Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 寒い 本社 美保関  | トップページ | あじ が あじ が ヒラメ  が ・・・ »

2013年11月20日 (水)

松江再発見

雨の日曜日 「王娟さん」の不思議な”木”を探しに松江城前 
駐車場に車を止めて周辺を歩いてみました。
1375049_10201086468144868_206699137

http://www.matsue-tourism.or.jp/m_castle/insti_info.html

Insti_info_map_joka

島根県物産観光館の狭い駐車場には何故か島根ナンバー
が多く駐車 \(*`∧´)/
していて 雨の中 多くの
県外車は路上に何台も並んでいた 
ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…  


入口には島根県出身の”竹下登”元総理大臣の孫で島根の広告に
良く登場する内藤 大湖(ないとう だいご)君のポスターが貼られていた

何処で仕立てたのか ズボンの丈長すぎ? 足が短すぎ??
Img_4528

レイクラインバスの乗客は一人・乗務員は若い女性だったので驚いた
Img_4524

小雨の中に浮かぶように見える”千鳥城”は情緒が有って美しかった
Img_4525

堀川を北に向かって 名前が分らない”不思議”な木を探しながら
200mも歩くと松江歴史館が有る。ここは以前日本銀行松江支店の
支店長の公舎が有り小生は2度招かれた事が有る。その当時
40代初めの 若き日銀の支店長の「威厳」に驚かされたものだ

 (・_・)エッ....?  駐車場が無い 何故  (´~`)。゜○
Img_4568

正面入り口を入ると見事に剪定された松に燈籠 右に曲がり入口へ
Img_4527

建物内には無料の区域も有り誰でも入れるらしい が
小生は常設館と松平家の至宝展の拝観券800円を購入した
Img_4529

松江の400年の歴史が分りやすく展示されていたImg_4532

ソフアーに深く座り天井を見れば古い松江の景色が映し出されていた
Img_4536

築城当時の松江城(千鳥城)の見取り図 現在と大きく異なるようだ
Img_4530

Img_4537

日本庭園は無料区域に有る。横の店舗では和菓子を制作されていた
Img_4540

Img_4539

歴史館の拝観券で東に有るホーランエンヤ伝承館も拝観できる
堀川沿いの木々は紅葉が始まっているImg_4543

雨に濡れた歴史館の瓦屋根 着物姿の三人の女性 そして松江城
城下町 松江が全てここに有るようだ
Img_4546

堀川遊覧船も「炬燵」が入ったようだが寒そう~~

Img_4544

Img_4547

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○

Img_4567

ホーランエンヤとは HPより 
http://www.ho-ranenya.jp/about/ho-ranenya/index.html

360年の歴史を有す「松江城山稲荷神社式年神幸祭」の通称で、
宮島の管弦祭や大阪の天満宮の天神祭と並んで、日本の三大船神事
のひとつと言われています。
10年に一度、約100隻の船が豪華絢爛な大船行列を繰り広げます。

祭りの様子

Img_4545

館内のシァターで日本三大船神事 ホーランエンヤの画像が拝観できる
Img_4549

Img_4552

展示物も豪華絢爛 
Img_4560

ご縁の国 しまね

「ご縁」を大切にするコツを四十五箇条
http://shimane-goen.jp/articles.html#.UoquUuWCi00

Img_4565 

結局 目当ての不思議な”気に成る”  は見つけられなかった
だが41年住んだ松江の再発見は 嬉しい一日だった

哀愁の奥出雲  良い歌ですよ 一度聞いてください
http://www.uta-net.com/movie/150968/

。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。☆゜・。。☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:

      猫好きの方必見    

島根県松江市東出雲に住む小生の長女は猫好きが高じて

   ”猫の首輪”や関連商品の販売を始めた

Atelier Mew (アトリエミュー) 本社
Img_4347


構内に有る ミニチュア庭園
Img_4336


      このブログの右袖一番下にリンクが貼ってあります
   

http://nekos.ocnk.net/20130512_5b2691
          
https://ja-jp.facebook.com/NekosbyAte

« 寒い 本社 美保関  | トップページ | あじ が あじ が ヒラメ  が ・・・ »

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒い 本社 美保関  | トップページ | あじ が あじ が ヒラメ  が ・・・ »