Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« スペイン プラド美術館展(兵庫県立美術館) | トップページ | ロシア豪華外洋ヨット・五目釣り »

2018年10月25日 (木)

京阪宇治線ー7 三室戸寺(みむろどじ) 

10月25日の誕生花    ミセバヤ(タマノオ 玉の緒)

花言葉:      静穏、憧憬、安心 
1025

. ..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

        三室戸寺(みむろどじ) 
京都府宇治市莵道滋賀谷21 0774-21-2067

公式サイト:
http://www.mimurotoji.com

三室戸駅を出ると踏切にこのような看板が設置されています
Photo



Photo_4

京阪電車宇治線「三室戸」駅下車。駅の直ぐ南側にある道路

を進み大きな交差点を越えると 右の川沿いを東進する。

途中、三差路があり 左 三室戸寺への案内標識
もある。
1_2

三室戸寺は光仁天皇が行幸した際、霊感を感じたので藤原

犬養に命じ周辺を探させたところ、宇治川の支流である

志津川上流の岩淵で黄金の仏像を発見した。この仏像を

安置するため、奈良大安寺の行表法師を招き、御室戸寺と

したのが寺の起源とされているが、智証大師円珍の開山と

いう説もあるという。御室戸寺は後に三室戸寺に改称された。

創建以来、皇族や貴族の崇敬を集め、堂塔伽藍が整った。

奈良時代の宝亀元年(770)建立、現在の本堂は文化2年

(1805)の建立で、西国三十三所霊場の第10番札所です。

左に駐車場が有り その右に参道入り口が有ります。

右の入山拝観料の、支払い受付が有ります
765fc891

綺麗に生垣が刈り込まれた参道Cimg2401

約100m程で三門が現れる
Cimg2403

三室戸寺の三門はシンプルで鮮やかな朱塗りでした。3_100m

「山門」をくぐると、参道右側下にアジサイ、ツツジなどが

植えられている「与楽苑」の庭園が拡がっているのが見える。
Cimg2406

生垣は「紫陽花」が多く植えられている。参道の途中で右側に

与楽苑に下る道がある。庭園は枯山水・池泉・広庭の3つの

庭園で構成されていて広さが5千坪もあり、ツツジ・シャクナゲ

アジサイ・ハスなどが千株単位で植えられている
Cimg2407

「山門」を通り、約100m進むと本堂前に上る石段の下に着く。

左手に坂道が有るが この石段が本当の参道のようだ。

石段横の『みむろどう』と書かれた灯籠?や、石段の前の

真ん中に『ようおまいり』と書かれた石柱が立っている。
Cimg2409

小雨が降りだした石段を見上げれば・・・・・「絶望」的になる。4_100m

               境内図Photo_5

階段を昇りつめた境内の左に「手水舎」が有る。霊泉不動水
20120623temizusya

水槽の前面に小さな不動明王石像が鎮座しています。
6

石段を上った右に、「宇賀神の像」が安置されている。

これは狛蛇と言える像で、財運、金運の蛇神で頭は翁、体は

蛇で蓮に乗った姿となっている。
Cimg2412

三室戸寺には未公開の宇賀神の木像があると言われている。

カニを助けた娘は蛇に嫁になるように迫られ、これを知った

カニがその蛇を退治したという。宇賀神の木像は娘が蛇の

供養のために奉納した像であるという伝説がある。蛇の尾は

金運、翁のひげには長寿の利益があるとされており、寺では

参拝に来た人々に宇賀神の像に触れてもらうという目的から

木像を模写した石像を造り公開したのが狛蛇といわれている。

耳を触れば福が来て、髭を撫でると健康長寿、しっぽを

さすれば金運がつくと書かれています。 

もちろん小生は何度も何度も 手が痛くなる程触りました

1

手水舎の隣に寺務所が有り、手前角で御朱印を受けました。
5

Shuin10a

寺務所から見た本堂 境内には沢山の「ハス」を植えた鉢が

有ります。本堂は文化11年(1814年)江戸時代に再興された

もので、入母屋造りの重厚な建物です。、
Cimg2413

4

中には秘仏の本尊である千手観音像が祀られています。
Cimg2426
520a2a


なお、本堂に安置されている秘仏の本尊は平成21年(2009年)

の秋に84年目ぶりに開帳されたようである。

Img_3967e6d34_2

秘仏本尊の代りに、飛鳥様式の二臂(にひ)観音像が本尊を

納めた厨子の前に安置されています。二臂観音像はかつて

高さが二丈ある観音像の胎内に納められていましたが、

室町時代に起こった火事で観音像が焼けてしまい、

二臂観音像だけが残りました
2010_5_4_mimuroto_daigo99


本堂の左脇に見慣れた賓頭盧尊者像が安置されています
10

天正元年(1573年)朝鮮鐘の龍頭は、本堂の右側に安置され

ています。
織田信長が、15代将軍足利義昭を追放し、室町

幕府は終わりました。
この時、槙島の戦いで、三室戸寺の僧

が足利義昭に味方したことから、伽藍は破壊され、梵鐘も

豊臣秀吉の家臣の増田長盛
(ましたながもり)に没収されて

しまいました。その梵鐘の龍頭は切り取られ、床の置物と

されます。ところが、長盛は病気になってしまい、これは梵鐘

を破壊したことの祟りと考え、三室戸寺に鐘を還そうとしました。

しかし、三室戸寺は、破壊された鐘は寺には無用として拒否

します。これに対して、長盛は梵鐘を破壊したことを陳謝し、

病気平癒の祈祷を依頼しました。すると病気は治り、以来、

長盛は毎年、御供米100俵をおくるようになったそうです。

また、鐘も寺に還ったことから、この鐘の龍頭をなでると

金(鐘)が返ると伝えられるようになりました。
9

本堂外陣には多くの奉納額が掲げられている。
Cimg2424

いずれも年代を感じれる物ばかりでした
Cimg2428

右の方には小さな「ワラジ」も有りました。
Cimg2425

本堂前には「狛犬」ならぬ本堂右側(東側)に「宝勝牛」

と名付けられた牛の像(狛牛)が置かれている。向かって

左側(西側)に御影石製のくの「福徳兎」(左の写真)と名付け

られた兎の像(狛兎)が置かれている。
Cimg2423


「宝勝牛」は 『昔、宇治の里に富右衛門という百姓が住んで

いました。貧乏でしたが苦労の末 手に入れた子牛が弱々

しいので、毎月の三室戸寺の観音詣でに子牛を連れて行って

は境内の草を食べさせていました。すると子牛は、口から丸い

物を吐き出し、その後元気になって大きく育ちました。』

それ以降「勝運、ガン封じ、病気平癒、金運、健康」に効果が

あるとされ、絵馬に願い書いて奉納すると霊験があるという。

101

牛の口の中には石の玉が入っており、牛の口の中に手を入れ

玉を転がし指で仏像に触れると勝ち運が付くと言われ宝勝牛

と名付けられています。

小生も試してみましたが簡単に触れる事が出来ました。
102

宝勝牛の脇に若乃花と貴乃花の手形が奉納されています。

小生はこの手形に手を乗せると 指が4・5㌢届かなかった。
103

本堂前の狛兎は「福徳兎の石像」で、三室戸寺のある地域は

古来より、菟道(うじ)と称され、うさぎと由縁があり、かっては

宇治の中心地でもありました。この福徳兎は高さが約1.5m

あり、かなり大きなもので、径約60cmの玉を抱いている。

玉の中には卵形の石があり、これを立てると願いが叶うという。

勿論小生も手を入れて試しましたが一度で成功しました
104


「本堂」の東側に隣接している堂は「阿弥陀堂」である。

ここは日野有範郷の墓があった場所で、親鸞聖人の娘覚

信尼が墓の上に阿弥陀堂を建て阿弥陀三尊を安置し祖父

の菩提を弔ったという。阿弥陀三尊は現在、宝蔵庫に保管

されている。

Cimg2420

「阿弥陀堂」の正面には『四十八願寺』と書かれた額が掲げ

られているが、これは有範卿が隠棲していた寺の額と伝え

られている。

5

「阿弥陀堂」の東側に「鐘楼」が建てられている。「鐘楼」は

簡素な造りで 古色蒼然とした歴史の風格が感じられる建物

です。右奥に三重塔が見える。

6


鐘楼の奥に「浮舟古跡碑」があります。もとは浮舟社という

社でしたが、江戸時代石碑に改められました。

三室戸寺には、源氏物語に登場する宇治山の阿闍梨

(あじゃり)のモデルになった僧がいたと考えられています。

霊宝殿には、浮舟の念持仏であったとされる、浮舟観音が

安置されています

11

「浮舟之古跡」の石碑の後ろに宝筐印塔が有る。
8

三重塔は元禄17年(1704年)建立の全高16メートルの塔で、

もとは兵庫県佐用郡三日月村(現・佐用町)の高蔵寺にあった

ものを、1910年に移築されました。
Photo_2

本堂左上に 十八神社本殿が有ります。三室戸寺の守り神、

鎮守社として室町時代に創建されました。境内で最も古い

建物で、重要文化財に指定されています。


御詠歌  夜もすがら  月を三室戸 わけゆけば

                  宇治の川瀬に 立つは白波

Photo_3


帰りに与楽苑に寄りました。庭園は既に紅葉が始まり美しい

池泉庭に癒されました。また5月は2万株のツツジ、一千本の

シャクナゲ、6月は1万株のアジサイ、7月はハスと何時の

時期にも見どころがあるようだ。作庭は近年らしい。、

8

出典
伊丹光恭、水野克比古『京の古寺から 7 三室戸寺』、淡交社、
毎日新聞社発行『仏像めぐりの旅 5 京都(洛北・洛西・洛南)
長谷川周『仏塔巡礼 西国編』、東京書籍
リンク
ウィキメディア・コモンズ
三室戸寺公式HP
京都の花寺 三室戸寺

   ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

            猫好きの方必見    

,
  ♪ にゃんことわんこのおしゃれグッズをハンドメイド 

0

,
                     
٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 
,
                Neko'sではネコちゃんワンちゃんに
                     優しい天然素材を中心に
                オリジナルのおしゃれなカラーや

         おもちゃ オーナーグッズなどをハンドメイドで
                         製作・販売しています 

,
      シニア世代・病中病後に必要なエリザベスカラーや
         
術後服もオーダーメイドでお作りいたします。
         店長選りすぐりのネコちゃん・ワンちゃんグッズ
         イ ンテリア・雑貨なども取り揃えております。

,
     ♡
 ごゆっくりご覧になってください  
.

         
http://nekos.ocnk.net/
  

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

           10月の新作カラー

  ドットの中にハロウィンモチーフが散りばめられた
     衿付きカラーに、ブラックネクタイを付けました🎃

42744655_886476221549700_5730569808

            
衿先にはブラックのラインストーンが
                      さりげなく光ります☆

70726f647563742f32303138303933305_3


     愛猫・愛小型犬に 良く似合います (*´v゚*)ゞ
42832419_886476188216370_5373833651

                   DM便送料無料♪
          Halloween Tie  Price:¥1680(税込み)

            
 http://nekos.ocnk.net/product/273

« スペイン プラド美術館展(兵庫県立美術館) | トップページ | ロシア豪華外洋ヨット・五目釣り »

美の散策」カテゴリの記事

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

神話」カテゴリの記事

公園・遊園地・名所・旧跡」カテゴリの記事

関西地方」カテゴリの記事