Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 美保関 | トップページ | 美保関 ヒラマサ・サゴシ・キジハタ »

2019年8月 8日 (木)

京都市上京区ー5 妙蓮寺

8月8日の誕生花  アザレア

花言葉:   愛の喜び、自制心、禁酒、
88

 

    
京都市上京区西陣に有る大本山妙蓮寺」 

宗祖日蓮大聖人より帝都弘通宗義天奏の遺命を受けた日像聖人

によって永仁2年(1294)に創建された。
塔頭が8院ある

(恵光院、玉龍院、本光院、円常院、堅樹院、慈詮院、本妙院、

常住院)。長谷川等伯筆の松桜図、鉾杉図、柳の図を所蔵。

平安時代に写経された松尾大社の「一切経」4千巻は平成5年

この寺で
発見された妙蓮寺には長谷川等伯一派の筆による

襖絵の他、本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が書写した

『立正安国論』と『始聞仏乗義』
が所蔵されています。

本阿弥光悦は、江戸時代に書家や陶芸家として活躍し、寛永の

三筆の一人にも数えられている人物です。妙連寺に伝わる

この書は書写した時期も明らかになっており、本阿弥光悦の

筆跡は今に伝える遺物として重要文化財に
指定されています。

西陣で名所になっているのが「三上長屋」。石畳が続く両脇に

町家が連なる路地で、映画やドラマのロケ地として使われます。

昔ながらの職人長屋の佇まいをいまに残し、陶芸家や写真家が

住居としているほか、奥には黄金色の蜂蜜がずらりと
並ぶお店

「蜂蜜専門店ドラートもある
1_20190624094401 

三上長屋から徒歩5分ほどの所にあるのが「織成館」。

西陣の伝統的な「織屋建」を活かした織のミュージアム


京町家は「ウナギの寝床」といわれる細長い造りに、梁や柱、

明かり取りのための天窓など、伝統的な雰囲気が残り、

西陣織をはじめ昔の能装束や時代装束が展示してあります。
2_20190624094501

 西陣の一角に「大本山 妙蓮寺」の
山門が見えます。

両脇に小門がついている両袖番所付きの格式高い薬医門です。

歴史の風格を感じさせ
良く目立ちます。1788年にそれまでの

山門が焼失してしまい、現在の山門は高さは8mあり1888年に

御所から拝領した
ものです。門前には芙蓉の花が植えられて

おり、8月に
なると花と門が非常に美しく見事です。
Photo_20190624094701 

門前に境内図がありました
02_20190625140601

門をくぐると右側に大きくそびえる「
鐘楼」があります

鐘楼は、東福寺や仁和寺・大徳寺にも見られる袴腰鐘楼です。

通常の鐘楼は柱と屋根だけですが、
袴腰鐘楼は板で覆われた

下部の上に楼閣を造り、その中に梵鐘を納めています。

そのため、外からは梵鐘の姿を
見ることができません。
10_20190624094701 

境内には芙蓉や酔芙蓉が多く植えられており、真夏になると

大輪の花が咲き乱れます。
酔芙蓉は白い花がだんだんと赤みを

帯びて散る特徴を持つ花です。
3_20190624094601 

左には手水舎があります
Photo_20190625092801

鐘楼から左に本堂が見えます
Photo_20190625135901

左手に本堂を見て 真っすぐ進むと正面に庫裏があります
4_20190625135601 

庫裏で拝観料を支払い隣の書院に向かいます。
42_20190625140201 

書院の前庭に「十六羅漢の石庭」がある。江戸時代初期の

小堀遠州の弟子といわれる桂離宮の造園を指図した妙蓮寺の

僧であった 玉淵坊日首の作庭によるもので釈迦三尊石に見立て

た石を中心として、白川砂に16の石を配置し、北山杉を植え

込んだ庭園。中央の大きな青石は「臥牛石」と呼ばれ、秀吉公

によって伏見城より移された名石といわれている。
51-2

長らく火災による損傷が激しいままでしたが、近年ようやく

復元されて往年の美しさを取り戻しました。石庭は青石を仏陀

に見たてて真理に呼応する地涌の菩薩
(羅漢の別名)を表わした

ものです。日蓮宗の寺院に禅宗様式の石庭が造られているのは

非常に珍しいらしいです

4_20190624094601 

本堂  天明の大火による焼失後、敦賀の本妙寺祖師堂を

移したものと伝えられている。
5_20190625140401

ご本尊は十界曼荼羅
Photo_20190625140501

妙蓮寺には赤穂浪士遺髪墓がある。
Photo_20190625142101

赤穂藩の家臣 大石内蔵助ら47名が討ち入り後、切腹した46名の

遺髪を
同士 寺坂吉右衛門が、赤穂城下への帰路の途中に、伏見

の片岡源五右衛門の姉宅に立ち寄り託したが、元禄十七(1704)

主君の三回忌にあたり、彼女により、お墓が建立され納められた
1_20190625142201

本堂左手前に立つ日像上人像が立っていました
Photo_20190625142301 

出典
ウィキペディア
大本山妙蓮寺ホームページ
 ウィキメディア・コモンズ



猫好きの方必見

Neko's by Atelier Mew へ ようこそ
Photo_20190628171501

当店では大切な家族の一員である
ネコちゃんワンちゃんが身に着けても安心な
優しく軽いコットンを中心とした天然素材で
デイリーユースできるオリジナルデザインの
カラー(首輪)やおもちゃ、オーナーグッズなど
ひとつひとつ心を込めて
ハンドメイドで製作・販売しています。

◆ https://nekos.theshop.jp/



8月の新作カラー

 いろいろなサボテンが並んだ生地を
 ギンガムチェックと切り替え
大きな結リボンを作りました。
194ca8930cf7992867a0fd1f9e69bf53

リボンの端には丸スタッズを付け
 リボンの下にはサボテンチャームがゆらゆら♪
67056217_1071735103023810_22299269411110

【結リボン サボテン】 ¥1600(税込)


BASE店

https://nekos.theshop.jp/items/21785324

minne店
【グリーン】https://minne.com/items/19217177

E340475667c6c25b33e0a6d35611473b 
 

 NEW SHOPでは、より安全で、より負担なくお使い
いただけるよう
 セミオーダー(サイズオーダー形式)
ご注文いただくことにいたしました。

バックルも今までの通常バックルだけではなく、
ネコ用セーフティーバックルもお選びいただける
ようになりました。
Ef5fd18fab43ef2c8509684b09a98636d9d434f9

もちろん今まで通り、サイズ調整できる可動式バックルも
 ご注文いただけます。(有料オプション+¥100)
 (生産終了品につきましたは可動式バックル仕様の
完成品のみとなります)

お手数をおかけいたしますが備考欄にサイズをご記入の上、
ご注文くださいますよう、よろしくお願いいたします。
033e5958ae92751e426918a7c94530ab9caced31

 

« 美保関 | トップページ | 美保関 ヒラマサ・サゴシ・キジハタ »

美の散策」カテゴリの記事

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

神話」カテゴリの記事

公園・遊園地・名所・旧跡」カテゴリの記事

関西地方」カテゴリの記事