Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 生垣刈込・白鳳の里 淀江ゆめ温泉 | トップページ | 釣り情報は有りません。玉造温泉CC・島根県立美術館・八雲温泉  »

2018年9月 6日 (木)

嵐電沿線ー7嵯峨野 天竜寺塔頭 宝厳院

9月6日の誕生花     ナスタチウム

花言葉:            愛国心、勝利 
96

. ..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

桂川の船着き場から左折して「宝厳院」に向かうと 道路を

挟んだ緑地に沢山の羅漢と遭遇し 少しびっくりしました。

70体の羅漢像「宝厳院」前に「たむろ」していて嵯峨野嵐山

羅漢と言われているらしい。 阪神・淡路大震災の追悼の為

宝厳院の呼び掛けで、日本各地の個人や企業がそれぞれ

思いを石仏に託し奉納したものです

2_2

よく見るとその一つ一つの表情が違う 外人もおられる様だ
5_2

3_3

目をふさぐ羅漢
8

笑顔の羅漢
15

     ☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

宝厳院の「門前羅漢」を拝観して 特別公開されている

宝厳院に向かった

20171210203401_uweq35gevn


特別拝観  山水回遊庭園  「獅子吼(ししく)の庭
本殿襖絵  「風河燦燦三三自在

大亀山 宝厳院(だいきざん ほうごんいん)は、臨済宗天龍寺派

大本山天龍寺の塔頭寺院です。室町時代に細川頼之公の財

をもって、天龍寺開山夢窓国師より三世の法孫にあたる

聖仲永光禅師を開山に迎え創建されました。

趣のある山門の左に拝観受付が有りました

Photo_14

パンフレットを頂き境内に入ると左に売店が有ります
Photo_22

売店では書置きの「御朱印」も販売されていました
Cimg2060

売店を過ぎればすぐに苔の美しい庭園が現れます
Photo_15

 宝蔵院垣と呼ばれる垣根
P1050357_2

参道を行けば不思議な光景が現れます。
Photo_16

左に現れたのは 三尊石・苦海・獣石 三尊石と舟石の景色

悟りの世界に降り立った釈尊、文殊、普賢菩薩の三体を

表しているとされております「三尊石」 中央に釈迦如来、

左右は脇侍の文殊菩薩と普賢菩薩です。

獅子の咆哮に諭され、先を競って(丸い黒石で表現された)

苦海を渡り、釈迦如来(右の三尊石)のもとに説法を拝聴

しに行く獣(十二の干支)を連石で表しています。

苦海を渡りきれないもののために、舟(手前の石)を配して

万全を期しているのだそうです。

2_3

左奥の石組みは、中国の黄河中流にある滝、激流を登り

切った鯉魚は龍となるという伝説の登龍門を表しています。

これは、禅宗の修行僧の心の支えであり、修行の励みの

象徴なのだそうです。

31

Cimg2022

書院は大正8年に建てられたもので、大正から昭和初期の

数寄屋建築の黄金期に建てられた中でも、近代数寄屋建築

の礎となる建物です

Photo_18

碧岩 少し戻って園路を東に行くと、「碧岩」があります。

これは、2億年前の海底に堆積した微生物やプランクトン

からできたチャート(堆積岩の一種)で大堰川上流、有栖川

上流、龍安寺の山手から産出するそうです。
Cimg2028


地蔵堂の菩薩 「地蔵」は、地=「大地」・蔵=「胎内」「子宮」を

意味し、大地が全ての命を育む力を蔵するように、苦悩の

人々をその無限の大慈悲の心で包み込み、救う所から名付

けられたとされています。日本における民間信仰では道祖神

として寺伝によれば、足利尊氏が祀ったとされております。
20171210203414_jxr8yipfu9_2

代位碑堂
Cimg2024

Photo_10

0000017_2

宝厳院本堂は、幾多の苦難を乗り越え平成二十年 多くの

方々の尽力と徳を頂き完成いたしました。本尊は、十一面

観世音菩薩、脇仏に三十三体の観世音菩薩、足利尊氏が

信仰したと寺伝にある地蔵菩薩像が祀られており、西国

三十三所巡りに等しい功徳があると伝えられております
6


宝厳院のご本尊は、十一面観世音菩薩です。頭上の11面の

うち、前後左右の10面は菩薩修行の階位である十地を表し、

最上部の仏面は仏果を表すとされていますが、これは衆生

の十一品類の無明煩悩を断ち、仏果を開かしめる功徳を

表すとされています。脇の三十三体観音 は
世を救済するに、

広く衆生の機根(性格や仏の教えを聞ける器)に応じて種々

の形体を現す。これを観音の普門示現(ふもんじげん)と

言います。法華経「観世音菩薩普門品第二十五」(観音経)

には、観世音菩薩はあまねく衆を救うために相手に応じて

「仏身」「声聞
(しょうもん)身」「梵王身」など、33のお姿に変身

すると説かれておりますが、この『観音経』の観音三十三応

現身を仏像として現したのが、三十三体観音と言われています

Photo_7

障壁画“風河燦燦 三三自在

本堂の襖絵である「風河燦燦三三自在」は、田村能里子画伯

筆の作品です。58枚の襖絵は3室構造で仕切られております。

その襖絵ですが、あまり例がない朱色であり、その朱色は命

が宿り燃えている色なのだとか。33人の老若男女が描かれて

いて、それは、脇仏に同じく観音様が衆生を救うために現世

に現れる姿として描かれました

8_2

Photo_6

E208324a_3


茶席「青嶂軒(せいしょうけん)」
Photo_20

141


宝厳院の庭園「獅子吼の庭」は、室町時代に中国に二度

渡った禅僧、策彦周良禅師によって作庭され嵐山の景観を

匠に取り入れた借景式山水回遊庭園です。その名にある

「獅子吼」とは「仏が説法する」の意味であり庭園内を散策し、

鳥の声、風の音を聴く事によって人生の心理、正道を肌で

感じ、心が大変癒する庭です。


獅子岩 「獅子岩」 碧岩と同質の岩で獅子の姿をしています。

この庭内でもひときわ大きな巨岩が「獅子岩」。室町ではなく

江戸時代中期の資料にはじめてその存在が確認できると

いわれる少し不思議な岩で、おそらくは「山」を表しているの

でしょう。庭園内にある獅子岩。まるで獅子が寝そべって

いるかのように堂々としています
P1050348


豊丸垣 「豊丸垣」 竹の小枝を下向きに重ねた垣です。

あたかも昔の田植えの風景に見られる、藁や麦わらで

作った蓑に似ていることから蓑垣とも呼ばれます。
1_4


境内東の塀沿いにも羅漢像があります。

「五百羅漢を嵐山に建立することにより、人類の安心立命と

嵐山の守護・景観保全を祈念し、有縁無縁の菩提を弔う」と

いう趣旨だそうです。
7

ここに置かれた石や苔林、そして植物が合わさって、小さな

いくつもの空間を内包するひとつの巨大
な世界を生み出して

いるとされています。ちなみに「獅子吼」
ということばには

「釈迦がおじけづくことなく堂々とした態度で
行う説法」という

意味があり、仏道修行の理想的な姿勢である
とされています

   ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

            猫好きの方必見    

,
  ♪ にゃんことわんこのおしゃれグッズをハンドメイド 

0

,
  
           ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 
,
                Neko'sではネコちゃんワンちゃんに
                     優しい天然素材を中心に
                オリジナルのおしゃれなカラーや

         おもちゃ オーナーグッズなどをハンドメイドで
                         製作・販売しています 

,
      シニア世代・病中病後に必要なエリザベスカラーや
         
術後服もオーダーメイドでお作りいたします。
         店長選りすぐりのネコちゃん・ワンちゃんグッズ
         イ ンテリア・雑貨なども取り揃えております。

,
     ♡
 ごゆっくりご覧になってください  
.

         
http://nekos.ocnk.net/
  

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

        9月の新作カラーは 
       

今月の新作カラーは秋色ボタニカル柄の
   大きなリボンをキュッと結び上げ

20180822_446d23


      両端にはゴールドのスタッズを
真ん中にはゴールドの透かしリーフのチャームを2枚付け

20180822_969d3e

ほんのり大人のクールな雰囲気漂うカラーに仕上げました
20180822_e12f96

    愛猫・愛小型犬に 良く似合います (*´v゚*)ゞ
40131301_868428370021152_5071871410


            DM便送料無料♪
      Autumn leaf  Price:¥1680(税込み)
      http://nekos.ocnk.net/product/285 
    

« 生垣刈込・白鳳の里 淀江ゆめ温泉 | トップページ | 釣り情報は有りません。玉造温泉CC・島根県立美術館・八雲温泉  »

美の散策」カテゴリの記事

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

神話」カテゴリの記事

公園・遊園地・名所・旧跡」カテゴリの記事

関西地方」カテゴリの記事