Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 魚も同僚も全員集合 | トップページ | 豪華客船・カモメゲット »

2016年1月21日 (木)

石清水八幡宮

1月21日の誕生花      ロウバイ(蝋梅)

花言葉:         慈愛、先導、先見 
121
、、
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜
,
文化審議会は11月16日、現存する八幡造(はちまんづくり)

本殿の中で、最古で最大規模を誇る石清水(いわしみず)

八幡宮本社(京都府八幡市〈やわたし〉)を新たに国宝に

指定するよう文部科学相に答申した。【国宝の新指定】

石清水八幡宮本社・本殿など10棟(京都府八幡市)


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○

京都石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)
,
2015年(皇紀2675年)11月29日 皇太子殿下が八幡宮

を初めて御参拝された。天皇陛下は過去3回参拝されている

平成9年の8月、天皇・皇后両陛下が御参拝され その後

大修理が行われ色彩も鮮やかによみがえった
2015112901001359

小生も中学生時代に「エジソンの碑」を見学する為訪れた事

が有る。その時は余り神社仏閣に興味もなく記憶に残って

いない。ある日出雲大社の千家国麿さんが高円宮憲仁親王

の第二女子・典子女王 と ご結婚されると報道され 過去に

2・3度会議などでお会いした事が有るので調べてみると

2001年(平成13年)4月から、2005年まで石清水八幡宮で

勤務されていたようだ。現在 出雲大社の禰宜
(ねぎ・部長級)

を務められている。 改めて今回「石清水八幡宮」を参拝した。

京阪電車八幡市駅で下車 右に行けばケーブル乗り場

Photo_10

今回は左の表参道から徒歩で御参りすることにした
0ed0cce4278c5677ed38f9daed20dc32


Photo_8

京阪電車「八幡市」駅下車、東の方向に20mほど歩き右に

向かうと石清水八幡宮の「一の鳥居」が見える。

「一の鳥居」はかつては木造だったが、寛永13年(1636年)に

石造りに改められたとされている。鳥居の笠木・島木の切り

方や左右の柱の建て方が上に行くほど狭く成っている形式

など、八幡鳥居の特徴を表しているという。

Dscf0116

鳥居中央上部に八幡宮の「額」が掛けられている。額の字形

に特徴があり、八幡宮の『八』の字は 向かい合った二羽の

鳩が互いに顔だけを 外に向けた形に成っていた

先日御参りした誉田八幡宮の鳥居額は見合っていた。

石清水の額は一条天皇の勅額で天皇の勅により藤原行成が

長徳年間(995~999年)に書いたものを松花堂昭乘が元和5年

(1619年)に正確に書写し、それを銅製の額に打ち出した

11_2

一の鳥居」をくぐり、右手に放生池を見て南の方向に進むと

「頓宮北門」に着く。この門はもとは昭和天皇の即位に際し

京都御所にある春興殿の正門として建てられたもので、

大礼終了後、昭和3年に下賜され此処に移されたもの。

2

「頓宮北門」を入ると右に 南向きに建てられている「頓宮殿」

が目につく。頓宮とは一般の神社でいう御旅所であり、

祭礼の時に神輿が一時滞在する場所であるが、当宮は格式

が高いので御旅所と言わず、頓宮と呼ばれているという。

石清水八幡宮の頓宮(とんぐう)は、1868年(慶応4年)の

鳥羽伏見の戦いで焼失したため、男山四十八坊の一つ

「岩本坊」の神殿を移築して仮宮としていた
Photo_3

境内の反対側に南門が有る。以前の南門は明治元年(1868年)

に兵火で焼失し、70年間再建されていなかったが、昭和13年

(1938年)に山上にある本宮の南総門が新築されたのを機会に

本宮の旧南総門をこの場所に移築した。これが現在の

「頓宮南門」である。

南門には回廊がつけられているが、頓宮を囲んでいるもの

ではなく、L字型の不完全な物である

4

南門を出て右側に石清水八幡宮の摂社高良神社(こうら

じんじゃ)が有る 860年(貞観2年)または
869年(貞観11年)、

石清水八幡宮を勧請した行教によって創建されたと伝えられ、

1868年(慶応4年)の鳥羽伏見の戦いで焼失したが、その後

幾度かの再建・移築を経て、現在の社殿は1906年

(明治39年)に再建されたもの
  Photo

Photo_2

高良神社を通り過ぎると「二の鳥居」が有る
Photo_12

「二の鳥居」をくぐり まっすぐに進むと、七曲りの結構勾配の

キツイ参道に出る

3_2

Dscf0092


表参道途中 「大扉稲荷」 前で参道が枝分かれしている
Photo_5

Photo


表参道から分かれて右に進み松華堂跡・石清水社を目指した
Photo_2

松花堂昭乗(1584~1639)が営んだ「松花堂」という方丈の

建っていた跡地がある。
瀧本坊の住職であった松花堂昭乗

は寛永11(1634)年以前に弟子に坊を譲り、泉坊に移って

隠棲し寛永14(1637)年には泉坊の一角に方丈の草庵を

結び「松花堂」と称したことから松花堂昭乗と呼ばれるように

なりました。松花堂弁当の名前は石清水八幡宮の社僧で

あった「松花堂昭乗」に由来するらしい 
  11_3

敷地跡も「松華堂弁当」の仕切りのようだ
Photo_2 


松花堂を後に厳しい濡れ落ち葉で滑りやすい石段を少し

上がれば 石清水社に出た、霊泉「石清水」を核とした

摂社で、当宮の名の由来となった本宮御鎮座以前の起源に

遡り、御鎮座以前は傍に石清水寺が建立されており、本宮

創建と同時に石清水寺は「護国寺」となったとされています。
 
石造りの神明鳥居の石柱刻銘には、寛永13(1636)年当時の

京都所司代・板倉重宗の寄進により建てられたとあり、境内に

完全な形で残る鳥居としては最古のものです。

Photo

その銘文は松花堂昭乗の書であるということが分っている。

石清水は、厳冬にも凍らず大旱にも涸れない霊泉として、

男山五水の中でも特に尊ばれ、往古より皇室および将軍家の

祈祷にあたっては、この霊水を山上の本宮に献供するのを

例としていました。その際、神前に供された石清水を「御香水」

といいます。現在でも、当宮にて斎行される年間100余の祭典

には、当日早朝に汲み上げられた「石清水」が必ず御神前に

献供されています                                                     
Dscf0111

Dscf0112

石清水井 物を投げ入れるな と書いてあった
Photo_11

参拝を終えて表参道の大扉稲荷まで戻りまた表参道を歩いた

嵯峨野の竹林と同じような綺麗な竹林が目に入る
20130816iwatake

坂道・階段 キツイ参道を真っ直ぐ登ると「三の鳥居」がある
20130816iwakyukeijo

三の鳥居」から、石畳の参道が南総門へ続いている       6

「三の鳥居」から振り返ると今 息を切らせて登って来た階段が

見下ろせる。
帰りはケーブルで帰ろう 瞬時に決断した
20130816iwakaidan02

「三の鳥居」から直線に伸びている参道の両側には石灯籠

が並んで建てられている。どこの神社も灯籠は大きさが一定で

規則正しく並べているのが普通だが、ここの石灯籠は形も

大きさも不揃いで 320基の灯籠は不思議な光景だ

7_2

不揃いの石灯籠を眺めながら歩いていると何故か不安になる
12614001

左に巨大なモニュメントが見えた。神社とは不似合いな

感じの「湧峯塔」といわれるモニュメントがそびえている

Photo_3

その奥にはエジソンの碑が有った 

ある日電球の研究をしていたエジソンは日本の扇子を見つけ、

その竹骨を使って電球を試作してみました。するとその結果、

電球の寿命は飛躍的に延びました。竹は繊維が太く丈夫で

長持ちするフィラメントを作るのに最適であったのです。

さっそくエジソンは「究極の竹」を求め世界中に研究員を派遣し、

その中の一人探検家ウィリアム・H・ムーアは中国を経て日本

の京都を訪れた際、当時の槇村正直京都府知事から竹の

名産地であった八幡の「八幡竹」を紹介され、他所の竹と共に

エジソンのもとへと送りました。竹を受け取ったエジソンは

それらを使いさらに実験を繰り返し、そしてついに、最も

長持ちのする、最高の竹を発見します。その竹こそが京都・


男山周辺の真竹だったのです。この竹を使用した電球は何と

平均1,000時間以上も輝き続けたといいます。その後
セルローズ

によるフィラメントが発明され日本の竹は使われなくなった
Dscf0094

1

次回は1月21日」

『日本歴史地名大系 京都府の地名』
『太政類典』
石清水八幡宮  公式サイト
石清水八幡宮  京都府ホームページ
石清水八幡宮  京都市産業観光局観光MICE推進室
国史跡石清水八幡宮境内について 八幡市役所
ウィキペディア

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

                                     
,
 
                  アトリエ・ミュー 通信
,
                  
     猫好きの方必見       
,
                  ☆ NEW ARRIVAL  
,
             2016年1月の新作カラーは
,
   絞り風プリントの和生地に大きなリボンと
,
  優しい色合いの桜チャームを付けました♪
,
     新春のおめかしにいかがでしょうか?
,
 
         桜りぼん Price:¥1680(税込み)
                  
http://nekos.ocnk.net/product/245
12410551_1131246596893417_787630096

20161

,
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

、    当店で密かに人気の御朱印帳カバー

                       ねむり猫と鞠猫の2デザイン!
,
                        どちらも紬とあわせた丈夫で

                               上品な仕上がりで

,
           
パワーストーンを付けました 
,
 
         ねむり猫  Price:¥2160(税込み)
                  
http://nekos.ocnk.net/product/236

                   鞠猫  Price:¥2160(税込み)
                   
http://nekos.ocnk.net/product/237
71

アトリエ・ミュー本社
Img_4347

« 魚も同僚も全員集合 | トップページ | 豪華客船・カモメゲット »

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

大阪」カテゴリの記事