Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 山陰名水ー5真清水(桝水)・地蔵滝の泉 | トップページ | 山陰の名水ー6眞名井の滝(松江市) »

2020年6月18日 (木)

出雲 意宇六社ー6-2黄泉の国 黄泉平坂(よもつひらさか)

6月18日の誕生花  コンボルブルス・クネオルム

花言葉:                             縁、絆
618

 

「黄泉比良坂・出雲国の伊賦夜坂

『古事記』には、その場所を「出雲国の伊賦夜坂(いふやさか)という」と書いている。現在島根県松江市東出雲町の揖屋に揖夜神社(いやじんじゃ)があり、このあたりを指したと言われている。、黄泉国(よみのくに)と葦原中国(あしはらのなかつくに)との境を黄泉比良坂(よもつひらさか)という。
黄泉の国 の封印場所 古事記に登場する冥府の門・黄泉平坂(よもつひらさか)記紀神話によれば、出産で亡くなった伊邪那美命は死後、黄泉の国(死後の世界)へと行ってしまいました。夫である伊邪那岐命(イザナキノミコト)はそれを嘆き、妻を連れ戻そうとして自らも黄泉の国へ赴きます。しかしながら、既に黄泉の国の食べ物を口にしてしまった妻・伊邪那美命(イザナミノミコト)は、冥府の神たちの許しがなくては地上へ帰れないと、夫を待たせたまま、なかなか戻って来ないのです。待ちくたびれた伊邪那岐命が、妻の隠れた御殿の奥に灯をかかげたところ、そこには亡者の恐ろしい姿を露わにした伊邪那美命がおりました。びっくりして逃げ出した夫に対して、伊邪那美命は醜態を晒させられたと、怒りのままに追いかけます。様々な追っ手から逃れて、命からがら伊邪那岐命がたどり着いた場所が、黄泉平坂。あの世とこの世の境目となるこの地に道を封じる岩を置き、伊邪那岐命は彼方の妻へと別れを告げたと言う。麓まで逃げ帰り、千引の岩で黄泉の国へと繋がる道を塞いだイザナギは、阿波岐原の海岸(現在の宮崎県宮崎市だといわれている)で海水に浸かり、『禊ぎ祓え』を行ったとされています。その際に生まれた多くの神々の中に、  左目から生まれた太陽の 神が天照大神(あまてらすおおみのかみ)、右目から生まれたのが月読命(つくよみのみこと)、鼻から生まれたのが須佐之男命(すさのおのみこと)。神話の世界で有名な「三貴子」である。
 
揖夜神社の前の道(出雲街道・木綿街道・旧国道9号線)から東に向かい国道9号線ガード下をくぐり少し行くと右にJR山陰線の踏切が有り黄泉平坂の案内板が有ります。
0_20200401134501

踏切を超えて暫く歩くと
道路から見えにくい所に標識が立っている。
109

また民間の倉庫にも案内板が張られていました
12_20200401140201

案内板を頼りに歩くと駐車場に着きます。
131-3 

駐車場右には大きな案内板があります。
14_20200401140401

案内板の隣にも古事記に出てくる説明文が有ります。それによると
イザナギとイザナミの話だけでなく、オオクニヌシ(大国主)がスセリヒメとともに逃げた場所、それもこの黄泉比良坂だそうです。
16_20200401140901
141_20200401140501 

駐車場からの小道は先で二股に分かれています。左に行くと
18_20200401141101

小径の右に小さな池が有り 沢山の錦鯉が泳いでいました。
19_20200416085301

池を過ぎると古式な鳥居が見えます。(左駐車場)
191-105 

古代の鳥居が有り、見た事も無い注連縄が張った二本の石柱が立っています。
21_20200401141501

しばし入口で立ち止まり注連縄門を眺めていると頭髪が立ち冷気を感じました。
Cimg5453

意を決して古代鳥居をくぐった。そして
「あの世とこの世が繋がるのは夕方だけ」と何かに書かれていた事を思い出して少し落ち着いた。
Cimg5454

その傍に山桃の木が有り案内板には、
イザナギが桃の実を投げて、難を逃れた話が書いてあります。
桃は女子の雛祭りが『桃の節句』と呼ばれたり『西遊記』でも、孫悟空と猪八戒が桃を食べて不老不死を得たり、 桃は誕生や出産といった「生命」に関わりの深い、神聖な果物です。イザナギが追っ手の邪鬼を払うのに使ったのも桃の実。逃げ切られて怒るイザナミは「これから毎日、1000人の人間を殺す」と宣言し、対するイザナギは「それなら毎日1500人が生まれるようにする」と応え、この時から現在まで連綿と続く生と死、つまり“人類の営み”が始まったとされています。記録に残る日本最古の夫婦喧嘩・離婚発祥の地はここなのだ。( ´艸`)
241-5

イザナギが逃げるときに黄泉の国に通じる道を塞ぐのに使った、千引(ちびき)の岩です。
「千引」とは、「1000人がかりで引っ張らないと動かない」という意味らしい。
Cimg5455

偶然この場所の管理をされている方が居られました。傍に賽銭箱やポストもありましたがその郵便箱が前日の強風で倒れたらしく修理」されていました
232 

毎年6月に天国に配達されると言うことで、賽銭箱の横にある引き出しから紙と筆記用具を取り出し、天国の様子を教えてほしいと 記し 切手も貼らずに投函しました。
Cimg5457

周辺には大きな石が沢山有ります。揖夜神社の主祭神「伊弉冉尊」(いざなみのみこと)は大いなる母神と記され、火の神「カグツチ」を産んだことにより死に至った女神と伝わります。
256-109-7

古代出雲では王族の死後は風葬されたと云います。朱を流し込み防腐処理をされた遺体は、藤と竹で編んだ篭に、膝を曲げた状態で死体を収め、高い山の常緑樹に吊されました。
三年間が過ぎるとこれを降ろして洗骨し、山の大きな岩の近くに埋められます。死体を吊るした木が「神籬」(ひもろぎ)として御神木となり、山や岩が祖霊の座す「磐座」(いわくら)となったのです。
251-112-91

駐車場に戻りポストを修理されていた方(右)に他の参拝者の方を含めて色々お話を伺いました。
Cimg5463

古事記によると、この世とあの世の境目を「黄泉比良坂」といい、出雲の国の「伊賦夜坂」と呼ばれています。少し不安が有りましたが「あの世」への通り道、黄泉比良坂を登ってみました。
Cimg5461

山道の入口に立札が有ります。
281

3
分も歩けば賽の河原に出ます。そこは三差路になっていて道しるべのようにも見えます。 『地元では、塞の神に小石を積んで通るという風習がある』と書かれていました。
Cimg5459
出典
ウィキペディア
古事記「黄泉比良坂」(小学国史物語 ; 2) / 新免忠著 (紅玉堂書店, 1926)
出雲神話「黄泉比良坂」後藤蔵四郎著 (島根県教育会事務所, 1938)
古事記精選 : 高等国文「根堅洲國」佐野保太郎編 (育英書院, 1941)
古事記物語「根堅洲國」三宅房子著 (金の星社, 1938)



                 猫好きの方必見
3e186ea4e5cae8b22c6e13f8de801de6       

                    6月の新作

  可愛いさくらんぼ模様のカラーにネクタイを付けました♪

   ネクタイのさくらんぼにはラインストーンでおめかし✨

99136731_1328806067316711_10308126165591

ダンガリーストライプの襟先には、ボタンダウン風のスタッズ
を付けた、キチンと感のあるカラーです★
【さくらんぼネクタイ】 ¥1650(税込)
101513765_4113316295353084_3746633167826 
101145102_4113316798686367_8242877955760
🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/29856811

🔹minne店🔹
【レッド】
https://minne.com/items/23203173
【ブルー】
https://minne.com/items/23203214

🔹creema店🔹
【レッド】
https://www.creema.jp/item/9564812/detail
【ブルー】
https://www.creema.jp/item/9567050/detail


   \緊急マスク販売に関するお知らせ/
90084626_3863488817002501_49307460091322
89658727_1264900647040587_23716749364869

Neko's by Atelier Mew GALLERY #minne
https://minne.com/@yukanekos

 新作も完成し次第、販売をはじめますので
  今後とも引き続きよろしくお願いします。


  \超簡単/Kids用コットン
  4重ガーゼ立体マスクキット

縦 11cm×横 18cm の一般的なお子様用サイズです。
本体パーツは縫製済みですので、付属のウーリース
ピンテープ(約2m付)又はお好みのゴムや紐を通して
  結べば完成の超簡単マスクキットです。
Neko's by Atelier Mew GALLERY #minne
https://minne.com/@yukanekos

93136936_1294325117431473_25001322930042
93897314_1294325237431461_12550252037889 
92696096_1294325127431472_8817260716986793244868_1294325177431467_35762219952363
93352724_1294325214098130_4478747546436593441606_1294325160764802_33685717124330 

 

« 山陰名水ー5真清水(桝水)・地蔵滝の泉 | トップページ | 山陰の名水ー6眞名井の滝(松江市) »

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

公園・遊園地・名所・旧跡」カテゴリの記事

山陰」カテゴリの記事

中国地方」カテゴリの記事