Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 大阪泉佐野支店 | トップページ | 八雲君・Kさん・ソルパラさん »

2016年9月15日 (木)

大阪天王寺七坂ー5 清水寺・安居神社・一心寺

9月15日の誕生花     マリーゴールド

花言葉:            嫉妬、悲哀
915

.
  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

.
清水坂(きよみずざか)

天王寺区伶人町の有栖山清水寺の北側に有り 愛染坂から南に歩くと、緩やかな石段で出来た五つ目の坂、清水坂が見えてきた。 清水坂は新清水清光院に登る坂道で、清水寺(きよみずでら)の北側にある為この名で呼ばれています。
3_7
.
51
.
坂を上り詰め右側の細い道をたどれば清水寺に出る
051
.
清水寺(きよみずでら) 宗派は天台系    HPより
.
山号は有栖山であり、詳名は有栖山清光院清水寺(ありすさん せいこういん きよみずでら)である。寛永17年(1640年)に延海阿闍梨(えんかいあじゃり)により中興された。延海は観世音菩薩の御告げを受けて、京都の清水寺を模した舞台造の本堂を建立し、本尊として京都の清水寺から迎えた千手観音像(聖徳太子作の伝承をもつ)を安置した。和宗総本山・四天王寺支院。宗教法人としては清光院で登録されている。
当寺の境内は北・西・南の三方が崖になっており、往時は大坂の街や大阪湾を見渡す眺望の地であった。京都の清水寺を模して建立されたために、新清水寺(しんきよみずでら)とも呼ばれる。境内の西側の崖に柱を組み上げて作った舞台があり、京都の清水寺を彷彿とさせる。
P1000983
.
京都の「清水の舞台」から見る景色とは全然違う
Dscf1462
.

ここは、通天閣が見える天王寺の「清水の舞台」です。(^_^;)))
2_5
.

舞台の南隅に「鐘つき堂」がある。この「鐘つき堂」は普通には見かけない珍しいもので、およそ「鐘つき堂」と云う言葉が似合わない建造物である。覆屋がなく4本の鉄柱で支えられた枠の中央に吊り下げられた釣鐘が雨ざらしの状態になっている。鐘つき棒も巻きあげられていたDscf1461
.
高さ300mのアベノハルカスも目の前にそびえる
P1000984
.
墓地の片隅に「子育地蔵尊]が安置されている。かつては子育地蔵尊の近くに無声地蔵尊も安置されていた、昔、毎夜のこと、水面に浮かび上がる木があり、その木から赤子の泣き声が聞こえた。ある人は、これは人々を救うために現世にあらわれた地蔵尊であると考え、その木で地蔵尊を刻みこの場所に安置た、という伝説があるという。この地蔵尊は病気の平癒、除災招福、また、子供の守護や子授けに霊験があるとされている。
5_3
.
京都清水寺と思わせる「玉出の滝」入り口

P1000985
.
大阪市内唯一の天然の滝である「玉出の滝」(たまでのたき)
1_11
.
Dscf1490
.
Dscf1491
.
清水寺を出て、来た道を下りきって、南へ歩くと左側に石畳が見えます。六つ目の坂、天神坂の下り口です
1_12

61
.
正面に安居神社裏山道の階段が有る                        Dscf1470
.
上町台地に有る安居神社境内から振り返ると結構急階段だ
Dscf1471
.
当神社の創建の年代は定かではないが、聖徳太子が四天王寺を建てた頃(約1400年前)であろうと伝わる。祭神は少彦名神と菅原道真を祀る。境内は天神森あるいは安井森とも称される。桜の名所でもあり景勝地であったらしい。広重「浪速名所図絵 安井天神山花見」
2_6
.
901年(昌泰4年)菅原道真が筑紫に左遷され、その途中、河内道明寺の叔母を訪ねる道すがら、篤信家の道真は四天王寺に参拝した後この安居神社で休息したと伝わる。  
安居神社 拝殿
1_13
.
Dscf1472
.
Dscf1473
.
古来、名水 特に七名水として名を馳せた安居の清水「かんしづめ(癇鎮め)の井」(別名:かんしずめの井)の址などがある。今は枯れています
8_4

.
真田幸村戦死の地
9
.
境内に大坂夏の陣で戦死した地と伝えられる 「眞田幸村戦死跡之碑」が建てられている。
3_8
.
稲荷神社
4_7
.
安居神社のさなだ松(2代目)です。幸村はこの樹に寄りかかって休んでいたそうです。
7_2_2

.
Dscf1474
.
Dscf1475
.
安居神社の南側の入口です。
Dscf1476
.
Dscf1488
.
安居神社の南側の入口の前は車の往来の激しい片側二車線の幹線道路国道25号線 七坂の一番南の逢坂(おうさか)です。南西の方角には通天閣、東の方角には四天王寺の五重塔が見えます。 逢坂は、逢坂の関になぞられてよんだものとも、他説では聖徳太子と物部守屋の二人が信じる方法を比べ合わせた「合法四会」に近いことにより合坂と名付けられたなどの諸説があります。天王寺区松屋町筋終点、いわゆる合法ヶ辻 から東へ上がって四天王寺西門に至る坂道です
7_3
.
国道25号線を挟み 安居神社から見た「一心寺」
Dscf1477

71
.
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
.
夕陽丘の一角に位置する一心寺は、文治(ぶんじ)元年(1185)、法然(ほうねん)上人が四天王寺西門の西側あたりに、草庵を結んだのが始まりとされる浄土宗の寺院。後白河法皇もこの地で、西方に沈みゆく太陽に向かって念仏を唱え、極楽生涯を願う「日想観」の修行を行ったといわれる。現在の境内地は、秀吉の夫人高台院からの拝領によるもの。大坂冬・夏の陣では徳川家康の本陣が置かれた場所としても有名だ。これは、江戸時代末期から宗派を問わず庶民が納骨に訪れる

京都大学建築科卒の建築家でもある現住職の設計による奇抜な山門や不動尊・日想殿も見どころ。
Photo_13
.
本堂
Photo_14
.
Xz1_20110810_029
.
御本尊は京都百萬遍知恩寺阿弥陀堂の本尊であった阿弥陀仏像をご遷座頂いたものである。
Honzonl_no39
.
納骨堂
0_2
.
大阪市内の「一心寺」は最も有名な骨仏の寺です。明治20年(1887年)に始まって以来、今日まで200万人以上の納骨により仏像が造立されてきました。10年ごとに1体ずつ開眼し、現在までに13体が作られているんです。残念ながら戦前に作られた6体は戦災で消失したため、現在一心寺には7体が奉られています。最も新しい第13期骨仏は、平成9年~18年の納骨163,254体により平成19年に作られました。 「人間の骨で作られた仏像」などと言うと、気味が悪く思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも昔から日本人は土葬を行う地域の外国人に比べ、遺骨にそれほど抵抗がない気がします。
88ea90s8e9b201102091
.
骨仏は、骨仏師といわれる専門家が遺骨を砕き、粉末状にしてコンクリートやセラミックスなどに混ぜて、造り上げられます。真新しい13期の骨仏は白くすべすべとしていました。
2_1913_2
.
本堂右側の寺務所に回り御朱印を頂いた
P1000986


Dscf1492
.

NHKの大河ドラマ「真田丸」で初めて知った大阪天王寺七坂 
.
大阪に生まれ大阪で育った小生が京都・奈良の神社・古寺
. .
を巡ったが 地元の大阪はほとんど知らなかった と言うより
.
興味が無かった。今回歩いて驚きと感動の連続だった.。
.
機会が有ればもう少し地元を真剣に勉強してみようと思う
.
.
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;
.

         猫好きの方必見   
,
 にゃんことわんこのおしゃれグッズをハンドメイド  ♪

0
,
  
                 ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
,

Neko'sではネコちゃんワンちゃんに優しい天然素材を中心に
            オリジナルのおしゃれなカラーやおもちゃ
 オーナーグッズなどをハンドメイドで製作・販売しています
 
,
シニア世代・病中病後に必要なエリザベスカラーや術後服も
             オーダーメイドでお作りいたします。
      店長選りすぐりのネコちゃん・ワンちゃんグッズ
       イ ンテリア・雑貨なども取り揃えております。

,
         ごゆっくりご覧になってください  ♡

             
  http://nekos.ocnk.net/

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;
,
9月の新作です!   芸術の秋ということで~
    音楽会をイメージした可愛いカラーです


ベースは音符模様 
♪ お衿はピアノの鍵盤模様
真ん中に黒のギンガムチェックのおリボンと
ゴールドのト音記号チャームを付けました  
(✿´ ꒳ ` )
20160905_68c759

.
ネコちゃんや小柄なワンちゃんにぴったりです!
14225337_509615409235785_8358943817
.
DM便送料無料
ミュージックリボン Price:¥1680(税込み)
    http://nekos.ocnk.net/product/260
.
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;

« 大阪泉佐野支店 | トップページ | 八雲君・Kさん・ソルパラさん »

美の散策」カテゴリの記事

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

大阪」カテゴリの記事