Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 甲イカ・サゴシ | トップページ | 大敷網・手なしイカ »

2019年3月28日 (木)

平城京-14 東大寺ー2 正倉院

3月28日            ヤマブキ (山吹)

花言葉:        気品、待ちかねる 
328

  ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

             平城京の街並み

42363df3081cbd0bdc2aad79e4a965dc

                東大寺境内図
033751fba37a775deb5a8e1f75bfefec

   大仏殿(金堂)西側から正倉院に向かった
9

正倉院(しょうそういん)は、奈良県奈良市の東大寺大仏殿

の北北西に位置する、校倉造
(あぜくらづくり)の大規模な

              高床式倉庫。
Photo

奈良・平安時代の中央・地方の官庁や大寺には,重要物品

を納める正倉が設けられていました。そしてこの正倉が幾棟

も集まっている一廓が正倉院と呼ばれたのです。だが各地

に置かれた正倉は,歳月の経過とともにいつしか亡んで

しまい,わずかに東大寺正倉院内の正倉一棟だけが往時の

まま今日まで残ったのです。
                 校倉造
00


8世紀の中頃,奈良時代の天平勝宝八歳(756)6月21日,

聖武天皇の七七忌の忌日にあたり,光明皇后は天皇の

御冥福を祈念して,御遺愛品など六百数十点と薬物六十種

を東大寺の本尊盧舎那仏(大仏)に奉献されました。皇后の

奉献は前後五回におよび,その品々は同寺の正倉(現在の

正倉院宝庫)に収蔵して,永く保存されることとなりました。

これが正倉院宝物の起りです.。
Shosoin_qa04

この正倉院宝庫は,千有余年の間,朝廷の監督の下に

東大寺によって管理されてきましたが,明治8年(1875),

宝物の重要性にかんがみ内務省の管轄となり,次いで

農商務省を経て宮内省に移り,引き続き宮内庁の所管

するところとなったのです。聖武天皇・光明皇后ゆかりの

品をはじめとする、天平時代を中心とした多数の美術工芸品

を収蔵していた建物で1997年
(平成9年)に国宝に指定され、

翌1998年
(平成10年)に「古都奈良の文化財」の一部として

ユネスコの世界遺産
(文化遺産)に登録されている。

正倉院の宝物には日本製品のみならず、中国(唐)や西域、

ペルシャなどの輸入品を含めた絵画・書跡・金工・漆喰工・

木工・刀剣・陶器・ガラス器・楽器・仮面など古代の美術工芸

の粋を集めた作品が多く残るほか、奈良時代の日本を知る

うえで貴重な史料である。

正倉院文書、東大寺大仏開眼法要に関わる歴史的な品や

古代の薬品なども所蔵され、文化財の一大宝庫である。

シルクロードの東の終点ともいわれる。

   宝庫は現在,古来の正倉のほかに西宝庫
Photo_2

                東宝庫
Photo_3

      両宝庫に分納して保存されています。

戦後、1946年(昭和21年)に近隣の奈良公園内にある

奈良国立博物館で「正倉院御物特別拝観」として開催され、

翌年以降、秋の2か月の曝涼にあわせて開催されるように

なった。最初は、「正倉院御物展」「正倉院展覧会」といった

表記があり、現在の「正倉院展」の名称が定着するのは

1952年(昭和27年)頃からのようだ。正倉院展は奈良で

開催されなかった年もあるが、2018年(平成30年)に第70回

を迎えた。
              奈良国立博物館

000 

.   ..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○о

現在までに正倉院展で公開された作品の一部を紹介します

赤漆文欟木御厨子(せきしつぶんかんぼくのおんずし)漆塗

りの物入れ。高102cm。正倉院の中で最も由緒があり、飛鳥

時代の天武天皇(?-686)まで遡る天武天皇の遺愛の品です。

1

平螺鈿背八角鏡(へいらでんはいのはっかくきょう)鏡の背面

この宝物は正倉院宝物の華やかさと世界性を象徴するもの

の1つで、夜光貝、鼈甲は東南アジア産、琥珀はミャンマー

あるいは中国産、トルコ石はイラン産、ラピスラズリはアフガ

ニスタン産だと考えられている。

2

金銀山水八卦背八角鏡(きんぎんさんすいはっけはいの

はっかくきょう)径40.7cm。平螺鈿背円鏡、平螺鈿背八角鏡と

同じく宝飾鏡であるが、この鏡は背面に銀の板を張り細工を

施している。

3

鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)第4 部分 

唐風の女性が描かれた六扇の屏風。現在では国家珍宝帳

に記載される聖武天皇遺愛の宝物として有名である。

4_4

羊木臈纈屏風  文字通り象と羊がデザインされた屏風で

ある。斉衡3年(856年)の6月25日に行われた宝物点検の

記録から、元々は1つの屏風であったことが判明している。
5


銀薫炉(ぎんくんろ)純銀で作成された球形の香炉である。

球形の真ん中で上下に割れ、上が蓋、下が実とされる。

特徴はその大きさで直径18cmである。国外を含めこれ程

大きな球形香炉は例がない。

6

蘇芳地金銀絵箱(すおうじきんぎんえのはこ)脚付きの箱で

あり、蓋、本体に金と銀で宝相華模様が描かれている。

30.3x21.2x8.6cm。箱の中は淡い桃色に彩色され、白の花弁

が描かれ、丁寧な造りとなっている。

7

「瑠璃の坏」  正倉院でもっとも異国の文化様式を感じられ

る宝物に「ガラス細工」があります。22個のガラスの輪の装飾

が施された「瑠璃の坏」はペルシャ・ササン朝(イラク)から

もたらされた宝物です。「瑠璃の坏」は「るりのつき」と読み、

このようなガラスの輪の文様は、当時のペルシャ・ササン朝

のガラス工芸の大きな特徴の1つです。

8

白瑠璃碗は、「はくるりのわん」と読み正倉院の数あるガラス

工芸品の中でももっとも有名で価値が高い一品です。

9_2

漆胡瓶とは、「しっこへい」と読み、ペルシャから西安を通して

日本の正倉院(奈良)へ伝来した正倉院の数ある宝物の中

でも一際、威容を誇る珍品です。漆胡瓶は、名前から察する

ことができる通り「水瓶(みずがめ)」です。

10

螺鈿紫檀五絃琵琶は「らでんしたんのごげんびわ」

天平時代の唐では、日本の貴族文化と同様に宮廷文化が

芽生えていました。その宮廷文化の特徴を告げるものに

「演奏」があります。「演奏」とは、単純に楽器を使用して音を

奏でる演奏のことです。琵琶が作られた当時の唐の皇帝は

「玄宗皇帝(げんそうこうてい)」で、妻は世にも有名な

「楊貴妃(ようきひ)」です。

11

「古櫃 (こき)」 奈良 東大寺・正倉院「本倉・宝物庫」の内部

には、「古櫃 (こき)」と呼称される箱があります。この箱の中

には、かつて天平期の数々の宝物が納められていました。

12
「金銀平脱背八角鏡」とは、「きんぎんへいだつはいの はっ

かくきょう」と読み、これは中国オリジナルの工芸技術が惜し

みなく注ぎ込まれた「鏡」です。この当時の中国の工芸技術

の特徴として、派手で繊細な装飾が例に挙げられます。

13

「平螺鈿背円鏡」は、「へいらでんはい えんきょう」と読み、

正倉院展で展示されれば、おそらく一際、目を惹くお宝です。

派手な装飾を彩る宝石は、上述の「夜光貝(やこがい)」で

あり、この貝の殻を平面に切り出し、綺麗に残ったパーツ

のみを使用して制作された唯一無二の渾身の一作です。

その他に使用されている素材として、ミャンマーの「琥珀

(こはく)」、西アジア産の「トルコ石」などです。

14

「金銀花盤」は「きんぎんかばん」と読み、これは「皿」であり、

古来の東大寺の重要な法要で使用されていたそうです。

中央の鹿は角に花が生えており、これは後ろから皿を叩いて

形作ったものです。

15

楽毅論は「がっきろん」と読み、聖武天皇の皇后であった

光明皇后が44歳の時に直筆で書いたとされる古文書です。

16

「紫檀木画槽琵琶」は「したんもくがのそうのびわ」読みます。

まさしく正倉院を代表する宝物と言えます。琵琶のオモテ面

の撥面(ばちめん)の部分には、絵が描かれた皮が貼り付け

られています。さらに裏にも装飾が施されており、象牙や鹿

の角を用いて「花ビラの模様」が散りばめるように形作られて

おり、有名なのはこの裏面のデザインです。

17

桑木木画碁局」は「くわのきもくがのききょく」と読み、

マス目は全部で「324マス」あります。これらのマス1つ

1つは、碁盤にマス状の切り込みを入れて制作されている

のではなく、正方形に切り取った木パーツを碁盤の上に貼り

付けて制作されてます。側面は、上記の夜光貝を用いた

装飾が施されています。この当時、唐やウイグルでは碁を

打つ女性が絵画に描かれていることから、この当時宮廷で

日常的に碁が打たれていたと考えられています。

18

出展
『正倉院の世界 別冊太陽 日本のこころ』平凡社、2006年)
杉本一樹『正倉院 歴史と宝物』(中公新書 2008年)I
東野治之『正倉院』(岩波新書、1988年)
東野治之『遣唐使と正倉院』(岩波書店、1992年)
長澤和俊『正倉院の至宝 宝物殿に眠る歴史の謎』
橋本義彦『正倉院の歴史』(吉川弘文館、1997年)
松島順正 『正倉院よもやま話』(學生社)
宮内庁:正倉院ホームページ
読売新聞:正倉院展
正倉院宝物に込められた祈り
          (西山厚・奈良国立博物館学芸部長
ウィキペディア

 

  ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

            猫好きの方必見    


  ♪ にゃんことわんこのおしゃれグッズをハンドメイド 
20140628_8766a9

      Neko'sではネコちゃんワンちゃんに
          優しい天然素材を中心に
       オリジナルのおしゃれなカラーやおもちゃ
        オーナーグッズなどをハンドメイドで
          製作・販売しています♪

        シニア世代・病中病後に必要な
         エリザベスカラーや術後服も
        オーダーメイドでお作りいたします。
     店長選りすぐりのネコちゃん・ワンちゃんグッズ
     インテリア・雑貨なども取り揃えております。
         ごゆっくりご覧になってください♡

       
http://nekos.ocnk.net/
  

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

                      3月の新作カラーは

   小さなイチゴ柄のバンダナを

     同じ
イチゴ柄のホワイト生地で縁取りし

     真ん中に可愛いおリボンも付けました

20190227_d71f27


20190227_64f922

ネコちゃんや小柄なワンちゃんにピッタリです  (*´ェ`*) 
20190227_5920ba

                          DM便送料無料♪
          イチゴバンダナ  Price:¥1680(税込み)
            
http://nekos.ocnk.net/product/290

« 甲イカ・サゴシ | トップページ | 大敷網・手なしイカ »

美の散策」カテゴリの記事

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

神話」カテゴリの記事

公園・遊園地・名所・旧跡」カテゴリの記事

関西地方」カテゴリの記事