Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« 大敷網漁獲・境港水産物直売センター | トップページ | 美保関タコ・境港竹ノ内アジ »

2020年9月17日 (木)

JR和歌山線-1 栄山寺

9月17日の誕生花  ニチニチソウ (日々草)
花言葉:      友情、楽しい思い出
917

 

91569048_2673584092739850_61559694441714

Photo_20200718073101

 

榮山寺 (えいさんじ) 奈良県五條市小島町503  
Map
吉野川に架かる橋の右下に音無し淵が在ります。
Dsc00111
Dsc00114

音無川(吉野川)を眼下に望む養老3年(719)に藤原不比等の長男藤原武智麻呂が菩提寺として創建したと伝えられる。室町時代に再建された本堂には薬師如来坐像(重要文化財)が祀られており、本堂右手には八角円堂(国宝)が立つ。八角円堂は武智麻呂の菩提を弔うために子の仲麻呂によって建立されたと伝えられており、内陣の柱や天蓋には壁画が施されているなど天平建築の中でも法隆寺夢殿と並ぶ貴重な遺構である。平安期に造られた梵鐘(国宝)は「平安三絶の鐘」の一つで四面には菅原道真の撰、小野道風の書といわれる銘文が残されている。
Dsc00119

寺務所 境内は東西に細長く、小さな山門があります
1_20200603131501

栄山寺の由緒を記した看板
2_20200603131501

延喜十七年(917)在銘の旧山城国道澄寺の梵鐘(国宝)
3_20200603131501

国宝の「梵鐘」鐘楼  藤原武智麻呂の5世の孫である藤原道明と道明の伯父の橘澄清によって寄進されたもので、当初は山城道澄寺にあった。道澄寺は藤原道明と橘澄清の名の1字ずつを取って寺号としたもので、寺は京都市伏見区深草直違橋(すじかいばし)に現存する。
310

梵鐘は、高さ157.4cm、口径89cm。平安時代の金工品を代表する名品で、京都・神護寺、宇治平等院の鐘とともに「平安三絶の鐘」として知られている。 四面に梵鐘に刻まれた銘文は、菅原道真撰で、小野道風の書と伝えられる陽鋳の銘文が施されている。
321

「塔之堂(大日堂)」大日堂ですが、大日如来像は祀られていません。中央には蝶のような美しい光背の観音さまが。その両脇に弘法大師像と、珍しい青いハチマキと腹巻をした不動明王像が祀られています。
4_20200603131701

「塔之堂」の正面には、石碑とともに「七重石塔婆」(重要文化財・鎌倉時代初期・高さ3.6m)
が立っています。それほど目立ちませんが、これは奈良時代のもので、重要文化財に指定されています。
5136 
栄山寺の「本堂」は、1553年に再建されたもので、堂内に入ると、素晴らしい仏さまが多数お祀りされています。御本尊は、本堂須弥壇上の黒漆塗厨子の中に安置されている像で、室町時代1431年作の木造漆箔寄木造り「薬師如来坐像(重文)」です。 金箔が鮮やかに残り、ふくよかで 膝の厚みもあり、どっしりとした姿で両手を禅定印(坐禅の時の手の形)に結んだ掌に薬壷を持っています。   女性的なお薬師さまで玉眼がきれいで、光背もほぼ破損なく残されています。
Photo_20200603132801
その周囲には、脇侍の日光・月光菩薩、薬師如来を守護する木造十二神将などが安置されています。
601_20200603131801

木造十二神将立像  享徳3年(1454年)、康正元年(1455年)の銘があり一年間に数人の仏師によって刻作されたと考えられる。室町時代の天部像の様式を示し頭上に十二支の標識をつけている。薬師如来坐像と木造十二神将は、国の重要文化財指定を受けています。
602

本堂前に据えられた総高243cmの石灯籠も重要文化財の指定を受けています。弘安7年(1284年)の銘があり、室町時代に造立された時の姿をよく残していると言われていますが、このように、本堂の正面真ん中に一基の灯籠を据えた様式を「榮山寺型」と言い、この型は東大寺大仏殿や唐招提寺、新薬師寺などの見本となった様式なのです。(重要文化財・鎌倉時代後期)
71_20200603131901

本堂前には「史跡榮山寺行宮阯」と刻まれた石碑があります。
600_20200603131901

本堂裏側にある資料館
62_20200603132001

本堂の右手にさらに進むと鎮守御霊神社が有ります。
63_20200603132101

地蔵尊
72_20200603132101

八角円堂 (国宝 附:旧石露盤残欠)栄山寺の最も東側に立つのが、国宝に指定されている「八角円堂」です。天平宝字年間(757~765年まで)の建立で、この時代の円堂としては、法隆寺・夢殿に並ぶもの。栄山寺の堂宇は戦国時代にほぼ全て焼失してしまいましたが、この八角円堂だけは焼け残りました。
Photo_20200603132101

八角円堂の内部は、八角形の柱が4本立っており、中央には南向きに阿弥陀如来像が祀られています。その背後には半跏の地蔵像、さらにお釈迦様と梵天像も祀られています。
80_20200603132201

薬師如来後背の上昇する曲線が非常に印象に残ります。
801_20200603132501
八角円堂の内部の壁画「内陣装飾画」も重要文化財に指定されています。天平時代の貴重なもので、最近まで剥落防止の処理が行われていたそうですが、残念ながら肉眼ではほとんど分かりませんでした。堂内には、壁画が残っている場所を示した図などもありました
81_20200603132201 
82_20200603132601
20190529091901_p1ipv1gj6n
Photo_20200629134101

                9月の新作カラー
   秋らしい古典小紋柄のトンボ・唐草・青海波・
    矢羽根がパッチワーク調にプリントされた

        落ち着いたカラーの和モダンな生地で

         大きな結帯風のリボンを作りました。
Cd8440f45c6bde26bbe3c4bfeab6ce44

リボンの端には大き目のラインストーンがキラリ☆
61b6f54d09942fbf397a5b30aa76971d

             【古典蝶々】 ¥1650(税込)

118286815_1406504846213499_8078789209042

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/33210773
🔹minne店🔹
【ピンク】https://minne.com/items/24523531
【ブルー】https://minne.com/items/24523676
🔹creema店🔹
【ピンク】https://www.creema.jp/item/10208708/detail
【ブルー】https://www.creema.jp/item/10208719/detail
 

« 大敷網漁獲・境港水産物直売センター | トップページ | 美保関タコ・境港竹ノ内アジ »

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

神話」カテゴリの記事

近畿・美術館・」カテゴリの記事

関西地方」カテゴリの記事