Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月30日 (日)

雉ハタ・大敷網・タコ

8月30日の誕生花    センニチコウ (千日紅)

花言葉:      変わらぬ愛情、不朽、不滅

830_20200718075701

Photo_20200818075801

 

日の出が随分遅くなった。駐車場は8台全部県外車

内海で「まめあじ」釣り 5㎝程度の「まめあじ」を

数匹釣られていた。

Dsc00325

小生は外海でサビキの遠投 20数分餌撒きに専念した。

10㎝から15㎝のアジが釣れだしたが殆んど「ムロアジ

・(アオアジ・マルアジ)」だった。ジグ竿でアジを

背掛けして泳がせ釣りを試みた。

Photo_20200818074801

約30分  固いジグ竿が引き込まれた。

一瞬遅ければ海に吸い込まれる程の強い引きだった。

30㎝強の「ヒラメ」だった。その後も「雉ハタ」が

連続して上がった。

1823_1405439389682925_2095878744_n

隣で[まめあじ」を釣っていた女性にも「雉ハタ」が釣れて嬉しそうだった。

Dsc00327

堤防に沿って「セイゴ(スズキ)?」も目視できたので竿を海中に引き込まれないように、ジグ竿を固定した。その瞬間ジグ竿は大きく腰を折った。なかなか上がらない。5分以上頑張って上がってきたのは「タコ」だった。この夏は全国的に異常繁殖しているらしい。大阪湾でも大漁が続き「タコ焼き」屋はコストダウンで喜んでいるかも知れない・

20190222014121

大敷網は完全に「夏枯れ」の超不漁が続いている。

Dsc00320

Dsc00322

Dsc00321


猛暑で草の成長も異常に早い 月2回の芝刈りは大変だ

Dsc00466

 

Photo_20200629134101


       8月の新作カラー

 夏にぴったりなトリコロールカラーのギンガム

チェックで大きなリボンをキュッと結びあげました♪

リボンの端には華奢なホワイトトーションレースを

       2本並べました。
115843126_1380877638776220_5765498806958

   【トリコロールリボン】 ¥1650(税込)
116236276_4391064197578291_8418635440652

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/32167270

🔹minne店🔹
https://minne.com/items/23802696

🔹creema店🔹
https://www.creema.jp/item/10021411/detail

2020年8月27日 (木)

大阪柏原市-1 古墳史跡「高井田横穴公園」

8月27日の誕生花          ホオズキ (鬼灯)

花言葉:         半信半疑、いつわり
827

Photo_20200716073301

Photo_20200718073101

 

大阪には大規模な「世界遺産 堺・古市古墳群」が有りますが、柏原市に大阪には2か所しか無い横穴古墳が有ります。小生宅から大和川河川敷を 徒歩で約40分初めて見学に行きました。左 奈良方面から右大阪湾に流れるのは「大和川」左正面から合流するのは「石川」 大雨の時は「柏原市役所」前の合流点は湖のようになります。

1_20200515080901 

大阪湾から18・4kの標識
10_20200515082201

高井田横穴古墳群公園入口

11_20200515082301

史跡高井田横穴公園 マップ
30_20200515082301

大阪府と奈良県境の近く大和川と石川の合流点 河内平野に注ぎ込むその右岸にあり、1000万年前以上も前に噴火した二上山の火山灰が堆積して形成された凝灰岩の岩盤を5世紀中頃から7世紀前半にかけて 掘削して造られたものです。凝灰岩は軟質で、横穴を掘削するには最適の岩盤で壁面と天井の境には家屋の軒先を模したと言われる切込み段が見られ、これが高井田古墳の特徴です。

100_20200515080801

石室奥壁  横穴式石室の原型 高井田山古墳の石室は、近畿地方で5世紀以降に展開する石室の原型として 大変重要な意義をもっています。この高井田山型のルーツは、形態や構造的な類似から朝鮮半島・百済の石室から伝られたと思われますが、全く同じ形の石室はなく、その構築技術が近畿地方にもたらされたと理解さます。大和王権の列島における政治的優位性の確立と積極的な対外交流の結果もたらされたものであり、5世紀から6世紀にかけての東アジアの政治情勢の一端を物語っています。
横穴古墳の断面図
100_20200515082101
奥にある玄室には、3体ほどの遺体が納められたと考えられています。
101_20200515082101
103_20200515082101

墳丘中央にある横穴式石室は、南に開口する右片袖式の石室です。玄室から見て、羨道が左側に寄って取り付き、右側が壁となるので右片袖式と言います。玄室の長さ3.73m、幅2.34m、羨道の長さ2.0m、幅1.18mの規模です。羨道は、多数の石を積み上げて閉塞されていました。
1121

これまでの調査により、全部で162基の横穴が発見されており、全国でも有数の規模をもつ横穴群である。未発見を含めると200位はあるのではないかと推定されている。大阪府下では、安福寺(玉手町)横穴群とともに、柏原市域にのみ見られる墓制である。 
11_20200515082501
1133

横穴は中世あたりに、倉庫や堆肥小屋として用いられていたような形跡もあり、いたずら書きも沢山残されているが、横穴群を一躍有名にした船・人物の線刻画。この線刻画は大正6年(1917)に発見され、「ゴンドラ形の船に乗る人物」とか「人物の窟」とか呼ばれている。描かれた服装は、当時の衣装を記録したものとして貴重な資料とされている。その後ぞくぞく古墳時代の線刻画が発見され、1922年には横穴の一部が国の史跡に指定された。
150
15_20200515082701
141_20200515082801 143

公園内に柏原市立歴史博物館が有り出土品が展示されています。
20_20200515083001

    須恵器出土状況・須恵器・土師器
201_20200515083101
202_20200515083101
204_20200515083101

古代のアイロン、火熨斗(ひのし)の出土は、国内では2例目であるが、中国・朝鮮では多く出土している。百済の武寧王陵では、王妃(526年没)の副葬品として出土している。高井田山古墳でも、玄室には副葬品から見て二人埋葬されていた可能性が高く、火熨斗が出た方の棺からは中国産の鏡も見つかっている事から、こちらも女性の可能性が高い
207





Photo_20200629134101


    8月の新作カラー

 夏にぴったりなトリコロールカラーのギンガム

チェックで大きなリボンをキュッと結びあげました♪

リボンの端には華奢なホワイトトーションレースを

       2本並べました。
115843126_1380877638776220_5765498806958

   【トリコロールリボン】 ¥1650(税込)
116236276_4391064197578291_8418635440652

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/32167270

🔹minne店🔹
https://minne.com/items/23802696

🔹creema店🔹
https://www.creema.jp/item/10021411/detail

2020年8月23日 (日)

蒜山・大山・アジ

8月23日の誕生花    月下美人

花言葉:    儚い恋、繊細、快楽
823_20200716143401

 

Photo_20200716073301


今日も雨である。早朝 職場(美保関)に出勤したが

西東
堤防共に一人も釣り人がいなかった。

小生も出勤簿に印も(竿も出さず)押さずに退社した。

家に帰ると雨はやんでいた。時間を持て余し久しぶり

「大山オコワ」が食べたくなり米子道「蒜山IC」

まで行った。ICを下りると右に「道の駅 風の家」が

有る。
駐車場は買い物客の車で一杯 青果売り場は 

超過密 中にはマスクのしていない人も・・・・

小生は人の少ないテントで売られていた「シイタケの

天ぷら」を買って車内で頂いたが美味しかった。

Dsc00060

蒜山高原をドライブして大山に向かう途中に有る

「鬼女台展望休憩所」 前回来たときは読めなかって 

獣医さんに教えて頂いた看板に「ルビ」がふられていた

今回は小生でも読めた。( ´艸`) でも なぜ??

鬼女台 と名付けられているのか 分からない

Dsc00062

売店で自然薯を買い大山「どんぐり村」に着いた。

やっと「大山おこわ・大山ソバ」に有り付いた。

どんぐりで作った「トビ」が珍しかった。

Dsc00063

 


翌日 早朝4時に出勤 電気浮きで第一投 

即 浮きは姿を消した。
Dsc00070 

約6時頃で当りは止まった。20㎝~30㎝ 18匹

10298924_1581211838772345_21093641671024


Photo_20200629134101


        8月の新作カラー

 夏にぴったりなトリコロールカラーのギンガム

チェックで大きなリボンをキュッと結びあげました♪

リボンの端には華奢なホワイトトーションレースを

       2本並べました。
115843126_1380877638776220_5765498806958

   【トリコロールリボン】 ¥1650(税込)
116236276_4391064197578291_8418635440652

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/32167270

🔹minne店🔹
https://minne.com/items/23802696

🔹creema店🔹
https://www.creema.jp/item/10021411/detail

2020年8月20日 (木)

出雲 素戔嗚尊ー4 稲田神社

8月20日の誕生花    エキナセア

花言葉:             優しさ、深い愛
820

Photo_20200716073301
Photo_20200718073101
               
             出雲15神社巡り 最終回

意宇六社
      熊野大社・神魂神社・八重垣神社・真名井神社・
 ブログ       5月7日  5月14日  5月21日   5月28日

             六所神社・揖夜神社
ブログ  6月4日  6月11日

出雲四大神4社
     熊野大社・出雲大社・佐太神社・能義神社
ブログ   5月7日 6月25日 7月2日  7月9日

神在り月当番順4社
     朝山神社・出雲大社・佐太神社・万九千神社
ブログ   7月16日 6月25日 7月2日  7月23日

須佐之男命 関連5神社
      須佐神社・須賀神社・八重垣神社・斐伊神社・
ブログ      7月30日  8月6日    5月21日      8月13日

              稲田神社
ブログ   8月20日
稲田神社(いなだじんじゃ)島根県仁多郡奥出雲町稲原2128-1  JR出雲横田駅から車で5分
須佐之男命(すさのおのみこと)
の正妻である、奇稲田姫(くしなだひめ) を祀った神社です。
2_03

船通山(せんつうざん)は、鳥取県日南町と島根県奥出雲町の県境にある標高1,142mの山です。
0_20200504075501
Photo_20200504081401

島根県鳥取県境に位置する奥出雲町の船通山が「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」が 降臨した場所といわれ、宍道湖に注ぐ斐伊川の源流になります。山腹にはオロチのすみかといわれる鳥上の滝
41_20200504081301

  道中には「かたくり」の群生地もあります。
Photo_20200504081601 

『古事記』によれば船通山(出雲地方では古来より「鳥上山(鳥髪山)」あるいは「鳥上峰(鳥髪峰)」とも呼ばれる)の麓へ降臨した須佐之男命 は八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、大蛇の尾から得た天叢雲剣を天照大神に献上したという。八岐大蛇 を退治したといわれる舞台の山頂には、天叢雲剣出顕之地の碑があります。 比婆道後帝釈国定公園の一部です。登山道入り口から約1時間で山頂に着きます。
Photo_20200503081201
稲田神社は八岐大蛇退治に登場する須佐之男命(すさのおのみこと) の妻「奇稲田姫(くしなだひめ)の生誕之地とされる稲田地区に建つ神社です。稲田姫 は足名椎命(アシナヅチ)・手名椎命(テナヅチ)の8人の娘の中で最後に残った娘で、ヤマタノオロチの生贄(いけにえ)にされそうになっていたところを、須佐之男命(すさのおのみこと) により姿を変えられて櫛(くし)になり、守られ、助けられます。

月岡芳年「素戔嗚尊(すさのおのみこと)出雲の簸川上(ひのかわかみ)に八頭蛇(やまだのおろち)を退治し給う図」(県立古代出雲歴史博物館蔵)

1_20200503081201

左に駐車場が有りますが 境内にも駐車場があり車で鳥居をくぐり、社殿前まで行けます。写真手前の左右に小さな灯篭が有る所は清流の小川が有ります。夏には「ホタル」が飛び交います。
0_20200503081501
100_20200504083201
     参道は舗装されています。
10_20200503081701

          鳥居の扁額
12_20200503081801

鳥居をくぐった所 左に案内板が有ります。
12_20200503081802

その隣に「奇稲田姫(くしなだひめ)」誕生の地の石碑が立っています。 

22_20200503081801

          左に手水舎
23_20200503081901

          正面に拝殿
301_20200503081901
302

普通何処の神社でも注連縄
(しめなわ)外側に張っているが、ここは内側に張ってる。
31_20200504073201

         前拝殿 内陣
32_20200503082001

拝殿は奥にもあって、本殿は二つ目の拝殿の奥に鎮座している。
33_20200503082101

        二つ目の拝殿内陣
33_20200504073301

         立体的な神紋
42_20200503082101
Photo_20200504073401

拝殿右には 稲田姫・スサノオの像・八岐大蛇 を退治した時に飲ませた酒を入れたツボが置かれた庭園が有ります。
51_20200503082201

     伝説の美女、??稲田姫
53_20200503082101

          スサノオ像
54

          酒壺
Photo_20200504073901

社務所 兼 蕎麦屋 「ゆかり庵」さんが庭園の横に有ります。奥出雲産蕎麦粉を100%使用した香り高い十割そばと、スタッフ自ら育てた野菜の郷土食がいただけます。なかでも幻の在来種「横田小そば」を使った香りが高く、野趣に富んだ風味と歯ごたえが楽しめる 。県外からも多くの参詣者が利用されていて奥出雲のグルメスポットにもなっています。
6_20200503082301

      室内からも庭園を望めます。
80299935_2252226261545539_27051932559888
Timthumb

稲田神社から徒歩10分ほどの所に「元宮跡」が有ります
65

神社の周辺には、稲田姫の生まれた時に使われた「産湯の池」が有ります
82_20200504082801
81_20200503082301

周囲にこんもり茂った「笹の宮」と言う竹藪があり、稲田姫ご誕生の時、ここの笹でへその緒を切ったという由緒があるそうです。
71_20200503082401
出雲15社巡りは今回で終わりますが 神話の世界

高天原 天孫降臨 は只今各地に足を運び勉強中です。

まとまり次第 後日 更新していきます。


Photo_20200629134101


       8月の新作カラー

 夏にぴったりなトリコロールカラーのギンガム

チェックで大きなリボンをキュッと結びあげました♪

リボンの端には華奢なホワイトトーションレースを

       2本並べました。
115843126_1380877638776220_5765498806958

   【トリコロールリボン】 ¥1650(税込)
116236276_4391064197578291_8418635440652

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/32167270

🔹minne店🔹
https://minne.com/items/23802696

🔹creema店🔹
https://www.creema.jp/item/10021411/detail

2020年8月16日 (日)

フグ・タイ・アジ

8月16日の誕生花   ブーゲンビリア

花言葉:        情熱、魅力
816

 

Photo_20200716073301



  小雨の中 本日の初釣果は幸先よく・・・・・

     フグ だった。 ( ノД`)シクシク…

Dsc00046 

約1時間後 20㎝前後の「タイ」が来た。

本命の大アジは音沙汰がない

Dsc00047

そしてまた約1時間後 3匹目はアジで無いことは

一目で分かった。

暴風だった この日 非常勤不漁社員は 誰も出勤

して来なかった。小生も6時出勤 8時半納竿した。

Dsc00048 

翌日 珍しく9時出勤の根雨さんに 何かの間違いと

思うが 
30㎝前後の「丸アジ」が釣れてしまった。

Dsc00049


11時に出勤した 10番さんに30㎝弱のアジが来た。

Dsc00051

早朝5時に出勤した小生に 7時間後 やっと34㎝の

「真アジ」と下針に26㎝の「鯛」が来た

Dsc00053


Photo_20200629134101


        8月の新作カラー

 夏にぴったりなトリコロールカラーのギンガム

チェックで大きなリボンをキュッと結びあげました♪

リボンの端には華奢なホワイトトーションレースを

       2本並べました。
115843126_1380877638776220_5765498806958

   【トリコロールリボン】 ¥1650(税込)
116236276_4391064197578291_8418635440652

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/32167270

🔹minne店🔹
https://minne.com/items/23802696

🔹creema店🔹
https://www.creema.jp/item/10021411/detail

2020年8月13日 (木)

出雲 須佐之男命-3 斐伊神社

8月13日の誕生花          サギソウ (鷺草)

花言葉:           繊細、清純、発展
813

 

Photo_20200716073301

Photo_20200718073101

                出雲15神社巡り

 

意宇六社
      熊野大社・神魂神社・八重垣神社・真名井神社・
 ブログ       5月7日  5月14日  5月21日   5月28日
             六所神社・揖夜神社
ブログ  6月4日  6月11日
出雲四大神4社
     熊野大社・出雲大社・佐太神社・能義神社
ブログ   5月7日 6月25日 7月2日  7月9日  
神在り月当番順4社
     朝山神社・出雲大社・佐太神社・万九千神社
ブログ   7月16日 6月25日 7月2日  7月23日 
須佐之男命 関連5神社
      須佐神社・須賀神社・八重垣神社・斐伊神社・
ブログ      7月30日  8月6日    5月21日      8月13日
               稲田神社
ブログ    8月20日

 

 

須佐之男命
2012年に『古事記』は編纂1300年を迎えました。『古事記』に登場する神話は、『出雲神話』がおよそ三分の一を占めており、中でも須佐之男命(すさのおのみこと) のオロチ退治は全国的にも有名で、出雲神話のハイライトといえます。その舞台となった、雲南市や奥出雲町などに残るオロチ伝説ゆかりの地をめぐり、神話の世界と地域の魅力をご紹介します。父神の命令を聞かず、亡き母に会いたいと泣き続ける須佐之男命を父神は追放します。須佐之男命は姉である日の神、天照大神(あまてらすおおみかみ)のいる高天原(たかまがはら)に行きますが、そこで散々乱行を働いたために天照大神は岩屋戸に隠れてしまいます。日の神が隠れたことにより世界は暗闇となり災いが訪れ、これは大変と高天原の八百万(やおよろず)の神たちは計略をもって天照大神を岩屋戸から引き出し、須佐之男命を追放します。またもや追放された須佐之男命が降り立ったのが、島根県奥出雲町の鳥髪(とりかみ)という地でした。(出雲市を流れる斐伊川の源流である船通山にあたります。)そこからしばらく行くと、美しい娘「奇稲田姫(くしなだひめ)」と老夫婦が泣いており、聞けば恐ろしいヤマタノオロチに娘が食われてしまうといいます。須佐之男命は娘を嫁にもらうのと引き換えに、ヤマタノオロチを退治することになりました。
Photo_20200501154301


斐伊神社  雲南市木次町里方字宮崎463
この神社はJR木次線・木次駅の北約1.2km、線路脇に神社の入口があります。
0_20200501153301

           境内図
Keidai_hii
   線路に向かって中央に一の鳥居 
11_20200501153401

    鳥居左に 手水舎 が有ります。 
2_20200501153501

    鳥居右に 社号標 が有ります。 
31_20200501153501
22_20200501153501

         一の明神鳥居
4_20200501153601

     石段参道脇にいる出雲狛犬
5_20200501153601  51_20200501153601
  
  石段参道途中の踊り場に立つ二の明神鳥居

7_20200501153701

   石段を上がりつめた所から見る拝殿 
8_20200501153701

        入母屋造りの拝殿

9_20200502060701

拝殿に掛かる 扁額 

91_20200502060801

          拝殿 内陣
10_20200501153701

     弊殿と大社造変態の本殿
神社の由緒は紀元前にまで遡ると伝えられ、出雲国風土記には樋社(ヒノヤシロ)として斐伊神社と樋速夜比古神社(ヒハヤビコノヤシロ)の二社が記されていますが、天平時代(710~784年)に現在の斐伊神社に統合されました。このため、以前は斐伊神社と八岐大蛇の頭を埋めた八本杉は同じ境内にあったと考えられています。古くから地域住民の氏神として崇められており、境内には本殿のほか稲荷神社、火守神社、八幡宮が鎮座されています。また、斐伊神社は関東地方に分布する氷川神社のルーツと言われています
112_20200501154001

   境内社:廿原神社・稲荷神社
12_20200501154001

      境内社:日宮八幡宮
13_20200501154101

   境内右手に階段が有り社殿が見えます。
151_20200501154101
152

       境内社:火守神社
161_20200501154301

本社の西100メートルほどのところに八本杉と呼ばれる飛び地境内がある。この八本杉は素盞嗚尊が八岐大蛇を退治した場所と伝承されている。
10_20200501154601

素盞嗚尊 が八俣の大蛇を退治し、再び生き返って人々に危害を与えないように八つの頭をこの地に埋め、その上に杉を植えられた場所です。そして、後にその様子素盞嗚尊 になぞらえて 「我たのむ人を恵みの杉を植えて、八重垣かこみ守る末の代」 と詩に詠まれた地です。
201_20200501154701
高天原 天孫降臨 は 後日紹介します。



Photo_20200629134101


          8月の新作カラー

 夏にぴったりなトリコロールカラーのギンガム

チェックで大きなリボンをキュッと結びあげました♪

リボンの端には華奢なホワイトトーションレースを

       2本並べました。
115843126_1380877638776220_5765498806958

   【トリコロールリボン】 ¥1650(税込)
116236276_4391064197578291_8418635440652

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/32167270

🔹minne店🔹
https://minne.com/items/23802696

🔹creema店🔹
https://www.creema.jp/item/10021411/detail

2020年8月 9日 (日)

アイゴ・アジ・雉ハタ

8月9日の誕生花  アルストロメリア

花言葉:  持続、エキゾチック、援助
89

Photo_20200716073301


内湾で「マメアジ」を釣られていた人のクーラーに

ヒレに猛毒を持つ「アイゴ(バリ)」が入っていた。

家族ずれの子供さんには要注意の魚だ。

体長25cm前後になる。背鰭(せびれ)、尻鰭(しりびれ)に毒のある鋭い棘がある。側扁形(左右に平たい)。本州などのアイゴは白い(細かい)斑紋はあっても大きく少ない。
Dsc00038

日によって全く釣れない事もある「マメアジ


(5㎝~1
0㎝)」がこの日は入れ食いだった。
Dsc00034

マメアジを背掛けにして泳がせていると雉ハタが釣れた。
Photo_20200807041601

隣りで釣られていた女性はマメアジ釣りの仕掛けで
一番下の針に付けたマメアジに雉ハタが付いてきた。
Dsc00328

    大敷網は不良が続いている。

Dsc00035

7日には美保神社の7日恵比寿に釣り人の海難事故無し・

連日の大漁を祈願する為に参拝した。

Dsc00044

毎月決まって「お賽銭」は100円だが 今月は倍の

200円奮発した。豪雨が来るまでの1時間で3匹釣れた。

さすが賽銭の倍増は効き目があったようだ。

66032827_2596268687266650_56453061606186

 

Photo_20200629134101


        8月の新作カラー

 夏にぴったりなトリコロールカラーのギンガム

チェックで大きなリボンをキュッと結びあげました♪

リボンの端には華奢なホワイトトーションレースを

       2本並べました。
115843126_1380877638776220_5765498806958

   【トリコロールリボン】 ¥1650(税込)
116236276_4391064197578291_8418635440652

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/32167270

🔹minne店🔹
https://minne.com/items/23802696

🔹creema店🔹
https://www.creema.jp/item/10021411/detail

2020年8月 6日 (木)

出雲 須佐之男命-2 須賀神社

8月6日の誕生花  ノウゼンカズラ (凌霄花)

花言葉:                名誉、栄光
86
Photo_20200717094801
Photo_20200718073101
出雲15神社巡り


意宇六社

      熊野大社・神魂神社・八重垣神社・真名井神社・
 ブログ       5月7日  5月14日  5月21日   5月28日

             六所神社・揖夜神社
ブログ  6月4日  6月11日


出雲四大神4社

     熊野大社・出雲大社・佐太神社・能義神社
ブログ   5月7日 6月25日 7月2日  7月9日


神在り月当番順4社

     朝山神社・出雲大社・佐太神社・万九千神社
ブログ   7月16日 6月25日 7月2日  7月23日


須佐之男命 関連5神社

      須佐神社・須賀神社・八重垣神社・斐伊神社・
ブログ      7月30日  8月6日    5月21日      8月13日

              稲田神社
ブログ   8月20日
須佐之男命

2012年に『古事記』は編纂1300年を迎えました。『古事記』に登場する神話は、『出雲神話』がおよそ三分の一を占めており、中でも須佐之男命 (スサノオノミコト)のオロチ退治は全国的にも有名で、出雲神話のハイライトといえます。その舞台となった、雲南市や奥出雲町などに残るオロチ伝説ゆかりの地をめぐり、神話の世界と地域の魅力をご紹介します。父神の命令を聞かず、亡き母に会いたいと泣き続ける須佐之男命を父神は追放します。須佐之男命は姉である日の神、天照大神(あまてらすおおみかみ)のいる高天原(たかまがはら)に行きますが、そこで散々乱行を働いたために天照大神は岩屋戸に隠れてしまいます。日の神が隠れたことにより世界は暗闇となり災いが訪れ、これは大変と高天原の八百万(やおよろず)の神たちは計略をもって天照大神を岩屋戸から引き出し、須佐之男命を追放します。またもや追放された須佐之男命が降り立ったのが、島根県奥出雲町の鳥髪(とりかみ)という地でした。(出雲市を流れる斐伊川の源流である船通山にあたります。)そこからしばらく行くと、美しい娘「奇稲田姫(くしなだひめ)」と老夫婦が泣いており、聞けば恐ろしいヤマタノオロチに娘が食われてしまうといいます。須佐之男命は娘を嫁にもらうのと引き換えに、ヤマタノオロチを退治することになりました。
Photo_20200501154301

      
須我神社 島根県雲南市大東町須賀にある神社        
島根県の東部に位置し、松江市と出雲市に隣接する雲南市にあります。JR木次線出雲大東駅から県道24号線を東におよそ10km余、八雲山の西南麓、大東町須賀に鎮座しています。島根県松江市より大東市へ入ると、道沿い左に大鳥居が見えます。
日本初の宮殿和歌発祥の地 古事記・日本書紀に記載されている「須賀宮(すがのみや)」であり、日本初之宮(にほんはつのみや)です。古事記によると、肥河上(現斐伊川)で八岐大蛇を退治した須佐之男命は、自分の住居となる宮を求めてこの出雲国須賀にやってきました。その際「吾此地に来まして、我が心須賀須賀し」 と言い、この地は須我といわれるようになりました。そして宮殿が出来上がった時に、美しい雲が立ち上がるのを見て「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠めに 八重垣つくる その八重垣を」と御歌を詠みました。 三十一文字和歌発祥の地、さらにはこの御歌の出雲が出雲の国名の起源でもあります。須佐之男命(すさのおのみこと)と妻の稲田比売命(クシナダヒメ)、両神の子の清之湯山主三名狭漏彦八島野命(すがのゆやまぬしみなさろひこやしまのみこと。八島士奴美神)を主祭神とし、諏訪大社の分霊の武御名方命を配祀する

県道24号線脇に本殿へと続く参道の入り口にある大鳥居。石造りの鳥居としては山陰最大です。
0-1

大鳥居を車でくぐり左右に民家が有る参道を走ります。
0-2

突き当りに鳥居が見えます。左に夫婦松 水中に松が自生しているのは珍しく、しかも一つの下部から男松と女松が生じているのは他に例がなく、縁結びのご利益に預かれる事からご縁結びの夫婦松と言われております。
10_20200502074001

右手には日本初之宮の二の鳥居が有ります。
Photo_20200502074201
20_20200502075901
21_20200502074401

鳥居をくぐると右に手水舎。
22_20200502074101

その後ろに石碑が有ります。
23_20200502074201

左には「縣社須我神社」の社号標、昭和拾二年拾月の日付があります。
正面階段上に瓦葺の随神門が有ります。
4-1

左右に随神像が祀られています。
41-2_20200502074401

随神門を入ると社務所、授与所、正面一段上鬱蒼とした樹木に囲まれて社殿が見えます。

6_20200502074801

階段右下
には須佐之男命が詠んだ歌碑があります。宮殿を建てた後、美しい雲が立ち騰がるのを見て「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」です、このことから和歌発祥の地とされています。
5_20200502074701

和歌の石碑の前に手水舎の無い手水が有ります。
51_20200502074501

須佐之男命が 
建てた宮殿が日本初の宮殿ということで「日本初之宮」と 呼ばれ、この宮殿がそのまま神社になったと伝えられています。
8_20200502074901

素木の額には「日本初之宮 須我神社」とあります。神紋は亀甲の中に「八雲」が描かれています。 
81_20200502075001

拝殿内の扁額は公爵 近衞文麿の書と言われています。奉献 昭和丁丑 仲秋」とありますので昭和12年(1937)の奉納と思われます。
82_20200502075001

昔の面影を残して左にお寺(普賢院)境内が隣接しています。
91_20200502074601

 手前の拝殿と奥の本殿からなる大社造りの神社社殿。両側には高さ10mの二本の杉のご神木が建ちます。
拝殿と出雲造りの本殿の本格的な社です。御祭神は宇能遲比古命、須我禰命 櫛名田姫命 手名椎命 事湯津比古命 少彦名命 足名椎命 伊邪那岐命 大山祇命が合祀されています。
Photo_20200502075201

海潮神社(
うしおじんじゃ)右は荒神社です。御祭神は不明ですが、五穀成就 家畜安全 守護荒神社とあります。本殿の左側には境内社が建ち並ぶが、それぞれ村制時代の各集落氏神を合祀したもので、個別の神社としても遜色がない。
15_20200502075301

境内社・若宮神社 荒神社の右に並んであります。御祭神は伊邪那岐命、宇迦之魂神 須佐之男命 火産靈命が合祀されています 。周囲には小さな狛犬、稲荷神社も合祀されていますので狛狐も見られます。
16_20200502075701
 
御親神社、社日神社が奥にあります。
161_20200502075801

御仮殿 若宮神社に続いてあります。御仮殿の名の通り、遷宮等の時の臨時の社と思われます
17_20200502075801

境内社・虚空社(こくうしゃ)社殿左、隣接するお寺(普賢院)との境界付近にあります。虚空蔵菩薩が奉祀されています。
18_20200502075801
20191118111513e1576488859487
須我神社の『奥宮(おくのみや)』
島根県の奥出雲といわれる雲南市にある「須我神社」から約2キロ離れた八雲山(御室山/みむろやま)の中腹に、奥宮が有ります。須賀の地名は、スサノオノミコトがこの地に至ったとき「我が御心清々し」と言われたことに由来しているそうです。
1_20200502081201

社殿から
登山口までは、約2km。車でも行きました。登山口近くの駐車場に車を置いて、登る道のりは約400m。
2-2km

登山口の石碑に「八雲山文学碑の径」と記されているように、登山道には数多くの歌碑が並べられていました。ここは和歌発祥の地。一歩一歩、歌を眺めながら進みます。
31_20200502081201

奥宮に続く参道。60基の歌碑句碑が建立されています。多くの詩歌、文学の道を志す方の奉納詩歌を献詠され、三ヶ月間の作品の中から秀作の発表・掲示が行われています。
61_20200502081901

少し登ると、『禊場』がありました。神域を示す縄が張られ、湧水が勢い良く流れ出ています。「不老長寿 神泉坂根水」  
5_20200502081301
51_20200502081301

しばらくすると、鳥居が見えてきました。鳥居を潜ると、奥宮までは真っすぐ、木階段を登っていきます。
6_20200502081401

夫婦岩・・・奥宮です。
70_20200502081501

大きな岩座が、須佐之男命(スサノオノミコト)中ほどの岩座が、奇稲田比売命(クシナダヒメノミコト)小さな岩座が、清之湯山主三名狭漏彦八島野命(スガノユヤマヌシミナサロヒコヤシマノミコト)と言われます
71_20200502081601



Photo_20200629134101


     8月の新作カラー

 夏にぴったりなトリコロールカラーのギンガム

チェックで大きなリボンをキュッと結びあげました♪

リボンの端には華奢なホワイトトーションレースを

       2本並べました。
115843126_1380877638776220_5765498806958

   【トリコロールリボン】 ¥1650(税込)
116236276_4391064197578291_8418635440652

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/32167270

🔹minne店🔹
https://minne.com/items/23802696

🔹creema店🔹
https://www.creema.jp/item/10021411/detail

2020年8月 2日 (日)

アジ・アカミズ 大敷網

8月2日の誕生花    ヤグルマギク (矢車菊)

花言葉:   優雅、信頼、幸運、幸福

82_20200713141801

Photo_20200716073301

 

早朝 大雨の中 お腹がパンパンの中アジ 2匹確保

Photo_20200713142001

3匹目はエラが奇麗な「ホウボウ」が釣れた。長年 

美保関で釣りをしているが 初めての釣果だった。

1_20200713142001

大敷網は「まめあじ」の山だった。

半分以上「ムロアジ(丸アジ・アオアジ)」だ

4_20200713142001

2_20200713142101

Photo_20200713142201

松江さんは頑張ておられる。本命「雉ハタ」

731

6201_20200716083801

732_20200716083801

釣り上げたお魚は自宅で「3548(さごしや)」と

名付けた厨房で料理もされている。おいしそうだ
106564212_3001725053268052_7066373644340

     境港水産物直売センター情報
717 719_20200802045001 202023_20200802045201



Photo_20200629134101


       8月の新作カラー

夏にぴったりな
トリコロールカラーのギンガム

チェックで
大きなリボンをキュッと結びあげました♪

リボンの端には華奢なホワイトトーションレースを

       2本並べました。
115843126_1380877638776220_5765498806958


   【トリコロールリボン】 ¥1650(税込)
116236276_4391064197578291_8418635440652

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/32167270

🔹minne店🔹
https://minne.com/items/23802696

🔹creema店🔹
https://www.creema.jp/item/10021411/detail


« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »