Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 泉佐野・二色の浜・猫 ・本社追伸 | トップページ | 美保関本社 爆釣 »

2013年12月19日 (木)

秋の大和路 法隆寺

日本は世界一古い国家です

神武天皇(在位:前660年~前585年)は日向(宮崎)地方から、瀬戸内海を東に進んで難波(大阪)に上陸しましたが、生駒の豪族に阻まれたため、南下して和歌山の熊野に回りました。そこで出会った3本足の「八咫烏」(やたがらす)というカラスに導かれて、吉野の険しい山を越えて大和に入り、周辺の勢力も従えて、大和地方を平定しました。そして、紀元前660年の2月11日に橿原宮で即位し、初代の天皇になりました

皇紀二六七三年 平成二十五年 西暦二〇一三年

連綿と 2673年 もの間 一血統が君主として続く国家は日本だけである

現 平成天皇は125代今上天皇です

アジアでの君主国家は 13か国 ヨーロッパ 12か国 アフリカ 3か国 オセアニア 2か国 計 30か国

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо

小生宅より10分 奈良県境に「太子町」が有る。
聖徳太子は「用明天皇(585年~587年)の第二皇子」で天皇には
就いていないが色々な点で天皇と同格に扱われている

生駒・金剛山地の西麓にある。日本最古の国道といわれる竹内街道が通っている竹内街道歴史資料館に詳しい資料が公開されている また天皇陵も 敏達天陵 皇用明天皇推古天皇陵 孝徳天皇陵 聖徳太子

  • 5つの古墳は、梅の花びらになぞらえて「梅鉢御陵」と総称されている。また、天皇陵の数は羽曳野市と並んで大阪府内で最も多い。 
  • それら以外にも 二子塚古墳 科長神社 - 小野妹子の墓所。西方院 - 新西国三十三箇所観音霊場第8番 
    叡福寺 - 通称「上之太子」。
  • Photo

    1

    聖徳太子の墓所3

    新西国三十三箇所観音霊場客番  仏陀寺 - 浄土真宗本願寺派の寺院境内には、蘇我倉山田石川麻呂の墓と伝えられる仏陀寺古墳がある
  • 町全体が「聖徳太子」所縁の地です

      
  • 聖徳太子建立七大寺は
    四天王寺法隆寺中宮寺(中宮尼寺)、橘寺、蜂岡寺(広隆寺)、池後寺(法起寺)、葛木寺(葛城尼寺)は『上宮聖徳法王帝説』や、『法隆寺伽藍縁起并流記資材帳』によって聖徳太子が創建した七大寺と称されている。
  • 河内三太子
    聖徳太子ゆかりの寺院とされる叡福寺野中寺大聖勝軍寺はそれぞれ上之太子(かみのたいし)、中之太子(なかのたいし)、下之太子(しものたいし)と呼ばれ、「河内三太子」と総称されている

    1_2
    2

    。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚


    秋の大和路 最終回

     
    大阪の太子町 隣の奈良県當麻町・王寺町・

    三郷町 斑鳩町 聖徳太子の故郷 

    最後は やはり世界遺産の 法隆寺

    国道25号線を走ると”斑鳩” 猫坂交差点を 吉田寺を越えると
    法隆寺前の道路標識が有った 左に入り駐車場を探した。 

    Img_4649

    門前まで行き Uターンして最初の駐車場に車を入れた。駐車場の
    料金徴収する人が徒歩で駐車場所を案内してくれた。車を降りて
    料金を支払おうと近寄れば その人は笑顔で車を見て島根から
    来られたのですか 島根ナンバーのバスは入るが乗用車は珍しい
    気さくに話しかけてこられた。(o^-^o)

    そして駐車場に隣接する売店に案内されお茶を出していただいた。
    私は松江の本庄の出身です36年前に新婚旅行で来て法隆寺に
    魅せられ新妻と相談して新居をここにした」

    小生は大阪藤井寺市から来たと言えず「本庄は武蔵坊弁慶の生誕地
    ですね 枕木山から見る大山は一番きれいですね」 等 話を合わした
    その人は私の知人に法隆寺の案内を頼んであげよう と言いながら
    携帯電話を掛けた 10分もすると60年配の女性が現れた。和服姿だった

    歴史が相当詳しく「”聖徳太子”の誕生日は1月1日生まれた場所は”厩”
    まるでキリストとお釈迦様の話が・・・・・どうやら後年作られた話らしい」
    と案内が始まった この建物は 何時の建立 とか 小生は うん うん
    と返事はしても 脳には留まらず 即 右から左に抜けていったImg_4650

    法隆寺正門 これからは写真で・・・・                  Img_4652

    Img_4653

    Img_4655

    Img_4658

    Img_4667

    Img_4669

    Img_4670

    境内に僧侶・教育委員・警察官・マスコミ の人など沢山の人が
    集まっている場所が有った 案内の人と”やじうま”で見に行った 

    この土壁は昭和の大修復するのにm当り100万円も掛かったらしい。
    厚さ1mも有り土は周辺の土ではないらしい 中には古い瓦や川石が
    整然と積み上げられ特殊な土で固めているらしい
    小生が訪れたその日 この壁にベルトのバックル か 堅いもので
    落書きされ深さ1㎝以上の傷が付けられたのが見つけられた

     
    観光客がわざわざ来る所ではなく 警備員の推測では高校の
    修学旅行生がトイレを探してここに来て遊び半分の犯行ではと話していた

    写真左側の壁 影で落書きはデジカメには写らなかった
    Img_4671

    夢殿に向かう道 紅葉が美しい
    Img_4672

    夢殿入口門
    Img_4675

    中宮寺境内には大きな実が沢山成った木が有ったが名前が分らない
    Img_4676

    中宮寺
    Img_4677

    見学を終えて案内の人に昼食を進めると 朝お茶を頂いた店の
    反対側の食堂に案内された 朝のお店も食事が出来ると言うと
    案内人は朝の料金徴収人が私の主人ですので入りにくい」と
    声を上げて笑われた 御夫婦だった 知人 と言われてたのに

    自分は奥出雲出身で歴史が好きで同じ島根大学の同好会で知り合った
    ご主人と結婚していやがる主人を説得してここに新居を構えた

    それ以来法隆寺の案内をしている だが島根県から来られた人は
    初めてで ほとんどは英語の案内で外人相手だそうだ 
    Img_4680

    柿の葉寿司定食 柿の葉寿司が美味しかった
    Img_4679

    お土産に柿を買って おを払うとき お寺のが成った
         柿食えば 鐘 が成るなり 法隆寺
    Photo_2

    結局 駐車料金も案内料も取っていただけなかった。
    島根ナンバー ばんざ~い
    今度釣りで島根県松江市美保関本社に行ったとき「蟹」を送ろうと
    住所を聞いたが教えていただけなかった 
    駐車場のあるお店の住所を控えて法隆寺を後にした

    小生も名前を名乗らなかったのを帰宅してから思い出した

    ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:

          猫好きの方必見    

    島根県松江市東出雲に住む小生の長女は猫好きが高じて

       ”猫の首輪”や関連商品の販売を始めた

    Atelier Mew (アトリエミュー) 本社
    Img_4347


    構内に有る ミニチュア庭園
    Img_4338

        このブログの右袖一番下にリンクが貼ってあります     

    http://nekos.ocnk.net/20130512_5b2691
              
    https://ja-jp.facebook.com/

    « 泉佐野・二色の浜・猫 ・本社追伸 | トップページ | 美保関本社 爆釣 »

    歴史探訪」カテゴリの記事

    国内旅行記」カテゴリの記事

    神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    « 泉佐野・二色の浜・猫 ・本社追伸 | トップページ | 美保関本社 爆釣 »