Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 多古 平島 | トップページ | 8月総括 味道園 石原美和・粟井理菜氏 »

2015年9月 3日 (木)

相撲の起源ー3 当麻の相撲館・道明寺天満宮

9月3日の誕生花          マーガレット

花言葉:       心に秘めた愛、誠実、恋を占う
93

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

,

「野見宿禰(のみのすくね)」は勝者として色々な場面に登場

するが敗者の「當麻蹶速(たいまのけはや)」に就いて色々

探してみたが記述が無い。唯一奈良県葛城市のHPで発見した

野見宿禰と共に相撲の神とされ、両者が相撲を取った地で

有ると伝える奈良県桜井市の穴師坐兵主神社の摂社、相撲

神社に野見宿禰と共に祀られている と言う項目だけである
Photo

鉄当麻駅から当麻寺に向かう参道沿い右側に奈良県

葛城市當麻町にある市立の博物館。正式名称は葛城市

相撲館「けはや座」。平成2年5月開館、館内では相撲に

関する資料が約12,000点ある。

Photo_5

当麻観光案内所内に有る「相撲館」Dscn4273

相撲館入り口 入館料 300円 この中に居られた葛城市

職員の方と30分程相撲談義 さすが随分研究されていたDscn4276

入り口右側に有る力士像Dscn4274

館内に入ると本場所と同サイズの本物の土俵が有る。

展示土俵のため、女性でも、靴を履いたまま上がれる。

館内には小生以外誰も入場者は居られなくて貸切だった

小生も本物の土俵に上がるのは初めてで、靴を脱いで土俵

に上がれば土俵表面がザラザラしていて痛いこと、意外と

小さく感じること、土俵下まで高さがあって落ちたら痛そうな

こと。そんなことを考えながら、塩をまいてみたり、仕切の

真似事をしたり、初めての体験ができた890b8dff8c2a1051c586f37638c5c74f

土俵隅には塩と力水も置いてあります。一掴みした塩を

上に向かって 大きくまいてみたが、頭に降って来た(;д;)
5

また、すぐ近くに「マス席」が設けられているため、相撲観戦

の気分も味わえる。なかなか本場所には行けないから、

思いがけず こんな体験が出来て嬉しくなった
Photo_6

二階に上がれば館内に展示してある「野見宿禰(のみのすくね

と當麻蹶速(たいまのけはや)の対戦図」がまず目に入る。

日本最初の相撲とされる取り組みです。この土地に生まれた

力自慢の當麻蹶速は、残念ながら敗者となってしまいますPhoto_7

土俵を取り囲むように、2階の回廊部分には様々な相撲に

関する資料が展示してあります7010245619_b5d117f6ff

本物の化粧まわしや、相撲関連グッズの蒐集家の方か ら

寄贈を受けたという、約12,000点もの資料が並びます11_212000

展覧相撲の様子 平安時代

王朝宮廷では各地から相撲人を選出し、相撲大会を催した。

天皇が出御した行事を節会と称し、天皇御覧の元に相撲を

行ったため、「相撲節会(すまひのせちえ)」と呼んだ。

当日は「召合(めしあわせ)」と言う十数番までの取組があり、

紫宸殿の庭で行われ、その後には近衛府による

「相撲の還饗(かえりあるじ)」というもてなしが行われた                        10

外国からの使者をもてなす「相撲節」 土俵は四角だった            11

奈良時代

『続日本紀』の養老3年(719年)7月4日 (旧暦)に「初置抜出司」

と見える「抜出司は、諸国から集められた。相撲人の中から

選抜する臨時官で、のちの相撲司に当たるものと考えられる。

突く殴る蹴るの三手の禁じ手・四十八手・作法礼法等が

神亀3年(726年)に制定される。(吉田司家・志賀清林を参照)

相撲のルールも決まり土俵も丸く大きさも決められ庶民も

見学することが出来るようになった12

當麻蹶速という相撲のルーツの出身地であり,相撲館の

前には、相撲の開祖・当麻蹴速の塚がある。

鎌倉時代に作られた蹶速塚の五輪塔は 実にすばらしい1

二上山登山道中、当麻山口神社石の鳥居北側付近は

當麻蹶速の屋敷跡と云われているが当塚は相撲開祖の

蹶速公の墓として毎年追善法要を執行している。

近くの売店には「原酒 當麻蹶速」が売られていた
1_2

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○

播磨国風土記(はりまのくにふどき)

風土記は713年、諸国に発せられた官命で編さんされました

『播磨国風土記』は、奈良時代に編さんされた代表的な

風土記の一つです。播磨国風土記には「昔、土師(はにし:

埴輪や古墳の作製に 携わった人)の 野見宿禰(のみのすくね)

が、大和から出雲国へ通う途中、 日下部野(くさかべの)

泊まったが、病気になって亡くなりました。その時出雲から

沢山の人がやってきて墓所を立てたと言う。

出雲街道は、大和から今の中国縦貫道に沿った形で播磨を

抜け、美作・津山・勝山といった比較的平坦な山沿いを抜け、

伯耆に入り溝口あたりを通る経路。

後の参勤交代の街道として松江藩が用いたことから、

出雲街道とも呼ばれています。

出雲街道は、奈良大和文化と出雲文化を結ぶ重要な道と

して古代より発達し、今から1.300年ほど前の大化の頃には

すでに官道として整備されていた。
,

     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
,

JR龍野駅前の観光案内所で野見宿祢を尋ねるウォーキング
,
コース地図を頂き猛暑の中を歩いた。龍野は美しい山容と

ともに、その麓にある龍野城で知られている。素麺(そうめん
,

醤油・、童謡「赤とんぼ」などで有名なこの町が、野見宿禰
,

と深いつながりがある
Photo_5


JR龍野駅をでて揖保川を渡り先ず竜野城跡に着いた
1

Photo


竜野城跡の緩やかな参道を登って行くと野見宿禰神社の

灯籠の前に着きました。
8


灯籠から先の急峻な石の長い階段を見上げると、絶望的に

なる。見上げるだけで汗が噴き出した。

その階段を 汗だくになりながら登り詰めると野見宿禰の墓
1


と言われている「出雲の墓屋」に着いた。古墳の前には、

鳥居と石作りの扉があり、周囲には山道が巡っていて

一回りすることができる。まるで古墳造りのようだ

一息ついてから改めて墓屋を見てみると、
一面草木で

覆われた墓屋の周りの囲いの石は出雲からやって来た

大勢の人々を、野に並べ立てて揖保川から人海戦術で

直径30㎝前後の河原の石を手渡しして墓の山を築いたと

言われる。そこで その地を立野と名づけたらしい。

また 野見の宿祢の遺髪を持ち帰り 現在の島根県松江市

宍道町に有る「菅原天満宮」に墓標を作り葬った
Photo_3

また、その墓屋(陵墓)を名づけて、出雲の墓屋といいます。

龍野公園内にある境内には明治大正時代の力士84名

および行司が寄進した玉垣が残る。
9

何故か芸子が寄進した玉垣も残っていた
10


墓屋は鳥居と石の扉で、正面からは古墳の様子を見る事は

できない。野見宿禰の墓屋の立派な石の扉には、 出雲大社

の宮司「千家」家の家紋である二重亀甲剣花菱紋が刻印

されている 
2                             

7
4

古墳が龍野の平野をにらんで築かれていて揖保川の流れを

眼下に、市街を一望できる
3

6~7世紀の古墳から竜野で発掘された「装飾付須恵器

(そうしょくつきすえき)」の中に相撲を表した小像がつけられた

ものがある。少なくとも古墳時代後期の播磨では、相撲が

おこなわれており、それは古墳を築いた墓の主たちにとって

大切な行事だったことは確からしい。
5

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○*

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;
,

   ,
           アトリエ・ミュー 通信       

,

              猫好きの方必見       
,

              ☆   NEW ARRIVAL    

可愛さ鉄板の唐草模様のカラーが出来ました (*´ェ`*)
大きなおリボンをキュッと結び上げ
リボンの先にはキラキラ ラインストーンが
大小TOTAL6個も付いてます                    (◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。
他店には無いNeko's完全オリジナル


ネコちゃんや小柄なワンちゃんにピッタリです (*゚ー゚*)
草リボン Price:¥1680(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/239
20150829_931ef1

              ☆ NEW ARRIVAL☆

当店で密かに人気の御朱印帳カバーwww
やっと新作が出来ました~♪
ねむり猫と鞠猫の2デザイン!
どちらも紬とあわせた丈夫で上品な仕上がりで
パワーストーンを付けました☆

ねむり猫  Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/236

鞠猫  Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/237
71

2


御朱印帳シリーズに新しいカバーと巾着が登場です。
市松文様に色々なポーズの猫さんが描かれた和柄生地と
ちりめんを組み合わせたモダンで品のあるカバーと巾着です

ラインストーン付き♪御朱印帳カバー✿猫市松✿ 
Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/229

巾着袋✿猫市松✿
Price:¥2050(税込み)

http://nekos.ocnk.net/product/230
1618710_982283605123051_90988808711

アトリエ・ミュー本社Img_4347

このブログの左袖 一番下にリンクが貼ってあります 

                http://nekos.ocnk.net 

« 多古 平島 | トップページ | 8月総括 味道園 石原美和・粟井理菜氏 »

歴史探訪」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多古 平島 | トップページ | 8月総括 味道園 石原美和・粟井理菜氏 »