Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 爆釣ー2 | トップページ | 大阪泉佐野支店 他 »

2014年11月 6日 (木)

奈良大和郡山 城下町・金魚の町

今日の花         白いカーネーション

花言葉
 「清らかな愛 」「純粋な愛」「私の愛は生きています」
16

地中海沿岸が原産の多年草です。学名は「ゼウスの花」

バラとともにダイヤモンドと比べられるほど美しいとされています


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○

奈良県の大和郡山市 


JRで35分 豊臣時代の100万石の城下町を始めて訪ねた

大和路線で奈良市手前の郡山 金魚の町では有名だ


大和郡山市(やまとこおりやまし)は、奈良県北部に位置する市。

1954年1月1日に生駒郡郡山町が市制施行した際市名については

福島県の郡山市と区別するために「大和郡山市」と定められた。

近代的なJR郡山駅

Photo_9

市の中心部は「JR郡山駅」から徒歩25分の「近鉄郡山駅」に

挟まれている狭い城下町区域で、
郡山城の近くには商業施設や

市役所が有るがそれ以外の地域は道が迷路のように

入り組んでいる ほとんどの道は城下町独特の細い道で

一方通行になっている

PCで城下町マップを印刷してそれを頼りに歩いてみた

Photo_15


駅から左に行き細い道を入れば「外堀緑地」(グリーンの部分)

に出た 整備された緑地は右側に小川が作られている


郡山城跡の外堀の一部を公園化したもの
Photo_10


金魚の名産地、奈良県の大和郡山市では道ばたの側溝まで

金魚が泳いでいる。小川にも沢山の金魚が群がっている

Photo_11

外堀緑地南には立派な門が有った 柳大門を再現した南門が

目印の外堀緑地は最盛期には、内、中、外と三重の堀に

囲まれていた郡山城の外堀部分を公園として整備した物

Photo_16

南門を出て右折して最初の信号を左折すれば
源九郎稲荷神社

(げんくろういなりじんじゃ)の案内看板が有った 古くは日本三大

稲荷のひとつ。源義経が吉野に落ちのびた時、白狐が側室静を

送り届けた話は有名。「白狐渡御」の行事がある。源義経が兄

頼朝との戦に際し、義経は幾度もこの稲荷に助けられ、この

稲荷に源九郎の名を贈ったという伝説が社名の由来となっている。

Photo_12

宮司さんの説明は本当に分りやすかった 参拝を終えて御朱印

をお願いしたら出雲の話しになり大いに盛り上がった

1_3


源九郎稲荷神社・洞泉寺のあたりに行くまでの細い道には

城下町が栄えた頃、一大歓楽街で遊郭だった頃の面影を残す

木造・3階建ての建物や細格子の建物が、当時のそのままの

雰囲気で建ち並んでいました。  キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

Photo_13

1_9


マップを頼りに紺屋町に向かった。。「箱本十三町」として栄えた


紺屋町は、豊臣秀長の時代に成立したと言われる藍染の仕事を

する職人たちが集まった職人街で、その染物屋の一つ・奥野家

を資料館として公開している。藍染めの道具や金魚コレクション

を展示していた。また、藍染め体験もできます。


道の真ん中には、郡山城の外堀へと続く溝があって、昔は

ここで染物を洗いながしたそうです。今は金魚が泳いでいました

Photo_14

Photo_28


紺屋町から「イオン」に出て突き当り左にバスターミナル右に

市役所がある。右折して
郡山郡山城(こおりやまじょう)に向かう

左折してすぐに近鉄橿原線の踏切が有り渡れば石垣が現れた

豊臣政権の中初期には秀吉の実弟羽柴秀長の居城となり、

その領国であった大和・紀伊・和泉100万石の中心であった。

江戸時代には郡山藩の藩庁が置かれた。

復元された追手門、隅櫓、多聞櫓などが往時を偲ばせる。

天守台の石垣には、さかさ地蔵、羅城門の礎石など、県文化財

の転用石がある。市民会館は明治41年築の旧県立図書館。

Photo_17

この夏全国的に見なくなったと言われた「かたつむり」を発見
Photo_18


城内を歩けば左側に「郡山高校」右側に柳沢神社が有る

柳沢神社 本丸跡にあり、明治13年創立。

祭神は五代将軍綱吉の側用人柳澤吉保。

Dscn2180_2

城山から金魚区がある南に向かうと途中に永慶寺が有る

徳川5代将軍・綱吉の頃に城主となった柳沢家の菩提寺。


柳澤吉里が甲府から国替えの際、当地に移築したもので

山門は旧郡山城城門を移築したもの

Photo_27


郡山城の遺構はこの門だけ残っている

5


山門から20m程離れて弁財天にお参りする美しい山門が有った

境内には弁天さまも祀られている


2

Meisyomap


城下町区域から徒歩30分

日本有数の「金魚」の産地として知られる大和郡山市。江戸末期、

郡山藩士の佐藤三左衛門が養殖を手がけたことから始まり、

藩の有力な産業となったらしい。

毎年「全国金魚すくい選手権大会」が開催されている。

金魚の養殖池

2_2

Photo_20


大雨が降れば養殖場の水があふれ高級金魚も用水路に

逃げ出す事が有るようだ 聞けばこのランチュウで10000円

以上の金額で売られているらしい  ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ

Photo_21


用水路にいる金魚を獲ろうと頑張るお母さん???
Photo_22


近鉄郡山駅に出た「JR郡山駅」から徒歩25分の「近鉄郡山駅」

の間には沢山の開業医病院が有った。駅前の案内板には

内科・外科だけで12もの病院が案内されていた

近鉄郡山駅の傍には総合病院が有る
Photo_23

線路越しに大きな建物 「大和郡山病院」が見えた

1_5

独立行政法人地域医療機能推進機構 大和郡山病院

      旧「郡山厚生年金病院」駅側入り口
Photo_24

大和郡山病院 HPより

、大和郡山市唯一の公的総合病院であり、病診連携による

オンライン検査予約システムの導入をはじめ、地域密着・地域

定着した中核病院として最高の医療を提供しております

診療科目は内科・呼吸器内科・消化器内科・循環器内科・小児科・

外科・消化器外科・整形外科・形成外科・皮膚科・泌尿器科・

産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線科・

放射線診断科・放射線治療科・麻酔科
2_3

この施設は老人ホームらしい
Photo_25

金魚に関するお土産屋 店内
Photo_26

1_6

島根県松江市より古い城下町だが静かな古都を感じさせる

;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;

                      

                   猫好きの方必見

 11月  アトリエミュー  通信

秋の色合いの大き目リボン型のお襟が

付いたNEWカラーが出来ました♪

今回はネコーズ家にホームステイ中のチョコ&クッキーにも

ゲストモデルしてもらいましたヽ(*´∀`*)ノ.+゚

オータム・フラワー Price:¥1680(税込み)...

http://nekos.ocnk.net/product/211


11


島根県松江市東出雲の アトリエミュー本社
Img_4347

   このブログの左袖 一番下にリンクが貼ってあります 
 
                  http://nekos.ocnk.net  

« 爆釣ー2 | トップページ | 大阪泉佐野支店 他 »

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

公園・遊園地・名所・旧跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 爆釣ー2 | トップページ | 大阪泉佐野支店 他 »