Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 大田君 小笠原 流刑日記 | トップページ | 太田君 内地に生還・美保関 大鯵 »

2015年7月23日 (木)

京都八瀬大原ー1 三千院

7月23日の誕生花           ハイビスカス

花言葉                 繊細な美、新しい恋
723

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;

京都の北東部に位置する大原は、かつては世を捨てた隠者

たちが住んだ隠れ里。山あいの自然豊かなところで仏教音楽、

声明の生まれた地でもあります。 静かな調べに耳を傾けて、

自然豊かでありながら京都らしく洗練されている、

里の寺院を巡り歩いてみました

先日京都嵯峨野嵐山を訪ねたが今回は八瀬大原を訪ねる

京阪電鉄淀屋橋駅の事務所へ行き一日フリー券を購入

41371

最近観光客はスマホで自撮りされている 今までのように

「すみません写真を撮ってもらえませんか」とお願いしずらい

雰囲気です やむなく小生も新しく自撮りが出来るカメラを

購入した 液晶画像がカメラの上に起せて画像を見ながら

セルフタイマーで映せる 2・3度練習して持参した
Photo

京阪出町柳駅まで何時もの特急 出町柳で叡電に乗り換えP1000011

構内で初めての自撮り 緊張しすぎて小生も驚く怖い顔P1000008

八瀬比叡山口駅終点に到着 駅前風景 ここから真っ直ぐ

歩いて国道に出て右折 5分程でバス停に着いた
P1000012

バス停の前の橋の麓に「ネム」の花が満開になっていたP1000015

30分待って定刻より15分遅れたバスが来たImage022

乗車してから八瀬大原バス停には15分程度で到着した1520

Photo_18
バス停の前から三千院に向かうP1000017

三千院に向かう道路には右に「呂川」「左に土産物店・

レストランが立ち並んでいる
Photo_19

登り坂の続く参道の横を流れる呂川の岸には大輪の紫陽花が

咲いていた 清流は眺めていても涼しさを感じる
P1000094

P1000019

やっと三千院の石碑にたどり着いた 50年ぶりの参拝 

前回は門前まで車で来れたが・・・土産物屋も何もなかったが 

今日は平日なのに参拝者の多いこと

自撮り2枚目 まだ表情が硬~い
P1000021

土産物屋さんの賑わいの向かいに悠々と建つ三千院門跡Photo_4

天台門跡としての三千院  HPより
三千院は天台三門跡の中でも最も歴史が古く、最澄が延暦7年(788年)比叡山延暦寺を開いた時に、東塔南谷(比叡山内の地区名)に自刻の薬師如来像を本尊とする「円融房」を開創したのがその起源という。円融房のそばに大きな梨の木があったため、後に「梨本門跡」の別称が生まれた。庭園は緑色の苔におおわれ、 杉やカエデが配されています。「京都大原三千院~♪」と歌われた有名観光スポットで、紅葉やアジサイの時期には、とくに観光客でにぎわいます

Photo_23

三千院は城郭のような石垣がめぐらされ、重厚な山門です

お堂には彫刻や絵画など素晴らしい仏教美術品がありますが、

何と言っても素晴らしいのは2つの庭園。

Photo_24

P1000025

正面の門(御殿門)をくぐって受け付けを済まし、靴を脱いで

ビニール袋に入れて手で持ち、案内の順路に沿って拝観した

室内には厳かな雰囲気が漂っています。

Photo_9

豊臣秀吉が建てたとされる風格のある客殿から見える一つ目

の庭園が、聚碧園。左側の建物が客殿で、目の前に広がって

いるのが聚碧園です なんとも心が落ち着く風景です。

有清園とともに、作家の井上靖が“東洋の宝石箱”と賞賛した

ほど見事な庭園。
殆どの拝観者は女性で男性は少なかった
52_2

三千院の室内から庭を見ました。京都らしく風雅です。
51

P1000029

聚碧園を過ぎ、風情のある回廊を歩いて、階段をあがった

ところにある建物が宸殿(しんでん/法儀を行うところ)です。

中庭の壺庭園

P1000026

縁側から見えるのが、二つ目の庭園、有清園(ゆうせいえん)。

有清園には、“金色水”と呼ばれる福寿延命の水があり、この

水に手を濡らすと福が得られるとされています江戸時代の

茶人が手がけた庭で、清流が流れ、心地よいせせらぎの音が

響きわたっています。客殿の縁側に座り、苔が美しい静かな

庭園を見ていると、ついつい時間を忘れて飽きることもなく

眺め続けてしまいました。
P1000030

361

太い杉木立の中にたたずむ往生極楽院(本堂)
P1000034

P1000031

P1000033

往生極楽院には、金色に輝く阿弥陀三尊像(国宝)のお姿が

あり、慈悲深いお顔に心が和みました
2

往生極楽院を拝観してナイロン袋から靴を取り出し苔庭園に

下りる。杉苔はぎっしり隙間なく木々の間を埋めていた

P1000032

ゆっくり眺めていると苔の間から、わらべ地蔵が顔を出していた
Photo_21

Photo_22

苔庭で可愛く首をかしげる“わらべ地蔵さん”往生極楽院の

裏手に、6体の可愛いお地蔵さんが無造作に置かれていた。

首をかしげていたり、仲良く寄り添ったり、足をバタつかせて

駄々をこねているような仕草のお地蔵さんも。見ていて何故か 

あたたかい気持ちになれた。
1_2

金色不動堂に向かう参道脇で。有清園から進んだ奥には

紫陽花の庭園があって、空気までもが水色に染まるほどの

美しさ。
様々な種類の紫陽花が、数千株も植えられています。

小紫陽花や珍種の星紫陽花、山紫陽花・額紫陽花など。

Photo_13

P1000037

Sanzenin

清らかな庭園の風景を映し出す弁財天池。

極楽浄土を映した鏡池。三千院を訪れた一人旅の女性の

事を歌った『女ひとり』で、和服の模様が池の水面に映った

池は弁天池 清らかで静かな水面です。

庭園には人が入ることができないので、参拝者がたくさん

いても
静かな苔庭の風景を目に焼き付けることが出来た
Photo_8

明るい木漏れ日と遊ぶ芸能の神“弁財天さま”

“わらべ地蔵さん”がある庭から、金色不動堂へ向かう山道の

途中にある“弁財天さま”弁財天さまはインドの古代神話に

登場する女神で、芸能の神さま。琵琶を弾く妖艶なお姿だった。

Photo_7

Photo_15

女一人
大原は古くから、貴人や修行者が世をはかなんで隠れ住んで

いた場所なのです。逃げてきた人や心傷ついた人、世俗から

孤立を深めることになっても自分の信念を貫こうとする人を、

優しく見つめ、「
それでいいんだよ」と言ってくれるような、

ふところの大きさがあるように感じた

三千院
デューク・エイセス 女ひとり 
https://www.youtube.com/watch?v=25RJjgKOGdI

(1) 京都 大原 三千院
  恋に疲れた 女が一人
  結城(ユウキ)に塩瀬の 素描の帯が
  池の水面に 揺れていた
  京都 大原 三千院
  恋に疲れた 女が一人

(2) 京都 栂尾(トガノオ) 高山寺
  恋に疲れた 女が一人
  大島紬(ツムギ)に つづれの帯が
  影を落とした 石畳
  京都 栂尾 高山寺
  恋に疲れた 女が一人

(3) 京都 嵐山(ランザン) 大覚寺
  恋に疲れた 女が一人
  塩沢がすりに 名古屋帯
  耳を澄ませば 滝の音
  京都 嵐山 大覚寺
  恋に疲れた 女が一人

次回は 実光院・勝林院・宝泉院のご紹介

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

                                         

                     アトリエ・ミュー 通信 

                   猫好きの方必見       

                   ☆   NEW ARRIVAL   ☆ 

レース地に色とりどりのお花が
散りばめられた可愛いカラーに
チェックで縁取られた大きなリボンをつけました♪
リボンの真ん中にはラインストーンがキラキラ☆

ネコちゃんや小柄なワンちゃんにピッタリです(*´ェ`*)

Flower Lace Ribbon  Price:¥1680(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/235
3

              ☆ NEW ARRIVAL☆

当店で密かに人気の御朱印帳カバーwww
やっと新作が出来ました~♪
ねむり猫と鞠猫の2デザイン!
どちらも紬とあわせた丈夫で上品な仕上がりで
パワーストーンを付けました☆

ねむり猫  Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/236
鞠猫  Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/237
71

2


御朱印帳シリーズに新しいカバーと巾着が登場です。
市松文様に色々なポーズの猫さんが描かれた和柄生地と
ちりめんを組み合わせたモダンで品のあるカバーと巾着です

ラインストーン付き♪御朱印帳カバー✿猫市松✿ 
Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/229

巾着袋✿猫市松✿
Price:¥2050(税込み)

http://nekos.ocnk.net/product/230
1618710_982283605123051_90988808711


アトリエ・ミュー本社Img_4347

 このブログの左袖 一番下にリンクが貼ってあります 

                  http://nekos.ocnk

« 大田君 小笠原 流刑日記 | トップページ | 太田君 内地に生還・美保関 大鯵 »

美の散策」カテゴリの記事

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大田君 小笠原 流刑日記 | トップページ | 太田君 内地に生還・美保関 大鯵 »