Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 大あじ 爆釣 | トップページ | 八雲君 「すずき」好釣 »

2015年8月 6日 (木)

京都八瀬の大原ー3 来迎院・寂光院

8月6日の誕生花      サルビア

花言葉        燃える思い、知恵
86

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо

宝泉院を出て三千院の前に有る土産物店に入った
P1000080

三千院前の一段下の道はその昔「鯖街道」でこの土産物店の

一番奥に有る食堂でメニューに有った 鯖寿司定食1000円

鯖寿司とゴマ豆腐・冷やしウドン(湯葉入り)一番おいしかった

のは左下の「カラシ椎茸」だった 食事を終えて土産に買った
P1000077

遅い食事を終えて 来た道に戻り呂川前を左折 登り道を

来迎院に向かった
P1000081

右に流れる呂川は音無しの滝を源流に激しく流れていたP1000082

10分も歩くと来迎院の大きな案内看板が見えた
P1000083


来迎院  HPより

 

1109年(天仁2)、聖応大師良忍(しょうおうだいしりょうにん)が、俗化した叡山を離れ、来迎院を大原に建立。円仁によって伝えられた声明は、当時七つの派に分かれていましたが、良忍がひとつに統一し、「魚山流声明」として集大成しました。来迎院は三千院奥にある勝林院と並んで声明道場の中心をなしました。
魚山流は、その後天台声明の主流となり、大原で受け継がれています。
P1000085

P1000086

受付で寺僧から本堂への入り方の説明を受け御朱印帳を

預けて右側から境内の案内図を見て本堂に向かった
Photo_3
B6f2f60500c161c94b4cc1a564aae313

鐘楼から本堂を望むPhoto_10

本堂の前はちょっとした庭といった感があるが まわりは山林

に囲まれている古い本堂で静寂の中 い空気を感じた。
Photo_33

号は、魚山。呂川沿いにある。 天台宗 本堂に薬師如来と

釈迦如来、阿弥陀如来を安置。円仁が天台声明の道場として

天寿年間(851-854年)に総研。来迎院と称されるようになった

のは1109年融通念仏の開祖良忍が再興して以来。

声明(しょうみょう)の発祥地として知られる

Photo_5

自撮り写真はまだ経験不足 表情が硬い 笑顔が出来ない
P1000090

 正面は閉められ本堂の右横から入堂して左横に出るように

成っていた 閉められた本堂正面

Photo

堂内には 三如来像が荘厳に並んでいましたRaigouin0120150427_dsc0708

来迎院本堂に安置されている「薬師如来(やくしにょらい)」

「釈迦如来(しゃかにょらい)」「弥陀如来(みだにょらい)は

3体は重要文化財に指定され藤原時代の木造漆箔寄木造。

円満でやわらかい曲線は心を落ち着かせて呉れます

その素晴らしさは言葉にできないほどです
Photo_4

像を囲む梁と天井には天女の絵が描かれている。Photo_9

三重塔

境内北東隅の律川を渡った場所にある御廟の三重石塔は、

長承元年(1132)来迎院で没した聖応大師・良忍の墓(重文)。

花崗岩で作られた高さ 2.8㍍の塔で反りの少ない屋根などに

鎌倉時代初期の様式が伝えられる。

国の重要文化財に指定されています

20150704image0011

内の脇の小高いところには鎌倉時代の鎮守堂、獅子飛石、

地蔵堂があります

41

この獅子飛石は、大原の里に声明道場を根付かせた良忍

上人が修行中に石が獅子となって飛んだという伝説から

この名がつけられたといわれています
31

境内一角に赤穂義士・大石義雄建立の茶室「含翠軒(がんすい

けん)」
があり、念持仏・勝軍地蔵尊は本堂に祀られている
Photo_7

平日とは言え 御朱印を頂いて来た道を下り三千院の所に

出るまで誰一人出会う事は無かった

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。★゜・。。・゜゜・。

来るときは登りで息を切らせて夢中で歩いて景色を楽しむ

余裕が無かったが帰りは下り坂 余裕を持って歩けた

京都独特の風情がある食事処
P1000095

呂川沿いに咲く 紫陽花
P1000094


紫蘇畑の前のひまわり
P1000097

バス停に戻った バス停の建物を通り抜け一番奥に寂光院へ

の大きな案内板を見つけた

Dscn4135

Photo_16

建物を抜けて 階段を下り歩行者・自転車専用の狭い橋を

渡ると古い道標が有った
P1000098

農家のガレージには立派な「農耕車」収まっていた 

畑の横には高級車「レクサス」の乗用車が乗り捨てて?あった
P1000099

道中途中に有る土産物店 ちょっと一服するのに助かる

Photo_11

寂光院まであと700m程の右側に朧の清水が有った

朧(おぼろ)の清水には、平清盛の二女で、平家没落後、

菩提(ぼだい)を弔うため、寂光院そばの庵に移り住んだ

建礼門院の悲しいエピソードが残る。美しい容姿の持ち主

だった建礼門院が、おぼろ月夜の時、水面を通して映る

自分のやつれた姿を見て身の上を嘆いたといわれる。

朧の清水は詩情を誘うのか、古来、歌枕として親しまれている

田兼好大原やいづれ朧の清水とも知られず秋はすめる月かな

与謝蕪村 「春雨の中におぼろの清水かな
1_3

道中の畑には名物の紫蘇畑が多かったP1000096

十字路には道案内が多数あり迷うことは無いP1000101

山に囲まれ寂光院周辺には食堂や土産物屋が並ぶ

 右側に寂光院の素朴な入り口が

Photo_18


寂光院境内図
Photo_14

入口もこじんまりとした雰囲気P1000102

Dscn4131_2

右の社務所で拝観料を払い 御朱印帳を預け石段を登る。P1000103

受付を済ませば急階段の参道が続くPhoto_2

途中 右手に風情ある屋根に苔を被せた茶屋がある。1

門をくぐると本堂だ
1_4

高倉天皇の皇后建礼門院(平清盛の娘、安徳天皇の母。

平徳子。平家一門が入水したとき、源氏に助けられた)が

隠棲した。 その後荒廃したが、淀君が父母兄弟の菩提を

弔うために再興した。

思ひきや深山の奥にすまひして雲井の月をよそに見んとは

観光客の「偽大原女(にせ おはらめ台湾人)も参拝していた
Photo_15


本堂はこじんまりとした雰囲気で、まわりの庭は美しい
1_2

推古二(594)年、聖徳太子が御父用明天皇の菩提を弔うために

建立したと伝えられる。本尊地蔵菩薩立像も聖徳太子の作で

あるが、2000年の火災で損傷、現在は倉庫にしまわれている。

O0424055011590157987

本堂の中に入る。平成17年建立なので中の色彩は美しい

中には御本尊の六万体地蔵菩薩立像 大きく白く輝く像である。

また 五色の糸で結ばれており糸をにぎりしめてお参りをする。

20121125jakkouinhonzon

両方に建礼門院 阿波内侍が祀られている。

 

建礼門院は壇ノ浦で滅亡した平家一門と自分の子である

安徳天皇の菩提を弔うためにこの地で過ごされた。

なにか哀しみが伝わってくるように思えた。

20121125naijitokuko

Photo

諸行無常の鐘楼

江戸時代に建立された鐘楼である。

山の中のお寺らしく素朴な感じの鐘楼である

Photo_4

『平家物語』 冒頭部分

 

祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。

おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。

たけき者も遂には ほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。
Dscn4130

礼門院徳子御庵室跡

建礼門院が閑居した庵の跡

建礼門院は壇ノ浦で平家が敗れた後 助けられて京都に

戻された。林に囲まれ苔むした石塔が印象的

Photo_5

宝物館

最後に宝物館に入る。1室には絵巻や掛軸など展示されている。

大原へ向かう後白河法皇の行幸はついつい見入ってしまった

Photo_6

来た道を戻り バス停の建物裏で思いきり「エアーサロンパス」

をぶっかけた。そばに居た三匹の猫がニャーと逃げ出した


Dscn4134

帰りは出町柳まで乗車して京阪特急に乗車したDscn4136

次は決まっている    

 

  京都栂尾高山寺 栂尾に行こう

三千院
デューク・エイセス 女ひとり 

https://www.youtube.com/watch?v=25RJjgKOGdI

(1) 京都 大原 三千院
  恋に疲れた 女が一人
  結城(ユウキ)に塩瀬の 素描の帯が
  池の水面に 揺れていた
  京都 大原 三千院
  恋に疲れた 女が一人

(2) 京都 栂尾(トガノオ) 高山寺
  恋に疲れた 女が一人
  大島紬(ツムギ)に つづれの帯が
  影を落とした 石畳
  京都 栂尾 高山寺
  恋に疲れた 女が一人
 

(3) 京都 嵐山(ランザン) 大覚寺
  恋に疲れた 女が一人
  塩沢がすりに 名古屋帯
  耳を澄ませば 滝の音
  京都 嵐山 大覚寺
  恋に疲れた 女が一人
 

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

                                                           

                  アトリエ・ミュー 通信

               猫好きの方必見       

                 ☆   NEW ARRIVAL   ☆ 

夏はやっぱりマリンカラーのバンダナ♪
アンカー&カラフルドットの生地に
お星様などのメタルスタッズを飾り付けました ★

 

当店のバンダナは芯を張り、二枚重ねで作ってあるので
型崩れしにくく、丈夫ですよぉ〜!

 

ネコちゃんや小柄なワンちゃんにピッタリです ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

 

Anchor Bandana  Price:¥1680(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/238
8

              ☆ NEW ARRIVAL☆

当店で密かに人気の御朱印帳カバーwww
やっと新作が出来ました~♪
ねむり猫と鞠猫の2デザイン!
どちらも紬とあわせた丈夫で上品な仕上がりで
パワーストーンを付けました☆

ねむり猫  Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/236

鞠猫  Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/237

71

2


御朱印帳シリーズに新しいカバーと巾着が登場です。
市松文様に色々なポーズの猫さんが描かれた和柄生地と
ちりめんを組み合わせたモダンで品のあるカバーと巾着です

ラインストーン付き♪御朱印帳カバー✿猫市松✿ 
Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/229

巾着袋✿猫市松✿
Price:¥2050(税込み)

http://nekos.ocnk.net/product/230
1618710_982283605123051_90988808711


アトリエ・ミュー本社Img_4347

このブログの左袖 一番下にリンクが貼ってあります 

                  http://nekos.ocnk

« 大あじ 爆釣 | トップページ | 八雲君 「すずき」好釣 »

美の散策」カテゴリの記事

歴史探訪」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

公園・遊園地・名所・旧跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大あじ 爆釣 | トップページ | 八雲君 「すずき」好釣 »