Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 美保関 チヌ・サゴシ | トップページ | 美保関・海崎港 »

2018年6月28日 (木)

京都伏見稲荷-1

6月28日の誕生花   ペラルゴニウム

花言葉:         愛情、尊敬
628
.
 ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*
.
今回は初夏の京都を思い付くまま巡礼?しました
.
先ず大阪淀屋橋駅から京阪電車特急に乗り「丹波橋」で
.
普通に乗り換え伏見稲荷駅に到着しました
Cimg1931
.
京都府京都市伏見区深草藪之内町68  075-641-7331
.
京阪稲荷駅から徒歩約5分 全国に約3万社あるといわれる
.
稲荷神社の総本社です。
.
   
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
.

伏見稲荷大社の起源については、「山城国風土記」の逸文に
.
《秦中家ノ忌寸等の遠祖、伊呂具秦公の的にして射た餅が
.
白鳥と化して飛び翔けり、その留った山の峰に“稲”が生じた
.
奇瑞によって、イナリという社名になった》とあり、また「神衹
.
官勘文」や「年中行事秘抄」などに引く「稲荷社禰宜祝等申状」
.
には《この神は、和銅年中、初めて伊奈利三ヶ峰の平処に
.
顕坐してより、渡来人「秦氏」等が禰宜・祝として春秋の祭り
.
に仕えた》とあります。さらに社記(十五箇條口授伝之和解)
.
には《元明天皇の和銅4年2月壬午の日に、深草の長者
.
“伊呂具秦ノ公”が勅命をこうむって、三柱の神を伊奈利山の
.
三ヶ峰に祀ったのにはじまり、その年は五穀が大いにみのり、
.
蚕織なって天下の百姓は豊かな福を得た》と伝えています。

.

 ...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
.

京阪伏見駅から初めての道を右折すればJR伏見稲荷駅前
.
に出ました。左には大鳥居越しに楼門が見えます

Photo_2
.

楼門は天正17年(1589年)豊臣秀吉が造営されました。
.
秀吉の母大政所殿の病悩平癒祈願が成就すれば一万石
.
奉加する、と記したいわゆる“命乞いの願文”が伝わっている

Cimg1929
.

伏見稲荷大社の御祭神である稲荷大神様が稲荷山に
.
御鎮座されたのは、奈良時代の711年2月初午の日のこと。
.
その日から数えて、今年は御鎮座1307年を迎えました。

11_71120111300

.
楼門には仁王像でなく「キツネ」が置かれている
Cimg1911
.
2_2

.
楼門を潜ると外拝殿が有る

Photo_2

.
その奥に本殿が見える
.
社記には「御本殿五社相殿ウチコシナガシ作四方ニ高欄有
.
ケタ行五間五尺ハリ行五間五尺」とあり「稲荷造」と称される。
.
応仁2年(1468)の兵火により、境内の殿舎堂塔の全てが
.
焼亡し、その後に諸国へ勧進が行われようやく明応8年再建

Dscf0131

.
本殿側面

2_3

.
重要文化財に指定されている本殿には、下社・中社・上社
.
ならびに摂社である田中社・四大神の五社が一宇相殿に
.
奉祀されています。これら五柱の御祭神名は、稲荷大神様
.
の広大なる御神徳の神名化されたものです。

21

.
本殿左から宇迦之御魂大神
(うかのみたまのおおかみ)
下社《中央座に鎮まります》
佐田彦大神
(さたひこのおおかみ) 中社《北座に鎮まります》
大宮能売大神
(おおみやのめのおおかみ) 上社《南座に鎮まります》
田中大神
(たなかのおおかみ)
田中社(下社摂社)《最北座に鎮まります》
四大神
(しのおおかみ) 四大神(中社摂社)《最南座に鎮まります》
.
本殿左側に四大神の五社

Cimg1902
.
Cimg1898

.
本殿から石段を登り鳥居をくぐると正面に拝所が有る
Cimg1910
.

ここを左折すると千本鳥居の正面にたどり着く
Dsc_0010
.
2か所の鳥居入り口が有り4ケ国語で右側通行の案内が
.

されているが左側が「空いている」の理由で逆歩きする
.

異国人が後を絶たない
Cimg1917

.
千本鳥居は延々と続く鳥居の回廊で荘厳な雰囲気を感じます
.
伏見稲荷大社は商売繁盛などにご利益があるということで、
.
鳥居にはそれぞれ企業名や、個人名が書かれている物が
.
1万基ほどあるそうです。

Cimg1914_2
.
Cimg1916_2
.

千本鳥居をくぐり抜けると 、一般には「奥の院」の名で知られ
.
ている通称“命婦谷”に到着します。この奥社奉拝所はお山
.
を遥拝する所で稲荷山三ケ峰はこの社殿の背後に有ります。

Cimg1918_3

.
奥社奉拝所の右奥に「おもかる石」があります。
.
まず、一対の石灯籠の前で願いごとをします。願うのは
.
石灯籠の頭の部分にある空輪(頭)を持ち上げます。
.
持ちあげた時に考えていたより軽かったら 願い事が叶う、
.
重かったら叶わないと言われています。
.
実際に小生が石を持ち上げてみた所、すごく重いわけでは
.
ないが だと言って軽く簡単には持ち上がりませんでした。

7

..
Inariyamatizu1
.
奥社奉拝所からまた鳥居に囲まれた山道を登ると鳥居が
.
切れて左に「奇妙大明神」がある、

50
.
石段を上ると右に松の切り株を祀っています。根が左右に
.
浮き出て、股のようになっていることから「根上り松」と呼ば
.
れています。「値上がり」に通じるとされ、投資家の信仰が
.
あるそうです。また、「膝松さん」ともよばれ、根をくぐると
.
膝腰の痛みや神経痛の平癒にご利益があるとされます

51
.
右には「神宝神社」の案内が有ります。後日改めて紹介します

1_2
...
ここからは「お山登りのはずが」、一旦下りになります。
52
.
坂が急な石段となり、途中に福繁大神・大岩大神・白玉大神
.
を祀る末社があります。

53
.
このあたりの道の両側に「御塚(おつか)」が並んでいます。
.
御塚は全国の個人や団体がそれぞれの神を祀ったもので、
.
個人の場合は所願成就のお礼、団体の場合は稲荷信仰に
.
組み込まれた教団がここに拠点を置いたものが多いそうです。

54
.
「熊鷹社」 勝負事および商売繁盛の神様である熊鷹大神を
.
祀り、一発勝負を賭けようという参拝者が多く訪れるそうです。
.
門前には茶店の「竹屋」があります。

55
.
5
.
朱の玉垣の向こうに緑の山影を映す池は新池、谺ケ池
.
(こだまがいけ)との別称があります。熊鷹社で参りした後に
.
池の畔で柏手を2回打ちその反響する方角に家出人や
.
失踪者がいるといわれ、またこだまの遠近が願い事の叶う
.
のが遅いか早いか表すともいいます。

Photo_3
.
参道に戻りしばらくすると「三ツ辻」 (三叉路)になります
3tuji
.
三つ辻から先は次週にご紹介します
.
出典
伏見稲荷大社. “伊奈利社ご鎮座説話”.
上田正昭「稲荷神はどこから来たか」『稲荷大神』、戎光祥出版、
「稲荷社禰宜祝等甲状」(『神祗官勘文』に見る引用から)
伏見稲荷大社. “沿革 - 稲荷社のあけぼの”.
デジタル大辞泉『稲荷祭』。
伏見稲荷大社. “沿革 - 稲荷祭”.
伏見稲荷大社(公式サイト)
.
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;
.

        
    猫好きの方必見    
,

 にゃんことわんこのおしゃれグッズをハンドメイド 

0
,
  
           ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 
,
                Neko'sではネコちゃんワンちゃんに
                     優しい天然素材を中心に
                オリジナルのおしゃれなカラーや

         おもちゃ オーナーグッズなどをハンドメイドで
                         製作・販売しています 

,
      シニア世代・病中病後に必要なエリザベスカラーや
         
術後服もオーダーメイドでお作りいたします。
         店長選りすぐりのネコちゃん・ワンちゃんグッズ
         イ ンテリア・雑貨なども取り揃えております。

,
   ♡
 ごゆっくりご覧になってください 
.

 
           http://nekos.ocnk.net/   
...
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;
..
                    6月の新作カラーは
.

                       クローバー模様のカラーに
      四葉のクローバー🍀とキラキラジュエル💎を持った
        カエルの王子様🐸のバンダナを付けました♪

2_4
.
       バンダナの先には星のスタッズ  
70726f647563742f32303138303533305f6
.
  ネコちゃんや小柄なワンちゃんにピッタリです
 
(*´ェ`*)
1_2
.
 
DM便送料無料♪
                   カエルの王子さま Price:¥1680(税込み)

                      http://nekos.ocnk.net/product/282

« 美保関 チヌ・サゴシ | トップページ | 美保関・海崎港 »

美の散策」カテゴリの記事

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

神話」カテゴリの記事

関西地方」カテゴリの記事