Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 美保関 爆釣 | トップページ | 寒い 本社 美保関  »

2013年11月13日 (水)

正倉院展・曽爾高原のススキ

『第65回 正倉院展』

奈良市の奈良国立博物館で開かれている「第65回正倉院展」の入場者が7日、11万人を突破した。小生もその中の一人になった  ((w´ω`w))

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

正倉院  HPより
756年(天平勝宝8歳)、光明皇后は夫である聖武天皇の七七忌に際して、天皇遺愛の品約650点と、約60種の薬物を東大寺の廬舎那仏(大仏に奉献した。その後も光明皇后は3度にわたって自身や聖武天皇ゆかりの品を大仏に奉献し、これらの献納品は正倉院に納められた。献納品の目録である東大寺献物帳もまた正倉院に保管されている。献物帳は五巻からなり、それぞれ国家珍宝帳、種々薬帳、屛風花氈帳、大小王真跡帳、藤原公真跡屛風帳と通称されている。
正倉院には約9000の宝物がおさめられており、奈良時代・天平文化の煌(きら)めきを今に伝えます。約1250年にわたって守られてきた宝物の一部が、毎年秋に開催される正倉院展に出展されます。中国やペルシャなどの文化が色濃く残り“シルクロード”の終着点といわれる正倉院宝庫は、北倉(ほくそう)、中倉(ちゅうそう)、南倉(なんそう)に区分される。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

『正倉院』の校倉作りの宝庫は修理中だそうで、今年は奈良国立博物館で開催されている

読売新聞販売店から無料入場券を頂いたが、PCで調べると何人もの人が個人で行くには大変な待ち時間と駐車費用がいると書いている。”近大マグロ”は事前に調べなくて大失敗したが今度はツアーを利用した。 費用はすべて込みで5000円は安い 11月6日読売旅行堺営業所から4台の大型バスと小生が乗った 定員26名のマイクロバス合計180名の大ツアーになった 今回は「エアーサロンパス」も持参した (・_・)エッ....?
Dscn0251

奈良国立博物館 東大寺大仏殿の道路を挟んで向かいにある。国立博物館の前がバス駐車場で入り口まで100mほどの近さだった  Σ( ̄ロ ̄lll)Dscn0249

Dscn0239

団体入口は正面入り口の前にあり読売新聞が協賛しているため優遇されていた。一般客は約1時間待ちなのに 正面入り口で15分ほど待って入場できた。Dscn0244

一般入場者の列 この建物を左に曲がり廊下のような細いテントが200mほど続く行列
Dscn0245

Dscn0277

館内は完全に撮影禁止 パンフでしか画像がありません

漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん) HPより 

漆金薄絵盤とは、お香を焚くための木製の道具だそうです
仏像の蓮華座(れんげざ)のような形をした木工品。
岩形の基座の上に華麗な蓮弁(れんべん)を葺(ふ)き、盆状に作った蓮肉(れんにく)をのせている。
蓮弁は黒漆(くろうるし)を塗り、外側は金箔を押し、唐花文(からはなもん)や迦陵頻伽(かりょうびんが)、花喰鳥(はなくいどり)、鳳凰、鴛鴦(おしどり)、獅子などを彩絵している。
岩座の裏面に「香印坐」という墨書があり、仏前に供える香具の台座であったことがわかる。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

今回の最高傑作 ケース越しに真近に見るための行列も有り45分待ちと案内されていた バスの時間もあり待つことができなかったが 展示ケースから1m以内で見学できた。1300年近い歳月が経っても目が釘付けになるほど美しい。見学者はケースを一周するのに5分以上の時間を要した
建築家の安藤忠雄氏は『正倉院』の校倉作りの宝庫はそれ自体が宝物だ 温度管理 湿度管理 細菌管理 すべての知識をこの校倉作りに生かして居る と絶賛している
Dscn0280

Dscn0279

Dscn0283

入場者の行列を整理するため白いテントが張られていた
手前では”鹿”がせんべいを待っていた。行列もしないで・・Dscn0246

一頭離れた所でさびしげな鹿 しかし せんべいを見つけると突進してきた。たなく全部上げてしまった と言うより取られてしまった (@Д@;
Dscn0241

バンビ-にあげる せんべいは 残っていなかった  (;д;)
Dscn0247

昼食は三重県の伊賀上野『伊賀流忍者の里』に有るドライブインだったDscn0254

玄関には島根県出雲市出雲大社町婦人会御一行も食事に立ち寄っていた。顔見知りの人がおり聞いてみれば出雲を5時出発でやはり正倉院展に来たらしい 日帰りで・・・   ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
Dscn0250

Dscn0256

昼食は松茸御膳 松茸ご飯は食べ放題 すき焼肉は美味しい伊賀牛だった 小生は普段は一膳が精いっぱいなのに 食べ放題 の言葉に負けて・・・居候でもないのに三膳も頂いた  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ 
Dscn0252

Dscn0253

デザートは こりゃなんじゃ~ 忍 者 饅頭? 頭からかぶりついた  これ おいしかった  ゚.+:。(・ω・)b゚.+:。
Dscn0258

その後2時間ほどのドライブで”すすき”で有名な「そに高原」へ・・・・

時間が有れば すすき の音楽を聞いてください 何故か落ち着きます

船頭小唄 森繁久彌   
http://www.youtube.com/watch?v=9EhoJuFrTto

昭和枯れすすき さくらと一郎
http://www.youtube.com/watch?v=y0r3Chud5Fc

曽爾高原   奈良県と三重県の県境に位置した国立公園です

21

標高は約900mで倶留尊山(くろそやま)と亀山の山肌が高原になっています。曽爾高原の秋は一面見渡す限りのススキが群生しており風によってこの銀色の穂が揺れる様子はそれは見事で、多くの観光客がここを訪れます と書いてあったが 鳥取県大山の雄大な「すすき」とは比較にならなかった だが沢山の人が訪れていた

3

Dscn0264

Dscn0269

針(はり)道の駅には奈良県のゆるきゃら「せんと」君が迎えてくれるDscn0274

握手は右手なのに目線は  左 の 様 歓迎のポーズではなさそう   早く帰れの意味かな・・・   (´~`)。゜○ \(*`∧´)/ Dscn0276

芸術の秋 食欲の秋 すばらしい一日でした ゚.+:。(・ω・)b゚.+:。 

やはり地道は疲れない エアーサロンパスの出番はなかった (*^-^) 

左 様 奈 良   (TωT)ノ~~~ バイバイ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:

         猫好きの方必見 

島根県松江市東出雲に住む小生の長女は猫好きが高じて

   ”猫の首輪”や関連商品の販売を始めた

Atelier Mew (アトリエミュー) 本社
Img_4347


構内に有る ミニチュア庭園
Img_4336


      このブログの右袖一番下にリンクが貼ってあります
   

http://nekos.ocnk.net/20130512_5b2691
          
https://ja-jp.facebook.com/NekosbyAtelierMew

« 美保関 爆釣 | トップページ | 寒い 本社 美保関  »

美の散策」カテゴリの記事

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美保関 爆釣 | トップページ | 寒い 本社 美保関  »