Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 大敷網は絶好調 | トップページ | 新年明けましておめでとう御座います »

2016年12月29日 (木)

京都東山-2 方広寺・豊国神社・

12月29日の誕生花     オドントグロッサム

花言葉:                     特別の存在 
1229_2
.
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо
.
8e4e8808db89049ff8b0eb00cb13a7bd

.

三十三間堂を出て道路を渡れば角に「大仏前交番所」が有る
.
{大仏}??交番所の巡査に由来を尋ねれば豊臣秀吉がここ
.
に京都大仏を作ろうとして地名が残っている。と教わった。
.
北上すると京都国立博物館が有り博物館を過ぎると、歩道
.
右手に豊国神社の入口まで人よりも大きな石垣が有り、
.
地元では「豊公大石垣」と呼ばれている。
241218_261
.
これは豊臣秀吉が大仏造営するにあたり、二十一カ国に
.
通達して巨石を運ばせたものです。その際、諸大名が自領の
.
自慢の石を持ち寄って、大きさを競い合ったらしい。
7_2
.
豊国神社に着いた。豊国神社鳥居

P1600659
.

境内に入り左に有る稲荷社前を左に折れれば「方広寺」の
.
大きな鐘楼に出た。
Cimg0064
.
豊臣秀吉は天正14年(1586年)に、松永久秀の焼き討ちにより
.
焼損した東大寺大仏に代わる大仏の造立を発願。
.
だが大仏と大仏殿の造立はいったん中止された。のち天正16年
.
(1588年)に、再開した。秀吉は大規模工事に巧みであった
.
高野山の木食応其を造営の任にあたらせた。鐘楼の横に
.
本堂が有り外からも御本尊が拝めるようになっていた。
461478fbbacc1315f73070502ac44c98

小生は無人の受付のインターホンを押すと住職が出て来られ
.
御本尊の拝観と御朱印を依頼した。方広寺の
通称は「大仏」
.
または「大仏殿」。豊臣秀吉が発願した大仏(盧舎那仏)を
.
安置するための寺として木食応其によって創建された

.
御本尊
盧舎那仏坐像

江戸時代の天保年間、焼失した旧大仏を模した1/10の木造像
1731
..

方広寺の釣鐘  大阪冬・夏の陣の引き金になった鐘
.
大仏殿の遺構が残っている方広寺の鐘楼ですが、そこで吊る
.
されている梵鐘は「国家安康の鐘」と呼ばれています。
.
高さ4.2メートル、外形2.8メートル、厚さ0.27メートル、重さ82.7トン
.
という大きな鐘です。方広寺の釣鐘は、方広寺鐘銘事件として
.
有名です。これは徳川家康が豊臣秀吉を潰すために、起こした
.
事件です。大仏立て直した時に作った鐘の銘文の中に、
.
国家安康のという文字を記したのですが、この記し方が家康の
..
名前を分割しているため、身を切るという意味になり、逆に
.
君臣豊楽という文字が豊臣家が栄えることを意味していると
.
非難したと言われています
1_3
.

鐘には上部に白枠で囲まれているのがその「国家安康」
.
「君臣豊楽」と書かれています。
.
国家が安泰して、君主も臣下も豊かになることを願っている.

Hokojikane0
.
 鐘楼の天井画
5_3

Photo_3

出典 『新版 古寺巡礼 京都18「妙法院・三十三間堂」』淡交社
    『秀吉の大仏造立』河内将芳 法藏館
.    ウイッキペキア

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**
.
境内続きの豊国神社と方広寺には深い関係があります。
.
方広寺は天台宗のお寺で、「大仏殿」と言われ親しまれている。
.
なぜこのように呼ばれるようになったのかというと、豊臣秀吉が
.
発願した大仏を安置するためのお寺として、建てられたという
.
歴史があるからです。様々な物が明治以降になると豊国神社
.
へ移された。豊国神社に有る物は元々方広寺の寺宝だった

Taiko_map
.
「豊国神社」、その名から分かるとおり「豊臣秀吉」を祀った
.
神社です。豊臣家滅亡とともに徳川家の命により廃絶となり
.
一度は取り壊されたものの明治時代に明治天皇の勅命に
.
より再興された。今も重厚で美しい姿を誇っています。
Hideyoshi

.
豊国神社国宝唐門,は、豪華な国宝の唐門のことを言います。
.
この門が造られた当時はもっと豪華であったと言われて
.
いますが、現在でも十分に豪華で見事な門です。この門に
.
ある「鶴」と「鯉」の彫刻は一見の価値ありの素晴らしい彫刻です。
.
「鯉」の彫刻は「鯉の滝登り」として「立身出世」の門です。
.
唐門が国宝とされているのは、大徳寺や西本願寺など限られた
.
場所しかありません。伏見城で使われていた楼門だったという
.
話もあります。伏見城はかつて秀吉が隠居した後に住もうと
.
して建てた場所です。彫刻は江戸時代初期に活躍した
.
左甚五郎の作品があります。
.
かつては門に黒漆が塗られていて、さらに金箔も塗って
.
あったといいます。非常に豪華絢爛な作りだったようですが、
.
秀吉は派手好きですから当たり前にも思えてきます。
1_2
.
欄間に「目無しの鶴」と呼ばれる2羽の鶴。今にも飛び出さん
.
ばかりの立体的な鶴の彫刻です。しかし、写真では見えにくい
.
ですが、名前の通り目がありません。その理由は、目を入れる
.
とそれで完成になってしまい、そうなると本当の鶴になって
.
飛んでいってしまうと考えられたからなのだとか。
.
左甚五郎作の彫刻は、そういういわれのあるものが多いです
6_2
.
拝殿と本殿(奥)
2_2
.
秀吉の馬印「千成瓢箪」にちなんだ瓢箪形の絵馬。豊臣秀吉
.
の馬印であった千成瓢箪の形をした絵馬や瓢箪をかたどった
.
形のお守りもあります。またひょうたん絵馬には秀吉とねねに
.
あやかっての二枚組の「縁結び」絵馬もありました
3_2
.
阿弥陀ヶ峰山頂の豊国廟五輪塔(馬塚)》
.
神社の奥にひっそりと建っている五輪塔(馬塚)。神社が
.
廃されていた間は、これが代わりに拝まれていたそうです。
.
塔には秀吉の名前は無く、代わりに梵字と
「元和元年八月十八日」
.

の祥月命日の日付が刻まれているだけ。表立って秀吉の名を
.
出すことも憚られた、当時の状況が伺えます。
4_2
.
豊臣家の家紋、五七桐ごしちのきり。
5_2
.
社務所に御朱印帳を預けて宝物館に入った
20140502toyokunihoumotsukan
.
豊国神社の境内には、神社の所蔵する秀吉ゆかりの品々を
.
展示している宝物館があります。大正14年に開館しており、
.
当時では最新の鉄筋コンクリート製という貴重な近代建築。
.
桃山造り風の建物は神社とのコントラストを考えてですが
.
戦火の影響もなく現存しています。
Photo_4
.
館内は多くの国宝・重文が展示されている

1_4
.

桐鳳凰紋蒔絵唐櫃
.
桐と鳳凰の文様はめでたい時に使われる柄ですが、故事に
.
『鳳凰は天下人が現れる時に、桐の実を食べに現れる』とある
.
ように足軽から天下人になった秀吉好みの「高台寺蒔絵」を
.
施した豪華な唐櫃です
P4295789
.
Saireizu_left2
.
Topics590439824c4ce703c576c71e42776
.
拝観を終え御朱印帳を頂き来た道を戻った

Photo_2

.
出典先 
三鬼清一郎「豊国社の造営に関する一考察」1987年

河内将芳「豊国社の成立過程   秀吉神格化をめぐって」
外部リンク  京都・東山(豊国神社)
.
次回は 三十三間堂を所管する妙法院をご紹介します
.

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
.
     良いお年をお迎えください
.

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;
.
             猫好きの方必見   
,
 にゃんことわんこのおしゃれグッズをハンドメイド  ♪

0
,
  
                 ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
,
Neko'sではネコちゃんワンちゃんに優しい天然素材を中心に
            オリジナルのおしゃれなカラーやおもちゃ
 オーナーグッズなどをハンドメイドで製作・販売しています
 
,
シニア世代・病中病後に必要なエリザベスカラーや術後服も
             オーダーメイドでお作りいたします。
      店長選りすぐりのネコちゃん・ワンちゃんグッズ
       イ ンテリア・雑貨なども取り揃えております。

,
 ごゆっくりご覧になってください  ♡

  http://nekos.ocnk.net/
.

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○*

,
        12月の新作カラーはクリスマスにピッタリな
.
 
サンタさんの帽子をイメージしたバンダナカラーです。
.
       
バンダナの先にはフワフワのミンクファー 💛
.

    カラー部分にはポンポンレースとラインストーンを♪

20161130_e5259f
.
  ネコちゃんや小柄なワンちゃんにぴったりです!
15319116_548146948715964_1557161955
.
                               
DM便送料無料♪
        Santa hat Price:¥1680(税込み)

         http://nekos.ocnk.net/product/263

.♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:.

« 大敷網は絶好調 | トップページ | 新年明けましておめでとう御座います »

美の散策」カテゴリの記事

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事