Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 大物 さわら・銀鮭 が釣れた | トップページ | 美保湾 銀鮭 赤潮発生 »

2015年4月30日 (木)

春の京都ー4 金閣寺・等待院

4月30日の誕生花        ネモフィラ

花言葉:      どこでも成功、愛国心、可憐 
430


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо

銀閣寺の拝観をすれば 次はやはり金閣寺と 分りやすい

発想で この日は金閣寺~から天神~平野神社~等持院~

竜安寺~仁和寺~佐野藤左ヱ門邸 約22㎞の徒歩コースを

計画した。何時ものように近鉄南大阪線で「アベノ」に出て

地下鉄御堂筋線で「淀屋橋」淀屋橋から京阪電鉄に乗り

換えて何時もの2階建て特急に乗り
「三条京阪」下車 

駅前のバスターミナルから10番路線 
25分で 鹿苑寺

(ろくおんじ) 金閣寺 に着いた Dscn3333

鹿苑寺(ろくおんじ)は、京都市北区にある臨済宗相国寺派

建物の内外に金箔を貼った3層の楼閣建築である舎利殿は

金閣
(きんかく)、舎利殿を含めた寺院全体は金閣寺(きんかくじ

として知られる。相国寺の山外塔頭寺院である

寺名は開基(創設者)である室町幕府3代将軍足利義満の

法号・鹿苑院殿にちなむ 山号は北山(ほくざん)。寺紋は

五七桐。義満の北山山荘をその死後に寺としたものである。

Photo_4

参道突き当りに唐門が有りその左に拝観券売り場が有る

拝観券を購入する為の行列で10分は有した

Dscn3335

拝観料を支払うと「お札の拝観券(下のコピー)を手渡される。

これは銀閣寺でも同様であるが、金閣寺のお札は銀閣寺の

ものより一回り大きい
。    お札の拝観券
Kinkaku19_2
お世辞にも荘重とは言い難い「総門」をくぐり、奥に進むと

目の前に金閣が目に入る 池は一周できないが写真撮影用か

左に10m程は通路が有る 拝観者が自撮の棒を翳したり

頭の上にカメラを掲げたりして前の人物を避けながらの撮影だ

金閣(舎利殿) 
 HPより

「金閣」にはお釈迦様の骨が祀られているといわれ、舎利殿

とも呼ばれている。
金閣の二層と三層には金箔が貼ってあり

屋根の上には金張りの鳳凰が置かれている。一層は寝殿造り

二層は武家造り、三層は禅宗仏殿造りで、それぞれの様式が

よく調和しており、これが華やかさを醸し出しているようである。

舎利殿は室町時代前期の北山文化を代表する建築で

あったが、昭和25年(1950年)に放火により焼失し、昭和30年

(1955年)に再建された。平成6年(1994年)にユネスコの

世界遺産(文化遺産)「古都京都の文化財」に登録されている。
Photo_3

室町時代の「池泉回遊式庭園」

金閣寺(鹿苑寺)の境内(約4万坪)の半分以上を占めるのが

鏡湖池(きょうこち)をはじめとする庭園です。鏡湖池には池の

中に葦原島、鶴島、亀島など大小の島があります。また室町

時代には足利義満に取り入ろうとした諸大名が競って石を

奉納しました。例えば、畠山石、赤松石、細川石などの

奇岩名石には諸大名の名前が残っています。
Photo_7

陸舟の松(りくしゅうのまつ)

足利義満が手植えした松で、京都三松の一つです。

鏡湖池の東側、方丈の北側に建てられている書院の庭に

京都三松の一つに数えられている松の木で、船の形をした

「陸舟の松」がある。
この五葉松は義満の盆栽から移植され、

帆掛け船の形に仕立てられたものとされており、舳先は西の

方角を向いている。これは、この船に乗って西方浄土に向かう

という発想からこの形に仕立てられたものという。

樹齢は約600年といわれているが、一見した感じではそんなに

年月を重ねた樹には見えない。
Dscn3342

夕佳亭(せっかてい)

安民沢の東側の小高い場所に、金森宗和が造営したと

いわれる茶室「夕佳亭(せっかてい)」が建っている

江戸時代の茶道家金森宗和が建てた数寄屋造りの茶室で

小高い位置にあり、夕暮れ時に眺める金閣(舎利殿)が

夕日に映えて殊の外美しいことから、夕日に佳い茶室夕佳亭

と名付けられました。
夕佳亭内正面の「南天の床柱」、その

横にある「萩の違い棚」が有名である。

1_2


龍門滝と義満縁の泉

金閣の北側に「龍門滝」がある。鯉が滝を登ると龍になる

という中国の故事「登竜門」に因んだ 「鯉魚石」 がある。

鯉魚石は水飛沫のかかっている尖った石で、鯉のように見

えない事はない。下写真では中央部に「鯉魚石」が見える。

「龍門滝」の西側には、義満がお茶の水に使ったといわれて

いる「銀河泉」、手を清めたとされている「厳下水」がある。

これらは義満縁の泉といわれているが、今ではお茶の水に

使えるような綺麗な水が湧き出ているようには見えない。
Photo_6

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。o

金閣寺の拝観を終えて「から天神宮」「平野神社」に御参りして

立命館大学の構内を通り抜け等持院(とうじいん)へ向かった

Dscn3364

等持院(とうじいん)

金色にお堂が輝く金閣寺、石庭で世界的に有名な竜安寺、

御室桜がかわいらしい仁和寺…、有名な寺々を結ぶ道から

少しだけ離れたところ、ひっそりとしたたたずまいの、等持院

Photo_8

Dscn3366

等持院(とうじいん) HPより

京都府京都市北区にある臨済宗天龍寺派の寺院。山号は

萬年山。足利氏の菩提寺であり、足利尊氏の墓所のお寺

 等持院は、暦応4年(1341年)、足利尊氏将軍が、天龍寺の

夢窓国師にお願いして、衣笠山の南麗に創建された等持寺の

別院として建立したのが始まりです。足利尊氏の死後墓所と

なり、等持院と改められた。等持院という名前の由来は一寺を

建てて三寺に当てるべく、「寺」の字を三つよせて「等持寺」と

名付けたということです

応仁の乱の戦乱などに見舞われましたが、豊太閤も秀頼に

立て直させたほど、この寺を重んじたそうです。


足利15代、230余年の歴史の貴重な文化財が保存されています。 Photo_11

万丈(本堂)

現在の万丈(本堂)は1616年に福島正則が妙心寺塔頭海福院

から移築された古建築です。万丈の襖絵は、狩野興以が作った

もので、明治維新当時一部損壊し、更に等持院の境内に

等持院撮影所ができたため破損がひどかったのだが、近年

修復され、年に一回公開されています。

玄関先に有る禅宗の祖師 達磨大師画像の衝立
Dscn3368

霊光殿
尊氏の念持仏の地蔵尊像を中央に禅宗の祖師・達磨大師像

と等持院を開山した夢窓国師像がまつられている。

その左右の壇上にずらりと並ぶ足利15代・歴代将軍の木像は

壮観である。文久3(1863)年には、尊王攘夷派の志士たちが

霊光殿に押し入り、尊氏、義詮、義満像の首を斬り、三条大橋

橋詰めにさらすという事件も起きたが、修復された。Dscn3369

観光コースから少しずれていて 拝観客は少なめで外国語を

聞くことなく池泉回遊式の庭園をゆっくり回れた 
庭園は、元は

衣笠山を借景した庭園であったと言うことですが、北に隣接する

立命館大学の建物で見えなくなってしまったということです。

Dscn3371

庭園

 天龍寺や西芳寺(苔寺)の庭の作者として有名な夢窓国師が

等持院開創当時に構築されたもので京都三大名園の1つです。

万丈の北庭(書院の東側)は、草書体の心の字をかたどって

作られた池庭で、奥深く静かであります。また西庭は、芙蓉の

花を形どった池があり芙蓉池と称されており、衣笠山を借景に

した池泉回遊式で、南の方丈、西の書院、北の茶室・清漣亭

(せいれんてい)の3つの建物に囲まれています。


庭園には、多くの樹木、草が植えられ、春には樹齢400年の

有楽椿やサツキ、夏にはサルスベリ、秋には芙蓉、紅葉など

四季折々楽しむことができます。
Photo_10

茶室清漣亭

義政好みの茶室清漣亭は庭園の小高い丘の上に建てられて

控えめで わびしい たたずまいです。

茅葺きの建物で、もともとは見晴台だったと考えられている。

改築のときに現在の茶室の形になった。

北側の庭園を見下ろす、眺めのよい茶室である

Dscn3373

方丈前に戻ってくるちょっと前に、このお寺と大変縁の深い

足利尊氏のお墓があります。

Photo_9

次回は「竜安寺」「仁和寺」を紹介します

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

                           

                   猫好きの方必見

 アトリエ・ミュー 通信      

すっかり春らしくなってきましたねぇ~(*´ω`*)
そんな春にぴったりのカラーが完成です♪
淡いお色の小花柄にコットンレースを二枚仕立てにして
ギャザーをたくさん入れたふんわりお衿を付けました♪
お衿の真ん中ではラインストーン付きリボンチャームが
ゆらゆら揺れて可愛いですよ~(*´ω`*)

レース・リボン  Price:¥1620(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/228
11053455_366077803592803_1262758322


レース・リボン ✿メール便送料無料✿
20150401_9a68e23


☆NEW ARRIVAL☆

御朱印帳シリーズに新しいデザインの
カバーと巾着が登場です。
市松文様に色々なポーズの猫さんが描かれた和柄生地と
ちりめんを組み合わせた
モダンで品のあるカバーと巾着です。

1618710_982283605123051_90988808711
ラインストーン付き♪御朱印帳カバー✿猫市松✿ 
Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/229

巾着袋✿猫市松✿
Price:¥2050(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/230
11150811_982283665123045_1592990225
アトリエ・ミュー本社Img_4347

 このブログの左袖 一番下にリンクが貼ってあります 

                  http://nekos.ocnk.net

« 大物 さわら・銀鮭 が釣れた | トップページ | 美保湾 銀鮭 赤潮発生 »

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大物 さわら・銀鮭 が釣れた | トップページ | 美保湾 銀鮭 赤潮発生 »