Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 8月総括 味道園 石原美和・粟井理菜氏 | トップページ | 大田君 マゴチ ・お父さん ハモ  ヒラマサ・アジ・アカミズ »

2015年9月10日 (木)

相撲の起源ー4 宍道天満宮・神魂神社・道明寺・歴代横綱

9月10日の誕生花    フヨウ (芙蓉)

花言葉:      繊細美、しとやかな恋人
910

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


色々調べましたが日本の国技 (法的根拠は有りません)

相撲は 神話伝説上において、出雲無くしては相撲の歴史は

語れない位、縁があります。

松江藩七代藩主松平不味の時代松江藩には雷電為右衛門

などの強豪力士を抱え、享和元年(1801)の番付では

大関から上位六人をすべて松江藩のお抱え力士が占めてた

1_5

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。

Photo_8


【宍道町菅原天満宮と野見宿祢の墓】

播磨国風土記には、大和国で活躍していた野見宿祢が故

郷出雲国 へ通う途中、播磨国揖保川西岸
(現在の竜野市)

病死し、その時 出雲国宍道 来待 来待石の産地で石工の

人たちが沢山やって来て出雲墓屋を作った話を伝えています、

その人たちが宿祢の分骨を持ち帰り、この地に埋葬したと

いわれています。 


島根県松江市宍道 菅原町の天満宮 境内図 
Photo

Photo_5

天歴5年(西紀951年)4月 菅原天満大自在天神と仰ぎまつり

その後700余年を経て 松江・松平藩祖・直政公が御信仰篤く

寛文3年(西紀 1663年)6月23日、東北地方の羅漢松
(くさまき)

と称する名木を以って、新しく社殿を御造営になりました。

(現在の本殿がその当時のものであります)御扉には五彩の

雲に金泥の双龍が描かれており、狩野永雲の筆によるもの 

本殿
Photo_2

境内右奥に細い石段が有り 上り詰めると野見宿祢墓が有る
Photo_4
Photo_3

【野見宿祢の墓】
1


時代は下って、道真公の父君是善卿が出雲の国庁に御在任

の折、菅原家の祖先であるこの野見宿祢の墓に参拝された

時、卿を案内した乙女を寵愛され、その間に生まれた御子が

菅原道真公であると伝えられています。その後現在の大阪府

藤井寺市道明寺で育てられた (解説文は現地の看板より) 

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:* ;:*☆*:;;;; 

素麺 揖保乃糸 素麺は大和三輪において紀元前91年


(崇神天皇7年) 大物主命の五世の孫である大田子根子命が

大神神社の 大神主に 任ぜられ、その十二世の孫である

五位位上大神 朝臣狭井久佐の次男穀主が初めて作ったと

言われる。
Photo_6


野見宿祢が揖保川の名水を知り 三輪の素麺製造技術を

地元に指導して現在奈良県の三輪素麺と共に、日本を代表

する素麺になった。 、

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・★゜・。。・゜。。・゜゜・★゜・。


土師氏の中には、姓を菅原に改めた氏があり、その菅原氏

から公家の五条家が出たが、五条家は野見宿禰の子孫で

あることから相撲司家となった。


島根県飯南町には「野見宿禰赤名相撲甚句会が有る

   ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

野見宿禰を祀る全国の主な神社

菅原天満宮(島根県松江市)境内に野見宿禰の墳墓がある。

道明寺菅原天満宮内土師神社(大阪藤井寺市)

大野見宿禰命神社(鳥取県鳥取市)・

野見宿禰神社 (兵庫県たつの市)

野見神社(愛知県豊田市野見山町)・

片埜神社(大阪府枚方市) ・

石津神社(大阪府堺市堺区)・

神魂(かもす)神社(島根県松江市) 社殿は国宝

宿祢は大和「當麻蹴速」との対戦の為 神魂
(かもす)神社

に参籠、必勝を祈る内に、神夢に依って、裏山へ奇岩、怪石

を累々と集めて力試をし、天磐座大神を祀り、信仰によって

自信を深め蹴速を倒した。
此の磐座には宿祢の全智全能が

こもっていて角力の祖神として、勝負事(運動競枝)事業

(土木、建築、相場)商売繁昌、勉学、夫婦和合、授児などの

霊験ありと信仰されている。
Photo_7

本殿内部の壁絵。

代々の出雲国造(くにのみやつこ)による、神火継続式

(おひつぎしき)や
新嘗祭(にいなめさい)のあと、大穴持ち

(出雲王国の主王)が 
奉納相撲をご覧になっているところ。

2



歴代横綱 横綱は、天下無双であるという意味を込めて

「日下開山」(ひのしたかいさん)と呼ばれる。

    四股名        出身地  横綱年  引退年  優勝回数

1明石志賀之助
あかし しがのすけ
宇都宮藩 不明 不明 不明
2綾川五郎次
あやがわ ごろうじ
栃木県 不明 不明 不明
3丸山権太左衛門
まるやま ごんだざえもん
宮城県 1749年 1749年
現役中に死去
不明
4谷風梶之助
たにかぜ かじのすけ
宮城県 1789年11月 1794年11月
現役中に死去
21回
5小野川喜三郎
おのがわ きさぶろう
滋賀県 1789年11月 1798年10月 7回
6阿武松緑之助
おうのまつ みどりのすけ
石川県 1828年2月 1835年10月 5回
7稲妻雷五郎
いなづま らいごろう
茨城県 1829年9月 1839年11月 10回
8不知火諾右衛門
しらぬい だくえもん
熊本県 1840年11月 1844年1月 1回
9秀ノ山雷五郎
ひでのやま らいごろう
宮城県 1847年9月 1850年3月 6回
10雲龍久吉
うんりゅう きゅうきち
福岡県 1861年9月 1865年2月 7回
11不知火光右衛門
しらぬい こうえもん
熊本県 1863年10月 1869年11月 3回
12陣幕久五郎
じんまく きゅうごろう
島根県 1867年1月 1867年11月 5回
13鬼面山谷五郎
きめんざん たにごろう
岐阜県 1869年2月 1870年11月 7回
14境川浪右エ門
さかいがわ なみえもん
千葉県 1877年2月 1881年1月 5回
15梅ヶ谷藤太郎 (初代)
うめがたに とうたろう
福岡県 1884年2月 1885年5月 9回
16西ノ海嘉治郎 (初代)
にしのうみ かじろう
鹿児島県 1890年5月 1896年1月 2回
17小錦八十吉 (初代)
こにしき やそきち
千葉県 1896年5月 1901年1月 7回
18大砲万右エ門
おおづつ まんえもん
宮城県 1901年5月 1908年1月 2回
19常陸山谷右エ門
ひたちやま たにえもん
茨城県 1903年6月 1914年5月 7回
20梅ヶ谷藤太郎 (2代)
うめがたに とうたろう
富山県 1903年6月 1915年6月 3回
21若嶌權四郎
わかしま ごんしろう
千葉県 1903年1月 1907年1月 4回
22太刀山峯右エ門
たちやま みねえもん
富山県 1910年6月 1917年1月 11回
23大木戸森右エ門
おおきど もりえもん
兵庫県 1913年1月 1914年1月 10回
24鳳谷五郎
おおとり たにごろう
千葉県 1914年6月 1919年5月 2回
25西ノ海嘉治郎 (2代)
にしのうみ かじろう
鹿児島県 1915年5月 1917年5月 1回
26大錦卯一郎
おおにしき ういちろう
大阪府 1916年5月 1922年1月 5回
27栃木山守也
とちぎやま もりや
栃木県 1918年2月 1925年5月 9回
28大錦大五郎
おおにしき だいごろう
愛知県 1918年5月 1923年1月 6回
29宮城山福松
みやぎやま ふくまつ
岩手県 1922年2月 1931年3月 2回
30西ノ海嘉治郎 (3代)
にしのうみ かじろう
鹿児島県 1922年5月 1928年10月 1回
31常ノ花寛市
つねのはな かんいち
岡山県 1924年1月 1930年10月 10回
32玉錦三右エ門
たまにしき さんえもん
高知県 1933年1月 1938年5月
現役中に死去
9回
33武藏山武
むさしやま たけし
神奈川県 1936年1月 1939年5月 1回
34男女ノ川登三
みなのがわ とうぞう
茨城県 1937年1月 1942年1月 2回
35双葉山定次
ふたばやま さだじ
大分県 1938年1月 1945年11月 12回
36羽黒山政司
はぐろやま まさじ
新潟県 1942年1月 1953年9月 7回
37安藝ノ海節男
あきのうみ せつお
広島県 1943年1月 1946年11月 1回
38照國萬藏
てるくに まんぞう
秋田県 1943年1月 1953年1月 2回
39前田山英五郎
まえだやま えいごろう
愛媛県 1947年11月 1949年10月 1回
40東富士欽壹
あずまふじ きんいち
東京都 1949年1月 1954年9月 6回
41千代の山雅信
ちよのやま まさのぶ
北海道 1951年9月 1959年1月 6回
42鏡里喜代治
かがみさと きよじ
青森県 1953年3月 1958年1月 4回
43吉葉山潤之輔
よしばやま じゅんのすけ
北海道 1954年3月 1958年1月 1回
44栃錦清隆
とちにしき きよたか
東京都 1955年1月 1960年5月 10回
45若乃花幹士 (初代)
わかのはな かんじ
青森県 1958年3月 1962年3月 10回
46朝潮太郎 (3代)
あさしお たろう
兵庫県 1959年5月 1962年1月 5回
47柏戸剛
かしわど つよし
山形県 1961年11月 1969年7月 5回
48大鵬幸喜
たいほう こうき
北海道 1961年11月 1971年5月 32回
49栃ノ海晃嘉
とちのうみ てるよし
青森県 1964年3月 1966年11月 3回
50佐田の山晋松
さだのやま しんまつ
長崎県 1965年3月 1968年3月 6回
51玉の海正洋
たまのうみ まさひろ
愛知県 1970年3月 1971年9月
現役中に死去
52北の富士勝昭
きたのふじ かつあき
北海道 1970年3月 1974年7月 10回
53琴櫻傑將
ことざくら まさかつ
鳥取県 1973年3月 1974年5月 5回
54輪島大士
わじま ひろし
石川県 1973年7月 1981年3月 14回
55北の湖敏満
きたのうみ としみつ
北海道 1974年9月 1985年1月 24回
56若乃花幹士 (2代)
わかのはな かんじ
青森県 1978年7月 1983年1月 4回
57三重ノ海剛司
みえのうみ つよし
三重県 1979年9月 1980年11月 3回
58千代の富士貢
ちよのふじ みつぐ
北海道 1981年9月 1991年5月 31回
59隆の里俊英
たかのさと としひで
青森県 1983年9月 1986年1月 4回
60双羽黒光司
ふたはぐろ こうじ
三重県 1986年9月 1987年11月 なし
61北勝海信芳
ほくとうみ のぶよし
北海道 1987年7月 1992年3月 8回
62大乃国康
おおのくに やすし
北海道 1987年11月 1991年7月 2回
63旭富士正也
あさひふじ せいや
青森県 1990年9月 1992年1月 4回
64曙太郎
あけぼの たろう
ハワイ 1993年3月 2001年1月 11回
65貴乃花光司
たかのはな こうじ
東京都 1995年1月 2003年1月 22回
66若乃花勝
わかのはな まさる
東京都 1998年7月 2000年3月 5回
67武蔵丸光洋
むさしまる こうよう
ハワイ 1999年7月 2003年11月 12回
68朝青龍明徳
あさしょうりゅう あきのり
モンゴル 2003年3月 2010年1月 25回
69白鵬翔
はくほう しょう
モンゴル 2007年7月 現役 29回
70日馬富士公平
はるまふじ こうへい
モンゴル 2012年11月 現役 6回
71鶴竜力三郎
かくりゅう りきさぶろう
モンゴル 2014年5月 現役 1回

島根県出身横綱は第 12代 147年前の陣幕久五郎

鳥取県出身横綱は第 53代  45年前の琴櫻傑將

外人横綱は第64代曙太郎・67代~71代までは全部外人

相撲発祥の地 奈良県からは一人も横綱は出ていない 、


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・☆゜・。。・゜゜


、 上図 道明寺天満宮  下図 真言宗尼寺「道明寺」
Photo_9


真言宗室生派 尼寺道明寺 楼門(大阪府藤井寺市)
Photo_10

藤井寺市史より

道明寺周辺は、菅原道真の祖先にあたる豪族、土師(はじ)

氏の根拠地であった。聖徳太子の発願により土師八島が

その邸を寄進して寺としたという。道明寺は土師氏の氏寺

土師寺として建立された。当時は七堂伽藍や五重塔のある

大規模なものであった。  901年(延喜元年)、大宰府に左遷

される道真がこの寺にいた 叔母の覚寿尼を訪ね「
鳴けばこそ

別れも憂けれ鶏の音の なからん里の暁もかな」と詠み、

別れを惜しんだと伝えられる。 このことから道明寺では、鶏を

飼う家は現在も有りません この故事は、後に人形浄瑠璃・

歌舞伎の『菅原伝授手習鑑』 「道明寺」の場にも描かれている。

道真の死後 道明寺 と改められる。「道明」というのは道真の

号(雅号)です。 その土師氏の氏寺として建てられたのが

土師寺(はじでら)と いう古代寺院で、尼寺道明寺の前身です。

現在の道明寺本堂
1_4

また和菓子として全国に有名な「櫻餅 道明寺」はこの

尼寺から生まれた
1_2

土師氏は古代に土木事業を担う一族だったそうで大型古墳

の造営や埴輪作りに活躍したと考えられています。 野見の

宿祢の野見は後に大工が使う彫刻道具「ノミ」の 語源と

言われる。 - 平安時代初期 9世紀の
菅原道真作

国宝木造十一面観音立像
Photo_11

境内に土師器の窯跡の案内が有る
Photo_12

道明寺境内には土師寺の大きな塔心礎が残っています。
Photo_13

道明寺天満宮 参道
Photo_14

本殿
Photo_15

祭神は菅原道真公、天穂日命と、菅原道真公の おばに

当たる覚寿尼公である。参道正面の石鳥居に掛かる扁額。

「正一位太政大威徳天神」と書かかれています
Photo_16

平安時代に、一族の出身である菅原道真
(すがわらのみちざね)

が藤原氏の策謀によって九州・太宰府に左遷され、都に帰る

ことなくそのまま没すると、やがて都を中心として天災や疫病

が続発します。道真の怒りがもたらしたのだということから、

その霊が947年に京都の北野に天神として祀られ北野天満宮

が造られました。天神信仰としての天満宮の始まりです。

国宝6点を所蔵している天神さま 菅公遺品 青白磁円硯

(せいはくじえんけん)  銀装革帯(ぎんそうかくたい)

玳瑁装牙櫛(たいまいそうげくし)   伯牙弾琴鏡(はくがだん

きんきょう)  犀角柄刀子(さいかくつかとうす) 牙笏(げしゃく)  

野見宿禰の遠祖である 天穂日命を祀る土師神社がある。
Photo_17

道明寺元宮  土師社 土師(はじ)氏の氏神(うじがみ)として

祖先を祭神とする 土師神社は天夷鳥命・野見宿祢・大国主

命を祀っている
Photo_18

なお野見宿祢を祀る「土師神社」は全国に沢山有ります

  …━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 




:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;;:+*+

 
このブログの出典先・参考文献・参考人(有り難うございました)

古事記・日本書紀
日本相撲協会公式ホームページ
穴師坐兵主神社相撲神社 宮司・大神神社神職・十二柱神社 古老・
葛城市相撲館けはや座 職員・
出雲国造伝統略
西郷信綱「ノミノスクネ考」
相撲の歴史(長谷川明) 
葛城市観光協会公式ホームページ・
野見宿禰と大和出雲―日本相撲史の源流を探る
出雲国風土記
播磨国風土記
野見宿禰の墓屋 相撲の始祖 信原 克哉 [単行本] 
ウィキペディア・他ブログ多数
風見明『相撲、国技となる』
神宮司庁『古事類苑 武技部』吉川弘文館
荒木精之『相撲道と吉田司家』相撲司会
肥後相撲協会編『本朝相撲司吉田家』
吉田長孝『原点に還れ・国技相撲廃止の危機を突破した男
吉田司家二十三世追風 吉田善門』発行 熊本出版文化会館
次田真幸『古事記』 全訳注 上・中・下 講談社学術文庫
宇治谷孟『日本書紀』 全現代語訳 上・中・下 講談社学術文庫
宇治谷孟『続日本紀』 全現代語訳 上・中・下 講談社学術文庫
森田悌『日本後紀』 全現代語訳 上・中・下 講談社学術文庫
森田悌『続日本後紀』 全


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;;:+*
,

話しは変わりますが 美保関本社から「師匠」が62㌢ 

「ベンさん」でも60㌢の「さごし」が上がってるらしい
3

台風も去ったし 13日には本社に急遽出張しよう
,,

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

                                      

                 アトリエ・ミュー 通信

,

               猫好きの方必見       

,

     NEW ARRIVAL    

可愛さ鉄板の唐草模様のカラーが出来ました (*´ェ`*)
大きなおリボンをキュッと結び上げ
リボンの先にはキラキラ ラインストーンが
大小TOTAL6個も付いてます                    (◍•ᴗ•◍)♡ ✧*。
他店には無いNeko's完全オリジナル


ネコちゃんや小柄なワンちゃんにピッタリです (*゚ー゚*)
唐草リボン Price:¥1680(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/239
20150829_931ef1


                ☆ NEW ARRIVAL☆

当店で密かに人気の御朱印帳カバーwww
やっと新作が出来ました~♪
ねむり猫と鞠猫の2デザイン!
どちらも紬とあわせた丈夫で上品な仕上がりで
パワーストーンを付けました☆

ねむり猫  Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/236

鞠猫  Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/237
71

2


御朱印帳シリーズに新しいカバーと巾着が登場です。
市松文様に色々なポーズの猫さんが描かれた和柄生地と
ちりめんを組み合わせたモダンで品のあるカバーと巾着です

ラインストーン付き♪御朱印帳カバー✿猫市松✿ 
Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/229

巾着袋✿猫市松✿
Price:¥2050(税込み)

http://nekos.ocnk.net/product/230
1618710_982283605123051_90988808711

アトリエ・ミュー本社Img_4347

このブログの左袖 一番下にリンクが貼ってあります 

                  http://nekos.ocnk.net   

« 8月総括 味道園 石原美和・粟井理菜氏 | トップページ | 大田君 マゴチ ・お父さん ハモ  ヒラマサ・アジ・アカミズ »

歴史探訪」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月総括 味道園 石原美和・粟井理菜氏 | トップページ | 大田君 マゴチ ・お父さん ハモ  ヒラマサ・アジ・アカミズ »