Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

«  石亀・えのは・セイゴ・あじ・コノシロ・・・ | トップページ | 連日の雨 不漁 畑仕事・ゴルフ »

2015年11月19日 (木)

橿原神宮2675年祭

,11月19日の誕生花   ワレモコウ (吾亦紅)
、  
花言葉:          感謝、変化
         
 (桃色ワレモコウ)
1119


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

   新聞に橿原神宮特別拝観の案内が出ていた

 

「平成28年は、橿原神宮の御祭神神武天皇様が崩御されて

から2600年という式年の年となります。当神宮では、明年

4月3日に、神武天皇様の御聖徳を偲び、顕彰するための

祭典として「神武天皇二千六百年大祭」を行います。」

奈良県橿原市の橿原神宮で来年4月の神武天皇2600年

大祭を前に屋根のふき替えなどの修復工事が行われている

本殿(重文)の一般特別初公開が始まり小生も訪れた。
P1000313

神武天皇(じんむてんのう)、
日本神話に登場する人物であり、古事記や日本書紀によれば日本の初代天皇で皇統の祖とされている。神武天皇という呼称は、奈良時代後期の文人である淡海三船が歴代天皇の漢風諡号を一括撰進したときに付されたとされる。

 

『古事記』では神倭伊波礼琵古命(かむやまといわれひこのみこと)と称され、『日本書紀』では神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)、始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)、若御毛沼命(わかみけぬのみこと)、狹野尊(さののみこと)、彦火火出見(ひこほほでみ)と称される

 

日本書紀によると、神武天皇は神武天皇元年1月1日(紀元前660年)に即位し、この日は西暦で紀元前660年2月11日となるため、「建国記念の日」(以前の「紀元節」)と定められています。神武東征によって日本の基礎を作り、127歳で崩御したとされています

橿原神宮境内図 広い境内の隣には神武天皇陵も有る
Img_1

橿原神宮 HPより

照大神が天孫・瓊瓊杵尊に仰せになった「豊葦原の瑞穂

とよあしはらのみずほ国はわが子孫の君たるべき国なり」の

お言葉通り、神武天皇が国内を統一なさり、畝傍山
(うねび)

の東南・橿原の地に皇居を造られ、即位の礼を行われました。

明治時代に入り、天皇の御聖徳を永遠に尊び敬いたいという

請願が民間有志より出され明治天皇がこれを深くほめたたえ

元京都御所の賢所かしこどころと神嘉殿を下げ渡され、

明治23年4月2日、官幣大社・橿原神宮として御鎮座になった。

2_2

表参道(おもてさんどう)

表参道広場から西に向かって、参道が真っすぐ延びている。

一の鳥居が建つ中央の主道の両側に橿の並木が続き、

さらにその両外側に副道が設けられ100m程進むと神橋広場

に到着。

P1000311_2

宮川にかかる神橋を渡ると二の鳥居があり参道はここから

一線になり、南神門広場に出る
P1000256

小生は南神門の手前を左に曲がり神宮庁方面に向かい

深田池を望む休憩所に行った
Photo_8

深田池(ふかだいけ)

休憩所の前に約4万9500㎡(約1万5000坪)の大きな池が有る

対岸まで遊歩道が整備され四季を通じ神秘的な池である。

391

南神門広場左側に有る対岸の休憩所  
38

深田池から南神門に向かうところで小生が好きなTV番組

「そこまで言って委員会」に出演されている「竹田恒泰さん」
,

が「橿原神宮庁」から出てこられた。ウィキペディアによると

竹田恒泰さんの父親は竹田 恆和さん 
旧皇族 竹田宮

恒徳王の三男
。日本オリンピック委員会(JOC)会長(8期)。

国際オリンピック委員会委員。2020年東京オリンピック・

パラリンピック組織委員会理事。国際馬術連盟名誉副会長

(終身)、日本馬術連盟副会長。
ミュンヘンオリンピック・モントリ

オールオリンピック
馬術日本代表。旅行会社のエルティーケー

ライゼビューロージャパン株式会社 代表取締役社長である

Photo_5

南神門広場の右側に南手水舎(みなみてみずしゃ)がある

ここで手を洗い、口を濯ぎ、心身を清めて神門に向かった。

41

南神門(みなみしんもん)

南神門の右側の柱にかかる皇紀2675年の表札でここが

初代天皇をお祀りした神宮で有ることを改めて思い知った

南神門は素木建の八脚門で屋根は切妻造の銅板葺です

6


P1000257

石段を上がり神域に入ると、背後に畝傍山(うねびやま)を

控えた雄大な社殿が眼に入った 
広場は文字通り実に広い。

左側社務所ではお守りの販売と御朱印の受付もされていた
7

昨年伊勢神宮で買い求めた御朱印帳を出して巫女さんに

お願いすれば その巫女さんが御朱印を押してくれた。

後ろに人の気配を感じて振り返れば「竹田さん」が小生の

肩越しに笑顔で覗かれた

8


9

外拝殿(げはいでん) 橿原神宮  HPより

畝傍山を背景に、両脇に長い廻廊を連ねた壮大な入母屋造りの外拝殿は、昭和14年に完成した建物で、昭和の神社建築の粋ともいうべき豪壮さがうかがわれます。外拝殿の石階段を上ると、正面に内拝殿が見え、その屋根越しに幣殿の千木・鰹木が金色に輝いてそびえています。このあたりからの景観は、八紘為宇の大理想をもって国を肇められた神武天皇の宏大無辺な御神徳を景仰するに、まことにふさわしいものがうかがえます。112

外拝殿建物の右側に今年の干支小生の生まれ干支「ひつじ」

の絵馬が置かれていた

10_3

内拝殿(ないはいでん) HPより

橿原神宮がお祀りしているのは、第一代神武天皇と皇后の媛蹈?五十鈴媛命ひめたたらいすずひめのみことです。神武天皇は、天照大神の天孫・瓊瓊杵尊ににぎのみことより四代目に当たり、正式には「神日本磐余彦火火出見天皇かむやまといわれひこほほでみのすめらみこと」と申し上げます。皇后の媛蹈?五十鈴媛命は、大物主命の御娘に当たる方です。内拝殿は紀元祭その他重要な祭典に使用され、また特別参拝の拝殿となります。内拝殿の屋根越しに幣殿の千木・鰹木が金色に輝いてそびえて見えます。内拝殿と外拝殿との間には、周囲を廻廊に囲まれた外院斎庭があります。広さは3200m2(約970坪)あり、紀元祭には全国から数千人の参列者で埋めつくされます。
Photo_3

今回は神宮開設以来初めての一般特別公開で 普段は

閉まっている回廊の扉が開かれていた

13

回廊の壁には神武天皇の歴史を絵巻物で紹介されていた
Photo_7

廊の突き当りを左折した所に 特別拝観の受付が有った

神官よりお祓いを受け記念品を頂き直進する
14

御本殿・勅使館・貴賓殿・文華殿の拝観料2000円だった
1

外拝殿の右側回廊から内拝殿を望む ここから写真撮影禁止
15

本殿は京都御所の元賢所(かしこどころ)(安政2年建築)で、

明治23年の神宮創建に際して移築された。入り母屋造り、

檜皮(ひわだ)ぶき。工事中の本殿 (パンフレットより)

16

パンフレットより                 
17_1

本殿周辺は神職などしか入ることができない特別な空間。

参拝者は本殿西側の門から中に入り、修復中の本殿を間近に

見学できる。
2月に始まった修復工事では約28万枚の檜皮の

ふき替えを終え、飾り金具の磨き直しなどが続いており、

来年春に終了の予定らしい。(パンフレットより)

18

本殿の修復は明治37年、昭和11年、昭和51年にも

行われたが、一般公開は初めて (パンフレット)
2_3


P1000267

・…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

勅使館(ちょくしかん) HPより

勅使参向の際に参籠、潔斎する建物で、広間・上壇の間・

勅使の間・随員控室などがあります。

屋根は入母屋造瓦葺で、大正6年の建造です。

21

22

23

・…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

貴賓館(きひんかん) HPより

貴賓館は広間・上壇の間・展望室・応接室などからなり、

入母屋造銅板葺、車寄は唐破風造銅板葺で、昭和14年

建造です。廊下によって社務所と接続しています。
25

24

正面には神武天皇の肖像画が掛けられています26

神武天皇と記念撮影????(少し緊張しています)
27

・…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

文華殿(ぶんかでん)  HPより

昭和42年に、織田家旧柳本藩邸の表向御殿を移築、復元
,
したもの。江戸時代末期の天保15年に建立された屋形の
,
一部分で、1万石藩邸の遺構として珍しい存在。昭和42年
,

重要文化財に指定されました

28
29

30

32
31
,
神官の説明は日常語で非常に分りやすかった
35

大書院(だいしょいん)  HPより

表座敷で殿様が家臣たちと対面したところです。さすが藩主

だけあって、格式高い造りで、下段の間より中段、上段と奥に

入るにつれ床が高くなっています。
極彩色鮮やかな彫刻の

欄間に江戸時代の様式が遺されています
36

庭も最近復元されたようで 苔や置き石もまだ全体に

馴染んでいないように思えた

33

37

駐車場には全国のナンバープレートが見える。また多くの

右翼街宣車も有った                

40

このブログの参照元
橿原神宮公式ホームページ
Wikipedia
安津素彦・梅田義彦編集兼監修者『神道辞典』神社新報社、
白井永二・土岐昌訓編集『神社辞典』東京堂出版、
菅田正昭『日本の神社を知る「事典」』日本文芸社、
上山春平他『日本「神社」総覧』新人物往来社、
『神道の本』学研、


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。o

次回は神武天皇陵を紹介します

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

                                    


                                 
アトリエ・ミュー 通信,

               猫好きの方必見       
,
               ☆   NEW ARRIVAL    

7色のギンガムチェックのバンダナカラーに
∞チャームとラインストーンを付けました♪
是非お気に入りの色を見つけてください(*´?`*)

ネコちゃんや小柄なワンちゃんにピッタリです(*´ェ`*)

∞バンダナ Price:¥1680(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/242
12115683_407409739456353_45990795_4
,
11_2
,

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

人気のエコバッグの新作が完成しました   ♪
可愛いネコちゃん柄の生地にブラックを部分使いに、
少しシャープに仕上げたエコバッグです。
エコバックとしてのご使用はもちろん
コンパクトに畳めるので旅行などのサブバッグや
レッスンバッグにもちょうどいいサイズ感   

使用しない時は9分の1に折り畳んで収納できます。
エコトートバッグ ✿CAT(1)(2)✿ Price:¥1680(税込み)
20151020_ad21a2

20151020_f17611



当店で密かに人気の御朱印帳カバーwww
やっと新作が出来ました~   

ねむり猫と鞠猫の2デザイン!
どちらも紬とあわせた丈夫で上品な仕上がりで
パワーストーンを付けました   

ねむり猫  Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/236

鞠猫  Price:¥2160(税込み)
http://nekos.ocnk.net/product/237
71

2


アトリエ・ミュー本社Img_4347

«  石亀・えのは・セイゴ・あじ・コノシロ・・・ | トップページ | 連日の雨 不漁 畑仕事・ゴルフ »

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

神話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  石亀・えのは・セイゴ・あじ・コノシロ・・・ | トップページ | 連日の雨 不漁 畑仕事・ゴルフ »