Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

« カマス・キンプク・アカヒラ・サゴシ・カワハギ・ヒラメ大敷網 | トップページ | 最終回 長年 有り難うございました »

2020年10月22日 (木)

大国主命-2 受難・再生地 赤猪岩神社

10月22日の誕生花   ミニバラ
花言葉:        特別の功績

1022_20200922085301

Photo_20200716073301

Photo_20200718073101


赤猪岩神社(あかいいわじんじゃ) 鳥取県南部町。
JR山陰本線米子駅から日ノ丸バス御内谷線などで「手間」下車徒歩15分

『古事記』上巻、『先代旧事本紀』第4巻 地祇本紀での因幡の白兎の神話の続きの説話の舞台となった場所にある。大正6年(1917年)現在地に創建された久清神社と、南部町内にある要害山山頂にあった赤猪神社が、大正9年(1920年)に合祀され現在の赤猪岩神社となった。
創建年代は明らかではないが、古事記には「兄である八十神達のお供として八上比売へ求婚する旅にでかけた大穴牟遅神(大国主)は途中兄達にいじめられていた兎を助け、その予言通り八上比売と結ばれた(「因幡の白兎」の話)。
このことに怒った八十神達は赤い猪を山の上から追い立てるので下で捕まえろと大穴牟遅に命じ、加熱した石を猪に見立てて山の上から転がし、これを受けた大穴牟遅は酷い火傷を負って死んでしまう。このことを知った大穴牟遅の母・刺国若比売が神産巣日之命に相談すると蚶貝比売と蛤貝比売を地上に遣わしてくれ、乳汁塗って大穴牟遅を蘇らせた」といった話が載っており、この神話の舞台が当地だと伝えられている。
赤猪岩神社は、鳥取県西伯郡南部町の田園風景が広がる一本道の奥にひっそりと立っています。赤猪岩神社の看板が目印です。奥に見えるのがイザナミの母陵と伝えられている母塚山(はつかさん)です。
00_20200701092101 

         鳥居前に大きな駐車場が整備されています。
0_20200701092401
  駐車場には 社務所代わりの売店が在ります。
 
     御朱印はここで頂けます。
01_20200701095601
Dsc00027
Dsc00030
 
             社頭
100_20200701092601
 
          一の鳥居
102_20200701092601
Dsc00002  

    鳥居横に
案内板が在ります。
103_20200701092601

            真新しい手水鉢
1041

       龍の口から水が出ています。
104_20200701092701

           参道 二の鳥居
20_20200701092701

鳥居前の出雲式構え型狛犬は 彫りがとても深く盤座下から尾頂まで110cmの大きさです。
210110cm

一の鳥居から石段を10段も上がれば二の鳥居
21_20200701092801

   二の鳥居の扁額は赤かく塗られていました。
212

鳥居から5m先に鉄板葺き、入母屋造平入、軒向拝の拝殿が鎮座しています。大きな注連縄、向拝虹梁上の蟇股彫刻は松に鷹です。
3_20200701092901

参拝した日は 拝殿の内陣で地元の氏子さんが夏祭りの準備をされていました。 
Dsc00008 

          拝殿の扁額
Dsc00009      

拝殿の横にも絵馬が沢山かけられています
Dsc00013

境内左に根がむき出しの、
幹周りは約3.5mの ご神木スダジイがありました。
32_20200701092901

境内には出雲大社の千家さんが建立した「大国主大神御遭難地」の石碑があります。ここで大国主命が復活していなかったら出雲大社もなかった と時々お参りに来られているそうです
33_20200701093001

         赤猪岩神社・本殿。
4_20200701093001
Dsc00023

 出雲大社(いずもおおやしろ)に鎮座する大国主命
70_20200701080301

お社の両横には階段があり、本殿の周りを一周することが出来ます。

40_20200701093101 

境内は、椎の木(シイノキ)や椨の木(タブノキ)などのうっそうとした巨木に囲まれています。苔むした大木の根元が、赤猪岩神社の長い歴史を物語っています。
401_20200701093101

  本殿の後ろに周ることができます。
31_20200701093501

               案内板
42_20200701093201

本殿の横には大国主(オオクニヌシ)が抱いて落命したとされる大岩が封印されている。この岩は、地上にあってこの地を穢さないよう土中深く埋められ、大石で幾重にも蓋がされ、その周りには柵が巡らされ、しめなわが張られています。
421_20200701093201
44_20200701093301
Dsc00019
     
    本殿の奥にもう一つ社がありました。
Dsc00017

境内の石碑には「大國主大神御遭難地」と書かれています。
7_20200701093401  

赤猪岩神社古道をから歩いて約30分で、ウムギヒメが大国主(オオクニヌシ)を蘇生させる薬を作るため、
民家の間で、こんこんと清水が湧き続ける水を汲んだ清水井へと到着します。
8-30
出典
国宝 真福寺本古事記原文
先代舊事本紀卷第四 地祇本紀
外部リンク
ウィキペディア
南部町役場 赤猪岩神社

Photo_20200629134101

10月の新作はもちろんハロウィン~🎃🎵

    色々なハロウィンモチーフがプリントされた

      ポップな生地でバンダナを作りました。
         
   【バンダナ・ハロウィン】 ¥1600(税込)

3_20200930163301
         オレンジのバンダナはブラックで
4_20200930163601

      ブラックのバンダナはオレンジで縁取り
  2色の大き目のラインストーン5個がキラキラ
1_20200930163501

2_20200930163501

📷BASE店📷
https://nekos.theshop.jp/items/34343511
📷minne店📷
【オレンジ】https://minne.com/items/24523721
【ブラック】https://minne.com/items/24943558
📷creema店📷
【オレンジ】https://www.creema.jp/item/10406444/detail
【ブラック】https://www.creema.jp/item/10406446/detail

« カマス・キンプク・アカヒラ・サゴシ・カワハギ・ヒラメ大敷網 | トップページ | 最終回 長年 有り難うございました »

歴史探訪」カテゴリの記事

国内旅行記」カテゴリの記事

神話 神社  仏閣」カテゴリの記事

神話」カテゴリの記事

山陰」カテゴリの記事

中国地方」カテゴリの記事