Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 美保関本社営業再開 大阪泉佐野漁港 | トップページ | ”LOVE‐loveハゲ”船長は鼻で笑った。小生は「褒め称えた」 »

2014年9月 4日 (木)

葛井寺 古墳・御陵巡り

   今朝の花 ケイトウけいとう(鶏頭)

花言葉
 「おしゃれ」「個性」「色あせぬ恋」「情愛」
Main_00000000138


    ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

      蟹の季節がやって来た


9月1日からの解禁に向け、カニカゴの出漁式。
初水揚げは9月6日頃の予定だそうです。
          写真は第八十八眞盛丸。

Photo_2


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

2017年の世界遺産登録を目指しているという

「百舌鳥(もず)・古市古墳群」。HPより

百舌鳥・古市古墳群は、堺市の百舌鳥と羽曳野市及び藤井寺市の古市というふたつの地域的なまとまりに分かれながら、内容的には両地域を包括する一体性をもっています。本古墳群は、4世紀後半から6世紀前半にかけて形成され、もとは200基を超える古墳が築造され、その後墳丘が失われたものもあるが、現在でも89基の古墳が残っています。群中最大の古墳は墳丘長486mの仁徳天皇陵古墳。墳丘長425mの応神天皇陵古墳、墳丘長365mの履中天皇墳丘長290mのニサンザイ古墳、墳丘長290mの仲姫皇后陵古、墳丘長242mの仲哀天皇陵古墳がこれに続きます。墳丘長200m以上の古墳は11基あり、こうした巨大な古墳の多くは、複数の周濠を有し、周囲には特に陪塚と呼びならわされてきた中小の古墳を伴っています。

     :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

百舌鳥古墳群は仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)、

古市古墳群は応神天皇陵古墳、日本を代表する巨大古墳群だ。

藤井寺市役所発行の古跡巡りのパンフレットを頼りに

今日は小生の家に近い①から⑮までの古市古墳群を訪ねた

近鉄南大阪線で阿倍野方面へ一駅 藤井寺駅をスタート


Tizufuruiti3a

古墳は最初奈良盆地(明日香地方)に造られていたが5世紀

ころから藤井寺市と羽曳野市に、またがる河内の地に造られる

ようになった。この古市古墳群だけで、123基の古墳が点在する。


なかでも全国第2位の大きさを持つ応神天皇陵をはじめとする

巨大前方後円墳が6基もあり、そのうち5基を巡る今日の散歩は

何時間かかるか ちょっと心配 ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

リックにはエアーサロンパスも大きめを用意した 
(*゚ー゚*)

先ず近鉄藤井寺駅から商店街を抜けて南に徒歩5分で

西国33か所観音霊場第5番札所「葛井寺」へ

1 葛井寺 (ふじいでら)
飛鳥時代の渡来人・王仁一族の辰孫王が葛井連と改姓して

創建したのが始まり。聖武天皇ゆかりの十一面観音が

祀られている 6月には境内に藤の花が咲き誇る
Photo_4

葛井寺を出て少し西に歩くと鳥居が見えた

2 辛国神社 (からくにじんじゃ)
日本書紀に雄略天皇の頃・物部氏の創建とありますので、

西暦500年頃からの歴史のある神社で辛国=唐国・韓国という

事で渡来系の氏族との関わりの深い神社と思われます。
Photo_5

辛国神社から南に不思議な形をした建物がそびえている

3 アイセル シュラホール
古墳を造る時、巨石を乗せて運んだと言われる『修羅』の形を

した藤井寺市の生涯学習センター。中は古墳の模型や、

出土した埴輪の展示、遣唐使関連の資料館になっていた
Photo_6

4 仲哀天皇陵
全長235メートル、全国第17位の岡ミサンザイ古墳は、

仲哀天皇の陵だと言われています。
Photo_7

5 野中寺(やちょうじ)
八尾の勝軍寺「下の太子」と太子町の叡福寺「上の太子」と

並んで「中の太子」と呼ばれる聖徳太子ゆかりのお寺です。
Photo_8

6 日本武尊  白鳥陵 (やまとたけるのみこと)
ヤマトタケルノミコトの陵とされる全長190メートルの前の山古墳

からは、1500年前の物と推定される埴輪が出土しています。

戦いにあけくれ、遠征先で息を引き取ったミコトが、白鳥の姿に

なって古市に飛来したという「記紀」に記された伝説は、

羽曳野という地名の由来にもなっています。

日本武尊白鳥陵のほとりの道は、推古天皇の時代に整備された

わが国
最古の国道・竹内街道の一部で奈良と大阪、

当時の2大都市を結ぶ大動脈だった道。

Photo_9

7 白鳥神社 (しらとりじんじゃ)
古市駅のすぐ裏手にある白鳥神社は日本武尊(
ヤマトタケルノミコト

と素戔鳴命(スサノオノミコト)を祭る神社で白鳥陵のあたりから

江戸時代に移設したらしい。
Photo_10

8 誉田白鳥 埴輪制作遺跡 土師器
高さが6~7メートル幅1.5メートルのゆるやかに傾斜した登窯が

9基発見された。菅原道真の祖 土師氏が器を作り出した

「土師一族」の郷で現在は、復元模型が設置され 国道170号線を

挟んだ向かい側には、埴輪政策に携わった職人たちの住居跡も

発見され、多くの埴輪も出土した。
1

9 墓山古墳
古市古墳群の中心に位置する全長225メートル、全国で22位の

大きさの大型古墳です。上空からの写真の中央が墓山古墳、

右下が向墓山古墳です。墓山古墳には、向墓山古墳↓など

附属する4基の陪塚が周辺にあり、そのうち、野中西墓山古墳

には、甲や鎧、刀剣などの多数の鉄製品があり古墳の主の

権力の大きさがうかがる
Photo_11

10

10 応神天皇陵 (誉田御廟山古墳)
堺の仁徳天皇陵に次ぐ全国第2位長さ417メートルの応神天皇陵

とされる誉田御廟山古墳。表面積なら仁徳陵を上回る第1位です。

とにかく大きすぎて山にしか見えません。日本書紀の没年と

古墳の築造年とはズレがあるものの、中国にまでその名を轟かせた

大王にふさわしい大きな御陵…大坂夏の陣・道明寺誉田の戦い

は、このあたりが主戦場となりました。

応神天皇陵 拝殿

Photo

11 三ツ塚古墳 
助太山古墳、中山塚古墳(左)、八島塚古墳(右)…同じ周壕で

囲まれた3つの方墳を三ツ塚古墳と呼びます。

昭和53年に中山塚と八島塚の間から巨石の運搬用に使用したと

思われる『修羅』が出土し、歴史教科書に変化をもたらしました
11

12 古室山古墳
応神天皇陵と仲津媛陵の間に位置する地形を利用した

古市古墳群の中で、初期の時代の前方後円墳です。

古墳に登って振り返ると、今、歩いて来た場所が眼下に広がり、

遠くには葛城山…と、ちょっと爽やかな気分になった。
12

13 仲津媛陵 
全長291メートル、全国で第9位の大型古墳です。

仲津媛は、応神天皇の皇后  
  13

14 道明寺
墳造営に携わった土師(はじ)氏の氏寺・土師寺として建立され

江戸時代までは四天王寺式の伽藍配置をしていたが土師の

子孫の菅原道真ゆかりのお寺という事で道真公の別名・

道明から道明寺と呼ばれるようになった。

十一面観音菩薩は国宝に指定されている 

道明寺や応神天皇陵はあの大坂夏の陣で真田幸村と

伊達政宗の決戦の舞台となった場所でもあります。
14

15 道明寺天満宮 
道明寺と同じく土師氏の氏神として成立。菅原道真の遺品の

宝物が伝えられています。境内には、三ツ塚古墳で出土した

『修羅』の復元品や梅林があり、梅の名所としても知られている

15

5時間半かけてエアーサロンパスの力も借りずに古跡を

巡ったが帰り道 最後に小生の自宅より徒歩5分の所にある


第19代・允恭天皇陵に足を延ばした
Photo
 

允恭天皇は仁徳天皇と磐之媛命<(いわのひめのみこと)の

間に生まれた第4子である。同母兄に第17代・履中天皇>、

第18代・反正天皇がいる兄の反正天皇が治世5年で崩御した。

2年間、大王位は空位が続いたが、妃の忍坂大中姫

(おしさかのおおなかつのひめ)の強い要請を受け即位した。

西暦412年のこととされている

墳丘長は227メートルで全国20位。前方部の高さ23.3メートル、

後円部の高さ22.3メートル。
4fb90b2e17f01169a33670087f04c612


出土した埴輪などから、築造年代は5世紀後半とされる。近くに

国府八幡神社、唐櫃山古墳、長持山古墳 衣縫塚古墳がある。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

仁徳陵古墳 HPより

仁徳天皇陵は日本最大の古墳で、エジプトのピラミッド、中国の

秦始皇陵とともに世界三大墳墓の一つに数えられています。

「墳丘の全長は486m、濠(ほり)を入れると約840m。全長では

クフ王のピラミッド(230m)、秦の始皇帝陵(約350m)を超え、

世界最大です。また、百舌鳥古墳群・古市古墳群ともに世界的な

評価を受けているのは、前方後円墳という日本にしかない

独特なデザインの巨大な古墳が一か所に集中していて、

それが1500年以上もそのままの姿で残されてきたという点です。

また、市街地にこれだけの巨大な遺跡が残っているというのも

世界的には珍しいようです」

Photo_2

仁徳天皇像
Photo_3

仁徳天皇陵                     Photo

      大仙御陵(仁徳天皇陵) 拝礼所Photo_2

神話の国島根県の出雲と違い神話は少ないが現実的な政治

にまつわる「天照大御神」始め天皇家の遺跡が集中していて

世界遺産登録の準備を始めている 近くに住まいながらも

いつでも行ける??? なかなかいけないものだが今回は

暑い中車の排ガスに悩まされながら 市中を歩き見聞を広めた

だが 疲れた やはり 海や山の自然の中のほうがいい

疲れた体をほぐすため白鳥が舞い降りたという温泉

延羽の湯」に行って
極楽極楽    
 http://www.nobuta123.co.jp/nobehahabikino/

Eyecatch
Floor_map

明日はゴルフだった事を忘れてた 歩けるかな 少し心配

朝一同伴者に話そう  成績の悪かった時の言い訳になるかな


 .。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо

                       

                   猫好きの方必見

アトリエミュー 通信

9月の新作カラーできました    (*´ェ`*)
ちょっと落ち着いた感じのリバティ・リボン  ♪
鳥かごチャームも付いて上品に仕上がりました

http://nekos.ocnk.net/product/205
10606395_845259898825423_6963906696
☆NEW ARRIVAL☆

小さなハート型の葉っぱ模様のリバティ生地に
おリボンと鳥かごチャームをつけた
ちょっと落ち着いた感じのカラーが完成しました 
 
お色目も初秋に似合う少しグレイッシュな感じです (*´ェ`*)

リバティ・リボン Price:¥1680(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/205
10626669_269071076623554_9946972599

島根県松江市東出雲の アトリエミュー本社
Img_4347

 このブログの左袖 一番下にリンクが貼ってあります
 

http://nekos.ocnk.net/20130512_5b2691         

« 美保関本社営業再開 大阪泉佐野漁港 | トップページ | ”LOVE‐loveハゲ”船長は鼻で笑った。小生は「褒め称えた」 »

歴史探訪」カテゴリの記事

藤井寺」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美保関本社営業再開 大阪泉佐野漁港 | トップページ | ”LOVE‐loveハゲ”船長は鼻で笑った。小生は「褒め称えた」 »