Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« ニューロットで釣れた~ サゴシ | トップページ | まめあじ夜釣り爆釣 »

2015年6月25日 (木)

日本酒考察ー3 出雲佐香神社(松尾神社)

6月25日の誕生花         ツリガネソウ  (釣鐘草)、
      別名       フウリンソウ   (風鈴草)

花言葉:                     感謝、誠実
625

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

日本酒の故郷 島根県出雲市平田に有る佐香神社を北松江

から一畑電車(バタデン)に乗り込み車窓から見える初夏の

宍道湖風景を楽しみながら訪ねた一畑口から徒歩約10分

9_t

「お酒の神様と言えば、奈良の三輪(美和)さん(大神神社)、

瀬戸内海の愛媛県大三島の大山祇神社さん、京都松尾大社

梅宮大社・島根県出雲市平田に有る佐香神社(松尾神社)

その中でも小生がここが日本酒の発祥地と信じる佐香神社

日本酒発祥の地「出雲」 佐香神社HPより

出雲は日本酒発祥の地とされています。この地の酒造りは

「古事記 神代の巻」に登場する八岐大蛇(やまたのおろち)の

話にまで遡ります。素戔嗚尊(すさのおのみこと)がこの大蛇を

退治する際に飲ませた酒は「八塩折の酒」と呼ばれ、荒ぶる

邪神も酔わせるほどの強力な神酒であったとされています。

また「出雲国風土記」の中で、古代の神々は、佐香の川に

囲まれた楯縫郡佐香郷(たてぬいのこおりさかのさと。

現在の出雲市平田小境市周辺)に酒を醸す舎屋を建て酒を

醸したと記されています。
Photo_12

日本酒発祥の地は佐香神社か、松尾大社か 

佐香神社に祀られる 久斯之神(くすのかみ)は醸造全般の神で

あり、醤油、味噌、麹、米酢に至るまでご利益があるとされて

います(薬師(くすし)の神でもあります)。出雲地方では、旧暦

10月に全国から八百万の神々が集うとされており、そのため

他県が「神無月(かんなづき)」と呼ばれるのに対して、出雲は

「神在月(かみありづき)」と呼ばれます。この時期、出雲の

各神社では「神迎祭(かみむかえさい)」に始まり、「神在祭

(かみありさい)」そして、全国に神々をお見送りする「神等去出

祭(からさでさい)」が行われています。久斯之神も全国より

集まった神々をもてなすために、酒を仕込んで、振る舞ったと

言い伝えられています。

佐香神社には「松尾神社」という社名もあります。

この神社の参道に建っている二つの鳥居の片方には

「佐香神社」、もう片方には「松尾神社」と記載された社額が

掲げてあります。この理由として佐香神社は『出雲国風土記』

に記載されていたものの、あまり世に知られてなく佐香神社を

酒造りの祖神として醸造界に広めるために、京都嵐山の麓に

鎮座する酒造の社である松尾神社を勧誘したのではないかと

考えられていま す                         
Photo_18

佐香神社(松尾神社) HPより

出雲国風土記では楯縫郡の条の佐香郷に、川の中州で

『昔この地に百八十の神様がお集まりになり、飲食物を煮炊き

する調理場をお建てになり、そこでお酒を作らせになりました。

そして、百八十日間酒宴をされた後お別れになりました。

故に佐香と云うようになりました。』とあります。

佐香(さか)は酒(さけ)の古名のことで佐香は日本酒発祥地

一年一石の酒造免許を受けている神社は佐香神社と

出雲大社(いずもおおやしろ)・京都嵐山の松尾大社だけです。


佐香神社の主祭神:は久斯神(くすのかみ)、大山咋命配神:

天津彦彦火瓊瓊杵命、木花咲耶比売命、百八十神
(ももやそがみ)

久斯神は酒の神のことであり、少彦名神の別名ともされる。

大山咋命は京都の松尾大社からの勧請である。また配神の

木花咲耶比売命も酒造に関係のある神である。

佐香神社本殿

Photo_13

八塩折之酒
『日本書紀』には、須佐之男命(すさのおのみこと)が八岐大蛇

(やまたのおろち)を退治するために八塩折之酒
(やしおおりのさけ)

という八度にわたって醸す酒というものを造らせる記述がある。

実際の酒質がどのようなものであったか、重複して醸すという

点でのちの貴醸酒に通じるものがあるのか、などの疑問点が

いまだ解明されていないが、これも日本酒の起源を考えるのに

興味深い史料の一つである
1009a20177569fe467973276f508b27d670

Photo_17

八雲立つ出雲国にとって旧暦十月は「神有月」。

全国から八百万の神々が出雲に集い、国護りの議事や縁結び

談義を重ねたと伝えられる。また出雲神話に代表するヤマタノ

オロチ退治、古代出雲大社の酒造り、酒造の祖と言われる

佐香神社。さまざまな逸話が残っておりますが、これらの文献の

中には確実に神と酒、そしてそれに関わる人の姿を垣間見る

ことが出来ます。酒造りの神である久斯之神(くすのかみ)を

祀っている平田市小境町の佐香神社は出雲国風土記に記され

古くから酒の神様として信仰を集めてきました。そして、神々が

佐香の川に囲まれた地域に酒を醸す舎屋を建てて酒造りを

された。 島根の名酒樽               
Photo_16

佐香神社の例大祭は濁酒祭(どぶろくまつり)とも呼ばれ、

室町時代から続いているとされる。

10月1日の未明に宮司自ら杜氏となって神酒の醸造を行い、

祭礼の前日に国税庁の係員の検査を受ける。

10月13日には酒造業者たちが集まり、安全を祈願する奉納祭

が執り行われ、この後それぞれの蔵元へ出かけていく。

祭礼のために毎年財務省より1石(180ℓ)以下までのどぶろくの

醸造の許可を得ている。
5e92db9ea4

平田一式飾とは身近な生活用具である陶器一式で、神話、

歴史上の物、おとぎ話やテレビ等で話題になったものなどの

一場面を独特な技巧を凝らす平田地域の民俗芸術です

Photo_19

出雲は出雲杜氏の郷として全国各地に名高い杜氏を数多く

輩出し、現在も日本酒の醸造を支え続けています
 

確かに出雲は自然環境に恵まれているうえに、韓国釜山周辺

より丸太舟を出すと対馬海流に流れで数日中に出雲海岸に

到着できる立地であったため、酒造りの最新技術が伝承され


、日本酒が発祥したということは十分に考えられます。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

                           

                   猫好きの方必見

アトリエ・ミュー 通信      

☆NEW ARRIVAL☆

可愛いキャンディー模様にレース衿が付いた
涼しげでキュートなカラーです♪


キャンディー模様はトンボ玉にも見えますねぇ~
衿には大小のラインストーンを合計6個あしらい
キラキラ輝きます(*´ェ`*)


ネコちゃんや小柄なワンちゃんにピッタリです(*´ェ`*)

Candy Lace  Price:¥1680(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/233
61

70726f647563742f32303135303630315f3

☆ NEW ARRIVAL☆

御朱印帳シリーズに新しいデザインの
カバーと巾着が登場です。
市松文様に色々なポーズの猫さんが描かれた和柄生地と
ちりめんを組み合わせた
モダンで品のあるカバーと巾着です。

1618710_982283605123051_90988808711
ラインストーン付き♪御朱印帳カバー✿猫市松✿ 
Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/229

巾着袋✿猫市松✿
Price:¥2050(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/230
11150811_982283665123045_1592990225
アトリエ・ミュー本社Img_4347

 このブログの左袖 一番下にリンクが貼ってあります 

                  http://nekos.ocn

« ニューロットで釣れた~ サゴシ | トップページ | まめあじ夜釣り爆釣 »

歴史探訪」カテゴリの記事

地域情報」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

神話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニューロットで釣れた~ サゴシ | トップページ | まめあじ夜釣り爆釣 »