Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

釣との出会い

2010年2月 5日 (金)

魚釣り専用車 (釣との出会い その五)

3月に入り少しは暖かい日々が続くようになった。 
が、乗用車の『おきあみ』の悪臭は未だ消えず
窓を開けて走らないといけない状態が続いている。

魚釣りも、しばらく休憩したが、
暖かな日々が続くとむずむずしてきて
性懲りも無く10時過ぎ、『松江のかめや』で
『おきあみ』と『さごし』釣りの『ジグ』を
買い久しぶりに堤防に向かった。

乗用車はやめて『トヨタ レジアス』を魚釣り専用車にした。
ワンボックスで広く匂いもつき難いと教えた人が居た。
堤防には平日にも関わらず見覚えの有る顔が並んでいた。
なぜか2週間も経っていないのに懐かしく思えた。
”庄原さん”も居た。

車を降りて手ぶらで”庄原さん”のもとへ歩いて行った。
「久しぶりだね。どうしていた?みんな心配していたよ」
と声を掛けてくれた。
あれだけ皆に迷惑掛けたのに、受け入れてくれた。嬉しかった。
「今日は私の横で釣ったら?」
と 隣を勧めてくれた。
『さごし』釣りをしていたのは3人だった。

車に戻り釣具を出して用意をしていたら、
隣の車の後ろドアが開いていた。
小さなスチール棚を固定して釣り具が整然と収納されていた。
感心して見ていると持ち主がやってきた。
「上手に整理してますね」と声を掛けた。
「年中釣りをしていたら沢山の釣具が必要になる。
全て車にあれば どんな時にも対応できるよ」

その人は足に『ギブス』その上に包帯をしていた。
「どうしたんですか?」と聞いたら
「塀から落ちて骨折した」と平然と答えた。
「松葉杖を衝いて『さごし』釣りですか」と聞けば
「脚立を持ってきてるので堤防には上がれる」
「・・・」
私は次の言葉を用意してなかった ううううぅうう

その人は「昔はここの住民で今は安来市に住んでいる。
昔はもっと色々な魚が年中釣れた」と懐かしんで話した。
そして名所・歴史など話してくれた。

話しているうち、空腹になり昼食を食べる店を聞いた。
「あさひ館が美味しいよ。 
朝の大敷き網に入った魚を出してくれる。 
女将さんは”みなちゃん ”娘さんは”くみさん”。
絵の上手な一家だよ」
Photo
Photo_9 
Photo_2

店の入り口に大きな「いけす」が有った。
入り口を入って右側の壁に墨絵が額に入っていた。
ブラジルのサンバの踊りが書いてあった。
今にも絵から飛び出して踊りそうだった。
”クミさん”の筆だった。
料理は”安来のギブスさん”の言う通り美味しかった。
旬の魚の刺身・焼き魚・魚のスープ・煮魚
食べきれないくらいの魚づくし・・・
Photo_3

”大敷き網の船長”と同席だった。
”よく働く船長”と呼ばれている。
米子市から来ていると言った。
1年間の網に入る魚の話をしてくれたが、
魚の形も顔も思い浮かばない。
「魚は好きだが名前が分からない」と言えば
「『あじ』と『さば』の見分けがつけば良し。 
後は名前が分からなくても美味しいと分かれば十分」
とけむに巻いた。

「1月・2月・3月は『さごし』『豆あじ』『イカ』 など等
4月・5月・6月に入り『大あじ』『鯛』『カマス』『チヌ』 など等
7月・8月・9月『チヌ』『キス』 など等
10月・11月・12月『さごし』『あじ』『チヌ』『ハマチ』 など等

年中 旬の魚が釣れる。本当に迷惑な事だ。
大敷き網に入るはずの魚が釣り人に釣られてしまう。」
と豪快に笑った。

昼食が終わり堤防に戻った。
3人の釣り人は食事も取らず釣っていた。
「食事はしないのですか?」と”庄原さん”に聞けば
「いま入れ食いだ」と答えた。
そして目の前を『さごし』が飛んだ。

急いで釣具を用意して”庄原さん”の横でリールを投げた。
5秒もしないうちに『さごし』が引っ張った。
リールは20mも飛んでなかったが近くで掛かった。
他の釣り人に邪魔せず、3匹釣れた。

その結果、本気で釣りに嵌ってしまい
半年も経たない内に釣り道具は手に負えないほど多くなった。
安来の”ギブス”さんを真似て、スチール棚に整理したが 
『レジアス』の後ろは写真の通り・・
『釣具屋さん』状態になったw
Photo_5 
車内の臭いを消す為、堤防近くの駐車場に
後ろを開けて止めていると、
「仕掛け・テグス・浮き 等々 分けてください。」
の釣り人が結構居るもんだ。

Photo_6
また家の倉庫もご覧の通り。
冷凍庫・洗濯機・クーラー大&中&小・作業机・シンクまで・・・・

釣り場も島根半島全域となった。
鹿島古浦・大芦・加賀・笠浦・七類・境水道・竹内団地
境港漁港・美保関…
シーズン毎に情報を集め最適地に行った。

が、1年経ってホームグランドは最初の釣り場になった。

また中国の研修生を連れて行ったこともあった。
Photo_8
Photo_7 

今でも いつでも 誰にでも 親切に教えてくれる
”庄原さん”には心から感謝している。
兄弟弟子は6人になった。
いつも付き合ってくれる 松江の”ベンツ”。
行く度に美味しい食事を提供してくれる”朝日館”
 
”師匠”・”名人”と呼ばれる心配は無いだろうが・・・・・
沢山の名前も知らない釣り仲間たち、
長く付き合いたいものだ。

1年は本当に早いもの67歳を迎えるこの2月、 
元気で釣を、生涯の趣味にしたいものだ。

1年の回顧録はここまで
次回からは今日の出来事を記録します。

2010年2月 2日 (火)

釣具の収集 (釣との出会い その四)

『あじ』釣りで すっかり釣り師気分になって
久しぶりに車を走らした。
”庄原の師匠”はいるかな・・・?
”庄原さん”は『さごし』を釣っていた。Photo

「釣れますか」と聞けば「今日は駄目だよ潮が悪いよ 
昨日は良く釣れたよ・・・。今日は 釣らないのか?」

「『さごし』釣りの道具を揃えたいのですが」
何を買えば良いのか聞いてみた。
「この時間釣れないから買い物に付き合ってやろうか」
境港市の”ながえや”に行った。
釣り仲間には有名な専門店だった。

今日は『レジ』で ドキドキしないために 買い物
のお金は持ってきた
『ジグ竿・リール・PEライン・ジグ・8号テグス など等』
『さごし』釣りの道具が揃った

堤防に帰り師匠は仕掛けを作ってくれた。

1投目 うまく投げられた。20m位前に『ジグ』は落ちた.
『あじ』釣りでリールの扱いに少し慣れていた。
リールに巻いた糸は150mだったが・・

リールを巻いた。
重たくなった。底に引っかかったか・・・
竿は大きく しなった。ググググッ魚が引っ張った。
師匠は大きな網を持ち走ってきた。
離れた所からも こちらを見ていてくれたのだ。
1投目で釣れた。私は釣りの素質があるのか・天才か・・・・
力一杯リールを巻いた。堤防の足元まで『さごし』が来た
姿が見えた。やった! 大声を出したかった が・・・
”師匠”が『たも』(網の事)を入れようとした時 針が外れた。
『サゴシ』は横目で私を見ながら去った。

2投目からは 力一杯 思い切り投げた。
だが リールは右や左・・・目の前に落ちた。

左右の釣り人も始めは笑って許してくれたが 
徐々に険しい顔になった。

師匠は此方へ来いと手招きをした。
師匠に教えられたとおり?投げたが 
また隣の人に糸が絡まった。

私は釣り人のいない所へ行って遠投の練習をした。
1時間以上練習した。疲れた。
だが練習の成果は無かった。

翌日朝5時30分に出発 松江の”かめや釣具店”に寄って
『あじ』の餌を買い堤防に向かった。

誰も釣り人が来ないうちに練習して『サゴシ』を釣ろうと
計画? したが到着すれば すでに6人が釣っていた。
皆生の旅館の旦那が朝食のため場所を空けてくれた。
その後に入り リールを投げた。
左右の釣り人は頼みもしないのに1m以上遠ざかった。
堤防の上の私はポツンと孤立しているように思えた。
昨日の1時間以上の練習で筋肉痛になり力が入らない。

だが・・1投目 まっすぐ飛んだ。30m!
左右の人は 「うまくなった。昨日の練習の成果が
出ていると褒めてくれた。」
そして 1m私に近づいた。

褒められて 2投目は頭を残し力一杯投げた。
何処に飛んだか 分からない 右隣の二人の釣り人が
急いでリールを巻いていた。

”庄原さん”を探したが居ない。左の人に聞いてみた。
「昨日夕方庄原に帰った。明日来ると言ってたよ」
2投であきらめた。

”キャデーさん”が来た。
『あじ』釣りの餌を買って来てよかった。3時まで釣った。
大漁だった。『あじ』『いわし』『ままかり』『めばる』『さば』
1度に五種類の魚が釣れた事もあった。
五目釣りと言うらしい 魚の名前も沢山覚えた。
餌の『オキアミ』が沢山残った。解凍バケツに半分は残った。
”キャデーさん”にどうすれば良いか聞いた。
「蓋をして持ち帰り冷凍すれば次に使えるよ」
冷凍・・これから度々釣りをするには冷凍庫は必需品なんだ。

松江に帰り リサイクルの店を訪ね歩いた。
三軒目の店”ドキドキ”で見た。8000円だった。
600円の『オキアミ』の残り200円分を保存するために
本当に必要か??それ以外の使い道を考え付かなかった。Photo_7

翌日『トヨタ レジアス』で引き取り
に来ると告げて支払をした。
当日急用が出来て冷凍庫を
引き取りに行けなかった。

二日目10時開店と同時に
引き取りに行った。
持ち帰り倉庫に設置して乗用車の
トランクから残った『オキアミ』を出した。
言葉では言い表せないほどの
悪臭がした。
『オキアミ』は完全に腐敗していた。
乗用車は1分も乗れないほどの
悪臭だった。

私は”松江のベンツ”に聞いた。消臭剤は
何が良いのか? ”ベンツ”は笑って 「何も無い
ドアを開けて風を通し自然に消えるまで待つしか
方法は無い」と冷たく言った。
私は薬局へ行き消臭剤を買い占めた。
1種類ずつ試した。効果なし  何種類も試しているうち
いよいよ悪臭は倍増した。
娘もホームセンター等で消臭剤を仕入れてきた。
無駄だった。
2月の寒中に 窓を開けて走る車は私だけだろう。
もう 釣りをやめたくなった。

2010年1月29日 (金)

『あじ』釣り (釣との出会い その三)

  寒い日々が続き 魚釣りは忘れていた。
2月中ごろ小春日和の日曜日sun 
親友の”松江のベンツ”が
(”米子のベンツ”とは違う人)電話してきた。
「明日『アジ』釣りに行こうか・・・」
(”松江のベンツ”は月曜日が定休日。)

彼は私が釣りを始めたことを知っていた。
       「宜しく!」
朝7時に島根町の加賀港へ行くことになった。

         あ、でも道具が無い。
         娘に電話mobilephoneした。

先日、娘は
「家具屋さんと釣具屋さんを間違えた~sweat01
家具屋さんを探していたら 『山陰●具センター』
の看板を発見flair
信号機signalerで●の字が隠れていたので
家具屋さんと思い、駐車場に入ったら
『山陰釣具センター』だった(;ω;)」
と言う話を思い出したからだ。

店は直ぐに分かった。
ホームセンターではない。
釣具の専門店があった。
店に入ると、笑顔のすばらしい老人が
出雲弁で迎えてくれた。
(私も老人だが若いつもりで他人を老人と呼ぶw)
私は大阪なまりの『標準語?』で
「『アジ』釣りの道具を揃えて下さい」と言った。
ホームセンターでは、竿・リール等セットでも1000円しなかった。
全部揃えても5000円もしないだろうと計算していた。

老人は
「サビキ竿・仕掛け・5・6号 餌カゴ・道具入れ
ハサミ・クーラー・針はずし・竿たて・撚りもどき・餌バケツ
それから…布バケツ…」
「これで忘れ物は無い!全部そろった!」
独り言を言ってレジまで運んだ。
レジの男性は息子さんのようだ。
レジを打ち終えて
「14080円です。」と告げた。

「14080円Σ(・ω・ノ)ノ!」
驚いた もち合わせのお金は…moneybag
20000円有った。何とか足りそうだ。
安心した(*゚∀゚)=3 ホッ 

が…
息子さんは 老人に
「リールは要らないのか?」と聞いた。
私は 「ドキッΣ(゚д゚;)」 と心臓が止まるかと思った。
リール2800円 餌の『オキアミ』600円
    『アジ』はそんなに高級魚fish

とにかく道具は揃った…はず…(A;´・ω・)

翌日、加賀港のレインボーが使っていた岸壁へ向かった。
”松江のベンツ”は先に来て1人で『キス』釣りを始めていた。
私は一度『あじ』釣りの経験が有るから出来ると思い
何も聞かずに用意を始めた。

が…
『リール』の糸がどうしても竿の『ガイド』にうまく入らない。
あまり時間がかかっていたので、”ベンツ”が見に来た。
リールの付け方が逆だった(*´Д`*)

『あじ』は面白いように釣れた。
6本の針に6匹釣れた時もあった。
まるで『鯉のぼり』のように釣れた。 
大漁だった。楽しかったshine

1日で200匹を超えていた。
20000円で200匹…と言うことは1匹は100円?

        まあいいflair
これから釣れば釣るほどコストは下がるdown

だが甘かった。釣れた魚の処理は誰がするのか?
いつもいつも200匹貰い手が有るか?

貰ってもらう為に何かお土産を買わなければいけないのか?w
と言うことは、コストは下がらないのか…sweat02

釣る魚により、道具が違い
其のたびに竿・仕掛け等揃えなければならない事には
まだ気づいていなかったdash

2010年1月28日 (木)

釣り道具の購入 (釣りとの出会い その二)

釣り道具を買うのには、どこへ行けば良いのか?
ホームセンターに有ったかな?
       100均かな?
まずホームセンターに行ってみたrun

       有りましたflair
《ちょい投げセット》 竿・リール・錘・針 全部ある
        780円sign03
な~んだ 釣り道具は安いんだ( ̄▽ ̄)

    あ、でも『ジグ』が無い…
    次は100均に行ったら…
   それらしき『ジグ』が有ったshine

それらを持って昨日の堤防に行ったrvcar
    松江から45分… 
勇んでいたので45分は長時間に思えた。
こんなに遠かったか!?

堤防に着いたmist
堤防には6人の人が釣っていた。

その中の1人
”庄原さん”が手を振って迎えてくれたpaper
こっちに来いと その手は言った

買ったばかりの道具を持って走って行ったrun

道具を見せた 
「なんだそりゃ?!( ̄Д ̄;;」 ”庄原さん”は絶句した
「それ子供の(さびき)竿だよ…ま、良いや┐(´д`)┌ヤレヤレ」 
今、アジ「鯵」が釣れるから 今日はアジ釣りだ

何が(>なんだそりゃ)さびき竿・あじ・・・??? 
質問の仕方も分からない。

”庄原さん”はアジ釣りをしていた50年配の女性に
仕掛けと餌を頼んでくれた。

あじ釣りをしている人も7人いた。
”庄原さん”は女性の横であじ釣りの仕掛けを作ってくれた。
6本の針が付いていた その下に餌カゴが付いていた

カゴに『オキアミ(?)』を入れて
底に着いたらリールを2回巻く 
その女性が教えてくれた

教えられたとおり 底につけた
ピクピクup 竿に振動が伝わった。

    竿を挙げた 
7cm位のアジが3匹fish付いていた 
初めての釣果だ 
     やったflair
    嬉しかったhappy02 

魚を入れる道具が無かった
女性の『布バケツ』に入れさせてもらった

よし!
次も カゴに『オキアミ』を入れ
リールの糸を落とした

女性が話しかけてきた 
こちらの言葉と違うが何処から来たのか? 
「釣りは初めてか?」
「他に趣味は無いのか?」  

身元調査が始まったw 
聞いているうちに リールを巻くのを忘れた 
沢山の糸が海中に漂っていた 
急いでリールを巻いたが・・・・

    おそかったcrying 

底に引っかかって糸が切れた。
「あっぁあぁぁぁぁ・・・・weep

無言で女性の横顔を見たeye
どこかで見たことがある…

大山golfのキャデーさんだ!   
「キャデーさん?」 と声を掛けた

女性はビックリして私の顔を見た 
「私を知っているの?w(゚o゚)w?」と奇声を上げた
釣り人は全員こちらを振り返った。
私も全員の顔を見た 
釣り人の顔の間から雪化粧した
大山が本当の富士山のように美しかったfuji

3ヶ月位前、大山周辺のゴルフ場golf
コンペがあり、私の組に付いてくれた
キャデーさんだった

「今日 月曜日は定休日で釣りに来てる 
始めたのは去年の10月ごろから」
「師匠は”庄原さん”
私の兄弟子 いや 姉弟子かな・・・ 主人は・・・」
質問もしないのに 独り自己紹介を始めだした 

私は言った
「釣り場では身分経歴など関係ない 
自己紹介は必要ないよ」  と  

それ以来、彼女は釣り人から
”キャデーさん”と呼ばれるようになった

2010年1月26日 (火)

堤防釣りとの出会い その一

 2009年1月25日 日本海の島根県東部 
海岸沿いの県道をrvcarで走っていたら
沢山の人が堤防に立って盛んにリールを巻いていた。  

      何が釣れるのか?

車を止めて海岸の方に歩いていけば
目の前に魚fishが飛んできた。

釣り人が、釣った魚を目の前で引き上げたのだ。
    72㌢の「さごし」だった。

大阪生まれの私は海魚が大好きだheart02
だが名前はほとんど分からない(゚ー゚;

さごし?釣り人に尋ねた。
「『さごし』は 『さわら(鰆)』の小さいものだ」と教えてくれた。

「やってみるかね?」
その釣り人は笑顔で私に言った。
「はい! させてください」 
私は釣り人から 竿を受け取った。
そして教えられた通り? 竿を振った。
「エイsign03」 声は大きかった。
だが 「ジグ」と言う擬餌だけが飛んでいったshock

竿にはリールから切れた釣り糸だけが
情けなくぶら下がっていたbearing

その釣り人は笑いながら
「明日もここにいるよ」と言って修理を始めた。

「すみませんm(_ _)m」 
詫びてから 私は自己紹介をしようと話しかけた。

「釣り場では自己紹介は必要ない。
仕事も身分も過去も何も釣り場に関係ない。
私は広島県の庄原から毎週ここに釣りを楽しみに来ている。
だから私のことを みんなは”庄原さん”と呼ぶよ。」

「あの人はベンツに載って来るので”ベンツさん”」
「あの人は パナソニックの話が多いから ”パナソニックさん”」
「あの人はいつも白い帽子をかぶるから”白帽さん”」
「名前は釣りに関係ないよ。」

糸の結び方 仕掛けの作り方 
針の括り方 竿の選び方
釣りの全てを現在も教えてもらってる。

その”庄原さん”が その後の私の釣りの師匠になった。

素人漁師の誕生日であるbirthday

 

2010年1月16日 (土)

はじめまして。

素人漁師が独り言をつぶやきます( ´艸`)