道が有る
2_8

道路から大きな石碑が見え車を中に入れると建物正面
 には島根県海潮温泉農村環境改善センター桂荘

やはり不安 本当にこの中に温泉が有るんだろうか
 車を止めて 公共施設には 多すぎる  8段も有る
 階段を 恐る恐る登り 建物の玄関へ視察に行った
    玄関のガラスドアに 小さな紙が貼ってあった
    温泉の営業日 営業時間が書かれてあった     2
  入口左 駐車場の一角に 地方の公共施設には
      必ずと言っていいほど石碑が有る
   何故このような巨石の記念碑が必要なのかな
         ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~2_2
   玄関を入れば 左に事務所 正面にロビー
  事務所で料金を払いスタンプ(朱印)をお願いしたら
驚いた顔で 小生の顔を眺め何処から来られたんですか
  12個のスタンプを押したパンフは初めて見ました 
頑張られましたね あきれ顔で もう一度小生の顔を見た
    誉められているのか 呆れられているのか
 
判断が付かなかったが 多分 後者だと思う \(*`∧´)/
      モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

また建物に島根県海潮温泉農村環境改善センター桂荘
 以外温泉の案内も何もない”桂荘”  町内の人以外
   ここに温泉施設が有るとは思いもしないだろう 
   町内以外の人を頑なに拒んでいるように思える
この”うんなん湯たんぷラリー”を制覇しようと思う人も
    事前に調べなければ まず来れないと思う
    ここのスタンプ(朱印)は貴重だ

゚.+:。(・ω・)b゚.+:。  (v^ー゜)ヤッタネ!!

           玄関入った所のロビー
2_3
             休憩室2_4
             脱衣室2_5
     浴室入口に”源泉掛け流しの案内が2_6
 壁の説明には 温泉は上から一つ、浴槽中から2カ所   
     源泉が入れられていると 書いたあった、
     ドアにも 源泉掛け流 の文字が 
  浴室の扉を開けると 広い 湯船も大きい
    浴槽の壁にも ”源泉掛け流し
    ここまで書かないと信じてもらえないのかな・・
       『源泉掛け流し』
  
 の 案内 この内の一枚でも
   建物の外に大きく貼りだしたら

                   ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ
 
湯船が大きすぎて写真には半分ぐらいしか入らなかった
   大浴場のほかは”水風呂””サウナ”が有った
 
露天風呂は無かった 源泉掛け流しなのに

お湯は透明 無臭で 小生の貸切  極楽 極楽21_2
        斐伊川の支流である赤川の上流、
  のどかな山里に湧く海潮温泉は天平5年(733年)に
    著された出雲国風土記でも登場する古湯で
   1300年前から湧出していたが数年前に枯渇し
     新しい泉源を掘り 現在は”桂荘””海潮荘”
   ”ホタルの宿 山水館”の三施設で使われている

HPより
硫酸塩泉は飲用すると胆道疾患(胆汁の分泌促進)、慢性便秘、
肥満症を改善します。
入浴効能は慢性関節リウマチや打ち身
高血圧、脳卒中の予防麻痺の改善を促進、神経痛、筋肉痛、
関節痛、切り傷、慢性皮膚病です。


     硫酸塩泉は長時間体を温めて呉れる 
 ほてった身体で隣の秘境隠れ家温泉”海潮荘”へ
  桂荘から車で1分 まだ体はポカポカしている

           1番札所 海潮荘1
 湯たんぷラリーの 一番札所だが 松江から近いのと
  色々な思い出が有る懐かしい温泉旅館で最後にした
   駐車場に車を入れ 暫く正面から玄関を眺めると
       また懐かしさが込みあげてきた

     玄関先には大量の”ぬれ落ち葉”が有り
     それらは掃除されていなく 皮足が滑った 
  だが玄関 ロビー フロント 6年前と変わっていない

       館内は照明を消し フロントは無人
テーブル上の”ベル”を鳴らした 何度も何度も
     だが 振り回しても 誰も現れなかった

            モムーリ!o(゚Д゚)っ
 
大声で こんにちは声をからして何度も叫んだ

        щ(゚Д゚щ)カモォォォン


携帯電話をかけた 
目の前のフロントの電話が
      大音量で成りだした 5分も待った

        (#゚Д゚)y-~~イライラ

    
白衣の70歳代の料理人が出てきたのは 
        フロントに立って15分後だった
   「温泉に入りたい」と話したら私にはわからないと
       言って料理人は奥に下がって大声で
     ”おかみさん””おかみさん”と呼んでいた
そして”女将さん”が出てきたのは それから5分だった

  (#゚Д゚)y-~~イライラ  ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

  昨日予約電話を入れた者ですが 営業してますか
 小生の声は怒りに満ちていた  (# ゚Д゚) ムッカー
 
 ”女将さん”は平然とアーー昨日の電話の人ですね 
営業してますよ お風呂は左奥 料金は 1000円です
    と言いながら館内の照明のスイッチを入れた
         ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

    小生は前の”女将さん”はお元気ですか と聞いてみた
  6年前に経営者が変わり 前の 女将さんの事は判りません


懐かしく また思い出の有る旅館だと思い最後にしたのに

    最後の 14個目のスタンプをお願いしたが

     面倒くさそうな仕草で
  スタンプ・スタンプと探しながら
  無造作に印を押して突き返した

     最後の御朱印は無残にも枠からはみ出した

   一言でも お誉めの言葉を頂ければ

         ”ワイルド だろう”

 
カッコよく決めたかったが・・・・  (。>0<。)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo

 小生と同じで朝型人間で大手の保険会社の代理店を
    経営されている友人と 良く朝風呂に来た
 
   その当時の経営者は 船釣が趣味で釣果は
     その夜の宿泊客の胃袋に収まっていた
 
     小生も家内の実家の漁師船を出して
     漁の手伝いをしていたので話が有った
     勿論 朝食 入浴料は 無料だった 
        芸は身を助けた?

     ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ  ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

        ロビーは変わっていなかった
1_2
   浴室に向かう廊下 ここも変わっていなかった
1
     廊下を右に曲がり庭を見ながら左に 
衝きあたりに温泉の案内板が これも変わっていなかった
1_3
開放感のある更衣室 ドアも窓も全開されていた 
11月は更衣室も露天??さすが さむ・・寒かった 
               
  ( ´_ゝ`)フーン   ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…1_2
   更衣室の天井にも見覚えが有る電気の配線
      碍子(がいし)は今も使われているのかな1_4
     開け放されたドアより外に出れば大きな石組で
  無色透明な 温泉が 誰も入れずに 
    小生を静かに待って居てくれた


    
ここも貸切 昔のことが色々思い出された
       昔はテレビの ニュースキャスター 
     今は神奈川県の知事に成られた○○さん
 
     日本最初の”ガン保険”大手保険会社の 
    日本法人会長で広島庄原市出身の○○さん

     裸で岩に座り 語り明かした事も有った
     建物も温泉も何も変わっていなかった が 

  経営方針は大きく変わったようだ

 14個のスタンプを集めようと思う人は 海潮温泉の
この2施設は 要注意 事前に定休日の確認を取ること

海潮荘は不定休 お湯の張り替え等でいつ休みか分らない 
    予約をすること 確認する事をお勧めします
ただ 予約電話がつながるのに30分は覚悟してください

      そして海潮荘はフロントが無人の時 
          玄関で携帯電話を掛け
         大声で『こんにちは』を連呼し 
 フロントテーブルに置いてある””を思い切り振りまわし
 大汗をかくと きっと温泉が 疲れを取ってくれるでしょう

     o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

    6年前と何ら変わらない 美しい露天風呂
1_5
         露天風呂は最高   だが・・・・・・・・
    再び来ることは無いと思う  来たくない・・・・
     温泉に入るまでに くたびれてしまう
11

      ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 

       。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 
 海潮温泉から松江に帰る道筋に 大きな鳥居が有る 
  島根出雲神話のひとつとして有名な「八岐大蛇伝説」
  須佐之男命は大蛇を退治した後、稲田姫と結ばれ
            初めて宮作りをしました。
  これが「日本初之宮」とされている須我神社です。
 須佐之男命、稲田姫の夫婦とその御子神が主祭神として
祀られており、夫婦円満、児授かり、出産の守護と除災、
      招福の守護が授かると言われています。

小生は無事 何事も有り 満願成就した事を報告した
  そして”豪華奥出雲和牛セット”の当ることを祈願した

21

2

         満願の御朱印帳
    来客の『おもてなし』が一目瞭然 ?
  海潮荘と桂荘の印は枠からはみ出している

P

          やり遂げた 満足感
   
 後は 小生の誕生日2月に 肉が来ることを 
           ただひたすら待つばかり

     うんなん湯たんぷラリーは
  奥出雲和牛肉が到着して完結する

    スタンプ  2個以上は”特製タオル”  200名
    スタンプ  7個以上は”各温泉施設賞” 28名
    スタンプ 14個全部は”奥出雲和牛肉” 14名

        奥出雲和牛肉 食べたいーーーー

       小生の独断・偏見 の総合評価

Photo_2

              入浴料合計 4000円出せば
 奥出雲和牛セット 買えるんでは ?

         それに ガソリン代 高速道路代 等など

  ふやけた いや違った つかれたーー

     ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

  ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

        だがこの企画は素晴らしかった
   神々の国しまね雲南地域実行委員会様
         心から感謝申し上げたい

       小生は大阪から松江に来て40年
      今回始めて足を運んだ所が多かった
          島根はやはり温泉天国だ
         小生のホームグランド松江の
       『鹿島多久の湯』『玉造ゆ~ゆ』もよろしく

   

« うんなん湯たんぷラリー4 釣道具 | トップページ | 西堤防 金持神社 ラピスパ 御来屋駅  »

釣 こぼれ話」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« うんなん湯たんぷラリー4 釣道具 | トップページ | 西堤防 金持神社 ラピスパ 御来屋駅  »