Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 花の文化園 | トップページ | 菅原道真公ー2 美保関3度目の里帰り?  »

2013年5月26日 (日)

菅原道真公-1 島根松江と大阪藤井寺の縁

Photo

先週ブログで紹介した上記の名画の作者を訂正します
長江のお父さんの作品だと思いましたが
本人からあの名画『魚の日干し絵』は大田君の
作だと
下記の通り"自首"申告が有りました

( ´,_ゝ`)ハイハイ  ┐(´д`)┌ヤレヤレ ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

小生は やはり そうか・・と納得
あれだけの名画をお父さんに書ける訳が無いと

大田君の芸術感性
はやはり ”天才だ 爆発だ!!

お父さんからの”自首メール”
最近は全く釣れない日がほとんどです 
今日もまた雨の中皆でジグを振り回しましたがダメでした
 魚の日干し絵を書いた天災は大田の兄さんです 
彼は天災 私は真の天才ですよ」
(注 上記文章に誤字が有ります 
 
     天才天災転載””てん菜”のどれかの誤りです)

 ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

美保関の釣り仲間から嬉しい便りが来た

美保関の港にアジ軍団が現れました

久々に いつもの仲間+美保関の仙人(?)とアジの鋭い引きを楽しみました
        (( ´_ゝ`)フーン (・_・)エッ....? だれが楽しんだ?)  

釣果62
大半は白ぼうさんが釣り上げました
        (やっぱり (・A・)イクナイ (○゜ε゜○)ノ~~) 

これは彼の実力ではなくてサビキバリ135の威力だと思いますよ
        (負け惜しみ (∩゚д゚)アーアーきこえなーい)

刺し身で食べたら磯付きのアジなので脂がよく乗っていて最高に旨かったです
(やはり食い気か 食糧難の時代が来ても最後まで生き延びる?)

美保湾にやっと爆発の兆しが?たまには元の職場に旨い魚を釣りに来て下さい

(行きた______い 師匠白帽さん小生 1200匹に挑戦した_い
(根気のないジープさんと金持さんとお父さんでは絶対達成できない記録) 

マッチョウマスケン         
(待っていますので)

オイデナハイマセヤ(^-^)v
(いらっしゃいませ)

   ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・

 行きたいな 工事はいつ終わるんかな 口実は ・・・・

① お父さんに海に落ちてもらおうかな・・・・

② 美保関仙人(専任?)に救急車に乗ってもらおうかな・・・

③ 大田君に”名画”の依頼に・・・ こりゃ無理かな・・・

    ○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

   小生の家から歩いて5分 後ろには大阪府・奈良県の県境
   生駒山系が見える所に 大和川と石川の合流点が有る

    大阪の夏の陣 最後の激戦地がこの石川で行われた
Img_3545

    川には大きな鯉が沢山泳いでいるが釣り人は居ない Img_3547

 河川敷では子供の野球場・グランドゴルフ・遊歩道・サイクルロード
     イベント会場等が有り連日河原は賑わっている Img_3549

     真田幸村は夏の陣では5月6日の道明寺の戦いに退却の
殿(しんがり)を務め翌7日の決戦には茶臼山(ちゃうすやま)に陣し
家康の本陣へ突撃して家康を危機に陥れ、ついに戦死した
5月9日大阪城は落城した

             il||li _| ̄|○ il||li  ○|_| ̄ =3 ズコー

    その真田幸村をしのんで毎年5月6日”道明寺合戦まつり”が
                      石川河川敷きで行われているImg_3551

  幸村の縁で長野県の上田市からも甲冑を着た武者が訪れる

                ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノImg_3566

藤井寺市(ふじいでらし)HPより、大阪南河内地域に位置する市。

全国の市の中で5番目に面積が小さい。その上市面積の8%は古墳で占められる  
人口は65912人(平成22年)
大小の古墳が密集する古市古墳群や、西国三十三カ所第5番札所の葛井寺(ふじいでら)の門前町として知られる。
かつてはプロ野球大阪近鉄バファローズの本拠地・藤井寺球場があったことでも知られている。また 道明寺菅原天満宮が有る事も知られている
東西約2.5キロ、南北4キロの範囲内に、古墳総面積世界一の誉田(こんだ)御廟山古墳(伝応神陵)など墳丘長200メートル以上の大型前方後円墳六基を含む、123基(現存87基)の古墳で構成されている。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°

垂仁7年7月7日 大和の当麻邑に力自慢の当麻蹶速(たいまのけはや)という人物がおり、天皇は出雲国宍道から野見宿祢を召し、当麻蹶速と相撲を取らせた。野見宿祢は当麻蹶速を殺して、その結果、天皇は当麻蹶速の土地を野見宿祢に与えた。
現在の『当麻寺』は奈良県に有り拙宅より車で10分程で行けます。関西の”牡丹寺”としても有名なお寺です。
そして、野見宿祢の「野見」は、石材を加工する際に使われている道具である「ノミ」と関連があると言われている
垂仁天皇の皇后、日葉酢媛命が亡くなった時古墳に生きた人を埋める殉死を禁止して 人や馬など、いろんな形をした埴輪を野見宿祢が土部100人を出雲から呼び寄せ作り人柱の代りに埋葬した(出雲地方の遺跡からも類似した埴輪が発掘されている) 
Photo
その功績を称えて「土師」の姓を野見宿祢に与えた。

拙宅より歩いて15分 道明寺天満宮境内に 土師氏の先祖 (相撲の元祖)野見宿禰の遠祖である天穂日命を祀る土師神社がある。
天穂日命…天照大御神より生まれた神様で、「農業・産業の神様」として信仰されている菅原家は天穂日命(あめのほひのみこと)に起源をもち、曾祖父古人公の時代に、学問をもって朝廷に仕える家柄となりました。

古代豪族だった土師氏は技術に長じ、4世紀末から6世紀前期までの約150年間の間に築かれ、古墳時代の中期を代表する古墳群、古墳造営や葬送儀礼に関った氏族である。
奈良、三ツ塚古墳を含めた道明寺一帯は、「土師の里」と呼ばれ、土師氏が本拠地としていた所で、その名がついた。道明寺は土師氏の氏寺である。
現在『土師』の名前は近鉄電鉄南河内線『土師の里』とその前の交差点『土師の里交差点』以外残っていない

                                 土師神社
Img_3555

祭壇には 大国主命・天穂日命・ 野見宿禰が奉られているImg_3557

     敷地には”土師器”を焼いた後も残されているImg_3559

     やがて土師氏は、大江氏菅原氏秋篠 に分れた

              菅原道真の話は次回に続く

« 花の文化園 | トップページ | 菅原道真公ー2 美保関3度目の里帰り?  »

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花の文化園 | トップページ | 菅原道真公ー2 美保関3度目の里帰り?  »