Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« イカが釣れ出した | トップページ | ライフジャケット  つれな~い »

2015年4月 2日 (木)

邪馬台国・卑弥呼=天照大神

4月2日の誕生花        ミヤコワスレ

花言葉:       
尊い愛、また会う日まで
Photo_2


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。


卑弥呼=天照大神だろうか 卑弥呼の都 邪馬台国は

邪馬台国(やまたいこく / やまとこく)
2~3世紀に日本列島に存在したとされる国(くに)のひとつである。 中国の史書では、邪馬台国は卑弥呼が治める女王国であり、倭国連合の都があったとされている。邪馬台国の所在地が九州か近畿かは、21世紀に入っても議論が続いている。

近畿説の有る纏向遺跡(まきむくいせき)を訪ねた
奈良県桜井市三輪山近くの纏向遺跡を邪馬台国の都に比定する説が有力とされる。
纒向遺跡 辻地区(遺構は手前の草原)遺跡奥にJR桜井線巻向駅。左後方は三輪山、右端には箸墓古墳。
Photo_7

纏向遺跡は奈良県桜井市、御諸山(みもろやま)と三室山(みむろやま)とも呼ばれる三輪山の北西麓一帯に広がる弥生時代末期から古墳時代前期にかけての大集落遺跡である。建設された時期は3世紀で、前方後円墳発祥の地とされている。邪馬台国とする意見もあり、卑弥呼の墓との説もある
箸墓古墳などの6つの古墳を持つ。
2


弥生時代末期から古墳時代前期にかけてであり、『魏志』倭人伝に記された邪馬台国の時期と重なる。当時としては広大な面積を持つ最大級の集落跡であり、一種の都市遺跡である。遺跡内に箸墓古墳があり、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の墓との伝承を持つが、これは墳丘長280mにおよぶ巨大前方後円墳である。それに先駆けて築造された墳丘長90m前後の「纒向型前方後円墳」も3世紀においては日本列島最大の墳丘規模を持っており、ヤマト王権最初の大王墓である。纒向型前方後円墳は各地にも築造されており、政治的関係で結ばれていたとも考えられている。
倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)はまた、邪馬台国の女王・卑弥呼とする説が有る。卑弥呼は天照大神とする説もある 小生はこの説を信じる

Photo_6

1

卑弥呼の墓との説もある箸墓古墳

宮内庁によって第7代孝霊天皇の皇女、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の墓として管理されているが、この古墳を卑弥呼の墓とする研究者もいる。その根拠としては、

① この古墳の後円部の直径が『魏志倭人伝にある卑弥呼の円墳の直径「百余歩」にほぼ一致すること

② 後円部にある段構造が前方部で消失することから、前方部が後世に付け加えられた可能性があること

③ 大規模な古墳の中では、全国でももっとも早い時期に築造されたものであること

最古級の前方後円墳によくみられるように前方部が途中から撥型(ばちがた)に大きく開く墳形である
Photo_8

全景(右に前方部、左に後円部)
1_2

倭迹迹日百襲姫命大市墓 (卑弥呼=天照大神)拝所
Photo_9

邪馬台国九州説では、福岡県の糸島市を中心とした北部九州広域説、福岡県の大宰府天満宮、大分県の宇佐神宮、宮崎県の西都原古墳群など諸説が乱立している。 その後の邪馬台国については、畿内勢力に征服されたという説と逆に東遷して畿内を制圧したとの両説がある

佐賀県神埼郡・吉野ヶ里遺跡
吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)は、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市にまたがる吉野ヶ里丘陵にある遺跡。およそ50ヘクタールにわたって残る弥生時代の大規模な環濠集落(環壕集落)跡で知られる。
Photo_11

516

物見やぐらや二重の環濠など防御的な性格が強く日本の城郭の始まりとも言えるものであり、1986年(昭和61年)からの発掘調査によって発見された
Photo_3

福岡県前原(まえばる)市・平原(ひらばる)遺跡
1800

Photo_10

日本各地の高天原   出典 ウィキペディア

奈良県南部の御所市高天。高天彦神社

金剛山の麓に広がる台地上に位置する。古くは葛城といわれた地域で、そこにそびえ立つ金剛山は、古くは高天原山といわれていた。付近は天上の神々が住んだ高天原の伝承地で、ここに所在する高天彦神社は延喜式では最高の社格とされた名神(みょうじん)大社で、祭神は葛城氏の祖神高皇産霊(たかみむすび)神。社殿後方の白雲峯(694m)を御神体とする

Photo_12


宮崎県高原町高原町は、後ろに高千穂峰がそびえている事もあって、以前から天孫降臨の地として認識されていたようである。江戸時代末期に薩摩藩により編纂された『三国名勝図會』では、土俗傳へ云、當邑を高原と號するは高天原の略称なりと、凡日向国内此辺は、神代の 皇都に係り、今に都島都島は今の都城、高城などといへる地名殘るも此が為にて、此地、都島と接し、(後略)、とある

宮崎県高千穂町宮崎県北部。天岩戸や天香具山、高天原、四皇子峰等がある。高千穂神社では、天鈿女命が舞ったことから始まったとされる高千穂の夜神楽が伝承されている。

熊本県山都町高天原神話の発祥の神宮であると近年になって自称している「日の宮・幣立神宮」がある。御神体は豊国文字と阿比留文字が彫られた石板であり、「アソヒノオオカミ」と「日文」が表裏に刻まれている。ちなみに「幣立」とはヒモロギを意味し、太古 天の神が御降臨になった聖なる地とされている。
Photo_13

岡山県真庭市 米子道蒜山(ひるぜん)ICを下りて左折 

しばらく走ると左側に案内板が有る 
Photo_14

日本一大きい石の鳥居
Photo_15

              茅部神社
2_2

神社の裏山を登ったところに天岩戸、周辺に真名井の滝、

天の浮橋等がある。


天照大神にまつわる 神 話

古事記や日本書紀によると、世界を作ったのは、伊邪那岐命

(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)という

男と女の神様である。二人がいろんなものを生んでいった。

しかし、ある日、伊邪那美命は、火の神様を生み、そのときの

やけどが原因で亡くなってしまう。伊邪那岐命
(いざなぎのみこと)

は亡くなった妻の伊邪那美命(いざなみのみこと)に会うために


黄泉(よみ)の国(島根県松江市東出雲揖屋)に行く。
Photo

しかし、死んだ妻は変わり果てた姿になっており、そこで、

伊邪那岐命はひどい目にあう。(
揖屋神社
Photo_2


伊邪那岐命は、黄泉の国を出て、日向の橘(たちばな)の徳島

阿波岐原(あわきがはら)で禊(みそぎ)払いをする。そのときに

いろんな神様が生まれるのだが、最後に左眼を洗ったときに

生まれたのが、天照大神、次に右目を洗ったときに生まれた

のが
月讀命(つきよみのみこと)次に鼻を洗ったときに生ま

れたのが
須佐之男命(すさのおのみこと)となっている。

伊邪那岐命はこの三人が生まれたことを非常に喜び、

天照大神には、『高天原を治めよ』と言われ、月読命には

『夜の国を治めよ』と言われ、須佐之男命には、『海原を治めよ』

と言われた。

須佐之男命の乱暴

伊邪那岐命から『海原を治めよ』といわれた須佐之男命は、

おとなしく従わず、母の国に行きたいといっては泣き叫んだり、

天照大神のいる高天原に入ろうとした。天照大神は驚き、


高天原を奪おうとしているのではないかと疑った。

須佐之男命は、 悪い心は持っていませんと誓うが、それでも、

須佐之男命の乱暴は続き、ついに怒った天照大神は、天岩戸

(あまのいわと)に隠れてしまう。すると、世の中は真っ暗に

なってしまった。これは大変だということで、いろんな神様が

協力して、天照大神を天岩戸から出すと、世の中はまた元の

ように明るくなった。須佐之男命は、このことが原因で出雲の

国に「葦原の
ナカツクニ中国地方の語源)」追放されてしまう。

大黒様で有名な出雲の大国主神(おおくにぬしのみこと)は、

この須佐之男命の子孫ということになっている

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

全国で
天岩戸と呼ばれる場所  出典 ウィキペディア

天岩戸説話は天上界の出来事であるが「ここが天岩戸である」

とする場所や関連する場所が何箇所か存在する。

天の岩戸
滋賀県米原市弥高、平野神社。

京都府福知山市大江町 皇大神宮(元伊勢内宮)、岩戸神社。

滋賀県高島市 白鬚神社 岩戸社。

奈良県橿原市 「天岩戸神社」 天香久山の南麓。

三重県伊勢市 伊勢神宮外宮 「高倉山古墳」。

三重県伊勢市二見町 二見興玉神社 「天の岩屋」

三重県志摩市磯部町恵利原 恵利原の水穴

兵庫県洲本市先山 岩戸神社。

岡山県真庭市蒜山 茅部神社の山の上方。

徳島県美馬郡つるぎ町 天の岩戸神社の神域にある。

宮崎県西臼杵郡高千穂町大字岩戸 天岩戸神社の神域にある。同神社西本宮の背後、岩戸川を挟んだ対岸の岸壁にあり、。周辺には天安河原など、日本神話、特に岩戸隠れ神話にまつわる地名が多く存在する。
Photo

Photo_2

沖縄県島尻郡伊平屋村 「クマヤ洞窟」全国に数多ある「天の岩戸伝説」の中で最南端地。

山口県山口市秋穂二島 岩屋 塩作りの海人の在住地、玉祖命の神社に近い

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。



天照大神と卑弥呼・邪馬台国の事はこれからも勉強しようと思う

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

                           

                   猫好きの方必見

 アトリエ・ミュー 通信      

すっかり春らしくなってきましたねぇ~(*´ω`*)
そんな春にぴったりのカラーが完成です♪
淡いお色の小花柄にコットンレースを二枚仕立てにして
ギャザーをたくさん入れたふんわりお衿を付けました♪
お衿の真ん中ではラインストーン付きリボンチャームが
ゆらゆら揺れて可愛いですよ~(*´ω`*)

レース・リボン  Price:¥1620(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/228
4_2

4

☆NEW ARRIVAL☆

優しいお色の小花がたくさん散りばめられたカラーに
コットンレースを二枚仕立てにして
ギャザーをたくさん入れたふんわりお衿を付けました♪
お衿の中心には山道コードを使って
ラインストーン付きリボンチャームがゆらゆら〜(*´ω`*)
上品で春らしいカラーです。
ネコちゃんや小柄なワンちゃんにピッタリです(*´ェ`*)

レース・リボン  Price:¥1620(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/228
3

レース・リボン ✿メール便送料無料✿
20150401_9a68e23

アトリエ・ミュー本社
Img_4347

   このブログの左袖 一番下にリンクが貼ってあります 

                  http://nekos.ocnk.net

« イカが釣れ出した | トップページ | ライフジャケット  つれな~い »

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

神話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イカが釣れ出した | トップページ | ライフジャケット  つれな~い »