Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 河内長野 観心寺 国華園 香西かおる ラジオ公開放送 | トップページ | 本社も支社も 魚は閑古鳥 »

2013年11月28日 (木)

大和路 吉田寺(きちでんじ)

安本さんに紹介され斑鳩の通称ぽっくり往生の寺を尋ねた

    清水山 吉田寺(きちでんじ)Img_4723

吉田寺(きちでんじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある浄土宗の寺院である。俗に「ぽっくり寺」の名で親しまれ、年配の参拝者が多い。本尊の阿弥陀如来像と、境内にある承応元年(1652年)建立の多宝塔が重要文化財に指定されている。
駐車場より参道を入ると 小さな水路に架かる極楽橋 が有る
Img_4726

清水山(しみずさん)の入口
Img_4727

入って右に曲がり暫く歩くと左に本堂が有った 
庭は銀杏の黄色い葉が埋め尽くされていた
Img_4729

ぽっくり寺のいわれは、恵心僧都が、母の臨終に際し、祈願をした衣服を着せかけるとなんの苦しみもなく往生をしたといわれることからである。

堂に入ると、はるか先の正面に、本尊の丈六(約5m)の木造阿弥陀如来像(重要文化財)が金色に輝いていた。本尊の阿弥陀坐像(像高515cm)は丈六の金色、木造で奈良県下最大。定印を結び、千体仏の光背を持っており、その大きさから「大和のおおぼとけ」の別名を持つ重要文化財である。

お寺の方から説明を受けて分かったが、像は防災設備を備えた収蔵庫に納められ、日中だけ分厚い扉が開かれて拝めるようになっている。本堂と一体になっているので、説明がなければそれと分からなかった。

本尊前には小さな木魚が100個以上置かれていた。
四季の行事には多くの信者が集まり、念仏を唱えながらこれを叩くらしい。
小生が行った時 本堂では 4名の女性がおられ 2人の住職がお経をあげられ 祈祷を受けておられた。駐車場には千葉ナンバー・愛媛ナンバーの車が有ったKito1

多宝塔(重要文化財)-墨書銘によると寛正4年(1463年)の建立された。小ぶりながら均整のとれた美しい塔で、内部には秘仏の大日如来像が安置されている。

Img_4730

Kichidenji91

小じんまりした鐘楼の下には色々な瓦が置いてあった
Img_4735

小生も本気でお参りする時が来るかも・・・

先ず今はメタボ退治に・・・ ( ´,_ゝ`)ハイハイ

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ 

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:

      猫好きの方必見    

島根県松江市東出雲に住む小生の長女は猫好きが高じて

   ”猫の首輪”や関連商品の販売を始めた

Atelier Mew (アトリエミュー) 本社
Img_4347


構内に有る ミニチュア庭園
Img_4338

    このブログの右袖一番下にリンクが貼ってあります     

http://nekos.ocnk.net/20130512_5b2691
          
https://ja-jp.facebook.com/

« 河内長野 観心寺 国華園 香西かおる ラジオ公開放送 | トップページ | 本社も支社も 魚は閑古鳥 »

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 河内長野 観心寺 国華園 香西かおる ラジオ公開放送 | トップページ | 本社も支社も 魚は閑古鳥 »