Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 美保関 お宿 福間館 | トップページ | カマス。小あじ »

2020年1月 9日 (木)

奥嵯峨野ー6 化野念仏寺

1月9日の誕生花            スミレ (菫)

花言葉:              誠実、真実の愛

19_20191201074701

直指庵からバスで約10分 清滝道の右に「今井駐車場」がある。バスを降りる前に隣の土産店から「八つ橋」の試食が差し入れされた。各自口に頬張りながら下車した。徒歩約4分で「嵯峨野鳥居本」通りに着いた
Photo_20191201085101

「嵯峨鳥居本通り」は化野念仏寺を境に瓦屋根の町家風民家が並ぶ下地区と茅葺きの農家が多い上地区と二つの風景が共存する。1979年に国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。  
Photo_20191201090101


化野念仏寺 - 平安時代の京都三大風葬地の一つ

嵯峨鳥居本(さがとりいもと)は、京都市右京区の地区名。古くは「化野(あだしの)」と呼ばれ、京の人々の埋葬の地であった。現在の町並みは愛宕神社の鳥居前町として発展した
Photo_20191201083701

化野念仏寺 境内図
0_20191201083701

「嵯峨野鳥居本」の中間のカーブに化野念仏寺の参道がある。参道入り口から紅葉は全開だった。
1_20191201083801

参道入口から 約40m先の境内入口の紅葉を眺めます
11-1_20191201083901

拝観受付所
14_20191201083901

拝観受付で拝観料500円を支払い入山します。境内に入ると苔の上にある石仏の三尊像が迎えてくれた。
21_20191201084001

苔の緑の上に紅葉したカエデの落葉を楽しく眺めるように沢山の伽藍が立ち並んでいる
400_20191201084001

順路案内に従い左手に進むと、大きなレンガ積みの仏舎利(ぶっしゃり)塔があります。この仏舎利塔はインドの聖地サンチー僧院より奉じて、この地に安置されたもので、念仏寺住職・原弁雄師がインドのサンチーの大僧正と親交を深め実現したものだそうです。また、仏舎利塔の前には鳥居(トラナ)が建てられています。一般的な鳥居といえば、二本の柱の上に、水平材として「笠木(かさぎ)」を渡し、その下にもう一本の水平材として「貫(ぬき)」を入れて固定していますが、この念仏寺の鳥居には、貫が二本ある形になっています。このような鳥居は京都ではここでしか見ることが出来ないそうで、一見の価値がある珍しいものだそうです。 
32_20191201064201

仏舎利塔を一周すれば「西院の河原」と呼ばれている外側に出た
40_20191201084101

平安時代から西に位置する風葬の地と知られていましたが、野ざらしにされた無数の死者をと弔うために平安時代後期から土葬が始まりました。30cm~40cmぐらいの高さの石仏や石塔を建てて死者の冥福を祈願していましたが、鎌倉時代にできた寺は時代が経つにつれ一時荒廃し、石仏や石塔も無縁仏と化して散乱してしまい、埋没していきました。明治に入り地元の人々によって埋没していた約8000体もの無縁仏が掘り起こされ、整備されて、再び祀られるようになりました。
401_20191201084101

『空也上人の地蔵和讃に、これはこの世のことならず死出山路のすそのなるさいの河原の物語…みどり児が河原の石をとりあつめてこれにて廻向の塔をつむ一重つんでは父の為二重つんでは母の為… とあるように、
嬰児が一つ二つと石を積み上げた河原の有様を想わせる事から西院の河原という』 ( あだし野念仏寺 )
402_20191201084201

入口に立つ鐘楼
41_20191201084301

鐘楼の下をくぐり「西院の河原」に入りますが ここから先は撮影禁止でした。
411_20191201084401

西院の河原近くに安置されていたお釈迦様。よく見ると頭の上に小さなお釈迦様がもう一人いらっしゃいました。
56_butuzo4921w

「西院の河原」の前に「延命地蔵尊」のお堂があります。
5_20191201084401

延命地蔵堂には、新しく生まれた子を守り、その寿命を延ばすという延命地蔵尊が祀られています。
 
52_20191201084501

本堂は江戸時代の正徳2年(1712)に寂道上人により再建されました。
60_20191201084501

本堂の扁額
60_20191201084502

本尊の阿弥陀如来坐像(湛慶作:鎌倉時代)が安置されています。
 
63_20191201084601

水子地蔵は、茅葺屋根の小さなお堂で、毎月24日のお地蔵様の縁日には、本堂で水子供養が行われる
75
711_20191201084701

水子地蔵の脇からさらに奥へ進むと、「竹の小径」があります。霊園墓地へ上がる参道ですが、青々とした竹林の中を上るなだらかな階段沿いには小柴垣が続き、情緒豊かな参道です。
8_20191201084701

「竹の小径」を上りきると、霊園墓地に着きます。その一角に、「六面六体地蔵」があります。古代インドでは、人間は六道を永遠に巡り生まれ」変わると信じられていました。六道とは、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天道と呼ばれる世界です。このこと(輪廻:りんね)を苦しみととらえ、そこから脱却するためには悟りをひらくしかないとして、仏教の教えが生まれたといいます。この「六面六体地蔵」の各面には、六道にいて人々に救いの手を差し伸べている地蔵様が彫られています。参拝者は、天道の地蔵様から時計回りに地獄へと回りながら、「オン・カカカ・ビサンマエイ・ソワカ」というタントラを唱え、それぞれの地蔵尊に水をかけて祈ることで1年の罪が洗い落とせるとされます。
92_20191201084801 
91_20191201084801

新しい庫裏で御朱印を頂いた
10cimg4812_20191201084901

参拝を済ませ帰りは愛宕念仏寺に向かう道を歩いた
11-2_20191201084901




 猫好きの方必見  

   にゃんことわんこのおしゃれグッズをハンドメイド 

Photo_10


Neko'sではネコちゃんワンちゃんに
優しい天然素材を中心に
オリジナルのおしゃれなカラーや

おもちゃ オーナーグッズなどをハンドメイドで
製作・販売しています 

シニア世代・病中病後に必要なエリザベスカラーや
術後服もオーダーメイドでお作りいたします。
 店長選りすぐりのネコちゃん・ワンちゃんグッズ
イ ンテリア・雑貨なども取り揃えております。


ごゆっくりご覧になってください 

http://nekos.ocnk.net/   

 

      1月の新作カラー

 

2020年1月の新作カラーはカラフルな市松模様のつむぎシャンタン生地で大きなお襟を作りました。お襟の真ん中には細いおリボンを結び大きなお花のフロストビーズを飾り付け華やかな雰囲気のカラーに仕上げました。

3bfe61cdc8986ee9d46c2d7d2cf2c76d 2020年1月の新作カラーは
80056818_1200077270189592_15355403755679 カラフルな市松模様のつむぎシャンタン生地で
9c83eebe80acbec1e2603dc0008e8330 大きなお襟を作りまし
      【浪漫市松】 ¥1650(税込)
            【浪漫市松】 ¥1650(税込)
🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/25122444

SE店 
🔹minne店🔹
【ピンク】https://minne.com/items/20780383
【ブルー】https://minne.com/items/20865410
inne店
【ピンク】https://minne.com/items/2078038【ブルー】https://minne.com/items/20865410
花のフロストビーズを飾り付け

NEW SHOPでは、より安全で、より負担なくお使いいただけるようセミオーダー(サイズオーダー形式)
でご注文いただくことにいたしました。バックルも今までの通常バックルだけではなく、ネコ
用セーフティーバックルもお選びいただけます。
今まで通り、サイズ調整できる可動式バックルもご注文いただけます。(有料オプション+¥100)(生産終了品につきましたは可動式バックル仕様の完成品のみとなります)
5328768f20bfa8b4e3949cb7b0af1715  

« 美保関 お宿 福間館 | トップページ | カマス。小あじ »

美の散策」カテゴリの記事

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

公園・遊園地・名所・旧跡」カテゴリの記事

関西地方」カテゴリの記事